世界で最も美しいと言われるベトナムの洞窟「フォンニャ-ケバン国立公園」の観光情報まとめ

ベトナム中部のクアンビン省にあるフォンニャ=ケバン国立公園には、世界で最も美しいとされる洞窟があります。その美しさ、規模の大きさなどから2003年には、ベトナムで5番目となる世界遺産にも登録されています。日本ではまだそれほど知られていないこの素晴らしい自然の遺産について、行き方やみどころなどをまとめてみました。

フォンニャ=ケバン国立公園とは?

フォンニャ=ケバン国立公園とは?

image by iStockphoto

フォンニャ=ケバン国立公園は、約86,000haという広大な面積を占める国立公園で、2003年に世界遺産に登録されています。
4億年前にできたと言われるカルスト地形が作り出す幻想的な洞窟の他に、豊かな原生林とそこに住む希少な動植物など多くの魅力がある国立公園です。

フォンニャ ケバン国立公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 フォンニャ ケバン国立公園
名称(英語) Phong Nha-Kẻ Bàng National Park
住所 Son Trach, Bo Trach, Quang Binh, Vietnam
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.phongnhakebang.vn/en
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

数億年の時を経て形成された

数億年の時を経て形成された

image by iStockphoto

ベトナム中部、ラオスとの国境付近に広がるフォンニャ=ケバン国立公園のカルスト地形は、約4億年前に形成されたと言われています。
4億年前といえば、恐竜が生まれる時代よりも遥か昔、古生代のオルドビス紀にあたり、ようやく初期の植物や節足動物が陸に現れ始めたような時代です。
そんな時代から築き上げられたと想像するだけで、地球のロマンを感じることができますね。

洞窟の歴史

洞窟の歴史

image by iStockphoto

人間の歴史の中にも、フォンニャ=ケバン国立公園の洞窟は登場します。
9, 10世紀には、カンボジアやベトナムに住むチャム族の人々が仏教の聖域として利用していたり、またベトナム戦争中は、病院や武器庫として利用されていたためアメリカ軍の爆撃の標的になっていたそうです。

ドンホイからツアーで行くのがオススメ

ドンホイからツアーで行くのがオススメ

image by iStockphoto

フォンニャ=ケバン国立公園までは、事前にオプショナルツアーに申し込んでおくか、現地のツアー会社で申し込むことをお勧めします。
フォンニャ=ケバン国立公園ツアーの拠点は、ドンホイという街です。
ドンホイはクアンビン省の省都で、近年はビーチリゾート開発で発展している都市でもあります。
このドンホイからは、バスで1時間程度なので、余裕を持って洞窟見学ができます。
「天国の洞窟」と「フォンニャ洞窟」など2つ以上の洞窟を見学したいという方は、この方法をオススメです。

フエからの行き方

フエからの行き方

image by iStockphoto

フォンニャ=ケバン国立公園までフエから行く方法もあります。
フエは、ベトナム中部のトゥアティエン=フエ省の省都で、かつての阮朝の首都でもあった都市で、王朝時代の建造物などが多くある街です。
ここからもツアーで行くことができますが、バスで4,5時間はかかるため、移動でかなり疲れます。
また、一日ツアーだと、1箇所の洞窟を見るのが時間的には精一杯となるので、いくつかの洞窟をゆっくりとみて回りたい方には、お勧めしません。
フエ観光から少し足を伸ばして、一日でみて回りたい方には良いかもしれません。

トゥアティエン=フエ省の住所・アクセスや営業時間など

名称 トゥアティエン=フエ省
名称(英語) Huế
住所 Huế, Vietnam
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.huecity.gov.vn/TrangChu/NewCatId/37
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

原生林に生息する多種多様な希少生物

原生林に生息する多種多様な希少生物

image by iStockphoto

フォンニャ=ケバン国立公園の持つ約86,000haの広大な敷地のほとんどは原生林で、そこには多種多様な動植物が生息しています。
その中には、世界やベトナムのレッドブックに入っている希少種も多いため、洞窟だけではなく周囲の原生林とそこに住む動植物の価値も世界遺産に登録された所以の一つとなっています。
珍しい昆虫や鳥など、洞窟までの道のりで様々な動植物に出会えることでしょう。

国立公園の象徴的な洞窟、フォンニャ洞窟

国立公園の象徴的な洞窟、フォンニャ洞窟

image by iStockphoto

山登りが大変なティエンソン洞窟に比べ、こちらのフォンニャ洞窟はボートを使って行くので、比較的気軽に行くことができます。
「風の牙の洞窟」という意味を持つフォンニャ洞窟までは、船着場からボートに乗って、ソン川を約30分ほど進んで行くと到着します。
ボートに乗ることで、より探検感が増し、雰囲気を醸し出してくれることでしょう。

もう一つの象徴的洞窟、ティエンソン洞窟

もう一つの象徴的洞窟、ティエンソン洞窟

image by iStockphoto

1935年にフランス人考古学者によって発見されたこの洞窟は、「仙人山洞窟」という意味の名前がつけられています。
その名の通り、たどり着くためには500段近い階段を登らなくてはいけません。
全長は約1kmで、一般に公開されているのは360度開けた400m地点までとなっています。

規模の大きさに圧巻!ティエン・ドゥオン洞窟(天国の洞窟)

規模の大きさに圧巻!ティエン・ドゥオン洞窟(天国の洞窟)

image by iStockphoto

ティエン・ドゥオン洞窟は、別名「Paradise Cave」、天国の洞窟と呼ばれています。
2005年にイギリス人によって発見された、比較的最近になって入れるようになった洞窟ですが、その規模と美しさは素晴らしく、「天国の洞窟」と呼ばれるだけのことはある場所です。
ここは世界遺産エリアから外れるため、フォンニャ洞窟からまたさらに車で30分ほど移動しなければなりません。
洞窟内の高さは最大で70mにもなり、奥行きは32kmとも言われています。
一般に入れるのは1km程度ですが、それでも大迫力の洞窟であることには間違いありません。

昼食は観光センターで

昼食は観光センターで

image by iStockphoto

フォンニャ洞窟への船乗り場でもある、フォンニャ観光センターで昼食をとることができます。
ツアーなどの場合、ここで昼食をとることが多いでしょう。
かなりボリュームがあり、ベトナム料理を中心とした料理を楽しむことができます。
ランブータンなど日本ではなかなか目にすることのないフルーツも必見です。

神秘の洞窟

いかがでしたか?自然が気の遠くなるような時間をかけて作り出した神秘的な世界をあなたも是非体験しにいってみてください!
photo by iStock