人生を充実させてくれる場所へ!名古屋とその周辺で訪れておきたいパワースポット21選

パワースポットと言えば今や旅行の定番スポットとなり、雑誌やメディアで取り上げられないことはないほど有名になった用語。訪れた瞬間見えない力が私たちに勇気を与えてくれるパワースポットは、自分の人生を充実させるためぜひ訪れておきたい場所。今回は全国にあるパワースポットの中から愛知県・名古屋とその周辺で訪れたいパワースポットを見ていきましょう。

三英傑を生んだ町・名古屋

三英傑を生んだ町・名古屋

image by iStockphoto

名古屋と言えば戦国時代に活躍した戦国武将である徳川家康、織田信長、豊臣秀吉の「三英傑」を生んだことで有名な街。
そんな三英傑と関係の深い名古屋とその周辺には、彼らに関係したパワースポットも多数あります。
それではそんな愛知県・名古屋とその周辺にはどのようなパワースポットがあるのでしょうか。

三種の神器が祀られた「熱田神宮」で戦勝祈願

須佐之男尊(すさのおのみこと)がヤマタノオロチを退治した時に出てきた三種の神器「草薙の剣」を祀っていることで有名な熱田神宮。
本宮は戦国時代に織田信長が「桶狭間の戦い」前の必勝祈願に訪れたことから戦勝祈願の神様と崇められ、出世運、厄除けのご利益も。
その他には本宮の向かって左手にある熱田神宮の聖域とされる「こころの小径」、女性が美しくなれる神様を祀る「清水社」などの見どころがあります。

熱田神宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 熱田神宮
住所 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

出世や開運のご利益を「豊国神社」

豊臣秀吉が生まれたとされる場所に建つ豊国神社は、秀吉公を祀る神社として、明治18年に現創設された神社。
京都市東山区、大阪市中央区、滋賀県長浜市にある豊国神社と合わせて「豊国四社」とされており、主なご利益は出世、開運、茶道、建設など。
また参拝の際は御朱印もいただいてきましょう。
ここには扉に秀吉が書状を書く際などに使用した朱印、左に金泥で書かれた御朱印が記されています。

豊国神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 豊国神社
住所 愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://toyokunijinjya.main.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

菅原道真公を祀る「山田天満宮」

北区にある山田天満宮は「桜天神社」や千種区の「上野天満宮」と並ぶ「名古屋三大天神」のひとつとされる神社で、初詣に訪れる人も多いスポット。
寛文12年(1672年)に尾張徳川家二代目藩主徳川光友がこの地の守護神並びに「学問の神様」菅原道真公を祀って創建されました。
また合祀されている金神社(こがねじんじゃ)には福徳福銭のご利益があり、学問とお金両方のご利益を受けてみては。

山田天満宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 山田天満宮
住所 愛知県名古屋市北区山田町3-25
営業時間・開場時間 授与所:9:00〜17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tenman.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

中区大須のメインスポット「大須観音」

地下鉄鶴舞線・大須観音駅を出た場所にある大須観音は中区大須のメインスポット。
主なご利益は厄除け、家内安全、身体健康、商売繁盛などで、北野天満宮の流れを引くことから学業成就を祈願しに訪れる人の姿も。
近くには多くの店が立ち並ぶ大須商店街があり、三が日は初詣に訪れる参拝客などで行列ができ大混雑します。
またここはたくさんのハトが飛ぶことでも有名で、そのハトの姿も幸せを呼んでくれるかも。

大須観音の住所・アクセスや営業時間など

名称 大須観音
住所 愛知県名古屋市中区大須2-21-47
営業時間・開場時間 受付時間:9:00〜17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.osu-kannon.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

縁結びのご利益が強力「洲崎神社」

名古屋駅から徒歩10分ほどの距離にある洲崎神社はビルの間にひっそりと建つ神社。
神社では小さな鳥居が設置された石神が有名で、ご利益は最も強力とされる縁結びの他に厄除け、無病息災、商売繁盛などがあります。
ご利益を得るためには決められた手順通りに鳥居をくぐることが条件のため、参拝の際は手順をきっちり頭に入れてから訪れましょう。

洲崎神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 洲崎神社
住所 愛知県名古屋市中区栄1丁目31-25
営業時間・開場時間 受付時間:9:00〜18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.nagoya-info.jp/shisetsu/gilpwxX1.html?cts=view
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

