京都観光なら「北野天満宮」に行こう!紅葉に桜、七不思議など見どころまとめ

梅と紅葉が綺麗な場所として有名な「北野天満宮」。国内外から沢山の観光客が足を運ぶ旅の定番となっているこの場所は、また学問の神様 菅原道真が祀られているとされ受験期には多くの学生も訪れます。記事を読めば今すぐ行ってみたくなること間違いなし!?是非、参考にしてみてください。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

北野天満宮ってどんなところ?

北野天満宮ってどんなところ?

image by iStockphoto / 69740045

別名、「北野の天神(てんじん)さん」という呼び名で親しまれている京都・北野天満宮。
平安時代に学者・政治家として活躍した学問の神様、菅原道真公が祀られているとだけあって、特に受験期には福岡にある太宰府天満宮と併せて多くの学生がお参り・絵馬の奉納を行う人気のスポットです。
毎月25日には「天神さん」と呼ばれる市が開催され、定番の観光地にもなっているため受験生だけでなく国内外からも沢山の観光客が訪れ、参拝者は老若男女問わず、年中絶えることがありません。

北野天満宮に行くには?

北野天満宮に行くには?

image by iStockphoto / 69680491

京都市上京区に位置する北野天満宮。
交通機関を利用したアクセスだと、京都市バスが最も便利でしょう。
50系統「立命館大学」行か101系統「二条城・北野天満宮・金閣寺」行に乗車した後は約30分、バスに揺られているうちに到着です。
立派な門構えと『天満宮』の大きな文字が目印となっております。

開館時間は5時~18時、休日・休館は無く参拝料も無料となっています。
どなたでも気軽に参拝できるのも北野天満宮の嬉しいポイントですね。

北野天満宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 北野天満宮
住所 京都府京都市上京区馬喰町
営業時間・開場時間 5:00-18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kitanotenmangu.or.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北野天満宮のみどころ ~なで牛~

北野天満宮のみどころ ~なで牛~

image by iStockphoto / 69825543

北野天満宮のみどころとしてまず挙げられるのは、宮内に入ってそこらで目に入る牛の像でしょう。
菅原道真の生まれが丑年であったため、牛は神の使いだといわれ十数体もの牛像が境内には置かれております。
これらは「なで牛」といい、病気平癒・学業成就の象徴とされています。

自分の体の悪い箇所を撫でた後、牛像の同じ個所を撫でることで自分の悪い箇所が治るとされています。
また、牛の像の頭を撫でると頭が良くなると言われ、多くの学生が訪れています。

なで牛の住所・アクセスや営業時間など

名称 なで牛
住所 京都市上京区馬喰町
営業時間・開場時間 5:00-18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.goriyaku.kotomeguri.com/spot/g_stone/nadeushi.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北野天満宮のみどころ ~梅~

北野天満宮のみどころ ~梅~

image by iStockphoto / 10682243

菅原道真は、梅の花をこよなく愛していたと伝えられており、これにちなんで境内には梅が50種・約1500本もの数植えられています。
花の時期に約2万坪の境内一円に紅白の梅が咲き乱れる姿は圧巻です。

毎年2月上旬から3月下旬に梅苑を公開し、お茶とお菓子を提供する茶屋も開かれます。
2月25日には梅花祭と梅花祭野点大茶湯も行われるため、散策路は梅を見に多くの観光客でにぎわいます。

image by iStockphoto / 10336561

梅苑公開の住所・アクセスや営業時間など

名称 梅苑公開
住所 京都府京都市上京区馬喰町
営業時間・開場時間 10:00-16:00
利用料金や入場料 700円
参考サイト http://kitanotenmangu.or.jp/lp_4.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北野天満宮のみどころ ~紅葉~

