大分に行ったら訪れたい!元気をもらうパワースポット決定版30選

みなさんは「パワースポット」を訪れることはあるでしょうか。人生の中で訪れる多くの転機、そんなときにパワースポットは見えない力を与え、前を向くための原動力となってくれます。今回は日本全国に点在するパワースポットの中から、大分県にあるパワースポットを見ていきましょう。

日本を代表する2大温泉地が有名

大分県で有名なスポットとされるのが温泉の存在。
温泉の源泉数(4,538ヶ所)と湧出量(291,340L/分)で日本一を誇る大分県には別府市内各地にある「別府温泉」、由布市の「由布院温泉」の2大温泉があり、大分を代表する観光スポットとなっています。

大分を代表する金運パワースポット「宇佐神宮」

大分を代表する金運パワースポットとされているのがこの宇佐神宮。
全国に4万社以上ある「八幡神社」を統べている神社であり、宗廟(祖先の霊を祀る場所)としては天皇の先祖とされる「天照大神」を祀る伊勢神宮に次ぐ宗廟とされています。
神宮内は上宮と下宮があり、ご利益を得るためには両方参拝することが必要。
参拝方法が通常の「2礼2拍手1礼」ではなく「2礼4拍手1礼」となっており、これは全国でも島根・出雲大社とここのみ。
住所:大分県宇佐市南宇佐2859

宇佐神宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 宇佐神宮
住所 大分県宇佐市南宇佐2859
営業時間・開場時間 5:30〜21:00(夏期) 6:00〜21:00(冬期)
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

頂上は高崎山を眺める絶景スポット「米神山」

shihoito5 (引用元:Instagram)

車で安心院ICから約10分、県道658号線沿いにある標高約475mの米神山。
天然の山を利用したピラミッドとされており、山の途中には「月の谷」「陽の谷」と呼ばれる環状列石があります。
約40分で登れる頂上は安心院、高崎山を眺めることができる絶景スポット。
毎年3月には「巨石祭り」が行われ、登山者の無事を祈願する神事なども行われます。

米神山の住所・アクセスや営業時間など

名称 米神山
住所 大分県宇佐市安心院町平ケ倉
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

謎めいたミステリースポット「佐田京石」

kohe0501 (引用元:Instagram)

佐田京石は米神山の西南に位置する石の群れで、円柱型の柱を中心に高さ2mから3mの巨石が9本並んでいます。
この石が造られた目的には様々な伝説が残されており、太古祭祀の遺跡や神社の起源であったという説があるもののはっきりした目的は不明、さらに時代背景も不明とミステリアスなスポットとして有名。
不思議だらけのパワースポットで謎めいたパワーを得てみては。
住所:大分県宇佐市安心院町(あじむまち)

佐田京石の住所・アクセスや営業時間など

名称 佐田京石
住所 大分県宇佐市安心院町熊
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

巨大仁王像は寺のシンボル「両子寺」

nanchi618 (引用元:Instagram)

国東半島の中心、両子山の中復にあるかつての六郷満山(国東半島一帯にある寺院の総称)中山本寺。
力強い雰囲気を出す石段両側の仁王像は2mある寺のシンボルで、そこをくぐると自然と緑あふれる癒し空間。
境内に進むと「護摩堂」があり、こちらでは厄除けのご利益がある「護摩焚き(毎月28日、炎の前で真言を唱える)」を開催。
鎌倉時代に作られたと伝わる迫力ある「不動明王」も祀られており、子を慈しむ父親の姿を見てみては。
住所:大分県国東市安岐町両子1548

両子寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 両子寺
住所 大分県国東市安岐町両子1548
営業時間・開場時間 8:00〜17:00 8:30〜16:30(冬季)
利用料金や入場料 大人300円 中高校生200円 小学生100円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

宝くじの神様がいる「富来神社」

gfj612 (引用元:Instagram)

富来地区の守護神とされている富来神社。
ここのパワースポットは神社の裏にまわるとある「開運運玉唐獅子」の像で、この玉に触れると子孫繁栄・祈願成就のご利益があるとされています。
また「宝くじ運アップ」に多大なご利益があるという伝説もあり、宝くじ関連の雑誌に掲載されたこともあるほど有名。
一獲千金を狙ってみたい方は訪れてみては。
住所:大分県国東市国東町富来892

富来神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 富来神社
住所 大分県国東市国東町富来892
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

