もうひとつのハワイがここに。「ハワイ火山国立公園」とハワイの歴史

ハワイは日本人にとっておなじみの旅行先。
ゆったりとした時間をのんびり過ごしたり、お買い物を楽しんだり、新しいホテルやショッピングモールがどんどん建って、マッサージなんかも手軽にできる、どこか現代的な楽園のイメージがあります。

それはハワイの中でもほんの一部の都心だけ。街を抜けるとそこには豊かで厳しい自然に感謝と畏怖を持って生きてきたハワイ人たちの文化を感じることができます。
そこは「アメリカ」ではなく全く別の「ハワイ」という国。
ハワイの人々が感じてきた自然に一番近い場所「ハワイ火山国立公園」を中心にもう一つのハワイをのぞいてみましょう。

ハワイの誕生

ハワイの誕生

image by iStockphoto

大地から湧き上がる島々

まずはハワイ諸島全体がどうやって生まれて今のような島々になったのか見てみましょう。

ハワイ諸島は大西洋の南側に位置している大小8つの島で構成された島です。

ビッグアイランドと呼ばれるハワイ島が一番大きく、一番東側にあり、そこから西にオアフ島・カウアイ島・マウイ島などが並んでいます。

この島々は地球が誕生した時からその場所にあったわけではなく、現在のハワイ島の地下深くにあるホットスポット(マグマだまり)が噴火して地殻を破ってマグマが噴出した結果に島ができるのです。

そして生まれた島は地球の表面の地殻の下にあるプレートが西にずれていくことでその位置を西へと動いていきます。
今でも年に6~10cm西にずれており、一番西にあるミッドウェー島は誕生して3000万年たつのでハワイ島からずいぶんと西に離れています。
そして島は動いていくと同時に浸食されていきどんどん小さくなっていきます。
ハワイ諸島では西に行くほど古くに生まれた島で、小さくなりいずれ消滅。

一番東にあるハワイ島はいまだにホットスポットから噴き出すマグマから大地が生まれている最も若い島なのです。

南からやってた人々

マグマの力で生まれた小さな大地たちの島には当然ですが、人間はおりません。
ではどうやって人がすむようになったのでしょうか。

今のハワイ人ははるか南から海を渡ってきたポリネシア人を祖先とした人々だと言われています。

その証拠はたくさんあり、まずはハワイ王家に伝わる信仰の神々が同じであること。
また、サモアの地域で育成している明らかにハワイの古来種ではない植物と食べ物があること。
その他、ポリネシア人が住んでいたタヒチやマウリとの共通点が多数見受けられることです。

伝承ではポリネシアの「カネの黄色の土地」と呼ばれる国に住んでいた、遠洋漁業の達人であったハワイイロアという人物が最初にハワイに住んだ人物だと言われています。

伝説の漁師だった彼は1年にも及ぶ遠洋航海にしばしば出かけるほどの腕前だったそうです。

そのハワイイロアの船の航海士マカリイが東の方角に船を進めるように進言しました。
「ホク・ウラ(赤い星でおうし座のアルデバランだと言われています)」が導いてくれると信じ、船を進めてたどり着いたのが誰も住んでいなかったハワイ諸島でした。

ハワイイロアとは「大ハワイ」という意味だったためその名前「ハワイ」がハワイ島の名前になったのです。

謎だった古代の航海技術

謎だった古代の航海技術

image by iStockphoto

星の羅針盤がハワイへと導いてくれる

先のハワイイロアの伝承では彼らは一度来てそのままハワイに住みついたのではなく、住みよい場所だとわかってから、彼らの一族郎党を引き連れて移住しています。
妻フアラライの名はハワイ島コナ地殻の山の名前に残っており、長男はマウイで二男がカウアイ。
愛する娘の名前はオアフとハワイ各地の名前の由来となったのです。

これらのことから考えると彼らはたまたま偶然にハワイ島を見つけましたが、その位置を把握して行き来をできる航海術を持っていたことが伺えます。

ハワイイロアの航海士マカリイがハワイへ連れて行ってくれたわけですが、その時に使われていた航海術は時代とともに忘れ去られ、現代では明確に航海術としてハワイには残っていません。

彼らは星を羅針盤にしてその動きを読んでいたということはわかっています。
その技術はミクロネシアの伝統的航海術に近いのではないかと考えられていました。

現在でも明確にその方法が見つかったわけではありませんが、1970年代には古代ハワイの伝統的な技術や文化を見直して復興する動きがあり、その一環として古代の航海術を再現するプロジェクトが起こりました。