北野天満宮のみどころ ~紅葉~

image by iStockphoto / 10405617

『このたびは 幣(ぬさ)もとりあへず手向山 紅葉の錦 神のまにまに』

と菅原道真が詠んだように、宇多上皇の巡幸にお供した道真が紅葉の美しさに感銘を受けたことから紅葉もまた、梅と共に道真公と深いご縁のある樹木といえるでしょう。
境内には自生のもの、植樹されたもの含め350本もの紅葉を有する「もみじ苑」となっております。
紙屋川にかかる太鼓橋や、茶室からの眺めは絶景で、もみじ苑の公開されている10月下旬から12月上旬には紅の景色を一目見ようと沢山の方が訪れます。

もみじ苑の住所・アクセスや営業時間など

名称 もみじ苑
住所 京都市上京区馬喰町
営業時間・開場時間 9:00-16:00
利用料金や入場料 700円
参考サイト http://kitanotenmangu.or.jp/info/news/news.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北野天満宮のみどころ ~青もみじ~

北野天満宮のみどころ ~青もみじ~

image by iStockphoto / 96807343

北野天満宮で初夏にみられる青もみじもまた格別です。
段々と汗ばむ季節に近づく頃、涼しげな空気を感じることができます。
紙屋川にかかる「鶯橋」の朱色とのコントラストや川に反射する姿も素晴らしくフォトジェニックで、秋の紅葉とは全く違った生命力たっぷりな顔をみせてくれますよ。
青もみじの公開は5月上旬から下旬と短くなっておりますので、観に行かれる際は早めの計画立てが良いかもしれません。

史跡御土居の青もみじの住所・アクセスや営業時間など

名称 史跡御土居の青もみじ
住所 京都市上京区馬喰町
営業時間・開場時間 9:00-16:00
利用料金や入場料 500円
参考サイト http://kitanotenmangu.or.jp/info/news/【特別公開】%E3%80%80史跡御土居の青もみじ平成28年.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北野天満宮の七不思議って?

北野天満宮の七不思議って?

image by iStockphoto / 69825113

北野天満宮には古くから7つの不思議があり、大切に伝えられてきました。
天神様が降臨されるといわれる「影向松(ようごうのまつ)」、地主社の正面を避けて建てられた「筋違いの本殿」、中門に彫られた三光(日、月、星)の彫刻うち星が実は無いのではないかという「星欠けの三光門(さんこうもん)」、金運試しとして使われた「大黒天の灯篭(だいこくてんのとうろう)」、沢山の牛像のなかで1つだけ立った姿の「唯一の立ち牛」、神社の背面にある御神座「裏の社(やしろ)」、天狗が出没したとされる「天狗山」。

一つ一つに注目して巡ってみるとまた、参拝がより面白くなるかもしれません。

天神さんの七不思議の住所・アクセスや営業時間など

名称 天神さんの七不思議
住所 京都市上京区馬喰町
営業時間・開場時間 5:00-18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kitanotenmangu.or.jp/about_seven_wonders.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北野天満宮周辺スポット

北野天満宮周辺スポット

image by iStockphoto / 46198068

ここまで北野天満宮境内のみの見どころを紹介して参りましたが、北野天満宮の周辺にも沢山の観光スポットがあることをご存知でしょうか?北野天満宮のお土産として有名な粟餅(あわもち)の老舗「澤屋」さんをはじめ、上七軒(かみしちけん)の茶屋町界隈の甘味処「老松(おいまつ)」さんや老舗のお豆腐屋さんなど、古風な雰囲気を残すお店が軒を連ね、知る人ぞ知る日本最古の花街であります。
折角の参拝、北野天満宮の周辺散策を観光ルートに組み込んでみても良いでしょう。

image by iStockphoto / 102332517

粟餅所・澤屋 の住所・アクセスや営業時間など

名称 粟餅所・澤屋
住所 京都府京都市上京区北野天満宮前西入紙屋川町838-7
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 メニューによる
参考サイト http://aquadina.com/kyoto/spot/6203/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史ロマンを感じる隠れた魅力たっぷり!

知れば知るほど興味深く、歴史ロマンに溢れた「北野の天神さん」。
京都観光の定番スポットではありますが、歴史的背景や周辺の情報までを知ってから訪れるとまた、感じ方が変わってくるのではないでしょうか。
是非季節ごとに何度も、来てみたくなりますね。
photo by iStock