長野県「槍ヶ岳」の絶景に感動…槍ヶ岳のおすすめコースや行き方など観光ガイドまとめ

標高3180m、槍ヶ岳は国内5位の標高を誇る日本を代表する名山です。19世紀初頭、僧侶播隆上人が開山したと言われており、初登頂後も切り立った槍の穂先への道に安全確保の為の縄や鉄鎖を設置したとも言われています。槍の名がついたその険しい姿は多くの登山者を魅了し北アルプス登山の一番人気となっています。そんな槍ヶ岳へのオススメルートや楽しみ方をご紹介していきます。

日本の名山が集まるエリア

日本の名山が集まるエリア

image by iStockphoto / 107419129

槍ヶ岳は北アルプス南部に位置し、長野県と岐阜県との県境になっています。
このエリアは槍・穂高連峰と呼ばれ日本を代表する名山がひしめき合っており、その美しい絶景は登山者だけでなく多くの観光客を魅了しています。
その中でも槍ヶ岳は鋭く尖った山容から日本のマッターホルンとも呼ばれており、遠くからでも一目で分かることから多くの登山者の憧れ山になっています。
多くの方が訪れることから登山道は他のエリアに比べ整備されており、山小屋の数やその設備も日本トップクラスとなっています。

槍ヶ岳の四季

槍ヶ岳の四季

image by iStockphoto / 107621943

3000m級の山が連なるためこのエリアは一年の内半分以上が雪や氷に覆われています。
冬季でも登ることは出来ますが一般的には7月後半の梅雨明けから9月上旬までの約1ヶ月半がベストシーズン。

7月中は各所で雪が残りながらもその下からはハクサンイチゲやシナノキンバイなどの高山植物が顔を出し、9月中旬には紅葉が始まります。
そして早ければその頃には初雪が観測されることも。
四季の内3つの季節を短い期間に楽しめるのもこの山岳エリアの魅力の一つになっています。

槍ヶ岳登山の心得

槍ヶ岳登山の心得

image by iStockphoto / 76882139

登山道や山小屋など整備されているとは言え、3000mを超える槍ヶ岳を目指すためにはある程度の準備が必要です。
日帰り登山などの経験があり休憩を入れながら5~6時間は歩ける程度の体力が望ましいでしょう。

槍ヶ岳へのコースは複数ありますがどれも途中山小屋やテントで一泊することになりますので荷物は日帰りに比べ増えることになります。
また2500mを超えると森林限界となり日差しや風雨から守ってくれる樹木もなくなります。
真夏でも頂上付近は体感気温10度を下回ることもありますので防寒対策はしっかり行ってください。

北アルプス登山の玄関

北アルプス登山の玄関

image by iStockphoto / 92966799

槍・穂高連峰を見渡せる景勝地として人気の上高地。
槍ヶ岳登山のメインコースもこの上高地から始まります。
上高地はマイカーでは入れませんの長野県側からは主に沢渡、岐阜県側からは平湯バスターミナルからバスやタクシーで向かうことになります。
どちらも片道約30分、料金は沢渡から片道1250円、平湯バスターミナルから片道1160円となっており往復割引があります。

登山者にオススメなのが東京・大阪/京都から上高地まで直通バス。
早朝上高地に到着するため時間を有意義に使えますよ。

上高地の住所・アクセスや営業時間など

名称 上高地
住所 長野県松本市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kamikochi.or.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

槍沢コース 上高地~水俣乗越分岐

槍沢コース 上高地~水俣乗越分岐

image by iStockphoto / 79534839

上高地から槍ヶ岳へは槍沢を登るコースがオススメです。
上高地バスターミナルで登山届を提出し梓川に沿った遊歩道を進みます。
起伏が少ない道を約3時間、横尾山荘に到着します。
大きな山小屋で水場やテントサイトもありますのでここで一泊するのも良いでしょう。

ここから槍沢ロッジまでは樹林帯の登りとなりますが横尾には涸沢方面への分岐があるのでご注意ください。
横尾から槍沢ロッジを超え約2時間半ほどで稜線の水俣乗越分岐に到着します。
槍沢ロッジを過ぎてからは徐々に木々が低くなりやがて森林限界を迎えます。
この植生の変化も楽しんでみてください。

横尾山荘の住所・アクセスや営業時間など

名称 横尾山荘
住所 長野県松本市安曇上高地4469-1
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 1泊2食付き 9,800円
参考サイト http://www.yokoo-sanso.co.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

槍沢コース 水俣乗越分岐~槍ヶ岳頂上

槍沢コース 水俣乗越分岐~槍ヶ岳頂上

image by iStockphoto / 107621943

水俣乗越分岐から天狗原分岐を過ぎるといよいよ槍ヶ岳に向かう急登が始まります。
九十九折の砂礫帯となりますので息が上がらないようにしながらゆっくりと自分のペースで登りましょう。
その途中にはこの槍ヶ岳を開山した播隆上人が祀られている祠がありますので道中の無事を祈ることをお忘れなく。

水俣乗越分岐から3時間半、急登を登りきった先に槍ヶ岳山荘がみえてきます。
なんとこの山荘では焼きたてのパンが食べられるので最後のひと頑張り前に味わってみてください。
槍ヶ岳の頂上までは往復で約1時間ですが時期によっては渋滞し、また道も険しくなりますので大きな荷物は山小屋前に置かせてもらいましょう。
更に風が強いと体感気温が下がり体力を消耗してしまうので防寒着は必須です。
足場の悪い道を登り最後の鉄梯子を登りきると頂上到着です。
360度の大絶景が広がり雲さえも下に見えることでしょう。