実証された伝統的航海術

1975年に行われた「ホクレア号プロジェクト」は考古学者のベン・フィーニーが中心となって立ち上げたポリネシア航海協会が始めたものです。

カヌーの素材はグラスファイバーでしたがその形は古代のものを再現し、タヒチまでの航海を行いました。

星の航海士がハワイにはいなかったため、ミクロネシアのサルワタ島から星を読む航海士マウ・ピアイルグがその技術を提供したことで再現が成功しました。

星の航海術はコンパスなどを使わず、基準となる方向の星で現在地を把握します。

そして、さまざまな島の影の形を元に距離感や向きを調整し、潮の流れを読みながら進んでいきます。
また漂流物や鳥の動きなどからその位置と方向や島の距離感を導きだします。

その情報は幼いころからの経験値で培うだけでなく、口伝えの歌などで伝承していたと考えられています。
船乗りたちの歌はどこの地域でもみられるものですが、文字を持たない彼らにとって船を導くとても大事な伝承でした。

季節によって変わる星の動きや潮の流れ、周辺の島の形状などあらゆる情報を元に船を進めていく技術は現代のレーダーなどになれた私たちには驚きの技術です。

大地が生まれる場所・ハワイ火山国立公園

大地が生まれる場所・ハワイ火山国立公園

image by iStockphoto

ビッグアイランドのど真ん中にある公園

こうしてはるか南より移住してきたポリネシアの人々が住みやすいとしてきたハワイ諸島の中で一番大きな島であるハワイ島を見ていきましょう。

ハワイ島全体をみると高い山が島の真ん中にあり、北側の標高4205mのマウナケアと南側の標高4169mのマウナロアがあります。
富士山よりも高い山の尾根が広く長い、よく似た双子の火山がドンとあるのです。

ハワイ島の真ん中に横たわる高峰のせいで、年中吹く北東貿易風が山にぶつかり、東側の地域にある経済の中心地・ヒロはいつも曇り空でよく雨が降る地域。
ヒロには日系人が多く、彼らの間では「弁当忘れても傘忘れるな」と言われているほどです。

しかし、反対に西側のコナ海岸沿いは降水量が少なく、とても乾燥しており、溶岩の砂漠がつづきます。
そのため、絶好のビーチリゾート地としてたくさんのホテルが立ち並んでおり、日本人観光客にも人気の地域です。

活火山であるマウナロアの東側には現在も火口から溶岩を噴出しているキラウェア火山があります。
この二つの火山を含む南東地域が「ハワイ火山国立公園」です。

体全体で自然を体感する

世界遺産の公園の中は自然にあふれており、さまざまなアクティビティを通して自然に触れることができるようになっています。

直径4.5km深さ130mの巨大なキラウエア火山を一周する18.7kmのクレーターリムトレイルを楽しむこともできます。

また、キラウエア火山の火口ハレマウマウ火口のすぐそばには溶岩流の外側が冷えて固まり、内側の熱い溶岩が流れ出たためにできた長さ160m直径4mの溶岩トンネルもあります。

中でもサーストン溶岩トンネルは有名で、日本人にはパワースポットとして人気のようです。
この溶岩トンネルの中で溶岩が通り過ぎた跡を見ることができ、さらにこのトンネルの前後にはハワイ特有のシダ植物が群生するジャングルがあることからちょっとした冒険気分を味わうこともできます。

公園内の唯一のホテルボルケーノハウスがあります。
このホテルからはハレマウマウの火口が間近に見えるため観光客に人気です。

先にもお伝えして通りハワイ島は一番若い島で、未だに火山の噴火はやむことなく年々西に動きながらも島自体は徐々に大きさを増していっています。

溶岩が新たな大地を生み出すなど、火山活動により風景は絶え間なく変化し、ダイナミックに地球が変化していく過程が比較的安全に見られる稀有な地域として1987年に世界遺産に登録されました。

空と大地に抱かれるハワイ火山国立公園

空と大地に抱かれるハワイ火山国立公園

image by iStockphoto

足の裏に大地の熱を感じて

キラウエア火山の南に広がるチェーン・オブ・クレーター道路沿いの大溶岩原があります。

ハワイの火山の溶岩には粘性が低く早く流れるパホエホエ(ハワイ語で「滑らか」)と、粘性が強くゆっくり障害物を飲み込みながら流れるアア(ハワイ語で「デコボコした」)の2種があり、前者は縄を並べたようで表面がなめらか、後者はゴツゴツしているので見た目で区別がつきます。

