風光明媚なアイルランド屈指の景勝地「コーク」と周辺で見ておきたいスポット10選

アイルランド共和国の南西にあるコーク州の州都で、国では首都ダブリンに次ぐ第2の都市とされるコーク。風光明媚なリー川河口に位置する交通の要所で教会など歴史的スポットが多く、1年中穏やかで暖かな気候からアイルランド屈指の景勝地として観光客に人気のスポットなのです。今回はそんなアイルランド・コークで見ておきたいスポットを見てみましょう。

街のシンボル「コーク市庁舎」

街のシンボル「コーク市庁舎」

image by iStockphoto / 63176747

リー川・クロンターフ・ブリッジの南岸に建つ市庁舎(シティー・ホール)はコークのシンボルである建物。
もとこの場所には先代の市庁舎が建っていましたが、アイルランド独立戦争下の1920年12月11日に破壊。
1932年から1936年に建築家アルフレッド・ジョーンズとスティーブン・ケリーがデザインした古典的様式で再建されました。
夜は鮮やかな色にライトアップすることもあり、リー川に市庁舎の立派な姿が映ることもあるためぜひ見てみましょう。
住所: George’s Quay, Cork, Ireland

image by iStockphoto / 85973877

コーク市庁舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 コーク市庁舎
名称(英語) Cork City Council, City Hall
住所 Anglesea St, Ballintemple, Cork. Ireland
営業時間・開場時間 9:00 – 17:00, 土日休
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.corkcity.ie/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リアリティあふれる「コーク刑務所」

リアリティあふれる「コーク刑務所」

image by iStockphoto / 63122261

コーク中心部から西へ徒歩約20分のリー川高台に残るのは1824年から1923年まで実際に刑務所として使用されていた建物。
独房や刑務所所長の部屋を再現した部屋の中にはリアリティあふれる囚人のろう人形が収監されており、囚人の生活ぶりや処罰の様子が聞こえてくるオーディオガイドも設置(料金別、日本語版もあり)。
1923年の刑務所閉鎖以降はラジオ局として使われたことから建物2階と3階はラジオ博物館として開放、ラジオの歴史やスタジオ、アンティークラジオが展示されています。
生々しい刑務所の実態がわかるでしょう。
住所:Ascaill an Chlochair, Sunday’s Well, Cork,

コーク刑務所の住所・アクセスや営業時間など

名称 コーク刑務所
名称(英語) Cork City Gaol
住所 Ascaill an Chlochair, Sunday’s Well, Cork, Ireland
営業時間・開場時間 9:30 -17:00(4月-9月), 10:00 – 16:00(10月-3月)
利用料金や入場料 8ユーロ, オーディオガイド2ユーロ
参考サイト http://corkcitygaol.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コーク有数の美しい建物「聖アンナ・マリア大聖堂」

コーク有数の美しい建物「聖アンナ・マリア大聖堂」

image by iStockphoto / 106045149

コークにある聖アンナ・マリア大聖堂は、ゴシックリバイバル様式の巨大な建築物。
18世紀にコーク・ロスのローマカトリック教区の主教会として建設され1808年に献堂されました。
1820年の火災で大部分が損傷しますが修復、1964年には内部のレイアウト再編成や新たな塔の建設が行われました。
赤砂岩を使用して建設されたデザインはコーク市内で最も美しい建物の一つと考えられており、内部は白い壁が張られたシンプルな造り。
この優雅な雰囲気をぜひ感じてみましょう。
住所: 6A Roman Street, Cork, Ireland

image by iStockphoto / 104629597

聖アンナ・マリア大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖アンナ・マリア大聖堂
名称(英語) Saint Mary and Saint Anne\’s Cathedral
住所 6A Roman Street, Cork, Ireland
営業時間・開場時間 9:00 – 17:30, 土9:00 – 19:00, 日9:00 – 18:00
利用料金や入場料 無料, ガイドツアー4ユーロ
参考サイト http://corkcathedral.ie/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コークのシンボル「シャンドン教会」

