世界遺産登録されたシチリアの港町。イタリア「カターニャ」と周辺で見たいスポット10選

イタリア半島・地中海に位置するリゾート地「シチリア島」。そのシチリア島に属するカターニャはパレルモに次ぐシチリア第2の都市で、ギリシャ時代から港町として発展。2002年にユネスコ世界遺産登録された街には、バロック様式の建物が残り旅行者を引き付けています。今回はそんな世界遺産の街・カターニャ周辺で見ておきたいスポットを見ていきましょう。

守護聖人・アガタに捧げた「大聖堂」

カターニャの中心・ドゥオーモ広場にある大聖堂は正式名称「サンタアガタ大聖堂」と呼ばれており、カターニアの守護聖人・アガタを祀った大聖堂。
完成は1090年で、当時のシチリア伯ルッジェーロ1世により建築されました。
先代の大聖堂は1693年に大地震で大きな被害を受け、現在のバロック大聖堂は地震のあとに再建されたもの。
大聖堂内には「聖アガタ祭り」で使われる像を保管する礼拝堂、エトナ山噴火をテーマにしたフレスコ画、作曲家ビンチェンツォ=ベッリーニの墓があります。
神聖な雰囲気を全身で感じてきましょう。


サンタアガタ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンタアガタ大聖堂
名称(英語) Duomo di Gallipoli (Basilica concattedrale di Sant\’Agata)
住所 Basilica concattedrale di Sant\’Agata, Gallipoli LE
営業時間・開場時間 8:00-12:00、15:00-18:00
利用料金や入場料 施設により異なる
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大学校舎と宮殿に挟まれた「大学広場」

カターニアのメインストリート・エトネア通りを北へ2分ほど歩くと着く「大学広場(Piazza Università)」には、建築家ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴァッカリーニ設計の2つの建物が建っています。
西側が1434年に創設されたシチリア最古の大学・カターニア大学の校舎、東側にあるサン・ジュリアーノ宮殿はシチリアの有力貴族・サン・ジュリアーノ家が所有していた宮殿で、現在はカターニア大学の事務局などが置かれています。
広場は大きなイベント会場になることもあり、芸人のパフォーマンスやコンサートで賑やかな雰囲気を楽しんでも良いでしょう。


大学広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 大学広場
名称(英語) Piazza Università
住所 Via Roccaforte, 95124 Catania CT, イタリア
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

噴火の中生き残った「ウルシーノ城」

シチリア王であり神聖ローマ皇帝でもあったフリードリヒ2世により、1239年から1250年にかけて建設された城。
ウルシーノ城と命名されたのは1255年のことで、長く港の防衛やアラゴン家の居城として使われてきました。
17世紀の地震とエトナ山噴火で街のほとんどが破壊される中生き残った建築物でもあり、1837年からは牢獄として使用。
1931年から1934年の間の修復作業後は市立博物館として開放され、ギリシャ時代の考古学遺跡やローマ時代の彫像、モザイク作品などが見られようになりました。

ウルシーノ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ウルシーノ城
名称(英語) Castello Ursino
住所 Piazza Federico II di Svevia, Catania, Italia
営業時間・開場時間 9:00-19:00
利用料金や入場料 6.00ユーロ
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

11世紀の城が見どころ「アーチ・カステッロ」

カターニアから車で約30分、北約10キロにある人口約1万9000人の基礎自治体・アーチ・カステッロでの大きな見所は、1076年から1081年にかけて建設されたノルマン城。
噴火したエトナ山の火山岩の上にできたとされており、現在は有料(3ユーロ)で中を見学することも可能。
また城の前はトラットリア(大衆食堂)もある広場になっており、夏場には海水浴客の姿も多く見られます。
歴史的な城と青い海の絶景、ぜひ見に行ってみては。

ノルマン城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ノルマン城
名称(英語) Castello Normanno
住所 Largo Castello,Erice Trapani, Italia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 3ユーロ
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2世紀に完成した「古代ローマ劇場」

ベッリーニ庭園に近いステシコロ広場の西側に残るローマ劇場。
この地にはもともと別の建築物があったとされており、現在見られる劇場は古代ローマ時代の2世紀中頃に造られたもの。
最大時の大きさは125m x 105m、最大収容人数約15000人で、このサイズはかつてのシチリアで2番目とされてきました。
劇場の建築材はエトナ火山の溶岩を固めたもので、その造りは火山の街らしいと言えるでしょう。
現在の劇場は入場料6ユーロ(約690円)で大理石や彫像の飾り付けを見ることができるため、ぜひ内部にも入ってみては。

古代ローマ劇場の住所・アクセスや営業時間など

名称 古代ローマ劇場
名称(英語) Roman theatre
住所 Via Vittorio Emanuele, 266, Catania, Italia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 6ユーロ
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

