一日の締めくくりに見ておきたい!ソウルの夜景10選

激辛な韓国料理やK-POP、最新の美容品など今なお日本人がよく訪れる海外旅行先として人気の韓国。隙間な建てられた超高層ビル群と古き朝鮮時代の建物が見事に調和する首都ソウルは、様々なところから夜景を楽しむことが出来ます。今回は、数々あるソウルの夜景の中から厳選した景色をご紹介します。

恋人と一緒にビル群を

恋人と一緒にビル群を

image by iStockphoto / 56406842

眩しく輝くビル群の夜景は、駱山(ナクサン)公園という小さな山の上にある公園からみることができます。
地元の人々の中でも定番のデートスポットとなっており、是非カップルで訪れてみたいですね。

駱山公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 駱山公園
名称(英語) Naksan Park
住所 54, Naksan-gil, Jongno-gu, Seoul
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://korean.visitkorea.or.kr/detail/ms_detail.do?cotid=3c98e24b-9fb9-4ecf-b8a2-f26a5890748f&temp=
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

二人で過ごす川沿いの夜

二人で過ごす川沿いの夜

image by iStockphoto / 70938303

カップルで訪れたい夜景スポットとしてもう1つおすすめの場所が清渓川です。
近年大幅な再開発のおかげで過ごしやすい雰囲気が作り上げられており、夜になると川のライトアップと同時にカップルや若者が集う場所となっています。

清渓川の住所・アクセスや営業時間など

名称 清渓川
名称(英語) Cheonggye Plaza
住所 Taepyeong-ro 1-ga, Jung-gu, Seoul
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sisul.or.kr/grobal/cheonggye/eng/WebContent/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

仏がいつも見つめる景色

仏がいつも見つめる景色

image by iStockphoto

この写真はカンナムスタイルで有名な江南区にある奉恩寺という場所から撮った夜景です。
この寺のシンボルである大きな仏像は昼間訪れても圧巻ですが、夜にはライトアップされ、現代的なソウルの街と上手くマッチしています。

奉恩寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 奉恩寺
名称(英語) Bongeunsa
住所 531 Bongeunsa-ro, Samseong 1(il)-dong, Gangnam-gu, Seoul
営業時間・開場時間 4:00-22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Bongeunsa
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夜景は漢江が熱い!

夜景は漢江が熱い!

image by iStockphoto / 93595509

ソウルの街を横断する漢江という川沿いには、ライトアップされるスポットがいくつもあります。
例えば、セビッソムと呼ばれる大型施設は写真のような淡い色にライトアップされ、心がのんびりしてしまう雰囲気を醸し出しています。

セビッソムの住所・アクセスや営業時間など

名称 セビッソム
名称(英語) Some Sevit
住所 683 Olympic-daero, Seocho-gu, Seoul
営業時間・開場時間 店舗により異なる
利用料金や入場料 店舗により異なる
参考サイト http://www.somesevit.co.kr/kr/index.do
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大都会へ進む橋

大都会へ進む橋

image by iStockphoto / 90429229

漢江にはいくつもの巨大な橋がかけられていますが、どの橋も形や大きさが異なるのでいろいろと見比べてみる価値があります。
レンタカーで渡るのも良し、歩いて渡るのも良し、自分なりに漢江に掛かる橋を楽しんでみましょう。

ギネス認定された虹

ギネス認定された虹

image by iStockphoto / 105416353

漢江にかかる橋の中でも一番人気が盤浦大橋です。
この橋は横から七色に輝く水を美しく放出しており、世界一長い橋型の噴水としてギネスに認定されるほどの規模を誇ります。

盤浦大橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 盤浦大橋
名称(英語) Banpo Bridge
住所 Banpo-dong, Seocho-gu, Seoul-si
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.seoulnavi.com/miru/1373/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界の花火を楽しもう

世界の花火を楽しもう

image by iStockphoto / 71785167

漢江で行われる世界花火大会は毎年10月に各国で作られた自慢の花火が打ち上げられます。
もちろん、どの花火も規模が非常に大きく、迫力満点です。

古き住宅街から眺めてみる

古き住宅街から眺めてみる

image by iStockphoto / 83494695

韓国の伝統的な住宅が並ぶ北村韓屋村は元々坂の上に建てられているため、気軽に夜景を楽しむことが出来ます。
帰り道にこのような夜景が見られたら、おそらく疲れも忘れてしまうかもしれませんね。

北村韓屋村の住所・アクセスや営業時間など

名称 北村韓屋村
名称(英語) Bukchon Hanok Village
住所 ソウル市鍾路区(チョンノグ)嘉会洞・苑西洞・齋洞一帯
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://hanok.seoul.go.kr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

池の上の楼閣

池の上の楼閣

image by iStockphoto / 93594827

李氏朝鮮という王朝があった頃に建てられた景福宮。
この王宮の1つである慶会楼は池の上に建てられており、王朝の大切な行事が行われてる場所として用いられました。
写真に楼閣が映る風景は非常に神秘的な美しさを放ち、見るものを感動させてくれます。

景福宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 景福宮
名称(英語) Gyeongbokgung
住所 161 Sajik-ro, Sejongno, Jongno-gu, Seoul
営業時間・開場時間 3-5月及び9-10月9:00-18:00、6-8月9:00-18:30、11-2月9:00-17:00
利用料金や入場料 3000ウォン
参考サイト http://www.royalpalace.go.kr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

登って見下ろすか、間近で見上げるか

登って見下ろすか、間近で見上げるか

image by iStockphoto / 85816071

韓国のビューポイントとして名高いNソウルタワー。
高さ約200mの展望台からソウルを見下ろするのもいいですが、タワー自体も色鮮やかに点灯するため、間近で輝くタワーを眺めてみるのもいいでしょう。

Nソウルタワーの住所・アクセスや営業時間など

名称 Nソウルタワー
名称(英語) N Seoul Tower
住所 105 Namsangongwon-gil, Yongsan 2(i)ga-dong, Yongsan-gu, Seoul
営業時間・開場時間 (月-木、日)10:00-23:00(金土)10:00-24:00
利用料金や入場料 展望台利用券10000ウォン
参考サイト http://www.nseoultower.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ソウルの夜は老若男女楽しめる!

 

ソウルの夜景はどれも美しいと同時に、カップルでも家族連れでも楽しめるイベントやスポットで気軽に見ることが出来ます。
是非、ソウル旅行する際はカメラで好きな夜景をどんどん撮ってみてはいかがでしょうか
photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ
-->