コークのシンボル「シャンドン教会」

image by iStockphoto / 104634683

リー川の北岸シャンドン地区に1722年に建設された正式名称「聖アン教会(Church of St Anne)」とされる教会。
1690年まで教会のある地に「シャンドン(アイルランド語で「古い砦」を意味する)城があったためこの名前で呼ばれていました。
1750年に完成した鐘楼の高さは37mで、その外観から「胡椒瓶を頭に載せている」と例えられることも。
1804年に神父プラウトが「シャンドンの鐘」という詩を書いてからは現代までコークのシンボルとして親しまれています。
塔にのぼって街を眺めて鐘を鳴らしてみましょう。
住所: 2 Church Street | Shandon, Cork, Ireland

image by iStockphoto / 90775551

シャンドン教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 シャンドン教会
名称(英語) St. Anne\’s Church & Shandon Bells Tower
住所 2 Church Street, Shandon, Cork, Ireland
営業時間・開場時間 11:00-15:00, 日11:30-15:00(11-2月), 10:00-16:00, 日11:30-15:30(3-5,10月), 10:00-17:00, 日11:30-16:30(6-9月)
利用料金や入場料 5ユーロ
参考サイト http://www.shandonbells.ie/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フレンチ・ゴシック様式の「聖フィンバー大聖堂」

フレンチ・ゴシック様式の「聖フィンバー大聖堂」

image by iStockphoto / 105111527

7世紀に聖フィンバーが建てた教会と神学校を起源とする大聖堂。
神学校は国内外から聖職者を集めた8〜9世紀に有名となり「聖人と学者の島・アイルランド」の象徴とされてきました。
現在の大聖堂は19世紀に建築家ウィリアム・バーグスの設計で再建されたフレンチ・ゴシック様式で、尖塔を持つ外観が目立つデザイン。
内部はビクトリア朝様式の内装と石のはざま飾り、天井の天使に囲まれたキリスト栄光の絵が美しく、一部では名誉革命時に撃ち込まれた大砲弾の跡を見ることもできます。
住所: Dean St, Cork, Ireland

聖フィンバー大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖フィンバー大聖堂
名称(英語) Saint Fin Barre\’s Cathedral
住所 Bishop St, The Lough, Cork
営業時間・開場時間 9:30 – 17:30, 日13:30 – 14:30, 16:30 – 18:00(4-10月のみ)
利用料金や入場料 5ユーロ
参考サイト http://corkcathedral.webs.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

タイタニック号の歴史を知る街「コーブ」

タイタニック号の歴史を知る街「コーブ」

image by iStockphoto / 98730731

コークから電車で約30分のコーク湾内に浮かぶコーブ。
かつてはアイルランドきっての港町で1849年にイギリス・ヴィクトリア女王が訪問したことから「クイーンズタウン」と呼ばれたこともあり、1912年4月11日には有名な豪華客船「タイタニック号」が最後に停泊した場所にもなりました。
コーブ駅に隣接するレンガ造りの建物は「コーブ・ヘリテージセンター」で、タイタニック号や第1次世界大戦で撃沈されたルシタニア号、当時の人々が苦しんだ飢饉の様子を伝える展示があります。
住所: Lower Road, Cobh, Ireland

image by iStockphoto / 105764877

コーブ・ヘリテージセンターの住所・アクセスや営業時間など

名称 コーブ・ヘリテージセンター
名称(英語) Cobh Heritage Centre
住所 Cobh Heritage Centre, Kilgarvan, Cobh, Co. Cork, Ireland
営業時間・開場時間 9:30 – 18:00(夏期), 9:30 – 17:00(冬期), 日曜は11:00から
利用料金や入場料 9.5ユーロ
参考サイト http://www.cobhheritage.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コーブのシンボル「コーブ大聖堂」

コーブのシンボル「コーブ大聖堂」

image by iStockphoto / 84911527

コーヴの高台にあるコーブ(聖コールマン)大聖堂は、1868年の着工から半世紀をかけて完成した壮大な大聖堂。
この街において象徴とされてきた貴重な建築物で、見所はアイルランド最大とされるカリヨン(組み鐘)。
49個もの鐘が並ぶ様子は圧巻で、中には最大重量3トンになる鐘もあります。
また大聖堂を見たらコーブの街中も回って見ましょう、ここにはカラフルな建物が立ち並び、アイルランドのリゾート地らしい明るい雰囲気が楽しめます。
住所: Cathedral Terrace, Cobh None, Ireland

