ブルックリン・ブリッジ・パークを渡って、マンハッタンを眺めよう!治安や行き方は?

ニューヨークの新たな観光スポットとして注目されているのが、「ブルックリン」。現在も再開発中で、以前とは考えられないほど安全で誰もが楽しめる場所として進化しています。このブルックリン・ブリッジ・パークもその一つ。家族連れでも十分楽しめるとても魅力的な場所となりました。ブルックリンブリッジを渡って、マンハッタンを眺めてみましょう。

ブルックリンブリッジを渡ってみましょう

ブルックリンブリッジを渡ってみましょう

image by iStockphoto / 72647007

ブルックリンへのアクセスは、バス、地下鉄、フェリーがあります。
どれも便利ですが、外の景色を眺めたければ、フェリーがおすすめ!マンハッタンの34丁目からフェリー乗り場までシャトルバスが出ているのでそれに乗って乗り場までいくといいでしょう。
フェリー代は平日大人4ドル、土日が6ドル。

何と言ってもフェリーでは美しいマンハッタンの景色を堪能できます。
心地よい風を受けながらいくブルックリンまでの道のりは感動的!

そしてもう一つのおすすめはブルックリンブリッジを歩いて渡ることです。
お天気がいい日は、こちらも景色を眺めながら自分のペースでお散歩気分で出かけてみましょう。
結構たくさんの人が歩いたり、自転車に乗って渡っています。

ブルックリンブリッジの住所・アクセスや営業時間など

名称 ブルックリンブリッジ
名称(英語) Brooklyn Bridge
住所 Brooklyn Bridge, New York, NY
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nyc.gov/html/dot/html/infrastructure/brooklyn-bridge.shtml
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史的な橋、ブルクッリンブリッジ

歴史的な橋、ブルクッリンブリッジ

image by iStockphoto / 9834582

ブルックリンブリッジは1883年にオープンしました。
当時は一番長いつり橋としてしられていました。
デザインも美しく、マンハッタンのビル群の景色と重なるととても素晴らしい眺めになります。
この場所は数えきれないほどたくさんの映画にも登場しています。
それほど強烈な印象を与える眺めなのです。
そしてこの橋に関する面白いエピソードがあります。
橋が開通してからまもなく、橋の安全性について橋は崩壊するのではないかという噂が広まりました。
その悪い噂を嘘であるということを証明するために、翌年、P.T.バーナムとい人がサーカスの像を引き連れて橋を渡ったという面白い話があります。

もっとこの橋の歴史を知りたい方は一日3時間のガイドツアーもあります。
約50ドルぐらいです。
このツアーでは一緒にブルックリンブリッジを渡りながら、この橋の歴史について説明があり、また橋のふもとにある話題のスポット、ダンボにも立ち寄りながらそこの人気カフェでお茶を楽しむという感じのツアーです。
ブルックリンの歴史そのものであるこの橋についてし知れるいいチャンスだと思います。

Jan’s carousel(回転木馬)は大人も楽しめる

Jan's carousel(回転木馬)は大人も楽しめる

image by iStockphoto / 104020217

一見何が中にあるのだろうと思ってしまいますが、このガラスの奥にはカルーセル(回転木馬)があるのです。
これはプーリッツアー賞を受賞したこともある建築家、Jean Nouvelによってデザインされました。
アイデアもデザインも素晴らしいですね。
2ドルで乗ることができます。
子供達も大喜びですが、もちろん大人も十分楽しめます。
いつもたくさんの人の笑顔で溢れるスポットです。
この美しい風景を見ながら乗る回転木馬は素晴らしい思い出になりそうです。
オープン時間は時期によっても若干違いますが11:00~6:00でサマータイムは7:00までになっています。
ここはバースデーパーティーやウエディングなどプライベートなイベントもできるようにもなっています。
パーティーにはもってこいの場所かもしれません。
写真に収めるのにもベストスポットですね。

ジョーンズカルーセルの住所・アクセスや営業時間など

名称 ジョーンズカルーセル
名称(英語) Jane’s carousel
住所 Dock St, Brooklyn, NY
営業時間・開場時間 11:00-18:00
利用料金や入場料 2ドル
参考サイト http://janescarousel.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

敷地内の広場は、ニューヨーカの憩いの場

敷地内の広場は、ニューヨーカの憩いの場

image by iStockphoto / 100071181

公園の敷地内にはこういった広場があたくさんあり、常にたくさんの人が訪れて、寝転がって本を読んだり、ピクニックを楽しんふだり、夏には水着姿で日光浴する地ともいます。
まるでリゾートビーチにいるかのよう。
思い思いの時間を過ごせるこの広場は、ただこうしているだけでとても気分がいいものです。
自由に女神と向かいに広がる高層ビル、景色が最高なので、ぼーっと寝転がっているだけでも自然と目に入ってくる景色が癒してくれます。
考え事をしているならいいアイデアが浮かびそうです。

ブルックリン・ブリッジ・パークの住所・アクセスや営業時間など

名称 ブルックリン・ブリッジ・パーク
名称(英語) Brooklyn Bridge Park
住所 334 Furman St, Brooklyn, NY
営業時間・開場時間 6:00-翌1:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.brooklynbridgepark.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バーバキューも楽しめるブルックリンブリッジパーク

パーク内には、ピクニック半島BBQエリアというのがあり、ここでBBQを楽しめます。
バーベキュー用のコンロがこのエリアではあらかじめ設置されているので、食材、炭などを持参していけば誰でも気軽にバーベキューができます。
そして無料というのが嬉しいですね。
バーベキューのコンロはかなりの数がありますが、休日のお天気のいい時期はたくさんの人で賑わいます。
そばにはテーブル、ベンチもあり本格的なバーベキューパーティーを楽しめそうです。
とても自由で開放的な雰囲気が伝わってきます。
イーズトリバー越しにバーベキュー、そして美しい摩天楼。
見ているだけでお腹が空いてきそうな光景ですね。
家族連れや仲間で楽しみたい方にはお勧めです。