名古屋最大のスポット「名古屋城」もパワースポット

言わずと知れた名古屋最大の観光スポット・名古屋城もパワースポットとしてぜひ訪れたい場所。
名古屋城そのものがパワースポットと言われることもありますが、ここでは金のシャチホコをバックにした記念撮影をぜひしておきたいところ。
シャチホコはメスとオスがあり、撮影すると愛情運、家庭運、金運などがアップすると言われています。
また石垣には加藤清正が運んで組み入れたとされる「清正石」があり、ことらは自然のエネルギーと工事に関わった人々のエネルギーを感じるパワースポットとして人気。

名古屋城の住所・アクセスや営業時間など

名称 名古屋城
住所 愛知県名古屋市中区本丸1-1
営業時間・開場時間 9:00〜16:30
利用料金や入場料 大人500円 中学生以下無料
参考サイト http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ひっそりと建つ学業の神社「桜天神社」

中区の繁華街・錦のビル街にこじんまりと建つ桜天神社は上野天満宮、山田天満宮と並ぶ「名古屋三大天神」のひとつ。
織田信秀が北野天満宮から受けた菅原道真の木像を那古野城の祠に奉ったのが始まりとされ、天文7年(1537年)に現在の場所へ移動。
中にある「願の水の牛」で自分の年齢分だけ柄杓で水をかけお願い事をすれば願いが叶うとされ、得られるご利益は主に学業、合格祈願があります(0歳から9歳は年齢の数だけ、10歳以上は10年を1歳とし、それに1の位の数を追加、10歳は1杯、20歳は2杯、26歳は8杯)。
またこの水で字を書くと上手に書けるといわれており、そちらもぜひやってみては。

桜天神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 桜天神社
住所 愛知県名古屋市中区錦2丁目4-6
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://nk.xtone.jp/archives/sakuratenzinja.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

徳川園近くの木でパワーをもらう

尾張藩2代藩主徳川光友が隠居所とした大曽根御屋敷跡である「徳川園」近くにもパワースポットがあります。
それは徳川園前にある道とタクシー乗り場の前にある木で、この道を通り木に触れることにより出会いや金運のご利益を得られるとのこと。
何百年もの間徳川家を見守り続けた伝統の道と木から、パワーをもらって来ましょう。

徳川園の住所・アクセスや営業時間など

名称 徳川園
住所 愛知県名古屋市東区徳川町1001
営業時間・開場時間 9:30〜17:30 月曜休園
利用料金や入場料 一般300円 中学生以下無料
参考サイト https://www.tokugawaen.aichi.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

受験シーズンの学生が祈る「上野天満宮」

名古屋に残された「名古屋三大天神」の3つ目が千種区にある上野天満宮。
京都を追われた陰陽学者・安倍晴明(920~1005)一族の一部が現在の千種区晴明山に移り住み「学問の神様」菅原道真公を祀るために建てました。
道真公を祀ることから受験シーズンには沢山の学生等が合格祈願に訪れ、また道真公が死後に名誉を回復し『除災招福の神』として崇められたことから厄除けのご利益も。

上野天満宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 上野天満宮
住所 愛知県名古屋市千種区赤坂町4-89
営業時間・開場時間 社務所:9:00〜17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tenman.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

恋の三社めぐり「城山八幡宮」

織田信長の父・信秀が築城したかつての末盛城跡に建てられた城山八幡宮は、地下鉄東山線・覚王山や本山駅から徒歩6分。
境内にある名古屋市内最大のアベマキ(ブナ科の落葉高木)「連理木(れんりぼく)」は夫婦円満、縁結びの御神木として信仰されている名物。
またカップルの男性が青石・女性が赤石に願いを込めて触れ、歩いて互いに触れられたら願いが叶うという場所もあり、名古屋では晴明神社、高牟神社と共に『恋の三社めぐり』に選ばれることも。

城山八幡宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 城山八幡宮
住所 愛知県名古屋市千種区城山町2-88
営業時間・開場時間 受付:9:15~16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shiroyama.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