途中で道路は今も最も活発な火山活動が続くプウ・オオ火口から流れる溶岩で埋め尽くされ海岸で行き止まりに。
その先は溶岩を歩いて探索できます。
まだ熱を持っているパホエホエとアアの2種の溶岩の違いが歩いてみるとよくわかります。
固まって間がないアアなどは鋭利にとがっていることもあり、踏むとパリパリと音がするそう。
そんな新しくできたばかりの溶岩の大地を進んでいくととても神秘的な場所へたどり着きます。

オーシャンエントリーと呼ばれる真っ赤に燃える溶岩と海が出会う場所です。

熱い溶岩が海へ流れ込むと水蒸気が立ち上り、真っ赤な溶岩は冷えて固まり黒くなります。
途絶えることのない大地が生まれる熱と色と轟音は地球の奥から響く鼓動のようです。

危険だけど夢のような満点の星空

マウナロアは活火山でもあり国立公園の中にあるため徒歩での登山のみが可能です。
さすがに4,000mを超える山に登るのは難しいですよね。
それならば双子のような山、マウナケアの登山と星空観測ツアーがオススメです。

マウナロアもマウナケアもどちらも遠くから見ると尾根がとてもなだらかなため、そんなに高い山に見えないのですが、実際は標高4000mを越えていますので、一気に登ってはとても危険。
2000mくらいで一旦休憩をして高さになれながら頂上を目指します。

マウナケアの名前はハワイ語で「白い山」。
その名の通り冬には雪が積もるのです。
雲はたいてい山頂よりも下に発生するので、年間300日以上が晴天。
しかも大気中の水蒸気が少なく光汚染の影響も少ないので星空が大変クリアに見えます。

そしてハワイは北半球の星も南半球の星も見ることができるという立地。
いろいろな意味で観測には最高の条件が揃っています。
そのため日本の「すばる」をはじめとした世界各国の天文台が山頂には並んでいます。

標高が高いため当然気温は低く、夏でも防寒対策は必須。
さらに高山病にもなりやすいため注意しましょう。

ここからの日没は雲海に沈む夕日のオレンジ色がひときわ鮮やかに燃え、夕闇に天文台群のシルエットが浮かび大変幻想的です。

マウナケアの頂上は日没までしか入ることができないので、夕日鑑賞を終えて引き続き星座観察をするなら標高2800mのオニヅカ・スペースセンターまで降りましょう。
空を見上げると、そこには360度満点の星が。
8インチの天体望遠鏡をのぞかせてもらうと天の川や星雲、星団などがはっきりと見えて夢のように美しい星空を観察することができます。

怒りん坊な火山の女神・ペレ

怒りん坊な火山の女神・ペレ

image by iStockphoto / 42481648

ペレの機嫌を損ねると噴火レベルの怒りが!

ハワイ火山国立公園にとても縁のある女神様がいます。
キラウェア火山のハレマウマウ火口にすむとされる火山の女神・ペレです。

超絶な美女で彼女に近付いた男性はすぐに虜になりますが、彼女はとても気性が激しく、怒りん坊な女神。
気まぐれな彼女の怒りを買って悲劇な結末を迎える男性が多いのです。

それはいつも前触れもなく噴火してありあらゆるものを飲み込んでしまう溶岩を噴出する火山そっくりな気性から、火山はペレの化身であるともいわれます。

キラウェア火山の火口やマウナロアなどの山頂に「ヘイアウ」という祭壇が残っています。
ここでハワイの人々は火山が噴火しないように、ペレの怒りが爆発しないよう捧げものをしたり祈りを捧げていたのです。

火山の噴火は農作物や家を丸ごと飲み込んでしまうため恐怖と畏怖の気持ちはあります。
それと同時に、噴火によって新しい大地が生まれそれが今の恵みにつながっていることは古代のハワイ人もわかっていたのでしょう。
怖いと思いながらも常に身近にいる神としてペレを祀っていたようです。