願いを込めて渡ろう「願い橋叶い橋」

kiyokiyokiyopi (引用元:Instagram)

国東半島東部の富来港から文殊仙寺まで約10kmある 「開運ロードとみくじ(富来路)」と呼ばれるパワースポットにある「願い橋叶い橋」。
往路の開運祈願のでは「願い橋」、復路のお礼参りでは「叶い橋」となり、願いを込めながら渡ると思いが通じるとされています。
その他道の間には「マネーき猫」や良縁にご利益があるとされている「萬弘寺(まんこうじ)」などもあり、あらゆるご利益を得られます。

願い橋叶い橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 願い橋叶い橋
住所 大分県国東市国東町富来浦2392
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

21世紀に残したい自然100選「文殊仙寺」

o.kogure (引用元:Instagram)

国東半島のほぼ中央・標高617mの文殊山の中腹にある天台宗の寺院は、有名なことわざ「三人寄れば文殊の知恵」発祥の地とされている寺院。
本尊である文殊菩薩は厄除け・学業成就・子供守護・合格祈願のご利益があるとされ、子どもの無事成長祈願、入学や進学祈願、試験の合格祈願に来る人が大勢訪れています。
樹齢約1,000年のケヤキ、樹齢約400年のスギが立つ自然林も見どころで、県の天然記念物や21世紀に残したい日本の自然100選に選ばれる名物。
住所:大分県国東市国東町大恩寺2432

文殊仙寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 文殊仙寺
住所 大分県国東市国東町大恩寺2432
営業時間・開場時間 日の出から日没まで
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

雄大な自然と火山のパワー「由布岳」

ishihide23 (引用元:Instagram)

JR由布院駅からバスで約15分の由布岳は由布市にある標高約1583mの山で、約2200年前の大噴火をもとに形成された山。
ふもとに「由布院温泉」を持つこの山では「癒し」「開運招福」のご利益を得られるとされ、さらに「ブロッケン現象(背後から光が差し込み、自分の影の周りに色つきの光輪が現れること)」の光輪を見られれば幸せが訪れるという説もあります。
雄大な自然と火山のパワーが残る山で癒しと浄化のご利益を得てみては。

由布岳の住所・アクセスや営業時間など

名称 由布岳
住所 大分県大分郡湯布院町川上
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

幻想的な霧が見どころ「金鱗湖」

poonladdapun (引用元:Instagram)

金鱗湖(きんりんこ)は由布院温泉にある面積0.8ヘクタール、周囲約400メートルの池。
明治時代の儒学者・毛利空桑が夕日に輝く魚の鱗を目にして「金鱗湖」と名付けたとされており、金色に光り輝く魚を目にした人は幸せになれるという伝説が存在しています。
朝霧がかかる池の風景は由布院温泉の名物とされ、湖底から湧き出る温泉と清水の温度差から生じる光景は幻想的。

金鱗湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 金鱗湖
住所 大分県由布市湯布院町川上1561‐1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本名水百選の名水「男池湧水」

12shoji26 (引用元:Instagram)

熊本県と大分県にまたがる「阿蘇くじゅう国立公園」内にある湧水。
1日に2万tを湧き出す水は夏でもひんやりとしており「まろやかで健康に良い」される水は日本名水百選にも選ばれている名水。
記念に持ち帰る人も多くいます。
また池の周辺は散歩コースもあり、自然の恵みを感じながら癒しの時間を過ごしても良いでしょう。
住所:大分県由布市庄内町阿蘇野

男池湧水の住所・アクセスや営業時間など

名称 男池湧水
住所 大分県由布市庄内町阿蘇野
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 100円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大自然を体全体で体感「由布川峡谷」

tatsu_ohyama (引用元:Instagram)

由布川の上流にある由布川渓谷は、由布市から別府市にかけての場所にある渓谷。
約12kmにわたる峡谷は高さ60mの断崖が続き「東洋のチロル」とも呼ばれる絶景で夏は新緑、秋は紅葉と季節によって変わる表情を見るのも良し。
大自然を体全体で体感できるこのスポットは、湯布院に行ったら絶対に行っておきたい場所とされています。
住所:大分県由布市挾間町朴木

由布川峡谷の住所・アクセスや営業時間など

名称 由布川峡谷
住所 大分県由布市挾間町朴木
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

樹齢1000年を超える木を持つ「八幡朝見神社」

abone4949 (引用元:Instagram)

