色鮮やかに平安を描き出すエッセイスト清少納言の魅力

平安時代を代表する女流作家、清少納言。現代まで読み継がれる枕草子の作者ですね。その表現力や鋭いツッコミがたくさんの枕草子は、平安という古い時代の作品ながら、いまだに色あせることなく、私たちを楽しませてくれます。そんな清少納言、なかなか本人の人となりにはスポットが当たりにくいところがあります。ここでは、生い立ちや性格など、枕草子の内容なども紹介しながら、清少納言について詳しく見ていきましょう。

平安時代のエッセイスト清少納言はどんな生涯を送ったのか?

平安時代のエッセイスト清少納言はどんな生涯を送ったのか?

image by PIXTA / 9667904

名のある歌人を多く輩出する家系に生まれた清少納言

みなさんは清少納言についてどれぐらい知っていますか?枕草子の作者、平安時代の女性作家、ぐらいのことはみなさんご存じでしょうが、それ以外となるとあまりご存じない人も多いのでは。
というのも、清少納言については、実はよくわかっていないことが多く、わかっていることよりもわかっていないことの方が多いぐらいなのです。
そもそも平安時代の女性なので、歴史的資料も少なく、清少納言自身の記録はあまり残されていないんですね。
清少納言という名前は、本名ではなく、実名もはっきりとはわかっていません。
清原諾子(きよはらのなぎこ)が本名であったという説がありますが、それを証明する有力な資料はないので、歴史的な根拠がまったくないに等しいのです。

966年ごろの生まれとされ、清原元輔(きよはらのもとすけ)を父に持ちます。
清原元輔ですが、百人一首に少し詳しい人ならご存知の通り、その中に名を連ねる有名な歌人です。
歌人とは、和歌を詠む人のことをいい、元輔は平安時代のとくに優秀な歌人を集めた、三十六歌仙にも含まれています。
歌人としての評価はとても高く、枕草子の中にもエピソードが載せられています。
「高名な歌人である父の名に傷をつけたくないので、私は和歌を詠むことはしません。」と清少納言が言ったとか。

高名な歌人だったのは、父元輔だけではありません。
祖父である清原深養父(きよはらのふかやぶ)も歌人として名の知られた人でした。
息子も三十六歌仙に選ばれていますが、その父である深養父も中古三十六歌仙に選出されています。
こちらは、三十六歌仙には選ばれなかったものの、同じように優れた歌人を選んだものでした。
親子ともにすばらしい歌人だったのですね。
百人一首にも選ばれており、親子三代にわたって百人一首に選ばれています。
ただし、歌人として名をはせていた父や祖父とは違い、清少納言自身は和歌を詠むのは苦手だったようです。

清少納言の名前も由来は謎のまま

清少納言の名前も由来は謎のまま

image by PIXTA / 1549024

実名もはっきりとはしていない清少納言ですが、実名ではなかったんですね。
この清少納言という名前は定子のもとに宮仕えするためにつけた仕事用の名前なのです。
にもかかわらず、清少納言という名前の由来もはっきりとはしていません。
私たちのほとんどが国語や社会、歴史などの教科書で必ず目にしている清少納言という名前、由来にはどんな説があるのでしょうか?せっかくなので、いくつかご紹介したいと思います。

まず、姓である清原の「清」の字と、父親の官職名である少納言から、という説です。
現在の研究では、この説が一番有力とされており、私自身も本などで見かけたことがあります。
当時の女性は、宮中で女房として宮仕えする際には、自らの姓に父親もしくは夫の官職名をつなげた名前を名乗ることがほとんどで、清少納言以外にも、紫式部、和泉式部などの式部も官職名なんですよ。

同じく官職名をとってつけたという説で、父親の官職ではなく、夫の官職からとったのだという説があります。
これは、実際に少納言の職についていた、藤原信義(ふじわらののぶよし)と結婚していたことがあるという説なのですが、資料はほとんどないほか、そのほかの理由から根拠が弱い説とされています。
清少納言は公的に宮仕えをしたというよりも、中宮定子(ちゅうぐうていし)に私的に仕えており、なおかつ非常に仲が良く親しくしていたことから、中宮定子によって名づけられたのではないかという説もあり、どれが正解かはいまだにわかっていません。

