なぜ起きた?古代史上最大の内乱「壬申の乱」とは?

「壬申の乱」。この歴史の一幕を知らない方も意外に多いのではないでしょうか。古代史上最大の内乱と言われており、叔父と甥による天皇の座を巡る皇位継承争いです。そして、この争いは畿内全域の民衆を巻き込んだ壮大な内乱となりました。なぜ、この内乱が起きてしまったのでしょうか?歴史の流れと主要人物について詳しく見ていきましょう。

壬申の乱とは

壬申の乱とは

image by PIXTA / 22708011

壬申の乱が起きたのは、今から1300年以上も前の672年。
第38代天智天皇の崩御後に起きた皇位後継者争いです。
天智天皇の息子と天智天皇の弟による次期天皇を巡る古代史上最大の内乱でした。

それ以前にも皇位継承を巡る争いは、幾度となく起こっていましたが、この「壬申の乱」が着目される大きな理由は、一族や皇族同士の争いの枠を超えて一般の民衆を巻き込んだ争いに発展したことにあります。
当時は、必ずしも天皇の皇子が皇太子となり天皇となる決まりはありませんでした。
そのため、皇位継承の都度争いは絶えませんでした。
しかし、この壬申の乱は、皇位継承争いが畿内全域を巻き込んだ古代史最大の合戦になってしまったのです。

この内乱が起こった経緯を主要人物を中心として詳しくみていきましょう。

壬申の乱はなぜ起きたのか?

発端者 天智天皇(てんじてんのう)

第38代天智天皇。
即位前は中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)と言いました。
父は第35代舒明天皇(じょめいてんのう)・母は第36代皇極天皇(こうぎょくてんのう)です。
兄弟には、異母兄に古人大兄皇子(ふるひとのおおえのおうじ)・同母弟は大海人皇子(おおあまのおうじ)後に天武天皇(てんむてんのう)となります。
・同母妹に孝徳天皇の皇后である間人皇女(はしひとのひめみこ)がいました。

天智天皇は、中臣鎌足とともに「大化の改新」を実行。
当時の有力豪族であった蘇我氏を討ち,天皇中心の集権国家建設に尽力しました。
しかし、異母兄であった古人大兄皇子・甥であった有馬皇子・義父であった蘇我倉山田石川麻呂などを殺害したり、強引な政治政策を行ったため、豪族達の不満もありました。
そのためであったか、667年に代々続いた飛鳥にあった都を近江大津(現在の滋賀県)に遷都。
渡来人(大陸から渡ってきた外人)の登用や冠位制度の整備,近江令制定,日本で初めての戸籍である庚午年籍を作成など多くの偉業を成し遂げ増した。

この天智天皇を陰で支えたのが同母弟である大海人皇子でした。
当初、人格も血統の上でも問題がない大海人皇子が皇太弟として、次期天皇に最も近い存在でした。
しかし、天智天皇も人の親です。
我が子である秀才と評判であった大友皇子に天皇の位を譲りたいと願ってしまいました。
しかし、大友皇子の母は、宮廷で働いている女官で身分が低く、当時は母の血統が重んじられていたので、皇太子とはなれませんでした。
天智天皇は、強引に日本では同母兄弟間での皇位継承の慣例を、唐にならった嫡子相続制(すなわち大友皇子への継承)の導入として押し進めていきました。
政治的にも強引な手法で改革を進めた結果、同母弟である大海人皇子などの不満を高めていき、叔父である大海人皇子VS甥である大友皇子の跡目争いが始ってしまうのです。

次期天皇最有力候補 大海人皇子(おおあまのおうじ)

第40代天武天皇。
即位前は大海人皇子と言いました。
天智天皇と同母弟と言われているので、父母兄弟は天智天皇と同じ。
皇后は鸕野讃良皇女(うののさららのひめみこ)で兄である天智天皇の娘です。
この皇女は後に持統天皇となります。

先に述べた天智天皇は、皇太子でいた期間がとても長かったので、天皇としの在位期間は短くわずか4年でした。
それを陰で支えたのは大海人皇子でした。
現在のように天皇は、必ずしもその息子がなるわけではなく、天皇の弟や叔父が次期継承者なる場合も少なくなかったのです。
天智天皇の跡継ぎも、天智天皇の同母弟である大海人皇子が最有力候補でした。
天智天皇と長い間、政治的にも行動を共にしており、天智天皇の娘を次々と4人妻としています。