別府駅からすぐ近くの場所にある八幡朝見神社は、建久七丙辰年(1196)に大友能直によって創建された神社。
誉田別命(ほむだわけのみこと)、足仲彦命(たらしなかつひこのみこと)、気長足姫命(おきながたらしひめのみこと)、大歳神(おおとしのかみ)を祀っており、主なご利益は事業繁栄・商売繁盛・必勝祈願・縁結び・安産祈願など。
樹齢1000年を超えるおおくすの木、地元民に親しまれる御神水「萬太郎清水」、夫婦で訪れたい「夫婦杉」などでご利益を得ましょう。
住所:大分県別府市朝見2−15−19

八幡朝見神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 八幡朝見神社
住所 大分県別府市朝見2−15−19
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

穏やかな気持ちにさせてくれる「臼杵磨崖仏」

lunac (引用元:Instagram)

臼杵石仏(うすきせきぶつ)の名で知られる臼杵磨崖仏は、1952年(昭和27年)に国の特別史跡に指定された歴史的な仏。
4群60体ある仏の中でも中心的存在とされるのは「古園石仏」の大日如来像。
平安末期に造られたとされるのこの仏は、穏やかで優しげな雰囲気を出す如来像。
表情を見ながら自分自身も穏やかな気持ちになって祈ってみては。
住所:大分県臼杵市深田

臼杵磨崖仏の住所・アクセスや営業時間など

名称 臼杵磨崖仏
住所 大分県臼杵市深田
営業時間・開場時間 6:00〜19:00
利用料金や入場料 大人540円 小人260円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

謎めいた雰囲気のストーンが残る「猪群山」

xiongyilangtengchuan (引用元:Instagram)

大分県豊後高田市臼野と城前の境にある標高458mの猪群山(いのむれやま)。
大分百山にも指定されたこの山頂から見える雄大な景色で、晴れやかな気分を味わいたいところ。
この山頂ある「ストーンサークル」は、邪馬台国時代の卑弥呼、仏教信仰の霊場などと関係があるとされる巨石ですが、はっきりした設置時代や目的は不明。
絶景を眺めながら石が持つ謎めいた雰囲気も味わってみては。

猪群山の住所・アクセスや営業時間など

名称 猪群山
住所 大分県豊後高田市臼野
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

精霊が飛び交う場所「熊野磨崖仏」

nu65__bc508 (引用元:Instagram)

豊後高田の胎蔵寺横の山道を約15分登るとたどり着くパワースポット。
熊野磨崖仏は平安時代末期・藤原時代に彫られたとされる歴史的仏で、国の重要文化財指定を受けた不動明王像、大日如来像があります。
ここでは石仏の周りに精霊が飛び交っているとされており、長年あらゆる風雨に晒されながら生き延びてきた仏のエネルギーが感じられることでしょう。
住所:大分県豊後高田市田染平野2546-3

熊野磨崖仏の住所・アクセスや営業時間など

名称 熊野磨崖仏
住所 大分県豊後高田市田染平野2546-3
営業時間・開場時間 8:30~17:30(冬期は17:00まで)
利用料金や入場料 200円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本三大阿弥陀堂の1つ「富貴寺」

yi_0324 (引用元:Instagram)

宇佐駅からバスで「昭和の町」バスターミナルを降りた場所にある富貴寺。
養老2年に仁聞菩薩が創建したとされる天台宗の寺院で、見どころは現存する九州最古の建築「大堂(おおどう)」。
京都「宇治平等院鳳凰堂」や岩手「平泉中尊寺金色堂」と並ぶ「日本三大阿弥陀堂」の1つであり、内部の壁画や平安建築の美しさから1952年には国宝に指定されています。
住所:大分県豊後高田市田染蕗2395

富貴寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 富貴寺
住所 大分県豊後高田市田染蕗2395
営業時間・開場時間 8:30~16:30
利用料金や入場料 大人200円 小中学生100円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

恋や縁結びのご利益「粟嶋神社」

_kaorikihara_ (引用元:Instagram)

粟嶋神社は「あわしま公園」として整備された海に突き出した岩窟に建つ神社で、寛永2(1625)年の創建。
出雲国を治めたとされる小彦名命が祀られた神社で、石段にある2つの石「夫婦石」や「結(ゆい)」と呼ばれるモニュメントがあるなど縁結びのご利益があるとされています。
女性の神様も祀られていることから「女性の願いなら必ずひとつは叶えてくれる」と評判で安産祈願にも良し、パワースポット兼デートスポットにも挙げられています。
住所:大分県豊後高田市臼野小林7-10

