ワット・トライミット(黄金仏寺院)でタイ観光を100%楽しもう!行き方やアクセス、ご利益は?

金色の仏像が安置されている寺院ワット・トライミット。タイには金色の仏像はたくさんありますが、それらは金箔を貼られたものです。ところが、この寺院の黄金仏は、16Kの本物の金で鋳造されています。他では見られない純金の大仏が安置されているワット・トライミットを紹介します。

ワット・トライミットの外観

ワット・トライミットの外観

image by iStockphoto / 75891025

ワットトライミットはチャイナタウンのヤワラー通りの終わりにあります。
この寺院は、1238年に建立され、純金の大仏が発見される以前は何の変哲も無い普通の寺院だったようで、中華街に位置するためタイに住む華僑の人々が好んでお参りする程度でごく普通の寺院でした。

ワットトライミットの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワットトライミット
名称(英語) Wat Trimit
住所 Thanon Mittaphap Thai-China, Talat Noi, Samphanthawong, Bangkok 10100
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 20バーツ
参考サイト http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=562
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

純金の大仏 全身

純金の大仏 全身

image by iStockphoto

1953年、市内の廃寺を取り壊すことが決定し、この仏像が安置されていた寺院(かつては、廃寺となったワット・プラヤーグライに祀られていました)も取り壊されることになりました。
全身に漆喰が塗られ、顔は団子鼻で頬におでき、唇はたらこ唇という粗末な姿の仏像のことを誰も気に留めず、境内にはこの仏像が放置されていました。

純金の大仏 顔

純金の大仏 顔

image by iStockphoto / 58021842

この仏像をクレーンで持ち上げ移動しようとしたところ、異常な重さでクレーンが故障し、作業は翌日へと持ち越されて仏像は野外に放置されていました。
するとその夜は嵐になり一晩中雨と風が吹き荒れ、翌日に作業を再開するため作業員が仏像に近づいて見ると、剥がれた漆喰の隙間から黄金の光が漏れていたといわれています(その辺りの経緯が再現フィルムで上映されています)。

純金の大仏 後ろ姿

純金の大仏 後ろ姿

image by iStockphoto / 70767845

後の調査によると、この純金大仏は当時略奪の限りを尽くしていたビルマ軍の略奪から守ろうと、長い間漆喰で塗り固められて保管され、普通の仏像であるかのようにカモフラージュされていたと判明しました。
そのカモフラージュが巧妙すぎて、そのうち地元の人までもごく普通の仏像と認識されるまでに時を経てしまったのだそうです。

純金の大仏 横顔

純金の大仏 横顔

image by iStockphoto / 70767315

この仏像の正式な名称はプラプッタマハースワンナパティマーコンです。
高さは3m、全重量5.5トンの金で鋳造されています。
仏像の製作者は不明でいまだ謎の多い仏像ですが、金の純度は60%で、頭部に関しては80%とされ、時価推定120億円の価値があるといわれています。
仏像の周りを一周できるようになっているので、いろいろな角度から眺めることができます。

純金の大仏 後頭部

純金の大仏 後頭部

image by iStockphoto / 104083927

この仏像は700年~800年前のスコータイ時代に製作されとものとわかりましたが、スコータイ仏の大きな特徴は炎のような形をした尖ったまげで、これは仏陀が人間性を超越している事を宗教的に表したものといわれています。
頭についているうずは、螺髪(らほつ)といわれています。
螺とはうずを巻いた貝のことで、巻き貝のような髪型のこと。
釈迦(しゃか)などさとりを開いた仏には、さまざまな体の特徴があるとされ、螺髪もそのひとつです。

天井も豪華で美しい 

天井も豪華で美しい 

image by iStockphoto / 70769741

数年前に建物をリニューアルしているので、とても綺麗です。
タイの寺院では、履き物を脱いであがりますが、この寺院も例外ではなく、入る際は入口に置いてある袋に靴を入れ裸足になってから入ります。

仏像以外の見どころ 彫刻

仏像以外の見どころ 彫刻

image by iStockphoto / 105169835

もともとは特に注目されることのなかった寺院でしたが、純金の仏像が現れたことでタイ全土から多くの人々が参拝するために訪れるようになりました。
偶然発見された経緯の面白さもあり、現在ではツアーで訪れる外国人観光客も多く人気のスポットとなっています。

かわいらしい壁の模様

かわいらしい壁の模様

image by iStockphoto / 32154796

有名な純金の仏像を観るだけの料金と、エキシビジョンと呼ばれる資料館のような施設に入る料金は別になっています。
入場券を買う時に日本語で説明が書いてあるパンフレットをもらうことができます。
コインを入れると願い事が叶うといわれる大きな壺などもあります。
敷地内には立派な学校もあります。

金の装飾が美しい窓

金の装飾が美しい窓

image by iStockphoto / 17793542

2階には博物館が有ります。
この博物館は中華街博物館になっていて、バンコクの中華街の歴史が紹介され、等身大の人形で昔のバンコクの生活が再現されています。
3階にはエキシビション展示室があります。
4F(一番上)まで階段をのぼって行くと純金大仏を見ることができます。
ここは眺めもいい場所で中華門なども見ることができます。
プーミポン国王の大きな写真も飾られています。

柔らかな曲線美の仏像

柔らかな曲線美の仏像

image by iStockphoto / 97160317

バンコクには意外と観光スポットが少ないのですが、全身が金箔で覆われた仏像とは、また異なる輝きがある仏像を見ることができるこちらの寺院は一度訪れてみる価値のある寺院です。
チャイナタウンにも近く中華料理を楽しむこともできます。

まばゆいばかりの仏像

ふとした偶然から黄金の仏像だということがわかったという逸話のある仏像。
写真ではその当時の人々の驚きなど意にも介さず当のご本人である仏像は涼しいお顔をされているように見えてしまいます。
実際に見るとはたしてどんな表情なのか気になるところです。
チャイナタウン観光の際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
photo by iStock