次の旅はエーランド島でゆっくり過ごそう。

スウェーデンの世界遺産の1つにも登録されているエーランド島は今癒しを求めている人、大自然の絶景を見たい人にはおすすめの場所です。今回はエーランド島での楽しみ方をご紹介します。

エーランド島とは?

エーランド島とは?

image by iStockphoto / 83146523

バルト海に浮かぶエーランド島は石灰岩でできた島でゴットランド島に続きスェーデンで2番目に大きい島です。
多くの自然が残りのどかな風景が広がっており、アルカリ性の土壌のため農業に適していない環境でありながらも長い月日をかけて農地を開拓した歴史もある場所でもあります。
人口は約2万5千人ですが夏のバカンスシーズンにもなると観光客やエーランド島に別荘を持っている人々でものすごく賑わいます!

image by iStockphoto

エーランド島の住所・アクセスや営業時間など

名称 エーランド島
名称(英語) Öland
住所 Öland, Sweden
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.oland.se/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界遺産の一つエーランド島南部の農業景観

世界遺産の一つエーランド島南部の農業景観

image by iStockphoto

エーランド南部の農業景観は2000年にユネスコ世界遺産に登録されました。
不毛の平原などと言われていますが全く植物などがないと言うわけではなく、暖かい時期には花も咲きます。
この地質の影響もあり何種類もの希少な生物や植物、そして約5000年前からこの地を農業ができるまでに開拓され続け残っている遺跡などが存在している大変貴重なものが多く残っている歴史ある島です。

image by iStockphoto

エーランド島南部の農業景観の住所・アクセスや営業時間など

名称 エーランド島南部の農業景観
名称(英語) Agricultural Landscape of Southern Öland
住所 Kalmar County, Island of Öland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/ja/list/968
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

芸術も素敵と言われる島の美術館に行く

エーランド島に訪れた人が高い確率で絶対に行くべき!もう一度行きたい!と言う美術館、VIDA。
この美術館自体も素敵な建物で立地も海が見渡せる絶景の場所にあります。
スウェーデンといえばガラス製品も有名で、ガラスの芸術作品や絵画などが展示してあります。
あなたもここでゆっくり芸術鑑賞をして作品たちから伝わるメッセージを受け取ってみてください。

VIDAミュージアムの住所・アクセスや営業時間など

名称 VIDAミュージアム
名称(英語) Vida museum & konsthall
住所 Landsvägen, 387 92 Halltorp
営業時間・開場時間 11:00−16:00(時期により異なる)
利用料金や入場料 大人60スウェーデンクローナ 15歳未満無料
参考サイト http://www.vidamuseum.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

タイムスリップできる博物館

タイムスリップできる博物館

image by iStockphoto

先史時代の遺跡があるエケトープ(Eketorp)は中世の時代には要塞としても利用されていた場所で、現在は鉄器時代から中世の時代までを再現した建物があり、中の建物は歴史をたどることのできる博物館になっています。
再現された建物なのですが、クオリティが高いので本当に昔から残っているようで、その時代にタイムスリップしたように感じることができます。
エケトープは6月〜9月のみの17時もしくは18時までの営業ですので行く前に公式HPで営業日時を調べてから行くと良いでしょう。

エケトープの住所・アクセスや営業時間など

名称 エケトープ
名称(英語) Eketorp
住所 380 65 Degerhamn
営業時間・開場時間 [月-木]11:00−17:00(6/19-6/22) 10:30−18:00(6/25-8/13), [水-日]11:00−17:00(8/26-9/3)
利用料金や入場料 大人120クローナ 子供90クローナ
参考サイト http://www.eketorp.se/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

おしゃれなカフェも沢山

おしゃれなカフェも沢山

image by iStockphoto

スウェーデンはコーヒーが大好きな人が多いということもあり、エーランド島にもおしゃれなカフェがあります。
しかもどこのカフェも大自然なだけあって最高のロケーションです!時間があればカフェ巡りをしてみるのもいいかもしれません。
そしてコーヒーの他にもスウェーデン人はアイスクリームが大好きで子供から大人までアイスクリームを食べている方を多く見かけます。
ぜひスウェーデンのアイスクリームも堪能してください!

image by iStockphoto

名物、クロップカーカは食べるのをお忘れなく!

エーランド島の名物と言われている、クロップカーカ。
もちもちとしたじゃがいもの生地の中に豚肉、玉ねぎなどが入った料理でジャムをつけて食べます。
塩っけのあるものにジャムをつけて食べるというのに抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが、美味しいという日本人の方も多くいるのだとか。
せっかくエーランド島に来たからには名物料理ははずせませんね。

ホテルはあるけど、夏に行くなら早めの予約を

ホテルはあるけど、夏に行くなら早めの予約を

image by iStockphoto

やはり世界遺産がある島なためホテルも多くあります。
しかし、夏のバカンスシーズンにもなるとどこのホテルも満室となる可能性が高いので予定が決まればまずホテルの予約をすることをお勧めいたします。
またエーランド島ではホテルなどではカードの利用は可能なところも多いですが、その他の小さめなお店や飲食店ではカードの利用ができないところもありますので、エーランド島へ行く時は多めに現金を持って行くと良いかもしれません。

image by iStockphoto

レンタサイクルで1日のんびりまわってみる

レンタサイクルで1日のんびりまわってみる

image by iStockphoto

エーランド島ではレンタサイクル店で一日自転車を借りて島内を巡ることもできます。
目的地が決まっている方には便利ですし、またのんびりただ大自然の中を走るのも贅沢な気分を味わえると思います。
ここで気をつけていただきたいのが、レンタサイクル店は夏季のみの営業でオフシーズンにはやっていませんのでご注意を。

image by iStockphoto

気候はどうなのでしょう?

気候はどうなのでしょう?

image by iStockphoto

夏は避暑地として多くの人々が訪れて夏をエーランド島で過ごします。
冬になるとスウェーデン全体が大雪、氷点下になることが多いのですがエーランド島も冬になると氷点下になる時もあり夏と違って全く違う景色が現れます。
まず夏に比べたら全く観光客がいなくなり静まり返っていること、そして雪が降ると白白銀の世界が広がります。
自然の動物達を多く見かけることもできるので寒くても静かに自分だけの時間をゆっくり楽しみたい方は冬に行くのも良いかもしれませんが、交通機関が麻痺する可能性も大いにありえますので時間に余裕をもって行動しましょう。

image by iStockphoto

エーランド島への行き方

エーランド島への行き方

image by iStockphoto

ストックホルムからはカルマル行きの高速バスか電車で行くことができます(バスは約6時間、電車は約4時間40分)。
カルマルからローカルバスで(約1時間半)エーランド島へ行くことができます。
島内のバスの時刻は確認しておかないと本数が少ないところもありますので事前にインターネットで時刻表を確認しておきましょう。

長期滞在したい島

夏のバケーションシーズンにもなると沢山の人々が長期滞在する島、エーランド島。
ただの避暑地だからというだけの理由ではなくエーランド島に広がる景色、人々、そして普段我々が感じることも多い街の喧騒を忘れさせてくれるゆっくりとした時間が流れているからこそ、ここで過ごしている方もきっと多いはず。
あなたも次の旅に目指す島はエーランド島にしてみませんか?
photo by iStock