ドイツ有数の温泉保養地「ヴィースバーデン」で見ておきたいスポット9選

ヴィースバーデンはドイツ中央西部・ヘッセン州の州都であり州の南西部・タウヌス丘陵の麓に位置する街。15の温泉源を有する土地であることからドイツでは「バーデンバーデン(バーデン=ヴュルテンベルク州)」と並ぶ有名な温泉保養地として知られ、夏から秋にかけては多くの長期滞在者でにぎわっています。今回はそんなヴィーズバーデンから見ておきたいスポットを見ていきましょう。

バロック建築のターミナル駅「中央駅」

バロック建築のターミナル駅「中央駅」

image by iStockphoto

1906年に市内の中心駅3駅を統合する形で開業したヴィ―スバーデンのターミナル駅。
現在使用されているネオバロック様式の駅舎は1906年にカイザー・ヴィルヘルム2世によって建設されたもので、赤い砂岩を使った外観、40メートルの塔やパビリオンが歴史的な雰囲気。
この街の名物であるスパ目当ての観光客が増加したために開業したことから、乗り換えしやすい幅広いスペースが取られています。
近年は改装工事により拡張されてきており、買い物ができるお店が増えてきています。

住所:Gartenfeldstrasse 57 65189 Wiesbaden

image by iStockphoto

image by iStockphoto

ヴィ―スバーデン中央駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴィ―スバーデン中央駅
名称(英語) Wiesbaden Hbf
住所 Gartenfeldstrasse 57 65189 Wiesbaden
営業時間・開場時間 6:00 – 20:00(案内)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.bahnhof.de/bahnhof-de/Wiesbaden_Hbf.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

質素なルネサンス建築「新市庁舎」

質素なルネサンス建築「新市庁舎」

image by iStockphoto

1886年から1887年にかけてドイツ・ルネサンス様式で建設された建築物。
1610年に建設されたヴィースバーデン最古の建築物・旧市庁舎(現在は戸籍役場として使用)に変わる新市庁舎となりましたがその後の戦争により破壊。
質素な造りに再建されたのは1951年で、張り出し窓とリザリートエプロン(建物前面中央が飛び出している建築様式)で構成されています。
現在は市当局が収容されており、その他には公開展示室や有名なバイエルン地方のレストランもあります。

image by iStockphoto

新市庁舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 新市庁舎
名称(英語) Neues Rathaus
住所 Schloßpl. 6, 65183 Wiesbaden
営業時間・開場時間 月-金 7:00 – 18:30, 土 9:00-15:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.wiesbaden.de/tourismus/sehenswertes/bauwerke-gebaeude/Rathaus.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

街で最大の主塔を持つ「マルクト教会」

街で最大の主塔を持つ「マルクト教会」

image by iStockphoto

駅の大通りを約15分歩いたマルクト広場にある教会。
教会全体の長さは約60メートルで、レンガで覆われた外観と焼成粘土によって作られた彫刻、ヴィースバーデン最大となる98mの主塔を備えています。
街の名誉市民とである神学者マルティン・ニーメラーが逮捕前最後の説教を行ったことでも知られますが、第2次世界大戦時に損傷。
戦後に修復された際にはは中央窓のステンドガラス、カール・ブースのスケッチが施されました。
またこちらでは毎日9、12、17時に作動する「Glockenspiel」という鐘の鳴る仕掛け時計も見もの。
住所:Marktplatz 8 65183 Wiesbaden

image by iStockphoto

マルクト教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 マルクト教会
名称(英語) Marktkirche Wiesbaden
住所 Marktplatz 8 65183 Wiesbaden
営業時間・開場時間 火-金 14:00 – 18:00, 10:00 – 11:30(水のみ), 土10:00 – 11:00, 12:00 -14:00, 日14:00 – 17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.marktkirche-wiesbaden.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

16世紀のバロック城「ビーブリッヒ城」

16世紀のバロック城「ビーブリッヒ城」

image by iStockphoto

1700年から1750年にかけてライン川の川岸に建てられたバロック様式の城。
3つの翼を有する建物は選帝侯と後のナッサウ公達の居住として使用されてきました。
円形の広間やギャラリーはヘッセン州首相の為のリプレゼンテーションが行われており、イベントやプライベートの祝いごとの会場にもなっています。
毎年行われる聖霊降臨祭時の会場にもなり、広大な大庭園では70回以上開催される国際馬術競技会が開かれ、世界中の馬術競技のトップ選手が集結。
機会があればその迫力を体感してみましょう。

image by iStockphoto

ビーブリッヒ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ビーブリッヒ城
名称(英語) Schloss Biebrich
住所 Rheingaustraße 140, 65203 Wiesbaden
営業時間・開場時間 非公開(イベント時を除く)
利用料金や入場料 非公開
参考サイト https://www.wiesbaden.de/ja/tourismus/sehenswertes/bauwerke-gebaeude/Schloss_Biebrich.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史的音楽祭の会場 「ヘッセン州立劇場」