粟嶋神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 粟嶋神社
住所 大分県豊後高田市臼野小林7-10
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

表情豊かな石仏たち「羅漢寺」

mika49is (引用元:Instagram)

羅漢寺は中津市の羅漢山中腹に位置する寺院で、JR九州日豊本線中津駅から大交北部バス耶馬渓・日田方面行きで「中島」下車徒歩20分。
大化元年(645年)にインドの僧・法道仙人が創建したと伝えられています。
石段を登りきった場所にある「無漏窟(むろくつ)」と呼ばれる岩屋に五百羅漢など約3700体の石仏が安置。
豊かな表情を見せる石仏たちは自分の中にある迷いや悩みを打ち消してくれるご利益があり、一歩踏み出すときに行きたいところ。
住所:大分県中津市本耶馬渓町跡田1501

羅漢寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 羅漢寺
住所 大分県中津市本耶馬渓町跡田1501
営業時間・開場時間 9:00~17:00
利用料金や入場料 拝観料300円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

宇佐神宮の祖宮とされる「薦神社」

fy_1213 (引用元:Instagram)

国の重要文化財に指定されている中津市の「薦神社(こもじんじゃ)」は、城のような雰囲気を感じさせる神社。
承和年間(834-848年)の創建と伝えられており、宇佐市にある全国八幡宮の総本宮・宇佐神宮の祖宮とも言われています。
開運、厄除けのご利益があるとされる寺院の境内には3〜5mのクスノキの巨木があり、その中の「大楠」は大分県指定史跡とされるもの。
エネルギーが満ちあふれる巨木のパワーもぜひ感じましょう。
住所:大分県中津市209

薦神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 薦神社
住所 大分県中津市209
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

福沢諭吉が学業成就を祈願「合元寺(赤壁寺)」

teruru_kinoccojagariko (引用元:Instagram)

天正15年(1587年)に浄土宗西山派・開山空誉上人が開基したと伝えられる寺院で、壁が赤いことから「赤壁寺」の別名もあります。
赤い壁は果てしなく続いており、この光景は大分県でも屈指の観光名所に。
内部にはは三つの願い事を聞き届けてくれる「三願成就の地蔵尊」が残っており、長崎を訪れた福沢諭吉が学業成就を祈願したことでも有名。
毎年8月9日には「七観音参り」が行われており、寺町周辺の7つの寺に参詣すれば御利益があると伝えられてます。
住所:大分県中津市寺町971

合元寺(赤壁寺)の住所・アクセスや営業時間など

名称 合元寺(赤壁寺)
住所 大分県中津市寺町971
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

蛸にまつわる個性的な祈願方法「早吸日女神社」

紀元前667年創建であるとされ、現在の場所には大宝元年(701年)に移転。
神武天皇が東征に行った際、潮の流れを静めるために海底の大蛸から取り上げられた神刀が神体であり、厄除開運の神として知られています。
一定期間蛸を食べずに願い事をする「蛸断ち祈願」と呼ばれる行事を行なっており、全国的にも大変珍しい行事の1つ。
興味のある方は不思議な体験をしてみては。
住所:大分県大分市佐賀関3329

早吸日女神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 早吸日女神社
住所 大分県大分市佐賀関3329
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

樹齢約3000年の楠が御神木「柞原八幡宮」

neroli_8261 (引用元:Instagram)

平安初期の天長4年(827)が創建の起源とされる八幡宮は御祭神に仲哀天皇、応神天皇、神功皇后を祀る八幡宮。
出世開運、子孫繁栄、安産祈願、交通安全などのご利益があるとされています。
幹周囲が18.5mある楠のご神木は樹齢約3000年とされる国の天然記念物であり、初詣の際にもその力強さをぜひ見ておきましょう。
周辺環境が整うことから悪霊を持ち帰る心配がないとされるのは良いポイント。
住所:大分県大分市大字八幡上八幡987

柞原八幡宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 柞原八幡宮
住所 大分県大分市大字八幡上八幡987
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

富士山の形をした石を探そう「勘定場の坂」

keeeeey_chan (引用元:Instagram)