幾度かの結婚と数年間の宮仕え

少女時代を父親の赴任先である周防国(すおうのくに)、現在の山口県で過ごし、15歳で陸奥守であった橘則光(たちばなのりみつ)と結婚します。
男の子を出産しますが、夫との性格の不一致もあり、離婚することに。
その後しばらくしてから宮仕えを始めます。
情報化社会の現代とは違い、資料の少ない平安時代の話なので、離婚から宮仕えまでの空白の期間、清少納言がどうしていたのかは、今となっては知る由もありません。

清少納言が仕えたのは、一条天皇の皇后であった中宮定子でした。
清少納言は、知識の豊富で頭の回転が良い女性だったので、仕えていた中宮定子にはとてもかわいがられたとされています。
現代でも読み継がれている枕草子は、清少納言が中宮定子に仕えていた数年間に起こったさまざまなことをまとめたものです。
中宮定子が出産後に亡くなったあと、清少納言は宮仕えを辞め、その後の足取りはこれといってわかっていません。

宮仕え後に、再婚相手である藤原棟世(ふじわらのむねよ)の赴任先であった摂津国、現在の大阪府に移ったという話は残されていますが、再婚が宮仕え中だったのか、宮仕え後だったのか、はっきりとした年代は記されていません。
晩年は京都で過ごしていたようですが、没年も正式にはわかっておらず、生涯を通して謎の多い人物です。

頭の回転が良く賢い女性としてエピソードも多い清少納言

頭の回転が良く賢い女性としてエピソードも多い清少納言

image by PIXTA / 17388914

女性が学問をするべきではない時代に博学であった

平安時代の女性は、勉強することをあまり良いこととはされていませんでした。
位が高く、天皇の皇后候補のような身分の女性ではない限り、学ぶということにいい顔をされる時代ではなかったのです。
上手に和歌を詠むことは、男性にモテるための大事なポイントでしたが、中国から伝わっていた漢文や漢詩を学ぶことはなかなかできることではありません。
清少納言は、父や祖父や有名な歌人という家系に生まれ、生まれたときからそういった漢詩や和歌に親しむことができる環境で育ったために、とても知識が豊富だったそうです。
本人も好奇心旺盛で、知識欲がある人だったのでしょう。

いつの時代もそうですが、出る杭は打たれると言いますか、清少納言の博識を妬む人は少なくなかったようです。
それも、男性からの。
わざと難しい漢詩をまぎれさせた和歌を贈ってきたり、皮肉を言ってみたりと清少納言が返答に困るようなことをする人もいました。
そんな男性からの言葉にも、機転を利かせて上手に返答し、清少納言の評価は宮中においてもどんどん上がっていったようです。

家庭教師として仕えていた中宮定子にも大事にされた清少納言

家庭教師として仕えていた中宮定子にも大事にされた清少納言

image by PIXTA / 18408544

天皇の皇后に仕えるのは、身の回りのお世話をする女房たちです。
皇后の髪をとかしたり、着替えの手伝い、食事の世話などありとあらゆる身の回りのことを、何人もの女房で行っていました。
清少納言も女房たちと同じように皇后に仕えていましたが、ほかの女房たちとはちょっと違い、皇后にさまざまなことを教える家庭教師としての役割を担っていました。
現代と違い、平安時代は結婚の年齢も若く、まだ10歳あまりのときから天皇の皇后として過ごすため、学ぶこともまだまだ多いのですね。

清少納言が一条天皇の中宮である定子に仕えるようになったのは、20代後半でした。
それから定子が亡くなるまでの約7年の時間をそばで過ごしました。
定子は清少納言よりも10歳ほど年下でしたが、清少納言は定子を非常に尊敬し、慕っていたそうです。
定子は、ほがらかな性格でありながら、聡明で知識が豊富、その人柄によって多くの人々から愛され、一条天皇との仲も良かったという記録が残っています。

清少納言が枕草子を書くきっかけを与えたのも、実は定子です。
清少納言が質の良い紙が好きだということを知っていた定子が、自分に与えられたものを清少納言にプレゼントし、これに何か書いてみてはどうか、と勧めたのがきっかけだと言われています。
平安時代は今と比べて紙が貴重品の時代でした。
そんななか、いくら皇后とはいえ、定子が清少納言に紙をプレゼントしたことからも、2人の信頼関係がうかがい知れますね。

ライバルと言われる紫式部との仲、実際のところは!?