恋愛成就のご利益「高牟神社」

JR、地下鉄の千種駅から徒歩約5分の高牟神社の名物は、境内に湧き出している「古井の水」と呼ばれる清水。
この水は飲めば恋(古井)に通じるという言い伝えが存在し、恋愛成就のご利益を得ようとする若い女性が何倍も飲む姿を見られることも。
水は「日本名水百選」に選ばれる清らかさで、恋以外では長寿の水と呼ばれることもあります。
成就させたい方はぜひ飲んでおいては。

高牟神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 高牟神社
住所 愛知県名古屋市千種区今池1-4-18
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nagoya-info.jp/shisetsu/iktxFTW7.html?cts=view
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「覚王山日泰寺」で悟りを開く

タイから送られた釈迦の仏舎利(遺骨)と金銅の仏像を安置するため明治37年(1904)に建立された寺院。
寺院名の「覚王」は釈迦の別名、日泰寺は「日本とタイ(泰)の寺院」という意味。
日本で唯一の超宗派(仏教各派が輪番で管理を行う)寺院でどの宗派にも属さないことから、心に迷いがある人が悟りを開くための寺院とされています。
また境内周辺にある八十八ヶ所霊場は毎月21日の弘法縁日に市で賑わい、桜やツツジの花見や観月名所としても有名。

覚王山日泰寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 覚王山日泰寺
住所 愛知県名古屋市千種区城山新町1-1
営業時間・開場時間 5:00〜17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nittaiji.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

運命的な縁結びの地「笠寺観音」

名鉄本笠寺駅から徒歩3分の商店街奥に尾張4観音のひとつ、笠寺観音(天林山笠覆寺)はあります。
733年から存在する歴史ある寺院で、美濃国の豪族の娘でありながら不運な運命に巻き込まれていた玉照姫(たまてるひめ)が、雨の降る中観音像に笠をかぶせ祈りを捧げたのが名前の由来。
その後祈りを捧げる姿を藤原兼平(ふじわらのかねひら)に見初められ結婚したことから、縁結びの祈願をされる方が多く訪れています。

笠寺観音の住所・アクセスや営業時間など

名称 笠寺観音
住所 愛知県名古屋市南区笠寺上新町83
営業時間・開場時間 開堂:8:00〜16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kasadera.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

縁結びの石でお祈り「御器所八幡宮」

昭和区御器所(ごきそ)にある御器所八幡宮は、熱田神宮の鬼門を鎮護する目的で第54代仁明天皇(在位833~850年)の勅願で創建。
徳川家康がここで長久手合戦の戦勝祈願をしたと伝えられることから必勝祈願のご利益があるとされ、その他には縁結び、良縁、長寿も。
境内には縁結びの「みとおしの石」があり、ご利益を得ようとする特に若者の姿が見られます。

御器所八幡宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 御器所八幡宮
住所 愛知県名古屋市昭和区御器所四丁目4-24
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 授与所:7:00〜17:00
参考サイト http://www.gokiso.info/pc.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

名古屋城を守る尾張四観音「荒子観音」

荒子観音(あらこかんのん)は、名古屋城を鎮護する笠寺(南区)、竜泉寺(守山)、甚目寺の「尾張四観音」のひとつ。
創建は天平元年 (729年) と伝えられ、加賀藩主前田利家が天正4年(1576) に修復。
天文5年 (1536) に再建された市内最古の木造建築である多宝塔は国の重要文化財に指定されています。
節分の時期に行われる節分祭では「名古屋城から見てその年の恵方にあたる観音寺に行けばご利益が多い」とされ、この時期に訪れると良いでしょう。

荒子観音の住所・アクセスや営業時間など

名称 荒子観音
住所 愛知県名古屋市中川区荒子町宮窓138
営業時間・開場時間 7:00~17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nagoya-info.jp/shisetsu/ftwDFHIT.html?cts=view
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

安産祈願で人気「八事塩竈神社」

名古屋市天白区の塩竈(しおがま)神社は、1844~48年に宮城県塩釜市の塩竈神社から分霊、創建されたと伝えられる神社。
御祭神は教え導きの神様、海路をも司ったとされる鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)で、潮の満ち引きと出産が深く関係するとされたことから安産祈願で妊婦の方が多く訪れています。
腹帯を持参すると腹帯と一緒にお祓いしてもらったり、お祓い済みの腹帯をもらえたりすることも(有料)。
戌の日や日曜日、大安の日などは混雑が予想されるためご注意を。