伝承では、ペレはもともとハワイの火山に住んでいたわけではありませんでした。

ペレはカウアイ島やオアフ、マウイ島などハワイ諸島を転々と移り住み、現在ではハワイ島のキラウェア火山のハレマウマウに落ち着いていたと言われます。
伝られているペレが移り住んだ経路と地学的に火山活動により島々が生まれた順番がピッタリと一致。
つまり伝承は作り話ではなく、本当に起きたことを神話にして伝えていたのだと考えられますね。

永遠のライバル雪の女神とわかり合えなかった夫

ペレにまつわる神話はいくつか残っており、その中の二つを紹介します。

一つ目はペレの強烈な競争心を感じるエピソードです。
ハワイ島のマウナケアの北西に雪の女神ポリアフが住んでいました。
ある日このポリアフが人間たちと草ソリで遊んでいたところ、とても豪華な美女が現れます。
男性たちはこの美女を草ソリに誘います。
この美女こそ、ペレです。
ポリアフと草ソリを始めますがペレは何度勝負してもポリアフに勝てません。
ついにはポリアフの前に火口を出現させて溶岩で行く手を阻んで勝利します。
これに怒ったポリアフは冷気を吹きかけ溶岩を固まらせ火口をふさぐなどをして応戦。
火と雪の戦いが繰り広げられ、それが今のハワイ島北西にあるラウパホエホエの奇岩風景として残っていると伝えられています。

このポリアフとの戦いはいつもペレが負けて終わるので、永遠のライバルとされています。
そのため、ハワイ島は北側のマウナケアはポリアフが、マウナロア以南はペレのものと言われています。

そして二つ目はペレの元夫のカマプアアとのお話。
カマプアアはオアフ島の半神半人の男神で、普段は美男子ですが、怒ると豚の姿になる神様です。
ハワイ島の農業には豚が欠かせなかったためこの神様は農業と海の神でした。
結婚した二人の夫婦喧嘩はハワイ島を揺るがすほどの大喧嘩。
火山の噴火と海の洪水で農地が荒れては再生する様子が反映されています。
結局二人は離婚し、カマプアアは海底の姫と結婚してしまいます。
ペレは後に彼を恋しがって歌を歌っていると言われており、先のオーシャンエントリーも轟音もペレの彼への歌なのかもしれません。

ハワイの神様とフラダンス

ハワイの神様とフラダンス

image by iStockphoto

フラダンスとはなにか

フラダンスの「フラ」はハワイ語で「ダンス」のこと。
意味としてダンスダンスとなってしまうのでハワイでは「フラ」と呼ばれます。

フラと聞くと私たちにもおなじみの踊りですよね。
ウクレレなどのギターと優しい歌が流れる中、女性がカラフルな衣装を身にまとい、ゆったりとした動きで踊るダンス。

これは19世紀に一度禁止されらフラを復活させて、より広めていくために作られた現代版のフラで、ハワイでは「フラ・アウアナ」と呼ばれる種類のフラになります。

フラ・アウアナの特徴は、和音を奏でるギターやウクレレの伴奏で恋や自然の歌を踊ること。
とても陽気なハワイアンな雰囲気を奏でる楽曲やちょっとバラード調の優しいものまで幅広く、新しいフラの曲が作られています。
踊り手はカラフルな花柄や葉のイラストがプリントされたワンピースやスカートをまとい、頭にはお花の飾りを付けることもあります。

見ている観客も思わず体が揺れて一緒に踊ってしまいたくなる楽しい踊りというイメージのフラ・アウアナ。
これはハワイの文化の一つとして広く愛されている踊りです。

古来の神に祈る踊りフラ

では、その一方で禁止される前のフラとはどういうものだったのでしょうか。

文字を持たなかったハワイ人たちは、フラを通して神に祈りを捧げると同時に自分たちの歴史や物語を後世に残していました。
神に捧げた古典の踊りは「フラ・カヒコ」と呼び、先のアウアナとは区別されています。

フラ・カヒコの特徴は、打楽器の伴奏で詠唱(チャント)と呼ばれる詩に節をつけた歌とともに、その詩の内容を踊りで表現したものです。
装いも儀式に臨む姿のため、身にまとうものはティーツリーの葉でできた腰蓑や大地や海からの木の実や貝殻など自然なものだけでした。
そして花を身につけることはあまりありませんでした。

