ドラマ「時をかける少女」のロケ地・撮影場所はここ!

今回は2016年放映のドラマ『時をかける少女』のロケ地をご紹介します。1983年に公開された大林宣彦監督の映画は「尾道三部作」のひとつとして有名ですが、今回は尾道と同じく、海のきれいな静岡県下田市や沼津市が舞台です。 さっそく見ていきましょう。

時をかける少女(ドラマ)とはどんな作品?

『時をかける少女』は、筒井康隆さん作のヤングアダルト向けSF小説で、発表から約50年たった今でも読み続けられている人気作品です。
中学3年生の少女を主人公にした、時空を行き来するストーリーの魅力は今も色あせることなく、映画、漫画、ドラマなど、さまざまなメディアでくり返し取り上げられ、常に注目を集めています。
2016年日本テレビ系で放映されたドラマでは、芳山未羽役に黒島結菜さん、未羽のクラスメイトで未来人の深町翔平 / ケン・ソゴル役に菊池風磨さん、同じくクラスメイトの浅倉吾朗役に竹内涼真さんというフレッシュな役者を揃え話題となりました。

芳山未羽が深町翔平とぶつかった坂「長井崎中学校前」

ドラマの冒頭、勢いよく走ってきた主人公・未羽の自転車と未来人・ケンが接触するシーンは、静岡県沼津市にある市立長井崎中学校脇の道路で撮影されました。
転倒した拍子に、ケンはタイムリープできる薬を落としてしまい、元の時代に帰れなくなってしまいます。
ストーリーが始まるきっかけとなった重要なシーンです。
長井崎中学校は山の上にあり、周りをぐるっと囲むように道路が通っています。
眼下には内浦湾の青い海が広がり、ここを自転車で走り抜けたらさぞかし気分爽快でしょう。
TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン! !』の舞台となったことでも有名な場所です。

長井崎中学校前の住所・アクセスや営業時間など

名称 長井崎中学校前
住所 静岡県沼津市内浦重須453
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.numazu-szo.ed.jp/nagaisaki-j/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

じゃんけんしながら歩いていた「来迎寺の階段」

未羽、翔平、吾朗の3人がじゃんけんグリコしながら歩いていたのが、「来迎寺」の階段。
来迎寺は、長井崎の近く、沼津市内浦地区にある浄土宗の寺院です。
ちなみに続くシーンで、3人は座ってジュースを飲みますが、こちらは来迎寺ではなく、近くにある「気多神社」で撮影されました。
来迎寺の階段の上からは、内浦湾が見晴らせて、とても景色がきれい。
内浦湾に浮かぶ淡島には「あわしまマリンパーク」、湾岸には「三津シーパラダイス」、という2つの水族館があり、アシカやイルカのショーも楽しめます。
ロケ地めぐりに行ったら、ぜひ一緒に訪れてみたい観光スポットです。

来迎寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 来迎寺
住所 静岡県沼津市内浦三津80
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://yaokami.jp/1225913/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

火事になった変電所「沼津市役所」

タイムリープできるようになった未羽は、変電所で火事が発生することを予言しますが、そのせいで放火犯に間違えられ、警察から取調べを受ける羽目になってしまいます。
いきなりタイムリープの能力を手に入れて、あれこれやってみたくなった未羽でしたが、むやみに過去を変えてはいけないということを段々と学んでいきます。
火事が発生した場所は、画面見ると変電所というより普通の建物のようでしたが、実はこのシーンが撮影されたには「沼津市役所」の前。
市役所前の歩道橋付近が映し出されていたので、地元の方たちはすぐにピンときたかもしれませんね。

沼津市役所の住所・アクセスや営業時間など

名称 沼津市役所
住所 静岡県沼津市御幸町16-1
営業時間・開場時間 8:30〜17:15 土日休
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/shisetsu/shiyakusho.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

芳山未羽が朝倉吾郎と待ち合わせ場所「平滑川ペリーロード」

七夕祭りに出かけた未羽と吾郎の待ち合わせシーンが撮影された場所は、静岡県下田市の平滑川沿いににある「ペリーロード」です。
ペリーロードという名前は、幕末に黒船を率いて来航し、日本を開国させたペリー提督に由来しています。
上陸したペリーとその一行が、下田条約が締結された了仙寺に向かう際に通ったのがこの道だったそうです。
この近辺は昔花街として栄えた場所で、今も当時の風情を感じさせる建物がカフェなどに姿を変えて残っています。
未羽たちが待ち合わせた逢坂橋からも川沿いに建ち並ぶ古民家が見えて、レトロな雰囲気が伝わってきます。

ペリーロードの住所・アクセスや営業時間など

名称 ペリーロード
住所 静岡県下田市3丁目
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shimoda-city.info/tourism/perryroad.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

芳山未羽がタイムリープした砂浜「鍋田浜海水浴場」

「鍋田浜海水浴場」は、下田市中心部からほど近い場所にある、穴場的な小さなビーチです。
ドラマの中では、未羽が翔平たちの前でタイムリープしてみせるシーンで出てきました。
あまり人の手が入らず、自然のままのビーチという印象でした。
実際、浜はそれほど広くなく、大勢の人でにぎわうようなビーチではありませんが、遠浅の入り江で波も穏やかなことから、小さな子どもでも安心して遊べる海水浴場としてファミリー層を中心に人気があります。
下田は海が美しいことで知られていますが、鍋田浜海水浴場の水も透明度が高く、とてもきれいですね。

鍋田浜海水浴場の住所・アクセスや営業時間など

名称 鍋田浜海水浴場
住所 静岡県下田市五丁目11-2
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shimoda-city.info/shimoda/sea/nabeta.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

