カザフスタン観光で見たい絶景・夜景に、建築物の数々

カザフスタンといえばどのような情景を思い浮かべますか?私は、中央アジアのイメージから、『風の谷のナウシカ』の舞台のような、乾いた山々が続く情景を想像します。しかし観光スポットに目を向けてみると、近代的な建築物や夜景の数々、とてもうっとりする観光スポットの目白押しだったのです。いくつかご紹介します。

発展目覚ましい未来都市アスタナ

発展目覚ましい未来都市アスタナ

image by iStockphoto / 53274558

1997年に以前の首都アルマイトから遷都されたのがカザフスタンの現首都アスタナです。
実はこの都市、日本と縁があります。
といいますのも、首都アスタナの開発は、政府が主催した国際コンペで1位となった日本人の建築家黒川紀章氏の都市開発に基づいているのです。

image by iStockphoto / 85489557

経済特区でもあるアスタナは壮大な建物が多く、現在も高層ビルがどんどん作り続けられています。
近代的なこの都市の景観は、日本とはまたひと味違い圧倒されることでしょう。

アスタナの住所・アクセスや営業時間など

名称 アスタナ
名称(英語) Astana
住所 Astana
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Astana
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

豪華な建物の正体は大統領宮殿

豪華な建物の正体は大統領宮殿

image by iStockphoto / 45517614

圧倒的な存在感を放つ豪華なこの建造物。
思わずため息が出そうな優美な外観ですよね。
美術館?音楽ホール?国際会議場?実はこれ、大統領の宮殿なのです。
日本人が思い描く首相官邸とはだいぶ雰囲気が違い驚いてしまいます。

大統領宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 大統領宮殿
名称(英語) Ak Orda Presidential Palace
住所 Ак орда, Левобережье, Astana
営業時間・開場時間 内部見学不可
利用料金や入場料 内部見学不可
参考サイト http://www.akorda.kz/kz
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

白く輝く美しいモスク「ハズレット・スルタン・モスク」

白く輝く美しいモスク「ハズレット・スルタン・モスク」

image by iStockphoto / 61366170

アスタナに2012年完成した巨大なモスク「ハズレット・スルタン・モスク」です。
このモスクの敷地は11ヘクタールに及ぶといいます。
この巨大なモスクには、ミナレット(イスラム教の宗教施設にある塔で権威の象徴ともいわれる)が4本もあります。

イスラム信者だけではなく、観光客もルールを守れば施設内を見学することが可能です。
ぜひ、外観だけではなく内部も見学することをオススメします。

ハズレット・スルタン・モスクの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハズレット・スルタン・モスク
名称(英語) Khazret Sultan
住所 р. Кошкарбаева, уг. ул. Тауелсиздик Астана
営業時間・開場時間 不明
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Khazret_Sultan_Mosque
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「南の首都」アルマトイ

「南の首都」アルマトイ

image by iStockphoto / 86804973

旧首都であるアルマトイはカザフスタン南東部の都市で「南の首都」とも呼ばれています。
同国最大の人口をほこり、唯一の百万都市であるアルマトイは中央アジア最高水準の世界都市ともいえます。
緑の多い街並やまっすぐに走る広い通り、独自の文化が生み出した独創的な建造物など見るべきものは、たくさんありますね。

アルマトイの住所・アクセスや営業時間など

名称 アルマトイ
名称(英語) Almaty
住所 Almaty
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.almaty-kazakhstan.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

雄大で美しいビッグ・アルマティ湖

雄大で美しいビッグ・アルマティ湖

image by iStockphoto / 40566596

まずは、そのスケールと美しさに息を呑んでしまう光景から。
こちらはビッグ・アルマティ湖という名の湖です。
ロシア語ではボリショエ・アルマチンスコエ湖ともいいます。
この湖は南東部に位置するアルマトイ中心部から約1時間ほどでたどり着くことができます。

ビッグ・アルマティ湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 ビッグ・アルマティ湖
名称(英語) Big Almaty Lake
住所 Ili-Alatau National Park, Almaty
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.almaty-kazakhstan.net/attractions/parks/big-almaty-lake/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ミニ・グランドキャニオンの異名を持つチャリンキャニオン

ミニ・グランドキャニオンの異名を持つチャリンキャニオン

image by iStockphoto / 68000873

チャリンキャニオンとはアルマトイ市から車で約3時間ほどの場所にある大きな渓谷です。
ミニ・グランドキャニオンという呼び名も持つこの渓谷は深さ300メートルにもなります。
見渡す景色はまさにグランドキャニオンの小さいバージョンというところでしょうか。

ここでは、キャニオン内を歩いて見て回ることができるので、トレッキングで渓谷を楽しむ人も多いです。
夏には近くを流れるチャリン川の近くでキャンプをする人もいます。
アルマトイから比較的近いため、真冬以外は日帰りでの観光ができます。

チャリン キャニオンの住所・アクセスや営業時間など

名称 チャリン キャニオン
名称(英語) Charyn Canyon
住所 in Kazakhstan on the Charyn River, 200 kilometres east of Almaty
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料 (ツアー約4000テンゲ)
参考サイト http://almaty.co.jp/charyn.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウィンタースポーツが盛んなメデウ

ウィンタースポーツが盛んなメデウ

image by iStockphoto / 101775319

中央アジアの気候には、どのようなイメージがあるでしょうか?国土が広大なため一概には語れませんが、アルマトイでは真冬の最高気温が氷点下ということもあり、寒さが厳しいです。

アルマトイ郊外にはメデウという町があります。
このメデウはウィンタースポーツが盛んでスケートリンクやスキー場を有しています。
アルマトイは2022年の冬季オリンピック開催地に立候補したことも、ウィンタースポーツが盛んなことを表しています。

メデウの住所・アクセスや営業時間など

名称 メデウ
名称(英語) Medeu
住所 Gornaya Street 558 Almat
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://medey.kz/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

色使いがユニークなゼンコフ正教会

色使いがユニークなゼンコフ正教会

image by iStockphoto / 56430904

カザフスタンではイスラム教徒の人口が多いのですが、次いで多いのがロシア正教。
ゼンコフ正教会はアルマトイにあるロシア正教の教会で、木造建築の教会です。

驚くべきは、この教会、釘が全く使われていないということ。
建物の色使いもイスラムのそれとは、またひと味違い興味深いです。

ゼンコフ正教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 ゼンコフ正教会
名称(英語) Zenkov Cathedral
住所 Panfilov Park, Almaty
営業時間・開場時間 不明
利用料金や入場料 不明
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/kazakhstan/almaata/kankospot/10457869/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ユネスコ世界遺産のホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

ユネスコ世界遺産のホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟

image by iStockphoto / 55884748

カザフスタンでのユネスコ世界遺産第一号となるのが、このホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟です。
これはカザフスタン南部のテュルキスタン市に存在し、中央アジアのイスラム教徒にとって聖地の1つでもあります。

ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟の住所・アクセスや営業時間など

名称 ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟
名称(英語) Mausoleum of Khoja Ahmed Yasawi
住所 Turkestan, Kazakhstan
営業時間・開場時間 8:00-18:00
利用料金や入場料 無料(写真撮影するには500テンゲ)
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Mausoleum_of_Khoja_Ahmed_Yasawi
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さまざまな魅力を内包する国、カザフスタン

中央アジアに広大な国土をもつカザフスタンは、多様な魅力を持っています。
雄大な自然、近代的な都市、独自の文化。
どことなく危険なイメージを持つ方も多いかもしれないカザフスタンですが、たっぷりと魅力が詰まったこの国をぜひ訪れてみてください。
photo by iStock