池、岩、洞窟のご利益がありそう!沖縄・宮古島のパワースポット10選

神々が創造した島ともいわれている宮古島には、自然が作り上げた多くのパワースポットが存在します。古くから伝わる言い伝えや、信仰の対象になっている聖なる場所もたくさんある宮古島のパワースポットは、旅行客だけでなく地元の人々からも慕われています。今回は宮古島のおすすめパワースポット10選をご紹介します。
【沖縄観光の徹底ガイドおすすめ記事】
移住者が伝授する沖縄観光の完全ガイド!泊数別モデルプラン、格安旅行の仕方、おすすめ時期
もう迷わない!絶対おすすめの沖縄お土産20選

澄んだ空気が流れる『宮古島』

神様の起源ともいわれる宮古島は、美しいブルーの海、クリアな空、鮮やかな木々と優しい風に見守られた自然あふれる島です。
また、サンゴ礁が多くあることからスキューバダイビングなども人気で、長期滞在の旅行者や移住者も増え続けています。

宮古島の住所・アクセスや営業時間など

名称 宮古島
住所 沖縄県宮古島
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#1 三人の神様が祀られる宮古神社

hori93 (引用元:Instagram)

宮古島にある「宮古神社」は日本最南端の神社です。
境内では熊野三神という三人の神様と三人の命が祀られており、宮古島の中心的なスポットとなっています。
この神社の御利益は家内安全、良縁祈願、子宝などで、多くの島民たちを厄災から救ってきたといわれています。
海から見渡せる絶景も素晴らしく、訪れるだけで負のオーラが吹き飛んでいきそうです。

宮古神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 宮古神社
住所 沖縄県宮古島市平良字西里5-1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 光の角度でエネルギーが変わる通り池

keitan1223 (引用元:Instagram)

宮古島から大橋で渡れる伊良部島の「通り池」は、龍の頭のような形をした神秘的な池です。
この池の水は光の当たる角度によって様々な色に見え、感じるエネルギーも違っているそうです。
また、沖縄の天然記念物にも指定されているこの池は海とも繋がっており、ダイビングスポットとしても人気で、海中からは澄んだ幻想的な世界を見る事ができます。

通り池の住所・アクセスや営業時間など

名称 通り池
住所 沖縄県宮古島市伊良部字佐和田
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 強力なエネルギーで生まれ変われる場所・鍋底池

leity_chocozack (引用元:Instagram)

通り池からさらに億へ行くと「鍋底池」という場所があります。
鍋底池は波や風の浸食によってできたゴツゴツした岩肌に囲まれている鍾乳洞の中にある池で、海があれると沸騰した鍋の底のように泡立つことから鍋底池を名付けられたそうです。
ここは生まれ変わりの場所といわれており、自分の殻を破り、今の状況に変化を与えたい時におすすめのスポットです。

鍋底池の住所・アクセスや営業時間など

名称 鍋底池
住所 沖縄県宮古島市伊良部佐和田
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 宮古島屈指の不思議スポット・石庭

88arigatou (引用元:Instagram)

宮古島にある「石庭」は新城定吉氏という方の所有地にある庭で、新城氏が見た夢を受けて、石を並べて作った庭ですが、世界で唯一の場所ということで多くのスピリチュアル研究科から評価されているパワースポットです。
庭といっても非常に広大な敷地内は、夢の啓示を受けて置かれたストーンサークルなどが置かれており、裸足になって踏みしめる事でパワーをかじられるようです。

石庭の住所・アクセスや営業時間など

名称 石庭
住所 沖縄県宮古島市平良下里2309新城定吉邸
営業時間・開場時間 間 24時間
利用料金や入場料 200円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 神秘的な洞窟・保良泉鍾乳洞

ritoucom (引用元:Instagram)

保良泉ビーチパークからほど近い場所にある「保良泉鍾乳洞」は、パンプキンホールともいわれている海中鍾乳洞です。
洞窟入り口は干潮の時期以外は海底に沈み入る事が出来ず、内部へは干潮時にツアーガイドさんと一緒にウェットスーツを着て入ります。
何万年もの時をかけて作られた洞窟は母体のように神秘的で静かな空間が流れ、今でも島の”おばあ”たちから崇拝されている聖なる場所です。

保良泉鍾乳洞の住所・アクセスや営業時間など

名称 保良泉鍾乳洞
住所 沖縄県宮古島市城辺保良
営業時間・開場時間 ツアーによる
利用料金や入場料 5,500円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 立ち入り禁止の場所も多い神秘の島・大神島

ricounity (引用元:Instagram)

神の島といわれる「大神島」は、自然の神々の住まう島として宮古島の中でも一段と神秘的な空気が漂っているパワースポットです。
かつてから神様に纏わる儀式が多く伝わっているこの島には、島民でも立ち入ってはいけない神聖な場所も多いですが、島を散策しているだけでも心が現れる、不思議な魅力のある島です。

大神島の住所・アクセスや営業時間など

名称 大神島
住所 沖縄県宮古島市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 包み込むようなオーラがある帯岩

tsakurak (引用元:Instagram)

「帯岩」は1771年の八重山地震による大津波でここに打ち上げられたといわれている巨岩で、海の近くにあることから現在でも航海の安全や大漁など、海にまつわる祈願が行われるスポットとなっています。

帯岩の住所・アクセスや営業時間など

名称 帯岩
住所 沖縄県宮古島市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 めったに会えない幻の島・八重干瀬

leyna8 (引用元:Instagram)

年に1度だけ海面にその姿を現すといわれている幻のスポット「八重干瀬」は、宮古島最北の島・池間島のさらに北に位置する日本最大のサンゴ礁群です。
周辺はサンゴと熱帯魚がたくさんいるので、シュノーケリングもおすすめです。
また、八重干瀬の水に手と足を浸けると長寿になれるといわれています。

八重干瀬の住所・アクセスや営業時間など

名称 八重干瀬
住所 沖縄県宮古島市池間島
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 宮古島最古の歴史を持つ漲水御嶽

maup0ns.78 (引用元:Instagram)

沖縄に点在する霊場・御嶽は宮古島にも複数存在します。
宮古島にあるうちの最古の霊場とされている「漲水御嶽」は宮古島の創造神話の神々が祀られているパワースポットです。
観光スポットめぐりの一番最初にここを訪れると良いことがあるという噂もあり、非常に神聖なスポットです。

漲水御嶽の住所・アクセスや営業時間など

名称 漲水御嶽
住所 沖縄県宮古島市平良西里8
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 宮古島で一番波動が高い場所・大主神社

manabourg (引用元:Instagram)

神秘的なスポットが多い宮古島のなかでも最も波動が高いといわれている「大主神社」は、特別な日以外は島民でも入る事が出来ないとされている神聖な場所です。
この神社には12人の神様を産み落とした母親にまつわる伝説が残されており、鳥居だけでも見る価値はあるスポットといえます。

大主神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 大主神社
住所 宮古島市平良池間
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神々のパワーを感じられる場所『宮古島』

今回は宮古島のパワースポット10選をご紹介しました。
今回取り上げたスポットに限らず、宮古島一帯はただ訪れるだけでも不思議なパワーをもらえる場所です。
ここを訪れる人々は、宮古島が神々に見守られていることを感じる事が出来るでしょう。