平安時代の女流作家は何人もいますが、日本人ならほとんどの人が知っている2人と言えば、清少納言と「源氏物語」の作者、紫式部でしょう。
その時代のトップ2人となると、どうしてもライバル関係を疑われますが、実際のところはどうだったのでしょう。
この2人の場合には、仕えた主人がどちらも一条天皇の皇后ということもライバルと見られる一因になっています。
当時は天皇の皇后と言えば、娘を嫁がせることで父親の政治的権力を左右する地位でもありましたので、余計に力関係を考えてしまうのですね。

紫式部が一条天皇の中宮である彰子(しょうし)に仕えるようになったのは、1006年のことと言われています。
そのころ、中宮定子は亡くなっており、清少納言も宮廷を去ったあとのこと。
すなわち、清少納言と紫式部の間に直接の認識はなかったというのが現在の見方です。
それでもライバル関係を疑われるのは、紫式部が書き残した「紫式部日記」の中で、清少納言に対する悪口とも受け取られるような記述を残しているから。
逆に清少納言から紫式部に対する直接の言及はなく、お互いの関係ははっきりとはしていません。
悪口を言われても、いちいち相手にはしない清少納言の性格もあったのかもしませんが、何を言われてもそれほど気にしていなかったのかもしれませんね。

日本各地に残されている清少納言のお墓

日本各地に残されている清少納言のお墓

image by PIXTA / 3403756

晩年には京都に戻り出家したという説

本名や名前の由来など、謎が多い人物清少納言。
実はお墓の場所もはっきりとはわかっていません。
歴史上の人物でお墓がはっきりとしている人はそれほどおらず、日本各地にこれが墓であるというものがいくつもあることはよくありますよね。
清少納言も同じで、日本各地に「こここそが清少納言のお墓!」とされている場所がさまざまあります。
その数なんと6か所。
どれが本物かはわかっていませんが、ご紹介していきたいと思います。
清少納言ファンの方、清少納言に興味を持った方、全国各地の清少納言の跡地を巡ってどれが本物かを推察してみるのも、楽しいかもしれませんね。

中宮定子亡き後、宮仕えを辞めた清少納言は、再婚相手である藤原棟世の赴任地であった摂津国へ下ったとされています。
その後の暮らしはほとんど記録に残されていませんが、晩年には、父元輔の山荘があった京都の東山に移り住んでいたというのが、定説です。
清少納言は同じ一条天皇の中宮であった彰子に仕えていた和泉式部や赤染衛門らとも親交があり、その作品の中に晩年の様子が少し描かれていることがわかっています。
その後同じ京都にある誓願寺にて出家、そのままその地で没したとのこと。
同じく京都にある祖父深養父の邸宅あとにも、清少納言のお墓と見られる古墳が残されています。
娘が中宮彰子に宮仕えしていたこともあり、晩年は京都にいたという説がかなり有力なんですね。

徳島には清女伝説と言われる言い伝えまで

徳島県鳴門市にも清少納言の墓であると伝えられる史跡があります。
宮仕えを辞めたあとに、鳴門へと下った清少納言が、その地で襲われ命を落とした場所として、あま塚という名の供養塔が残されています。
同じように清少納言にまつわる伝説は日本各地に残されており、清女伝説と呼ばれ、伝えられてきたということ。
実際に清少納言がその地を訪れたのかは定かではありませんが、都から来た女性=清少納言に違いない、と考えられやすかったのだそうです。
伝説が残されるぐらい清少納言という人物は有名だったのでしょうね。

このあま塚は小さなお堂になっていて、場所もそれほど目立たないひっそりとした田舎の片隅です。
清少納言の墓であるという伝説以外にもさまざまな説があるお堂ですが、道路沿いにも「清少納言の墓」と看板が出ていますので、近くにお立ち寄りの際は、ぜひその姿をご覧になってみてくださいね。
現在残されている資料の中に、清少納言が四国に渡ったというものはありません。
元々歴史的資料の少ない清少納言なので、もしかしたら実際に四国に渡ったことがあるのかもしれませんが、その旅にも思いをはせてみるのも良いかもしれません。

代表作枕草子はどんな作品?

