インドのコルカタ観光に今すぐ行きたい10の理由

コルカタという街をご存知ですか?以前はカルカッタいう呼び名で知られたインドの都市ですが、2001年にその名をコルカタに変えています。今回はこの街の魅力をご紹介します。

大都市の熱気を実感したい

 

大都市の熱気を実感したい

image by iStockphoto / 92089931

コルカタはインドの西ベンガル州の州都で、デリーやムンバイ同様、人口密度の高さは世界でも屈指の大都市です。
夜になっても道は車やバイクがあふれ大混雑し、露天の店は人々でにぎわっています。
この熱気と喧騒をどう感じるは、インド旅行が満足なものになるかどうかの大きなポイントではないでしょうか。
インドが好きで、くり返しインドを旅する人は、混沌とした中に不思議な魅力を感じ取っているようです。

コルカタの住所・アクセスや営業時間など

名称 コルカタ
名称(英語) Kolkata
住所 Kolkata (Calcutta) 700016, India
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/コルカタ
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マザーハウスのボランティアに参加したい

マザーハウスのボランティアに参加したい

image by iStockphoto / 102233245

貧しい人たちを助け、その献身的な活動からノーベル平和賞など多くの賞を受けた修道女、マザー・テレサが活動の拠点としていたのがコルカタです。
マザーハウスには、彼女の棺や生前暮らした部屋、博物館などがあり、その功績に触れることができます。
また、この施設では今もボランティア活動を行っていて、外国人でも登録すれば参加することができます。
ここでのボランティアが目的でコルタカに来る人も多いと言う有名な施設です。

マザーハウスの住所・アクセスや営業時間など

名称 マザーハウス
名称(英語) Mother House
住所 Mother House A J C Bose Road, Kolkata (Calcutta) 700016, India
営業時間・開場時間 10:00-21:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.motherteresa.org/07_family/Volunteering/v_cal.html#Contactmc2
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

クリケットを観戦したい

日本ではあまり馴染みのないスポーツ、クリケット。
実は世界の競技人口を見ると、バスケット・ボール、サッカーに次ぐ第3位と、非常に高い人気を誇っています。
クリケットはイギリス発祥のスポーツで、植民地時代にアジアの各国にも広がっていきました。
その中でもインドでは特に人気が高く、プロリーグでも熱い戦いが繰り広げられています。
観戦なら約6万6千人を収容する大スタジアム、イーデン・ガーデンズがおすすめです。

イーデン・ガーデンズの住所・アクセスや営業時間など

名称 イーデン・ガーデンズ
名称(英語) Eden Gardens
住所 Kolkata, West Bengal, インド
営業時間・開場時間 試合による
利用料金や入場料 試合による
参考サイト http://www.cricketassociationofbengal.com/edengarden.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コルカタの歴史を学びたい

コルカタの歴史を学びたい

image by iStockphoto / 59631016

コルカタの歴史に触れたいのなら、ヴィクトリア記念堂に行ってみましょう。
白大理石で出来た、美しい建物自体も一見の価値がありますが、見所は中にある博物館です。
展示してある絵や写真を通して、コルカタの街の歴史を学ぶことができます。
ヴィクトリア記念堂はコルカタの人々の憩いの地、マイダン公園の中に建っています。
街の喧騒に疲れたら、緑あふれる広々とした公園でゆっくり過ごすのも良いかもしれませんね。

ヴィクトリア記念堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴィクトリア記念堂
名称(英語) Victoria Memorial
住所 1 Queen\’s Way, Kolkata India
営業時間・開場時間 10:00-17:00
利用料金や入場料 150ルピー
参考サイト http://www.victoriamemorial-cal.org/home/content/en
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セントポール寺院で記念撮影したい

セントポール寺院で記念撮影したい

image by iStockphoto / 24944138

ヴィクトリア記念堂と1本道を隔ててすぐのところにあるのが、イギリス国教会の聖堂セントポール寺院です。
1847年に建てられた歴史ある建物で、イギリス統治時代の面影を色濃く残しています。
高さ60mの塔が中心となった城を思わせるような外観が美しく、記念撮影にはうってつけの場所です。

セントポール寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称 セントポール寺院
名称(英語) St. Paul’s Cathedral
住所 Cathedral Rd., Kolkata India
営業時間・開場時間 9:00:12:00、15:00:18:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://india.yan-tian.net/g031.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カーリー寺院に参拝したい

カーリー寺院に参拝したい

image by iStockphoto / 98639767

コルカタでも特に有名な寺院と言えば、ここカーリー寺院です。
ここで祭れているカーリー女神は、血と殺戮を好む戦いの女神で、インド最高三神の一人シヴァ神の妻としても知られています。
生首を身体に巻いた恐ろしい姿をしていますが、信奉者は多く、寺院には多くの参拝者が訪れます。
ここではヤギが生贄として捧げられる儀式が行われており、川での浴場する人たちの姿も見られます。
日本では考えられない光景に、人生観も変わってしまうかも。