槍ヶ岳山荘の住所・アクセスや営業時間など

名称 槍ヶ岳山荘
住所 長野県松本市埋橋1-7-2
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 素泊まり:6,500円 テント:1000円
参考サイト http://www.yarigatake.co.jp/yarigatake/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

下山後のお楽しみ

下山後のお楽しみ

image by iStockphoto / 36485660

上高地から登る槍沢コースは一般的には2泊3日の行程となります。
上高地をスタートする時間によって山小屋を選びましょう。
槍ヶ岳からの下山は往路と一緒ですが体力と時間に余裕があれば南岳まで稜線を歩いてみるのも良いでしょう。

上高地まで下り、下山届けを提出したら自分へのご褒美が待っています。
まずは疲れた体を癒す温泉。
梓川沿いにはホテルが並んでおり、日帰り入浴が出来る宿もあります。
河童橋周辺には飲食店が並び信州和牛を使ったコロッケや河童の顔の河童焼きなど小腹を満たしてくれる軽食も充実しています。

上高地温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 上高地温泉
住所 長野県松本市安曇上高地4469-1
営業時間・開場時間 7:00-09:00 12:30-15:00
利用料金や入場料 800円
参考サイト http://www.kamikouchi-onsen-spa.com/spa/higaeri.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

温泉満喫!岐阜・飛騨沢コース 新穂高温泉~槍平小屋

温泉満喫!岐阜・飛騨沢コース 新穂高温泉~槍平小屋

image by iStockphoto / 86750587

岐阜県側から槍ヶ岳を目指すコースは新穂高温泉にある新穂高ロープウェーから始まります。
平湯バスターミナルからバスで約45分、温泉街を抜け新穂高ロープウェーに到着します。
上高地とは異なりバスの終点付近までマイカーで行くことができ、また温泉旅館が多いことから前日一泊してから槍ヶ岳に向かうのも良いでしょう。

登山口は新穂高ロープウェーには乗らず駐車場の右手から林道に入っていきます。
整備された右俣林道を進み約2時間ほどで白出沢出合に着きます。
林道はここまでとなっており樹林帯の登山道が始まります。
右俣谷に沿って進み約2時間半で槍平小屋に到着します。
スタートが遅い場合はここで一泊することになります。

新穂高ロープウェーの住所・アクセスや営業時間など

名称 新穂高ロープウェー
住所 岐阜県高山市 奥飛騨温泉郷新穂高
営業時間・開場時間 8:30-16:45
利用料金や入場料 片道1600円
参考サイト http://shinhotaka-ropeway.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

温泉満喫!岐阜・飛騨沢コース 槍平小屋~槍ヶ岳

温泉満喫!岐阜・飛騨沢コース 槍平小屋~槍ヶ岳

image by iStockphoto / 21418058

槍平小屋からは2つのコースがあり、往路復路でコースを分けてみるのも良いでしょう。
槍平小屋から飛騨沢を進み千丈沢分岐まで約2時間半、ここから槍ヶ岳山荘まで2時間半の急登となります。
別コースとしては槍平小屋から沖田新道の急登を4時間頑張って南岳まで登り、稜線沿いに3時間で槍ヶ岳山荘に到着します。

槍ヶ岳からの帰路で是非とも合わせて登ってもらいたいのが奥丸山。
標高2440mとこのエリアでは小さな山ですが頂上からは槍・穂高連峰を始め笠ヶ岳から双六岳に連なる山容など360度見渡せる展望が待っています。
槍ヶ岳登頂の喜びを改めて感じられることでしょう。

槍平小屋の住所・アクセスや営業時間など

名称 槍平小屋
住所 岐阜県高山市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 素泊まり(食事なし)5800円 テント1000円
参考サイト http://yaridairagoya.sakura.ne.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

新穂高温泉で湯ったりと

新穂高温泉で湯ったりと

image by iStockphoto / 73511227

登山口の新穂高温泉がある奥飛騨温泉郷は日本有数の温泉地であり、その湯量は国内3位を誇ります。
そのため多くの温泉旅館が立ち並び、夕食では岐阜が誇るブランド牛、飛騨牛を堪能出来るだけでなく、登山口まで送迎してくれるサービスもありますのでワンランク上の登山を楽しめます。

この飛騨牛ですがこのコースの途中、登山口から約30分ほどのところで放牧されています。
林道途中の穂高平小屋付近では丸太の柵で囲まれたエリアがあり、その中で飛騨牛が放牧されています。
また時間に余裕があれば下山後一泊し、新穂高ロープウェーからの絶景を楽しむこともできます。

新穂高温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 新穂高温泉
住所 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://shinhotaka.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1度は登りたい名峰

 

登山に興味がない方でも槍ヶ岳の姿は一度は目にしたことがあることでしょう。
近年の登山ブームもありより多くの方が憧れをいだく槍ヶ岳は、準備と計画さえしっかりすれば誰でも登頂出来るこはず。
上り下りの辛さもありますが、それすら上回る絶景とその後に待っているお楽しみを充実させればきっと楽しい山旅になりますよ。
photo by iStock