ブルックリンブリッジパークピクニック半島BBQエリアの住所・アクセスや営業時間など

名称 ブルックリンブリッジパークピクニック半島BBQエリア
名称(英語) Brooklyn Bridge Park Picnic Peninsula Barbecue Area
住所 334 Furman Street Brooklyn, NY
営業時間・開場時間 6:00-22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.brooklynbridgepark.org/places/picnic-areas
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゆっくりお散歩してみたくなる遊歩道

ゆっくりお散歩してみたくなる遊歩道

image by iStockphoto / 32144228

遊歩道は長く続いていて、所々にベンチも設置されています。
そこでは地元の人がお散歩したり、ジョギング、サイクリングなどを楽しんでいます。
ここをずっと道沿いに歩きながら時々ベンチに座ってのんびりと景色を眺めてみるだけで最高の旅の思い出になるでしょう。
ベンチも摩天楼が見えるように設置されているので、お気に入りスポットを見つけて佇んでみてはいかがでしょうか?それだけでも気分はニューヨーカーです。
夕暮れ時の日が沈んでいく様子もとてもロマンティックです。

日曜日は屋台でランチを楽しめます

毎週日曜日の11:00から6:00まではここで、Smorgasburgという日本でいう屋台村のようなイベントが開かれます。
たくさんの食べ物屋さんが連なっていて、例えばハンバーガー、ステーキ、ドーナツやアイスクリームなどのデザートまで盛りだくさんです。
その数は見てまわると迷ってしまうほどです。
この催しは、フリーマケットを運営しているブルックリンフリーというところが、食べ物屋さんのマーケットとしてオープンしているものです。
日曜日限定のオープンということで、いつも大勢の人たちで賑わっています。
バーガーではラーメンバーガーというのが結構話題になっていて人気もあるようです。
かた焼きしたラーメンの麺がバンズがわりになっています。
このSmorgasburgは各地でこのようなイベントをやっているので、地元のへの人気もすっかり定着しているようです。
外での食事は楽しい気分にさせてくれます。

アクティブに思い切りスポーツを楽しめるエリア

そしてここはいろいろのな種類のスポーツができる施設まであります。
バスケット、ローラースケート、テニス、カヌーなど様々です。
とても広いエリアなのでのびのびと思い切りスポーツを楽しめますし、屋根もついているので雨でも安心です。
ニューヨークの滞在をアクティブに過ごしてみたい方にはお勧めです。

ブルックリンブリッジのたもとではアートフェスティバルも行われます

ブルックリンブリッジのたもとではアートフェスティバルも行われます

image by iStockphoto / 92736417

毎年秋にはこのブルックリンブリッジのたもとにある話題のエリア、ダンボでアートフェスティバルが行われています。
このイベントでは、各種アート展の展示が、ダンボ内にあるギャラリーで見れたり、ストリート沿いや公園などの野外でもアート関連の展示やパフォーマンスなどが催されていて、それぞれ工夫ここらした様々な作品が、無料で見ることができます。
アートがとても身近に感じられるとともに、ブルックリンに根付いているアートの文化を再確認することができます。

このダンボアートフェスティバルは、2007年頃にはじまり、現在ももたくさんの人を魅了しているここでは欠かせないイベントとなりました。
今では年々、出展者が増え、規模もさらに大きくなっています。
そしてこのユニークな家のアートも大変注目を集めました。
これはブルックリン在住のアーティスト、トム・フルインの作品で、彼は町中から集めてきたゴミをベースに様々な作品を作っていることで有名です。
無駄に捨てられたものから生み出す彼のアートのインスピレーションは実際見てみると圧巻です。
この家は倉庫や看板屋などから集めた。
いらなくなったガラスをステンドグラス風にアレンジしたものです。
美しい色とユニークなアイデアでかなり注目を浴びた作品です。
夜はライトアップもされて、輝かしさを一層増します。

オススメレストランもたくさんあるブルックリン

たくさんの新しいカフェやレストランがオープンしているブルックリンエリアですが、ここThe river cafeはその中でも昔からある人気のカフェです。
ブルックリン橋のたもとにあり、全米で最も美しい夜景が見られるレストランにも選ばれました。
その評判の通り、一面ガラス張りになった店内のダイニングからは、マンハッタンの摩天楼を独り占めできます。
本当に感動してしまう光景です。

そして新鮮な食材を使った料理にも定評があり、ワインやカクテルのアルコールなどドリンクも充実しています。
オープンは曜日によって若干違いますが朝9:00~14:30夜の営業は17:30~23:00です。
夜に行きたい時はあらかじめ予約をしたほうがいいでしょう。
カップルでも是非訪れて欲しいですが、もちろんお友達同士、ご家族でもゆったりとした時間を過ごせます。
言葉を失うほど美しい景色を食事と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

まだまだ発展し続けるブルックリン

ブルックリンブリッジパークは、大人も子供も楽しめるニューヨークの新しい注目スポットです。
日々変わり続ける街を訪れるのは、その街の活気が伝わってきますし、刺激も受けますね。
ニューヨークに来たら1日はここブルクッリンで過ごしてみるのはいかがでしょうか?日帰りスポットとしてもおすすめです。
家族連れでも、お友達同士でも十分に満喫した時を過ごせること間違いなしです。
photo by iStock