また、大海人皇子の娘や息子は、天智天皇の娘と息子と多く婚姻関係を結んでいました。
668年、大海人皇子は、兄である中大兄皇子が即位して天智天皇となると、正式に皇太弟として政治を補佐し支えます。

しかし、天智天皇の息子である大友皇子(おおとものおうじ)が成人すると、天智天皇は秀才と評判であった愛息子である大友皇子を後継者にしたいと望みます。
そして、跡継問題で両者は対立するようになってしまいます。
671年に大友皇子は、政治の中枢を担う太政大臣に任命されます。
これにより大海人皇子は次第に政治の舞台から遠ざけられるようになってしまいました。
そして、天智天皇の病がいよいよ重くなった671年、天智天皇は大海人皇子を病床に呼び寄せて、後事を託そうとしました。
これは、「罠かもしれない。」と警戒した大海人皇子は、天智天皇に大友皇子を皇太子として推挙しました。
そして、自らは出家して僧侶となり、わずかな兵と皇后を引き連れて吉野に去っていきました。
そして、天智天皇が亡くなると、挙兵し大友皇子との古代史最大の内戦といわれる「壬申の乱」が起こるのです。

太政大臣 大友皇子(おおとものおうじ)

大友皇子は、天智天皇の第一皇子。
母は伊賀采女宅子娘(いがのうねめ・やかこのいらつめ)です。

「天皇の息子だし、大友皇子が皇太子となり次の天皇となるのでは?」と思う方も多いとはず。
しかし、当時、天皇になる資格は父が天皇というだけでなく、母の出身も大切な要素でした。

天皇を継承できる資格は、第一に皇族出身の皇后や妃を母とする皇子でした。
天皇にそのような皇子が生まれなければ、第二は、有力な大臣の娘が后や妃となり生まれた皇子でした。
大友皇子の母親はというと、そのどちらにも当てはまらず天智天皇に仕える女官だったといわれています。
そのため、慣例に従えば、大友皇子は、次期天皇になるための皇位継承の資格がありませんでした。
そのため父母が皇族出身で、なおかつ天皇であった大海人皇子が皇太弟で次期天皇最有力候補だったのです。

しかし、古代でもやはり当然親子の情はありました。
また、大友皇子は、当時の『懐風藻』(かいふうそう)という書物に”皇子博学多通 文武ノ才幹”と記載されおり、とても優秀で聡明な皇子だったようです。
聡明で優秀な我が子が可愛い!親ならば、当然の想いですよね。
晩年、天智天皇は、皇位を可愛い我が息子に継がせたくなってしまうのです。
そこで天智天皇は、大友皇子が成人すると「太政大臣」(だじょうだいじん)という地位を与え、政治の中枢に立たせます。
この時、日本史上初の「太政大臣」という官職が登場したのです。
新しいポストを作り、大友皇子を政治の中枢に迎え入れたことにより、次期天皇の最有力候補である大海人皇子は、その地位を奪わてしまい政治の中枢から孤立してしいます。
そして、大友皇子と敵対する立場になってしまい「壬申の乱」がおこることとなります。

余談ですが、大友皇子の妻は、大海人皇子と女流歌人で有名な額田王の間に生まれた十市皇女でした。
夫と父の争いに巻き込まれた皇女も、古代史の悲劇に飲み込まれた悲しい女性だったのです。

いざ壬申の乱へ

いざ壬申の乱へ

image by PIXTA / 26444417

大海人皇子 吉野での決起!

大海人皇子が天智天皇が治めていた大津の都を出て、吉野へ向かうとき,見送った人々は,去っていく大海人皇子を見て「翼のある虎を野に放したようなものだ」と言ったと伝えられています。

672年、出家した大海人皇子は、妻の鸕野讃良皇女・息子である草壁皇子(くさかべのおうじ)と忍壁皇子(おさかべのおうじ)数人の舎人(身辺を警護する者)を伴い70人ほどで都から吉野に隠遁しました。
そこで大海人皇子に緊急事態が知らされます。
近江の朝廷(大友皇子が中心)が天智天皇の陵(墓)を造ると言う名目で美濃と尾張の農民を集めて,武器も持たせているという知らせでした。
同時に、大津京から飛鳥にかけて朝廷の見張りの者たちが置かれ,さらに,吉野への食料を運ぶ道を閉鎖する動きも伝わってきました。
これらの情報をもとに大海人皇子は、自分の身が危ういことを悟り、大友皇子と戦うことを決意するのです。