カーリー寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称 カーリー寺院
名称(英語) Dakshineswar Kali Temple
住所 Dakshineswar Railway Station Near Bali Bridge | P.O. :Alambazar, Kolkata (Calcutta) 700035, India
営業時間・開場時間 5:00 – 13:00 16:00 – 20:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.dakshineswarkalitemple.org
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

インドグルメを満喫したい

インドグルメを満喫したい

image by iStockphoto / 36027120

コルカタは料理がおいしいと評判の街で、グルメも旅の楽しみの一つとなっています。
名物は川魚などの淡水魚を使った料理で、様々な調理法で味わうことができます。
カレーはココナッツミルクの入った海老カレーが人気の様子。
ご飯ものではインド版炊き込みご飯とも言えるビリヤニもおすすめです。
ベンガル料理に飽きたら、インド唯一のチャイナ・タウンで中華料理が食べられるというのもうれしいですね。

あるさらんの住所・アクセスや営業時間など

名称 あるさらん
名称(英語) Arsalan
住所 191 Arsalan Ground Floor Marina Garden Court
営業時間・開場時間 10:30-12:00
利用料金や入場料 メニューによる
参考サイト http://www.arsalanrestaurants.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジャイナ教の寺院も見てみたい

ジャイナ教の寺院も見てみたい

image by iStockphoto / 3897264

これまでキリスト教やヒンドゥー教の寺院を見てきましたが、ここパレシュナート寺院はジャイナ教のお寺です。
ジャイナ教はインドの宗教で、厳しい戒律や不殺生主義を徹底した生活で知られています。
必要以上のものを持たない主義のため、ジャイナ教徒の人々は稼いだお金をどんどん寄付するそうです。
そのため、色とりどりの装飾がほどこされた寺院はとても豪華で、手入れの行き届いた庭もまるでお城のようです。

パレシュナート寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称 パレシュナート寺院
名称(英語) Pareshnath Jain Temple
住所 Badridas Temple St | Jiban Krishna Ghosh Rd, Tala, Kolkata (Calcutta) 700037, India
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://4travel.jp/overseas/area/asia/india/calcuta/kankospot/10388084/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

タゴールの功績を称えたい

タゴールはインドを代表する詩人であり、文学者、思想家としても知られています。
1913年には、詩集「ギーターンジャリ」でノーベル文学賞を受賞していますが、アジア人にノーベル賞が授与されたのはこれが初めてという快挙でした。
タゴール・ハウスはその名の通り、タゴールが生まれ、暮らした家で、現在は博物館となっています。
コルカタが生んだアジア偉人の功績を称えるためにも、ぜひ訪れたい場所です。

タゴールの住所・アクセスや営業時間など

名称 タゴール
名称(英語) Tagore House
住所 Kolkata (Calcutta), India
営業時間・開場時間 10.30-17:00pm
利用料金や入場料 50ルピー
参考サイト https://www.lonelyplanet.com/india/kolkata/attractions/tagores-house/a/poi-sig/410848/356356
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハウラー橋を眺めながら旅を振り返りたい

ハウラー橋を眺めながら旅を振り返りたい

image by iStockphoto / 97129669

ハウラー橋は、ガンジス川の分流、フーグリー川にかかる巨大な橋で、長さは705メートル、高さは97mあります。
「世界で最も往来の激しい橋」と呼ばれていて、渋滞が激しいことが問題となっています。
フーグリー川は聖なるガンジス川の支流で、沐浴する人も多く見られます。
夕日に照らされる橋を眺めながらこの地での思い出を振替えってみれば、感慨深い思いに包まれそうです。

ハウラー橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハウラー橋
名称(英語) Howrah Bridge
住所 Jagganath Ghat | 1, Strand Road, Kolkata (Calcutta) 700001, India
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g304558-d311655-Reviews-Howrah_Bridge-Kolkata_Calcutta_Kolkata_District_West_Bengal.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神秘的な魅力を味わいに出かけよう

 

いかがでしたか?マザー・テレサやタゴールという偉人を生んだコルカタは、様々な宗教が入り混じり、混沌とした雰囲気が魅力の街でした。
行きたいと思う何かが見つかったら、思い切って旅に出てはいかがでしょうか。
photo by iStock
海外航空券を今すぐ検索・購入する

出発地

目的地

大人 子供 幼児

大人:ご搭乗時の年齢が11歳以上、子供:11歳未満 幼児:2歳未満