コーブ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 コーブ大聖堂
名称(英語) St. Colman\’s Cathedral, Cobh
住所 5 Cathedral Pl, Kilgarvan, Cobh, Co. Cork, Ireland
営業時間・開場時間 8:00 – 18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.cobhcathedralparish.ie/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

度胸試しにチャレンジ「ブラー二-城」

度胸試しにチャレンジ「ブラー二-城」

image by iStockphoto / 99279911

コークからバスで約35分の街・ブラーニーにある要塞で、1446年に領主コーマック・レイダー・マッカーシーによって建設されました。
その後も長くマッカーシー家によって管理されてきたこの城の名物は城壁の一角にある「ブラーニーストーン」という石。
高さ26mのこの場所に仰向けとなりキスをすれば雄弁になれるという伝説が残されており、数多くの観光客がここで度胸試しをしにきています。
カップルで訪れた際はぜひチャレンジしてみては。
住所: Blarney, Ireland

ブラー二-城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ブラー二-城
名称(英語) Blarney Castle
住所 Blarney Castle, Cork, Ireland
営業時間・開場時間 9:00 – 17:00(11-2月), 9:00 – 18:00(3-4,10月), 9:00 – 18:30(5,9月), 9:00 – 19:00(6-8月)
利用料金や入場料 13ユーロ
参考サイト http://www.blarneycastle.ie/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

キンセールの「カラフルな街並み」はおもちゃのよう

キンセールの「カラフルな街並み」はおもちゃのよう

image by iStockphoto / 23389075

コークから車で1時間 のキンセールはアイルランド屈指の景勝地として知られる港町。
世界中のヨットが集まるヨットハーバーを構えたキンセール港、地元で獲れる美味しいシーフードも人気、その味は食通もうならせるクオリティと言われています。
また時間があれば街中を回って見ても良いでしょう、キンセールの街にはカラフルな建物が並び建ち、そのカラフルさがおもちゃの世界に入り込んだ気分にさせてくれるかもしれません。

キンセールの住所・アクセスや営業時間など

名称 キンセール
名称(英語) Kinsale
住所 Kinsale, Cork, Ireland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kinsale.ie/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヨーロッパ屈指の要塞「チャールズ・フォート」

ヨーロッパ屈指の要塞「チャールズ・フォート」

image by iStockphoto / 8877582

キンセール中心から徒歩40分の場所にあるチャールズ・フォートは、17世紀に建てられた星型の要塞。
かつてはヨーロッパ屈指の要塞とされ、1922年にイギリスが撤退するまで川の向こうにあるジェームズ・フォートとともにキンセールを守り続けました。
17世紀初頭にスペインとアイルランド連合軍対イギリス軍間で争った「キンセールの戦い」の舞台になった場所でもあり、ここで街の歴史をのぞき見ることができます。
住所: Charles Fort Summer Cove, Kinsale, Ireland

image by iStockphoto / 9031964

チャールズ・フォートの住所・アクセスや営業時間など

名称 チャールズ・フォート
名称(英語) Charles Fort
住所 Summer Cove, Forthill, Kinsale, Co. Cork, Ireland
営業時間・開場時間 10:00 – 18:00(夏期), 10:00 – 17:00(冬期)
利用料金や入場料 4ユーロ
参考サイト http://www.heritageireland.ie/en/south-west/charlesfort/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ダブリンからであれば日帰りもできる

日本からコークへはパリ、アムステルダム、ロンドンなどから首都ダブリンへ向かい、そこから鉄道で約3時間~3時間30分の旅。
街自体は小さく治安も良好とされており、子ども連れでも日帰りで十分楽しめるかもしれません。
次回の旅行は風光明媚な景勝地・コークへ出かけてみては。
photo by iStock