まず、自分たちの身を安全な場所に移すため、大海人皇子は、自分の私領地がある美濃(現在の岐阜県)へ脱出を試みます。
それと当時に、舎人たちに東国(現在の三重県・岐阜県・愛知県・長野県)の豪族たちを味方にするよう命じ挙兵の準備を進めました。
息子である高市皇子(たけちのおうじ),大津皇子(おおつのおうじ)を都から脱出させ、東国の兵を集めることを部下たちに指示。
大海人皇子自身は妻の鸕野讃良皇女・息子である草壁皇子(くさかべのおうじ)と忍壁皇子(おさかべのおうじ)や数人の舎人や侍女らと吉野宮を出ました。
美濃に目指し、まず伊賀に向かって進んでいきました。

大海人皇子 吉野から行宮へ

大海人皇子一行は、伊賀に向かって進んでいきました。
この付近は平坦な道で進みやすかったようです。
しかし、この伊賀の地は、大友皇子の母の名が伊賀采女宅子娘だるように、大友皇子の母の生地であり、いつ敵が襲って来るか分からない土地でもありました。
警戒して進み、大きな峠を越えれば伊勢に入りことができました。
そこで、甲賀を越えて脱出した長男の高市皇子と合流して伊勢に入ります。
ここを越えれば畿内を抜けて東国へ脱出成功しました。
同時に都との交通の要所であった鈴鹿道と不破道を遮断することに成功し、この2ヵ所を味方の兵たちにより確保しました。

この不和道の近くに前線本部を置き、最高司令官を長男である高市皇子に任せます。
そして、大海人皇子は前線本部の近くにあった野上に,この地域の支配者であった尾張氏の私邸を借り,そこを行宮(仮の宮)とし、しばらく滞在することとなるのです。

 

いざ、決戦へ

いざ、決戦へ

image by PIXTA / 11708116

7月2日 高安城(たかやすのき)の戦い

大海人皇子軍は、大伴吹負(おおとものふけい)を大将とし、大友皇子率いる朝廷軍が天智天皇が防衛の為に築いた朝鮮式の城である高安城に大友皇子率いる朝廷軍がいることを掴み向かいます。
その後、朝廷軍は米倉に火をつけて敗走します。

7月4日 乃楽山(ならやま)の戦い

大伴吹負軍は、乃楽山(現在の平城京跡の北西周辺)で朝廷軍と戦いました。
ここでは、勝利できず大海人皇子軍が一時敗走することになります。

7月5日 当麻(たぎま)の戦い

大伴吹負軍は、体勢を立て直し、朝廷軍と二上山のふもと(現在の奈良県北葛城郡当麻町)で戦って勝利しました。

7月5日 倉歴(くらふ)の戦い

この戦いは、夜に行われ敵味方がわからず混乱しました。
朝廷軍は「金(かね)」という合言葉を使って敵味方を区別したと言われています。
そのため、大海人皇子軍は混乱し一時敗走しますが、援軍3000の兵により大海人皇子軍が勝利します。

7月7日 箸墓(はしはか)の戦い

朝廷軍と大伴吹負(おおとものふけい)らが率いる大海人皇子軍が戦って大海人皇子軍が勝利しました。

その後も、朝廷に不満を持っていた地方豪族を味方につけ、大海人皇子軍は勢力を拡大し、朝廷軍を打ち破っていきます。

7月22日 瀬田唐橋(せたからはし)の決戦

壬申の乱の最後の決戦。
瀬田橋で決着がつくことになります。
東側に村国男依率いる大海人皇子の軍,橋の西側には大友皇子率いる朝廷軍が構えていました。
朝廷軍は,軍の後が見えないほど多数の兵が待ち構えていたと言われています。
弓を構えた兵士たちは、一斉に矢を放ち,それらが雨のように落ちていきました。
朝廷軍は、橋の真ん中の板を外して敵を落とすという罠を仕掛けましたが、大海人皇子軍はその罠も搔い潜りました。
その結果、朝廷軍は大海人皇子軍に押されて総崩れとなってしまいます。

勝敗は決まりました。
大海人皇子軍の勝利となり、大友皇子軍は破れ、大友皇子は、山前(山前の場所は現在も特定できていません。)へ敗走。
25歳の若さで自害しました。
山前がどこかがはっきり特定されていませんが、恐らく三井寺前の長等山と考えられています。
逃亡していた大友皇子側の近江の重臣だった者たちは捕らえられここに壬申の乱は、終わりを告げました。

