中東の国ヨルダンで絶景に出会える地「アカバ」

ヨルダンと聞いて、みなさんはどんなイメージを持ちますか?「中東にある国だから、砂漠?」という方や「国名を聞いたことはあるけれども、正直、これといったイメージがないな」という方も多いと思いのではないでしょうか。

中東に位置するヨルダンはシリア、サウジアラビア、パレスチナ、イスラエル、イラクという国々と接しています。言語はアラビア語、国民の9割以上がイスラム教徒です。中東だから砂漠、というイメージはあながち外れてはいませんが、ヨルダンの魅力はそれだけではありません。今回はヨルダンの中でも「アカバ」という都市にフォーカスしていきます。

準内陸国ヨルダン唯一の港湾都市「アカバ」

準内陸国ヨルダン唯一の港湾都市「アカバ」

image by iStockphoto / 40403156

国土のほとんどが海と接していないヨルダンで、アカバは唯一の港湾都市です。
アカバ湾に面したこの都市は一年を通して温暖な気候であり、雨の降る量も少ないです。
そのため、リゾート地として有名で、近隣の国からリゾート客が来ることも珍しくありません。

中東と聞くとイスラムのイメージからか、あまり開放的なイメージと合わない気がするかもしれませんが、ここアカバの雰囲気はまさしくリゾートのそれです。

また、アカバは世界でも貴重な黒バラの咲く土地で、それを見に行く人もいるようです。

アカバの住所・アクセスや営業時間など

名称 アカバ
名称(英語) Aqaba
住所 Aqaba, Jordan
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp.visitjordan.com/Wheretogo/Aqaba.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界中からダイバーが集まるアカバ湾

世界中からダイバーが集まるアカバ湾

image by iStockphoto / 96220915

アカバが面している海、アカバ湾は紅海の北奥に位置します。
この湾はヨルダン以外にも、エジプト、サウジアラビア、イスラエルと4カ国の国境が集中している場所でもあります。

アカバ湾はダイビングが盛んで、世界でも有数のダイビングスポットです。
アカバ湾と接している紅海特有の50m級の透明度や固有種などがその要因のようです。

image by iStockphoto / 26619840

豊かなサンゴ礁があり、色鮮やかなの魚たちの他にも、人懐こいウミガメ、巨大なジンベイザメ、珍しいマンタなどにも運が良ければ出会えるそうです。

また夜のダイビングも昼とはちがった楽しみ方があります。
潜ってみると夜行性の生物、カニやロブスターや小エビなどが、えさを探して活動しているのを見ることができます。

海底に沈む戦車

海底に沈む戦車

image by iStockphoto / 104008125

海のアクティビティは、スキューバダイビング以外にもシュノーケルや船底がガラスになっていて海中を見ることができるグラスボートなどもあり、手軽に海中の景色を楽しむことができます。
グラスボートでは、海底に沈んだ戦車なども目にすることがあります。

異国情緒あふれる砂漠の風景

異国情緒あふれる砂漠の風景

image by iStockphoto / 1326505

中東と言えば、やはりイメージするのは眼前に広がる砂漠とラクダ。
アカバは港湾都市ですが、ヨルダン有数の観光地で「月の谷」とも呼ばれるワディラムへも近いため、日帰りでの砂漠サファリに出かけることも可能です。

image by iStockphoto / 67077675

このワディラムは砂岩と花崗岩でできた大きな谷です。
他の星に降り立ったかのような光景が目の前に広がるこの場所は映画の撮影地としても使用されることがあります。

主な映画としては「トランスフォーマー/リベンジ」、「プロメテウス」、「オデッセイ」、「レッドプラネット」などが挙げられます。
「オデッセイ」主演のマッド・デイモンは撮影の際に訪れたこの地の光景に感銘を受けたそうです。

また、観光目的以外にもロッククライミング目的で訪れるクライマーも珍しくありません。

美しくそびえる白亜のモスク

美しくそびえる白亜のモスク

image by iStockphoto / 43518474

アカバの中央にそびえ立つモスクは赤褐色調の町並みの中で、その白さも相まって一層存在感を放っています。
ヨルダン国民の多くがイスラム教徒ですが、このモスクからもその文化を感じ取ることができます。

image by iStockphoto / 42865360

image by iStockphoto / 102931847

昼の表情とは一変して、夜にライトアップされたモスクはまた違った美しさがあります。
昼と夜、2つの表情の対比を楽しめると少し得をした気分になりますね。

アカバの白いモスクの住所・アクセスや営業時間など

名称 アカバの白いモスク
名称(英語) Sharif Hussein Bin Ali Mosque
住所 Al Malik Husayn, Aqaba, Jordan
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.com/Attraction_Review-g298101-d6904616-Reviews-Sharif_Hussein_Bin_Ali-Aqaba_Al_Aqabah_Governorate.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アカバへの交通アクセス

アカバへの交通アクセス

image by iStockphoto / 25075465

2016年10月現在、日本からアカバへの直行便はありません。
初めてヨルダンに行かれる方の多くはツアーを利用するかと思いますが、アカバへ行くツアーの多くはアカバ以外にも首都アンマン、ペトラ・ワディラム、死海などを周遊するものが多いです。

個人旅行の場合では、近隣の国から移動してくる場合を除いては、アカバ国際空港を利用すると思います。
アカバ国際空港は市の中心部から車で20分という好立地で、複数のヨーロッパ都市やアンマンから定期便が運行しています。

飛行機を利用しない場合でも、市の中心部からはイスラエル、エジプトのサイナイ、サウジアラビアとの国境までは車で 30 分以内なので、色々と旅のアレンジが効きそうです。

海と砂漠とイスラム文化を楽しむ

ヨルダンの港湾都市アカバは海と砂漠の両方が楽しめる上に、更にイスラム文化も体感できる見どころ満載の都市です。
普段目にすることのできない光景を目にしたら、現地のアラブ・スタイルの料理を味わい、ゆっくりと眠る。
日本から9,000km位上も離れたヨルダンで、日常の喧騒を忘れて思い切り旅を楽しむのはいかがでしょうか。
photo by iStock