八事塩竈神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 八事塩竈神社
住所 愛知県名古屋市天白区御幸山1328
営業時間・開場時間 受付:9:00〜15:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.siogamajinja.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シュールな奇祭もある「田県神社」

田縣神社は名古屋から電車で約1時間の小牧市にある神社。
家内安全や商売繁盛、恋愛成就、安産などのご利益が得られる神社ですが、最大の特徴は神社内にあるシンボル。
これは男性器をモデルにして作られたもので、じっくり見ればたいへん忠実に造られていることがわかるはず。
毎年3月には五穀豊穣を祈願する「田縣神社豊年祭」を開催しますがここでは男性器型の神輿やチョコバナナが登場、さらに巫女が木彫りの男根を抱えて歩く姿も見られ、その光景はシュールすぎるものと言えるでしょう。

田縣神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 田縣神社
住所 愛知県小牧市田県町152
営業時間・開場時間 授与所:9:00〜17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tagatajinja.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

女性のためのパワースポット「大縣神社」

小牧の田県神社のインパクトはたいへん強烈なものですが、犬山市にある大縣(おおあがた)神社もインパクトで負けていません。
こちらは女性の守護神タマヒメノミコトを祀る神社で、内部に入ると見られるのは「女性の象徴」をモデルにしたシンボルの姿。
子授けや安産、縁結びの神として知られ、女の子を産みたい女性が訪れると良いとされます。
またここは尾張開拓の祖神「大縣大神」も祀られており、開運厄除・事業繁栄のお祈りにも良いでしょう。

大縣神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 大縣神社
住所 愛知県犬山市字宮山3
営業時間・開場時間 6:00〜20:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ooagata.urdr.weblife.me/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

商売繁盛と開運祈願に「豊川稲荷」

伏見稲荷大社・祐徳稲荷神社と並ぶ「日本三大稲荷」のひとつとされるのが室町時代に創建された豊川市の豊川稲荷。
楽市楽座制度(座商人の特権を廃止し、城下町の繁栄をはかる経済政策)を成功させた織田信長をはじめとした戦国武将が多く訪れた「商売繁盛」と「開運」に有効なスポットで、庶民からは「商売の神」として崇められてきました。
その他には家内安全、交通安全、学業増進、身心堅固のご利益もあり、初詣などで毎年120万人が参拝に訪れています。

豊川稲荷の住所・アクセスや営業時間など

名称 豊川稲荷
住所 愛知県豊川市豊川町1番地
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.toyokawainari.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1度に3つのパワーをもらう「真清田神社」

真清田神社は名古屋から電車で約15分の一宮市にあるパワースポット。
神社の祖山(パワーの発生源)は日本の山々の中でも強力なパワーを持つとされる昇龍形の山「金華山」で、御祭神はこの地を「尾張」と名付け開拓した愛知産業の守り神・天火明命 (あめのほあかりのみこと)。
石を持った時の軽重で願いが叶うかがわかる「おもかる石」や「運命之紅糸」入りの縁結びお守りがある社務所、自分の顔を映してその日の健康や家内安全を祈る「神水舎」が主な参拝スポットで、多くのパワーをここで得てみては。

真清田神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 真清田神社
住所 愛知県一宮市真清田1-2-1
営業時間・開場時間 受付:9:00〜17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.masumida.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

家康と松平氏を祀る「松平郷」

徳川家康と松平氏の始祖・松平親氏を祀る「松平東照宮」は名古屋から電車で約1時間の豊田市にあります。
かつて松平氏の屋敷があった場所に創建され、家康が産湯として用いたと言われる井戸「産湯の井戸」の水は御神水として参拝者に授与されており、水には不老長寿や安産のご利益があるとされています。
また内部には家康に関する史跡も多く残っており、参拝中に回ってみては。

松平郷の住所・アクセスや営業時間など

名称 松平郷
住所 愛知県豊田市松平町赤原13
営業時間・開場時間 松平郷館:10:00~15:00 水曜休館
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.matsudairagou.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パワーをもらい見るのも楽しむ

 

今回紹介した名古屋とその周辺のパワースポットは伝統的なものから奇抜なものまであり、パワーをもらう以外に見るのも楽しいのです。
名古屋とその周辺へお出かけの際は、ぜひ今回紹介したパワースポットへ足を運んではいかがでしょうか。
photo by PIXTA and iStock