壬申の乱 その後

天武天皇となった大海人皇子

天武天皇となった大海人皇子

image by PIXTA / 21517843

この壬申の乱に勝利した大海人皇子は、吉野からの道を戻り飛鳥に向かいました。
そして、大化の改新で滅ぼされた大豪族蘇我氏のや邸宅の跡地に建てられた鴨宮に落ち着きます。
その後、飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)に入り,天武天皇として即位することになるのです。

天武天皇は、皇親政治と言われる政治政策をとりました。
皇族やその一族が中心となる方法です。
政治を担う上級役人を皇族で固め、太政大臣などは任命せず,息子である大津皇子や草壁皇子や先帝の天智天皇の息子たちを政府の要職につけました。

天武天皇の偉業は以下のようなものでした。

・天皇号の創始

・陰陽寮・占星台(天文台)の設置

・古事記・日本書紀の編纂勅命

・天皇即位の儀式である大嘗祭(だいじょうさい)

・八色の姓(かばね)の制定

・飛鳥浄御原令

・三種の神器の制定、

・伊勢神宮の遷宮の開始、

・藤原京の設計

天武天皇は、686年に皇太子を草壁皇子としてこの世を去ります。
しかし、草壁皇子は若くして亡くなり、皇后である鸕野讃良皇女が持統天皇として即位し、夫の遺志を継いでいくことになります。
持統天皇は、天智天皇の娘なので、夫である天武天皇は父と敵対し、弟である大友皇子を討った人。
しかし、壬申の乱では進んで夫を助けたとされ、吉野から伊勢・美濃への過酷な遠征にも同行しています。
当時は、次期天皇を巡る皇子たちの争いが乱の原因となることが多かったため、天武天皇夫妻は吉野で母が異なる6人の皇子たちを集め、互いに乱を起こさず争わず協力することを誓わせています。
このことは「吉野の盟約」と言われています。
ところが、天武天皇は亡くなった後、大津皇子が謀反を起こそうとしたと言われ、皇后であった持統天皇はこれに素早く対応し、大津皇子を自害に追い込みました。
非情な皇后として、また優れた政治家として歴史的に評価されている女性です。

天智天皇・天武天皇から天皇中心の政治をすすめた持統天皇。
しして、皇孫である文武天皇へと天皇の位は譲られ、大化の改新からの目標であった豪族に左右されない天皇中心の集権国家がここに完成することとなるのです。

弘文天皇となった大友皇子

大友皇子は壬申の乱の前に即位していたのか。
については未だに解明されていません。
しかし、大友皇子は、1870年(明治3年)に諡号を贈られて弘文天皇なり、大友皇子は歴代天皇に数えられることになりました。

大友皇子は、山前で自害したと伝えられています。
大友皇子の首は、大海人皇子軍の将軍であった村国連男依によって大海人皇子のもとへ運ばれ、本人かどうかを見極める首実検されました。
そして、自害峰と呼ばれる3本杉の下に埋められたと伝えられています。
大友皇子の御陵(お墓)候補地は、茶臼山古墳(大津市秋葉台)・御霊神社(大津市鳥居川)など大津市内にも3か所あります。
最終的には大津市御陵町にある亀岡古墳が大友皇子の墓と認定されて「弘文天皇長等山前陵」とされました。

しかし、大友皇子には伝説があり、実は自害しておらず重臣たちと共に現在の愛知県や千葉県まで逃げ延びた伝えられています。
愛知県までの道は、伊勢神宮を経由したと言われており、岡崎市には大友皇子の館跡が史蹟とされ、また、大友皇子が葬られたとされる塚も残っています。
千葉県の説では、船で千葉県君津までたどり着いた言われています。
千葉県君津市には大友皇子の伝説が実際に残っています。
千葉県に逃れから、大海人皇子に知られてしまい、大海人皇子は再び兵を送ります。
大友皇子は十分な兵力がなく、この地で自害したと伝えられています。
大友皇子は火葬され白山神社の裏山に埋葬されたと言われています。
面白いことに、1898年(明治31年)に、白山神社の裏にあった円墳の発掘調査が行われ、太刀・海獣葡萄鏡・勾玉などの三種の神器が発見されました。
これらが大友皇子のものと決定することは出来ませんでしたが、伝説として伝えられているだけでなく、真実味を帯びているのです。

壬申の乱のゆかりの地

宮滝遺跡(みやたきいせき)