19世紀に発掘された小劇場「オデオン」

ステシコロ広場のローマ劇場裏側には「オデオン」と呼ばれる半円形の小劇場が残っています。
1893年に土地の所有者が建物の建設工事を行っていた際に発見したもので、建物の一部は現在もサンタ・カテリーナ教会下に埋まったまま。
かつての最大収容人数は約1500人とされており、ローマ劇場で行う劇のリハーサルなどに使用されていました。
建築素材にはローマ劇場と同じエトナ火山の溶岩が使用されており、ここでもカターニャが火山の街であることを感じるでしょう。

オデオンの住所・アクセスや営業時間など

名称 オデオン
名称(英語) Odeon
住所 Via Vittorio Emanuele, 266, Catania, Italia
営業時間・開場時間 9:00-13:00、14:30-18:30
利用料金や入場料 4ユーロ
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

名作曲家に捧げられた「ベッリーニ劇場」

カターニア駅・バスターミナルから15分の場所にある、19世紀末に建設された劇場。
名前にある「ベッリーニ」はイタリアオペラ界を代表する作曲家ヴィンチェンツォ・ベッリーニからついており、1835年に33歳でこの世を去った彼に捧げられました。
劇場前広場にある魚をモチーフにした噴水が目印で外観はバロック様式、見学可能な内部は赤と金が基調のロココ風デザイン。
現在もオペラ公演やバレエなどが1年中開催されており、優雅な芸術鑑賞を楽しみたい方はぜひ訪れてみては。

ベッリーニ劇場の住所・アクセスや営業時間など

名称 ベッリーニ劇場
名称(英語) Teatro Massimo Bellini
住所 Via Perrotta, 12 – 95131 Catania (CT) – Italy
営業時間・開場時間 9:30-11:30
利用料金や入場料 2ユーロ
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

天井のフレスコ画が見所「コッレジャータ聖堂」

カターニャのメイン通り・エトネア通りにあるバシリカ・デッラ・コッレジャータ聖堂。
この地にもともとあった大聖堂が1693年の地震、エトナ山噴火で破壊され、現在のバロック建築はステファノ・イッタールにより1758年に再建されました。
内部にはジュゼッペ・シューティが手掛けた天井のフレスコ画が美しく大きな見所になっています。
またここはかつてアラゴン王(スペイン・アラゴン州に存在した王国)の貴族が通っていた場所でもあり、内部には王国の象徴である鷲の羽根が残る部分があります。

コッレジャータ聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 コッレジャータ聖堂
名称(英語) Basilica Collegiata
住所 Via Etnea, 3, 95124 Catania CT, イタリア
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

白く輝くバロック教会「聖フランチェスコ教会」

ヴィットリオ・エマヌエーレ通りを東へ約300m行った「アッシジの聖フランチェスコ広場」にある教会。
現在の建物は1693年の地震、エトナ山噴火を経た1700年代に建てられました。
白く輝くバロック様式の外観は目を引く豪華さで、ファサード両側の柱にある美しい彫刻も芸術的。
またこの教会の地下にはローマ帝国時代に存在した隠れキリシタンのお墓もあります。
また内部ではラファエロ・サンティ作「シチリアの苦悶」の絵をぜひ見ておきたいところ。
キリストの受難を目にして苦悶する聖母の心を感じてみては。


聖フランチェスコ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖フランチェスコ教会
住所 Via Crociferi 2, 95124, Catania (CT) – Italy
営業時間・開場時間 6:00-18:45
利用料金や入場料 施設による
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史的教会の並ぶ「クローチフェーリ通り」

サン・フランチェスコ・ディ・アッシジ広場から始まる約200mのクローチフェーリ通り。
通りには歴史的教会が多数並んでおりサン・フランチェスコ・ダッシジ教会からサン・ベネディクトのアーチ、大理石で装飾されたサン・フランチェスコ・ボルジア教会、現在は高校として利用されるイエズス会寄宿舎、カターニア最高のバロック建築「サン・ジュリアーノ教会」があります。
豪華な歴史的教会の数々、その美しさをぜひ見てみては。

クローチフェーリ通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 クローチフェーリ通り
名称(英語) Via dei Crociferi
住所 Via dei Crociferi Catania Italy
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本からはローマなどから経由して向かう

日本からはローマやミラノを経由してカターニャ空港へ、国内で車や電車で行く場合はローマから8~9時間、ミラノからは12~13時間で到着予定。
またグルメではカターニア魚市場にある「オステリア・アンティカ・マリーナ」がおススメとされており、新鮮な魚介を味わうならぜひ行ってみては。

格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