代表作枕草子はどんな作品?

image by PIXTA / 14317752

宮中での生活を色鮮やかに描き出した傑作

さて、ここからは清少納言の代表作、枕草子について見ていきたいと思います。
中学高校といずれかの古典の授業で必ずお世話になる枕草子。
誰もが「春はあけぼの~」から始まる有名な一説はご存じのことでしょう。
宮中で中宮定子に仕えていた期間の、おもしろかったこと、素敵だったこと、腹が立ったことなどを日記のようにしたためた作品です。
現代でいうエッセイのようなものですよね。
平安時代という学校で習う古典でもかなり古い時代のものにも関わらず、その場面の情景や登場人物の気持ちがよくわかる新鮮味のある作品として今なお人気があります。
現代語訳されたものも多数出版されていることから人気がうかがえますね。

枕草子に描かれているのは、清少納言が中宮定子に仕えていた中でも、特に定子の父親である藤原道隆(ふじわらのみちたか)が権力を持ち、優雅に心配事もなく過ごせていたわずかな時間の話がほとんどです。
定子にとって宮中での暮らしは、良いことばかりではなく、父親である道隆の死後は、後ろ盾もなくなり、辛いことが多かったと言われています。
しかし、枕草子の中では、その不遇の時代を鬱々と書きだすのではなく、華やかに幸せに暮らしていた時代を美しく描かれているのです。

枕草子は元々清少納言の独り言!?

枕草子は元々清少納言の独り言!?

image by PIXTA / 2362705

先ほど少し触れましたが、清少納言は高級な紙が好きでした。
それを知った定子が、兄からもらった上等な紙を清少納言に渡したことが、枕草子を書き始めるきっかけだったのです。
ただし、本として仕上げようと書きだしたものではなく、本当に独り言のようにテーマに沿って書き上げたもの。
清少納言自身も、出版物として枕草子を仕上げるつもりは一切ありませんでした。
それもあってか、枕草子は宮中でのできごとをとても好き勝手に書いてある部分も多くあります。
だからこそ、定子の周りで過ごしていた女房たち、天皇やその周りの男性たち、そして清少納言や定子の飾ることのない、素に近い姿を感じることができるのかもしれませんね。

清少納言の独り言日記のような状態であった枕草子ですが、左中将であった源経房(みなもとのつねふさ)が勝手に目を通した挙句、おもしろいからと世に広めてしまいました。
せっかくなら本にしてしまえばいいと勧められ、清少納言はかなりの量を書きくわえ、現在の枕草子となったのです。
ただし、加筆された部分には、清少納言自身が本当に書いたものなのか、定かではない部分も多いようで、どこまでが清少納言自身の書いた枕草子なのかについてはいくつも学説があります。

知的な美である「をかし」を体現する文学

枕草子は全編において、「をかし」という美的理念に基づいて書かれています。
清少納言自身が「をかし」を狙って書いたわけではなく、枕草子の雰囲気が「をかし」という美的理念の元になったという考え方もできそうですね。
「をかし」は、平安時代の美的理念にあたるのですが、同じぐらい重要なものに「もののあはれ」があります。
こちらが情緒的な美、源氏物語を代表とする情緒あふれる恋愛物語のようなものなのに対して、「をかし」は明るくてハツラツとした知的な美を表現しています。
また、「もののあはれ」は感情が主体で女性的、「をかし」は理性が主体で男性的と考えられています。

清少納言が心を動かされたできごとやものごとに関して、きちんと理由を述べながら心の動きを説明しているので、現代の私たちにも伝わってきやすいんですね。
私自身も学生時代には、源氏物語、枕草子ともに授業で習いましたが、枕草子は理解できたのですが、源氏物語については自身も子どもでまだまだ恋愛とは程遠かったこともあり、ちんぷんかんぷんだった思い出があります。
そのせいもあってか、子どものころから枕草子のイメージはとても良いです。
子どものころには読みやすさがあって好きだった枕草子、大人になって読むと、その明るくてはっきりとした物言いが気持ちよく感じ、また違った魅力を感じることができています。
はるか昔に読んだっきりという人も、再び読み直すと新鮮さがあるかもしれませんね。