芳山未羽がタイムリープできることを明かした場所「大浜海岸防波堤」

『時をかける少女』の中には、海辺の場面が数多く出てきます。
季節が夏という点では、アニメ映画のイメージに近いですが、海のある街が舞台になっていると言う点では、’83年の映画と共通するものも感じられます。
ロケ地となった海岸は一つではなくて、下田のあちこちで撮影が行われていました。
鍋田浜海水浴場で未羽がタイムリープを披露する前に、歩いていたのは、「吉佐美大浜」の防波堤です。
同じ場所のように編集されていましたが、こちらはもう少し南西の太平洋岸に位置しています。
長く続く海岸線に白い砂浜が広がり、とても美しいビーチです。

吉佐美大浜の住所・アクセスや営業時間など

名称 吉佐美大浜
住所 静岡県下田市吉佐美1900−13
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shimoda-city.info/shimoda/sea/oohama.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

image by PIXTA / 5382493

松山実穂がいた駅「伊豆急下田駅」

ドラマ第2話では悲しいエピソードがありました。
同級生・西岡から心臓移植の話しを聞いた未羽は、タイムリープして、ドナーのことを調べようとし、美しい少女・松山実穂と出会います。
実穂は未羽たちの学校の担任・矢野先生が以前勤めていた学校の生徒で、先生に恋心を抱いていましたが、想いを伝えられないまま事故で亡くなっていたのでした。
実穂は毎日先生が電車に乗って帰る姿を遠くから見つめていました。
そのシーンが撮られたのが、「伊豆急下田駅」。
伊豆急は伊東駅から伊豆急下田駅を結ぶ路線で、車窓からは風光明媚な海岸線の景色を楽しめます。

伊豆急下田駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 伊豆急下田駅
住所 静岡県下田市東本郷1-6-1
営業時間・開場時間 5:15~19:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.izukyu.co.jp/guide/guidemap/kakueki/shimoda.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

芳山未羽が松山実穂の写真を撮った海岸「田牛海水浴場」

実穂のエピソードの中でも、海水浴場がロケ地として登場しました。
未羽は、実穂が亡くなってしまう前に、彼女の写真を撮って、矢野先生に届けようと考えます。
未羽がなんとか実穂に了承を得て、撮影に向かった場所が、「田牛(とうじ)海水浴場」です。
田牛地区は、下田市街から行くと吉佐美大浜の海水浴場よりさらに奥になるので、海水浴シーズンでも比較的混雑度が低く、のんびり過ごせるおすすめのスポット。
きれいな海と、穏やかな気候が生み出した自然が魅力の海岸で、天然の砂でできたサンド・スキー場や竜宮公園など、遊びどころもいっぱいです。

田牛海水浴場の住所・アクセスや営業時間など

名称 田牛海水浴場
住所 静岡県下田市田牛
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shimoda-city.info/shimoda/sea/touji.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゾーイが豚玉を食べていた場所「竜宮公園洞窟」

田牛海水浴場の浜の先にある竜宮公園には、「龍宮窟」と呼ばれる洞窟があります。
伊豆半島ジオパークの一つに含まれる海食洞で、大きく開いた天窓から下を覗き込むとハートの形に見えることから、カップルにも人気の観光地となっています。
竜宮公園は、第1話で未羽のクラスメート・大西敦美が幻の深海魚・リュウグウノツカイを見つけたシーンや、第2話でお好み焼き屋の息子・圭太と、翔平と一緒の現代へやって来た未来人・ゾーイが豚玉を食べるシーンの撮影地として使われていました。
海食でできた洞窟と、外側に覗く海が作り出す光景がとても神秘的でしたね。

竜宮公園 龍宮窟の住所・アクセスや営業時間など

名称 竜宮公園 龍宮窟
住所 静岡県下田市 田牛696-1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://izugeopark.org/maps/area-shimoda/kisami_touji/sim0603/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

三浦浩が深町翔平に話をした場所「香貫山公園」

未羽たちのたまり場であるお好み焼き屋の店主・三浦には秘密がありました。
彼も翔平同様、未来からやってきた人間だったのです。
三浦は何年か過ごすうちに「未来人がこの時代にいると早死にする」ということに気づき、翔平に元の時代に帰るよう忠告します。
ストーリー上は深刻な場面ですが、あまり暗くならなかったのは、撮影されたのが明るい青い空の下だったからかもしれません。
駿河湾から富士山まで見晴らせる、素晴らしい景色が印象的なこのロケ地は、沼津市にある「香貫山(かぬきやま)公園」。
昼だけでなく夜景も美しく、登る価値十分のスポットです。

香貫山公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 香貫山公園
住所 静岡県沼津市上香貫
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/sumai/park/kouen/kobetu/kanukiyama.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ボートレースをしていた川「狩野川」

最後に紹介するロケ地は伊豆から沼津へ流れる「狩野川」。
吾郎の高校最後のボート部のレースが行われていた場所です。
必死でボートを漕ぐ吾郎たち部員や応援する仲間の姿がさわやかで、青春のシーンそのものという感じでした。
タイムリープというテーマの中で、さわやかな青春を描いたドラマ『時をかける少女』、皆さんはどんな感想を持たれたでしょうか?原作が書かれてから長い月日が経っても、新しくアニメやドラマとして映像化され、愛され続けているこの物語、まさに「時をかける」という名にふさわしい名作といえるのではないでしょうか。

狩野川の住所・アクセスや営業時間など

名称 狩野川
住所 静岡県沼津市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E5%B7%9D
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロケ地巡りをしよう!

いかがでしたか?ドラマ『時をかける少女』の舞台となった伊豆下田や沼津の魅力が伝わったでしょうか。
旅をしながら、映画やアニメとの違いを見つけるのも楽しそうですね。
ぜひロケ地めぐりにでかけてみてください。
photo by PIXTA