踊る場所ももちろんステージなどではなく、聖なる場所や物への感謝と祈りを捧げる場所「ヘイアウ」の前で一度体を清めた後に踊ったのです。

この踊りは誰でも踊ってよいものではありません。
神に祈りを捧げ、大事な自分たちの歴史を表し伝える役割があります。
伝承者であるクム・フラ(フラの先生)がその踊りの素質と容姿をもとに選んだ者にだけカヒコを伝えていきます。
その詩歌の内容を理解し、それを表現できる技術が身について許しを得たものだけが人前で踊ることが許されたのです。

ハワイ島に昔から生きている植物たち

ハワイ島に昔から生きている植物たち

image by iStockphoto

ペレに引き裂かれた恋人たちの花

ハワイ火山国立公園内にもたくさんの植物がありますが、その中でもちょっと目を引く花があります。

オヒアレフアと言う花で、花が付いていないと一見立ち枯れた木のような植物で、その枯れたような枝の先に大変鮮やかな赤い花が咲きます。
この花はハワイ島での伝統的な儀式で使われる花で、キラウェア火山のハレマウマウ火口でのフラの儀式が行われた後はオヒアレフアで作られたレイが火口に投げ入れられます。
とても濃厚な密の香りがする花にはペレにまつわる神話があります。

かつてオヒアという若い男性とレフアという娘のカップルがいました。
そしてペレもまたこのオヒアに恋をしてしまいます。
しかし、オヒアはペレの方を向いてはくれず、ペレは腹を立てて、オヒアを醜い木に変えてしまいます。
レフアは深く悲しみ、ペレに彼を元に戻してほしいを頼みますが聞き入れてもらえません。
それを知ったペレの弟がレフアを赤く美しい花に変えて、オヒアの木に咲かせたのです。

花が付いていない木の部分はオヒアといい、花はオヒアレフアと呼ばれています。
また、このオヒアレフアは摘むと雨が降るのだそうです。
それは二人がまた離れてしまう悲しみの涙なのかもしれません。

このオヒアは外見はとても貧弱な立ち枯れたような木ですが、とても生命力の強い木で知られています。
火山から噴き出した溶岩があたり一面を埋め尽くした後、一番初めに根付いて育つ極めて順応性の高い植物でもあるのです。
溶岩原を歩いているとこのオヒアを見ることができます。

絶滅寸前のコア

固有種の植物はポリネシア人が運んできた植物や家畜によって一部絶滅寸前のものもあります。
その中の一つで、古来のハワイ島の生活にとって大切な木が失われようとしています。

それはコアというアカシアの一種で、木目が美しく艶がでる固い木材として古くからカヌーや家具、ウクレレの素材としても使われてきた木です。
森が伐採されて牛などの牧場ができると牛がコアの苗を食べたり、菌類が寄生したりすることでどんどんと減ってきています。
現在は輸出禁制品となっているほど。

現在もコアで作られたウクレレは大変高価なもので、ギターで有名なマーチン社が倒産危機の際にハワイアンブームがやってきて、コア製のウクレレが大流行して倒産を免れたともいわれています。

19世紀に世界的に注目を浴びた白檀の木も、ハワイの王族をはじめとする特権階級が中国貿易で得られる目先の莫大な利益に走り、乱伐されて壊滅的になった経緯があります。

その教訓を生かして、ハワイ島の南西にあるケアラケクアにはコアの保護地区があり10万本の苗が育てられています。
しかし大きくなるには50~60年の歳月が必要なため、現存するコアの木を大事にしています。

ハワイ島に神様が帰ってきた!

ハワイ島に神様が帰ってきた!

image by iStockphoto

ハワイの4大神

ここまでハワイ島でのんびりと自然に触れることができる火山国立公園や神話の女神のお話、フラの歴史でハワイ島の中をじっくりと見てきました。
これからはハワイ島をはじめとするハワイ諸島全体の歴史についてみていきましょう。

先にご紹介した火山の女神・ペレ以外にも、ハワイは自然の力を感じるものにはすべて魂である「マナ」が宿ると考えていることから、信仰している神様はたくさんはいます。

その中でもハワイには大事な神様として4人の神様がいます。

ハワイ固有の神様ではなく、タヒチからやってきたと言われています。
最初にやってきたのは力の象徴であり戦の神であるクー。
女神ヒナもクーとともにやってきました。
クーは日の出や東の意味も持ち、ヒナはその反対に日没と西の意味がありました。