歴史的音楽祭の会場 「ヘッセン州立劇場」

image by iStockphoto

ヘッセン州立劇場はクアハウスの裏側・クアパークに面した劇場。
1894年にカイザー・ヴィルヘルム2世によって建設され、1902年に付け加えられた有名なロココ様式のロビー、大ネオ・バロック様式のホール、1839年にできた劇場コロネードが豪華。
劇場では様々なイベントが開催されますが、中でも有名なのは「ヴィースバーデン五月音楽祭」。
1896年に第1回の音楽祭が開催されて以降エンターテイメントの世界的有名人が客演し、公演は毎回観客でいっぱいになります。
住所:Christian-Zais-Strasse 3, 65189 Wiesbaden

image by iStockphoto

image by iStockphoto

ヘッセン州立劇場の住所・アクセスや営業時間など

名称 ヘッセン州立劇場
名称(英語) Hessisches Staatsheater
住所 Christian-Zais-Strasse 3, 65189 Wiesbaden
営業時間・開場時間 公演による
利用料金や入場料 公演による
参考サイト http://www.staatstheater-wiesbaden.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヘッセン州の議会議場「シュタットシュロス」

ヘッセン州の議会議場「シュタットシュロス」

image by iStockphoto

シュタットシュロスはシュロスプラッツ(城館広場)にある、1840年にヴィルヘルム・フォン・ナッサウ公の王宮として建設された建物。
長くナッサウ公爵たちが所有し、皇帝ヴィルヘルム2世がヴィースバーデンを訪れた際に滞在した場所でもありました。
第2次世界大戦後は宮殿内にヘッセン州議会議場が入り1961年には新しい議事堂が完成、市民や観光客が入れるようになりました。
内部には当時のナッサウ公爵達が使用した部屋が現在も残されており、古典的な壁や天井画が描かれた豪華な造りは大きな見どころになっています。

image by iStockphoto

image by iStockphoto

シュタットシュロスの住所・アクセスや営業時間など

名称 シュタットシュロス
名称(英語) Stadtschloss Wiesbaden
住所 Schloßpl. 1-3, 65183 Wiesbaden
営業時間・開場時間 ガイドツアー 土曜15:00-
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://hessischer-landtag.de/content/f%C3%BChrungen
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

街を見下ろす巨大観覧車に乗ろう

街を見下ろす巨大観覧車に乗ろう

image by iStockphoto

街に設置される大きな仮設観覧車。
名称”Jupiter”(ジュピター)というニックネームがつけられた観覧車は横18m、高さ23mで、最大で180名も乗ることができる大きさ。
料金は大人4ユーロ(約470円)ですが人気のアトラクションで、チケットを買う際は行列ができていることも。
1度にできる乗客の入れ替えは3組までのため、乗った位置によっては高い位置で運転が止まることもあり、マルクト教会を見下ろせる位置で止まることも。
平地から見る時と違った見方を楽しむことも良いでしょう。

image by iStockphoto

ヴィースバーデンの仮設観覧車の住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴィースバーデンの仮設観覧車
名称(英語) Wiesbaden Ferris wheel
住所 Mauritiusplatz Wiesbaden
営業時間・開場時間 10:30 – 21:30 (11/22-1/8)
利用料金や入場料 4ユーロ
参考サイト http://www.wiesbaden.de/microsite/weihnachten-en/025/ferris-wheel-winter-tavern.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

この地のロシア人信者が集う「ロシア正教会」

この地のロシア人信者が集う「ロシア正教会」

image by iStockphoto

ネロ山の頂上にそびえる金色ドームが美しい教会は、聖ボニファティウス教会や旧ユダヤ教会を担当したナッサウ公国の建築家フィリップ・ホフマンが、モスクワのハリストス教会を見本として建設。
ナッサウのアドルフ公が早くに世を去った彼の妻を弔うために建設され、現在までヴィースバーデンに住むロシア人信者たちの小教区教会とされてきました。
付属の牧師館裏には19世紀に立てられた数多くの侯爵の墓所にがあり、そこにはロシア人墓地もあります。

image by iStockphoto

ロシア正教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 ロシア正教会
名称(英語) Russische Orthodoxe Kirche
住所 Christian-Spielmann-Weg 2 D-65193 Wiesbaden
営業時間・開場時間 10:00 – 18:00(5月-10月), 10:00 – 17:00(4月), 10:00 – 16:00(11月-3月)
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.wiesbaden.de/ja/tourismus/sehenswertes/kirchen-synagoge/Russische_Kirche.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大理石を施した豪華建築「クアハウス」

大理石を施した豪華建築「クアハウス」

image by iStockphoto

中央駅から市バスで約7分の場所にある、ヴィースバーデンが世界的な温泉地として人気となったことで建設された建築物。
1907年カイザー・ヴィルヘルム2世出席のもと披露され、大理石のワインサロン、フラスコ画や貝、ルイ16世様式(18世紀中後期フランスで流行した様式)の赤のパビリオン、ナッサウ産大理石の高い柱とマホガニー素材の壁で構成されたコンサートホールがたいへん豪華。
第2次世界大戦時の空襲により破壊されますが戦後に修復が行われ、1983年には建設当時の雰囲気を残しながら近代設備が設置する大規模な改修が行われました。
住所: Kurhausplatz 1, 65189 Wiesbaden, Hesse, Germany

image by iStockphoto

image by iStockphoto

クアハウスの住所・アクセスや営業時間など

名称 クアハウス
名称(英語) Kurhaus
住所 Kurhausplatz 1, 65189 Wiesbaden, Hesse, Germany
営業時間・開場時間 12:00 – 4:00(カジノ)
利用料金や入場料 入場料2.5ユーロ-
参考サイト http://www.wiesbaden.de/microsite/kurhaus/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

温泉と優雅な歴史的建築でのんびり

ヴィースバーデンへは直行便のあるフランクフルトからSバーンで45分か私鉄35分、マインツからSバーンで15分。
ゲーテやドストエフスキーも訪れた訪れたこの街で、温泉と優雅な歴史的建築でのんびりした旅を楽しんできては。
photo by iStock