枕草子から垣間見える清少納言の人となり

枕草子から垣間見える清少納言の人となり

image by PIXTA / 611194

勝負には負けたくない、負けず嫌いの女性

清少納言のイメージとしてよく上がってくるのが、負けず嫌いです。
実際に枕草子にこんな話があります。
ある年の12月10日を過ぎたころ、定子の住む宮中の庭にどっさりと雪が降りました。
清少納言や定子のおつきの女房たちは大きな雪山を作って大喜び。
さて、この雪山がどれぐらいの期間残っているだろうかと、みんなあれこれ言い始めます。
数日で消えてしまうに違いない、という声から、もって2週間ぐらいじゃないかという声までさまざまでした。
そんな中、清少納言は正月明けて10日過ぎるくらいはもつにちがいない、とまさかの1ヶ月ももつという予想をしました。

清少納言自身も、「ちょっと言い過ぎたかも」とは思いましたが、口に出してしまった以上あとには引けません。
それから年末年始と必死に雪山を見守りました。
身分の低い下働きの女性に番をさせたり、神様に祈ったり。
そして、約束の15日の前日、家来に見に行かせるとまだ雪は残っていたという報告があり、清少納言はとても喜びます。
次の日の朝には、残った雪をお盆に乗せて定子のところに持っていき、和歌を詠もうとはりきっていました。
ところがいざ朝になってみると雪山は跡形もなくなってしまったのです。
定子からは雪の具合を聞く手紙が届き、清少納言は失意のまま、昨日の晩まであった雪山がなくなってしまったという返事を書くのでした。
さてしばらくたってから、清少納言が定子の元へ出かけていき、いかに悔しかったかという話をすると、雪山を壊させたのは自分だと、定子からまさかの告白を受けます。
その上で雪に寄せるつもりだった和歌を詠んでみせろと言うのです。
定子は意地悪でそんなことをしたわけではないのですが、清少納言はショックだわ、落ち込むわで泣きそうになってしまったという話。

長くなってしまいましたが、枕草子の有名な話の一つです。
たかが雪山、されど雪山。
数多くある話の中でも清少納言の負けず嫌いが存分に発揮された話です。
しかし、ただプライドの高い女性ならこんな話外へ出したくないですよね。
この話をしっかり文章にして残した清少納言は、ユーモアのセンスもある女性であったことがうかがいしれます。

男性とも対等にやり合う男勝りで頭の回転が速い女性

清少納言は当時の女性にしては珍しく、漢詩や漢文に詳しく頭の切れる女性でした。
女性が学問をすることがあまり良く思われなかった時代なので、その実力を見極めてやろうと、数々の男性が清少納言にちょっかいをかけたようです。
清少納言はそのいたずらや嫌味にも負けず、うまくやり返してみせたそうで、枕草子にもそういったエピソードが数々残されています。
そのお返しにちょっかいをかけた男性たちも舌を巻いたと言われていますが、清少納言を悪く言うものはそれほど多くはなかったそう。
相手に嫌な思いをさせず、上手にやり返してみせた清少納言の機転とサバサバとした性格をうかがわせますね。

特に有名なのが、百人一首にも選ばれている、「夜をこめて 鳥の空音は 謀るとも よに逢坂の 関は許さじ」という一句にまつわる話です。
この話には清少納言と大納言であった藤原行成(ふじわらのゆきなり)が出てきます。
ある夜、行成が清少納言を訪ねて話をしていました。
行成という人は、あまり愛想が良くなく、定子の女房たちの間ではあまり好かれていない人でした。
女性と接するのが苦手だったのかもしれません。
その日も、清少納言の元から、ちょっとした理由をつけて早々に帰ってしまいました。
当時、女性の元を早々に去るのは、ちょっと失礼なこと。
翌朝、行成は清少納言に「にわとりの声が聞こえたから焦って帰ったのです。」と言い訳の手紙を送りました。
それに対して清少納言は、「そのにわとりの声は本物ではなく、函谷関(かんこくかん)のような空鳴きだったのでは?」と返事を送ります。