続いてやってきたのは男性の象徴的存在で創造神・火と水と森の森羅万象を司るカネ。
万物創造と海洋と暗闇を司るカナロア。
最後にやってきたのが戦いと豊饒を司る神ロノ。
ハワイの為政者に一番大きな影響力を与えたのがロノでした。
戦いのときも収穫を祈るときもロノへ祈りを捧げていたのです。

ドラマのような偶然の一致

イギリスの探検航海者で、ヨーロッパにハワイの存在を初めて伝えたジェームス・クックがハワイ島へ初めて船を付けたのは1779年1月。
クックがハワイ島のケアラケクア湾に入港した時、ちょうど新年を祝うマカヒキの祭が行われていました。

戦いの神であるとともに豊饒を約束する神ロノは、自分の妻の美しさに疑心を抱いて嫉妬にかられて彼女を殺害し、それを後悔してマカヒキの祭をとり行った後、タヒチに向けて旅立ってしまいました。
その時に彼は人々に、いつか食糧を満載にした船で戻ってくると約束したのです。
ロノの船は十字に組まれた木材が船上に据えられ、白い布が付いていると考えられていました。

クックの率いる船がまさにそのような形で現れ、予言通りケアラケクア湾に入港したので住民たちは騒然となりました。
ロノが帰ってきたのだと住民たちはクック船長たちを熱烈に歓迎して迎え入れたのです。

神様として1か月ほど歓迎を受けたクックたちは土地の人々に祝福されながら出航します。
しかし出航後まもなく嵐で船の帆柱が痛んでしまったため1週間もたたないうちに、ハワイ島へ戻りました。
今度は歓迎されず、迷惑そうな扱いを受けたと言われます。
戻ってきたクック達に対して、住民たちはロノではないのではないかと疑いを大きくします。
関係がぎくしゃくする中で救命ボートが住民たち盗まれる事件が起こります。
クックはその事件を解決するため年老いたカラニオプウ王を船に拉致しようとしました。
その結果大騒乱が起き、クックは住民の1人にナイフで殺害されました。

このような結果になった背景には神様であればあうことのない嵐にあったこと、クック一行はタブーであるヘイアウの備品や石などを本国への土産として持ち帰り、また王に手出しをしたことでもはや神ではないと住民たちの怒りが頂点に達したと考えられます。

ハワイ統一からアメリカの州になるまで

ハワイ統一からアメリカの州になるまで

image by iStockphoto

クック船長が残したもの

ハワイ島にクック船長が訪れたことは単なる異邦人の訪問だけではすみませんでした。

大きな影響が二つ後世に残ります。
一つはクック船長はタヒチやサモアなどのポリネシアの島々を探検し、その文化をヨーロッパに伝えるだけでなく、タヒチ語を習得してその言葉がハワイでも通じることから彼らは同一民族が分化したのではないかという、当時は失笑されましたが、現代になって解明されたことをその観察から解き明かしていたのです。

そして、もう一つはハワイの歴史を変えるきっかけとなったこと。

クック船長はケアラケクア湾に入港する前年にマウイ島を訪問しており、その際にハワイを統治していたカラニオプウ王と対面しています。
その時に同行した一行の中に王の甥で後にハワイを統一するカメハメハ大王がいました。

初めて目にするヨーロッパ式の船や大砲などの武器に大変興味を持ったと言われています。

当時、ハワイ諸島には4つの勢力がそれぞれの島を拠点に覇権を争っていたのです。

このクック船長と出会ったことをきっかけに、カメハメハ大王は合理的でヨーロッパ的な文化特に武器を導入し、クックの航海に何度も同行していた士官ジョージ・バンクーバーを参謀に迎え、ハワイを統一していきます。

30年近くによる長い戦いの末、1810年、ハワイで初めての国家として統一し、ハワイ王朝が誕生したのです。
ハワイ独自の伝統を大事にしながらも優れた外交感覚でハワイの西洋化をすすめました。
合わせて、中国への白檀の輸出による経済基盤を整えたりするなど近代国家として大きく舵を切ったのです。

カメハメハ大王の子孫たち

カメハメハ大王がなくなった後、跡を継いだのが長男のカメハメハ2世ですが、実権を握っていたのは、大王の側室だったカアフマヌでした。
彼女はキリスト教へ入信しており、宣教師などの白人たちの意見を元に政治を行いました。

宣教師たちは布教のため、ハワイの伝統的な神々への信仰を禁止するよう要請します。
その時にフラはいかがわしい踊りとされて、ヘイアウが壊されフラを踊ることが禁止されてしまいます。