宮滝遺跡(みやたきいせき)は、奈良県吉野郡吉野町宮滝の吉野川北岸の河岸段丘上にある宮殿跡です。
天武天皇が、壬申の乱の際に出家して隠遁した場所と言われています。
また、宮滝遺跡は、天武・持統天皇時代を中心とした吉野宮・吉野離宮の推定地としても注目されており、飛鳥にある様々な宮跡の調査に先駆けて、宮殿に伴う敷石遺構が検出されました。
その後も、いくつもの歴史の舞台となっており、「吉野の盟約」の場であり、皇后であった持統天皇が何度も訪れた場所です。
現代は、奈良県吉野のパワースポットとしても注目されています。

#1 浄見原神社(きよみはらじんじゃ)

奈良県吉野郡吉野町南国栖にある壬申の乱の勝者である天武天皇を祭る神社です。
創建の由来は、「壬申の乱」に関わり、大和国吉野郡に居住したといわれる住民である国栖(くず)の人たちは、吉野で挙兵した大海人皇子に味方し、皇子を匿い歌舞や酒や食事でもてなしたと言われています。
乱に勝利し、即位した天武天皇を祝う為、飛鳥浄御原宮へ参った国栖の人々は舞を披露したところ、天武天皇より『国栖の翁よ。
』と声を掛けられたそうです。
そして、この地にこの神社が創建されたと言われています。
毎年旧正月14日の「国栖奏(くずそう)」は、県指定無形文化財に指定されています。
この古社は美しい吉野川の淵にあり、静かで落ち着く空気が流れています。

不破関跡

不破関跡

image by PIXTA / 6650859

岐阜県不破群関ケ原町大字松尾にある関跡。
壬申の乱の際に大海人皇子(後の天武天皇)の命により「不破の道」が閉鎖されました。
この近辺が激戦地となったといわれています。
壬申の乱の翌年に天下の変乱に備えて、天武天皇はこの場所に不破関を設置し通行人を取り締まることにしました。
古代の日本三関のひとつとされ、この不破関を境にして関東・関西と呼ばれるようになったといわれます。
敷地の一角には、不破関資料館が設置されており、発掘された当時を知ることが出来る貴重な和同開珎や陶器など展示されています。

 

 

弘文天皇御陵候補地・自害峯の三本杉

「不破関」より徒歩で中山道を西へ約10分ほど進んだ場所に小高い丘があります。
壬申の乱にて大友皇子は、大海人皇子軍に敗れ自害しました。
大友皇子の首は大海人皇子による首実検の後、この丘に葬られた言われています。
この場所に三本の杉を植え、ここを「自害峯」としました。
その後、ここは明治時代になると宮内庁が調査を行い「弘文天皇御陵候補地」と認定されることになります。
杉の大木が立っているこの丘は、荘厳な雰囲気です。

弘文天皇陵(こうぶんてんのうりょう)

大友皇子のお墓と言われています。
大津市役所の裏手の森。
悲惨な最期を悲惨な最期を遂げた大友皇子は25歳でした。
大友皇子は長らく天皇として皇統に認められておらず、『日本書紀』にもその名は記載されていません。
明治初期になって、第39代弘文天皇と追称され、天皇として認められました。
そして、この長等山麓の古墳が陵墓に選定され現在に至っています。

天武天皇陵(てんむてんのうりょう)

天武天皇陵(てんむてんのうりょう)

image by PIXTA / 18388540

天武天皇は686年に亡くなりました。
そして、現代の奈良県高市郡明日香村大字野口に葬られました。
天武天皇と皇后持統天皇の夫婦合葬の墓となっています。
8角形の5段築造となっており、東西45m・南北50m・高さ9m。
持統天皇は天皇として初めて火葬された天皇です。
しかし、天武天皇の遺体は棺の中に白骨となって残っており、確認されています。
しかし、火葬された持統天皇の遺骨は、1235年に盗掘にあった際に路上に捨てられ、その後どうなったか分かっていません。
1235年に盗掘された際の実検記である『阿不幾及山陵記』に記された記事が『日本書紀』・『続日本紀』などの天武・持統天皇の墓に関する記述と一致したため、天武・持統合葬陵であることが確定しました。

天皇の座を巡る争い「壬申の乱」!

いかがでしたでしょうか?古代史上最大の内乱である「壬申の乱」の主要人物から、起きた原因や経過、そして、その後について詳しくご紹介しました。
叔父と甥という肉親同士の争いは、畿内全域の市民を巻き込んだ大きな内乱へと発展してしまいました。
いつの時代も、権力を巡る争いが耐えません。
壬申の乱に興味を持たれた方は、ぜひ一度、大海人皇子軍の歩んだ道や壬申の乱にゆかりの地を辿ってみるのも面白いかも知れませんね。
photo by PIXTA