続・男性とも対等にやり合う男勝りで頭の回転が速い女性

続・男性とも対等にやり合う男勝りで頭の回転が速い女性

image by PIXTA / 4910728

函谷関のにわとりとは、中国の昔話です。
函谷関では、関所の番人がおり、その日朝一番のにわとりの声を合図に関所の門を開けていました。
ある日、逃げてきた将軍が函谷関を通り抜けようとしたが、夜のため関所が閉まっています。
にわとりの声を合図に関所が開くことがわかっていたので、部下のものににわとりの鳴き真似をさせ、関所の門を開けさせたという話なのですが、漢文にもくわしかった清少納言はこの話を引き合いに出して、行成を揶揄したのです。

さて、女性である清少納言にちょっと馬鹿にされて黙っているわけにもいきません。
行成は、「その関所は函谷関ではなく、あなたに逢うための逢坂の関所です。」と返事をしました。
逢坂の関所とは、現在の滋賀県大津市にあった関所で、東海道から京都に入るための重要な関所でした。
それで納得するほど清少納言はやさしくありません。
「私に逢うための逢坂の関はにわとりの鳴き真似なんかじゃ開いたりしませんよ。」とさらに返したのです。
さすがに行成もこれには降参だったよう。
この最後の返事が、百人一首に選ばれた「夜をこめて~」の句なのです。

ちょっとした手紙のやりとりにも、ここまでしっかりと教養を盛り込み、相手をやりこめてしまう清少納言。
本当に深い教養と、鋭い頭の回転を持っていたのでしょうね。
そんな清少納言を気に入ってアプローチをかけていた男性も少なかったようですよ。

鋭い感性と豊かな感受性を持つ女性

清少納言の負けず嫌いさや男勝りな部分ばかりを紹介してきましたが、もちろん清少納言の魅力はそれだけではありません。
枕草子の中には、清少納言の感受性や鋭い感性を感じさせるエピソードがたくさんあります。
これも、教科書などでよく紹介される「うつくしきもの」の段。
現代語に訳と、かわいらしいものという意味になります。
この話は、清少納言がかわいいと感じたものを書き連ねており、スズメの子に鳴き真似をしてみせると寄ってくるのがかわいい、前髪をそろえたばかりの幼い子が首をかしげて何かを見ている様子がかわいい、など現代の私たちが想像しても「かわいい」と感じるものがたくさんです。
しかし、普通に暮らしていれば見過ごしてしまいがちな小さなできごともかわいいと感じ、きちんと文章にしたためることができる清少納言の能力には脱帽ですね。

また、四季の変化にも敏感で、移り変わる四季の美しさや情景もうまく表現されています。
枕草子というと、誰でも思い浮かべる「春はあけぼの~」の序章では、移り変わる四季の中で清少納言にとって「春とは」「夏とは」といったイメージが事細かく書き表されています。
私自身が四季について考えても、春なら桜、夏は海、みたいな安直なイメージしか思い浮かばないので、初めて枕草子を読んだときには、すごい衝撃を受けました。
今でも時折、枕草子を読むことで日本の四季について再確認することもあるぐらいです。
日本の四季を感じたいときには、枕草子を読むのはオススメですよ。

謎多い清少納言を知ることができる枕草子

清少納言について、本当にさまざまなお話をさせていただきました。
私自身も再発見できた清少納言の魅力をたくさんあってとても勉強になりました。
平安時代の宮中の様子は、現在まで残されている歴史的資料や絵画などからも知ることはできます。
しかし、枕草子ほど、実際その宮中で暮らしていた人々の息遣いが感じられる資料はないのでは、と感じます。
私たちにこれほどまでに色鮮やかに平安時代の様子を伝えてくれる、清少納言の表現力や感性は、すばらしいものですね。
枕草子を読むことで、平安時代の宮中の様子だけでなく、清少納言の人となりに触れることもできます。
実生活は謎も多い清少納言ですが、その一面だけでもぜひ知っていただけたらと思うぐらい、素敵な女性ですよ。
photo by PIXTA