その後、弟のカメハメハ3世も白人たちをブレーンとし、その特権を拡大していきます。
ついには白人たちがハワイの土地を購入する権利を得る法律が発布され、ハワイは徐々に英国やアメリカのいいなりになっていきます。

文化面でフラの禁止と古来からの信仰の禁止だけでなく、ハワイの言葉をアルファベットで表記するようになり、徐々にハワイ語も禁止され、住民たちは自分たちがハワイアンである誇りをなくし、ハワイ語の苗字を改名する者も表れるようになります。

カメハメハ大王の家系はとても短命で、次々に王が崩御し引き継がれていきますが、なかなか列強たちの支配から抜け出すことができず、1898年約90年8代続いたハワイ王国はアメリカ領となりハワイ民族の国家は終わりを告げたのです。

日本人とハワイの関係

日本人とハワイの関係

image by iStockphoto

新天地で活躍したい

ハワイ島には日系人が多いことはよく知られています。
1831年頃は5万人の先住民が告発されて処刑され、伝染病も蔓延していたハワイ。
アメリカの砂糖需要のためにさとうきびのプランテーションを始めるのですが、人口が減少しているため労働力が不足します。

そこで人口激減対策で各国から移民を募集するようになります。

日本からは1868年に無許可の移住者がハワイにわたっています。
3年間の契約として海を渡ったのですが、1日10時間の労働と週一回の休日。
当初聞いていた賃金よりも安い支払いだったようです。
当時は明治維新に揺れていた日本。
徳川幕府が倒れ、日本の先行きが分からず海外に新天地を求めた人々がいても不思議ではありません。
しかし、政府の許可なく移住したこのときに移住した人々は比較的裕福な階層の人々だったようで、労働になれておらずとても苦労したそうです。

その後、正式に日本労働者を移民としてハワイに来るのは1885年、日本とハワイ王国との間で条約が結ばれてからでした。
1885年から1900年までに約7万人は政府との条約によって移民した人々で官約移民と言われ、それ以降移民会社を通して移住した人びとを私約移民と呼ばれました。

どちらの契約で移住しても労働環境は大差なく、さとうきび耕地には鞭を持った白人の地主に常に監視されており自由がなかったと言われています。

ハワイで見る日本人の足跡

1900年にハワイが正式にアメリカに組み込まれ、アメリカの法律で「契約移民禁止法」が適応され、移民たちは解放されていきます。
もともと低賃金での労働だったため、日本に帰るにも帰れない人もいました。
残った者の中にはさとうきびでの労働ではなく、自分たちで事業を起こす者おり、次第にハワイの人々と同化していきます。

そんなハワイに残った日本人が作った物として有名なのがアロハシャツです。
最初はデニム生地のような固い素材でできた労働者用のシャツでしたが、日本人たちは自分たちが持ってきた浴衣の生地でシャツを仕立て、それを売りました。
とても柔らかく着心地が良いことから人気が出て、事業として成功していきました。

はじめは藍の染めや絣のような柄が中心でしたが、着物の柄やハワイの植物をプリントした柄などが売られるようになります。
素材も綿や麻が中心だったのがプリントがはっきりと映るレーヨンやポリエステルが主流となっていきます。
労働着だったアロハシャツは今では公式の場でも着ることができるほどの地位を得ています。

また、ハワイ島のヒロやコナに多いのですが、「オカズヤ」というお店があります。
これは日本でいうところのお惣菜屋さん。
サトウキビ畑で働く日本人はお弁当を作ってそのおかずを交換したりしたことから始まったともいわれています。

オカズヤさんのラインナップには、私たちになじみのあるおにぎりやてんぷら、きんぴらにお煮しめとちょっと懐かしいお惣菜を見ることができるそうです。

もう一つのハワイを感じましたか?

今も活火山として溶岩を噴出し、日々大きくなっているハワイ島。

そこには気性の激しい女神が住んでいて、満点の星空と豊かな緑があり、自然が身近にある島でした。

そんな自然にそって生きてきた人々がほかの国とのかかわりを持つことで、自分たちの文化を忘れ、移住者に支配されるちょっと悲しい歴史も見てきました。

ハワイを訪れるとき、楽しいお買い物やおいしいスイーツも楽しみながら、もう一つのハワイの姿を感じていただけましたらうれしいです。

photo by iStock