大分県杵築市・北台武家屋敷通りを進んだ場所にある「勘定場の坂」。
かつて藩主(江戸時代に存在した藩の長)及び武士のみが通行した緩やかな傾斜の階段は53段あり、そのうち24段目にある富士山の形をした石がパワースポットと言われています。
その他には扇型やハートの形をした石もあるとされており、歩いた際はぜひ探してみましょう。
住所:大分県杵築市杵築北台

勘定場の坂の住所・アクセスや営業時間など

名称 勘定場の坂
住所 大分県杵築市杵築北台
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本最大の水中鍾乳洞「稲積水中鍾乳洞」

ruirui_0705 (引用元:Instagram)

稲積水中(いなづみすいちゅう)鍾乳洞は、大分県豊後大野市の清流白山川の上流にある鍾乳洞。
3億年以上前に形成されたとされる日本最大の水中鍾乳洞で、昭和52年に観光用の鍾乳洞としてオープン。
大自然の中で形成された内部は幻想的な雰囲気が包み込み、癒しのエネルギーを与えるマイナスイオンも。
現実を忘れて絶景を堪能してみましょう。
住所:大分県豊後大野市三重町中津留300番地

稲積水中鍾乳洞の住所・アクセスや営業時間など

名称 稲積水中鍾乳洞
住所 大分県豊後大野市三重町中津留300番地
営業時間・開場時間 9:00~17:00
利用料金や入場料 大人1,200円 大学生1,000円 中高生800円 子供600円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

重要無形民俗文化財が残る「御嶽神社」

hiruandon.jp (引用元:Instagram)

御嶽神社は豊後清川駅から車で40分、山の神・彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)を祀る神社。
1449年創建の神社で健康長寿、病気平癒、勝運を主なご利益としており、近くに「夫婦杉」と呼ばれるパワースポットもあります。
また重要無形民俗文化財に指定された伝統の神楽「御嶽神楽(おんだけかぐら)」でも知られ、毎年4月の第1日曜日に御嶽山麓の能場公園で行われる「御嶽流神楽大会」でその姿を楽しむことができます。
住所:大分県豊後大野市清川町字田枝

御嶽神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 御嶽神社
住所 大分県豊後大野市清川町字田枝
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

龍神が祀られた島「屋形島」

tmys39 (引用元:Instagram)

屋形島(やかたじま)は佐伯市蒲江町の蒲江港から約2km南に位置する島。
中央にある標高198.7mの龍王山はこの島を守る山で龍神が祀られている場所。
スキューバーダイビング、サーフィン愛好者が訪れることも多く、特産である緋扇貝は鮮やかなを利用して工芸品や装飾品に使われることもあります。
毎年10月最初の巳の日に行われる伊勢神社の祭で「屋形島伊勢神楽」が奉納されることでも有名。

屋形島の住所・アクセスや営業時間など

名称 屋形島
住所 大分県佐伯市蒲江屋形島
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

九州3大稲荷と称される「扇森稲荷神社」

katsuaki0040 (引用元:Instagram)

猿田彦神(さるたひこのかみ)や大宮女命(おおみやのめのみこと)を祀る扇森稲荷神社は、商売繁盛・家内安全・交通安全・学業成就の神とされる神社。
愛称「こうとうさま」として親しまれており、九州では佐賀の祐徳稲荷神社、熊本の高橋稲荷神社とともに「九州3大稲荷」と称されることも。
パワースポットとして全国から参拝者が訪れる人気スポット兼初詣スポットで、初詣時の参拝者は数万人と言われています。
住所:大分県竹田市拝田原811

扇森稲荷神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 扇森稲荷神社
住所 大分県竹田市拝田原811
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

未来に残したい歴史文化財産「保戸島」

ayurock (引用元:Instagram)

津久見港から約14kmの豊後水道に浮かぶ人口約900人の小さな島。
景行天皇が「最勝海藻の門(ほつめのと)」と名付けた最初と最後の文字をとって名付けられました。
斜面になった島の土地にはいくつもの住宅が建っており、独特の風景から「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」にも選ばれています。
京都上賀茂神社の分霊を祀る加茂神社では保戸島夏祭り(7月)が行われ、神楽、魚のつかみ取りや花火などのイベントが参加者を楽しませてくれます。

保戸島の住所・アクセスや営業時間など

名称 保戸島
住所 大分県津久見市保戸島
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

受験シーズンに祈願者が多い「高塚愛宕地蔵尊」

yasaiitame19711224 (引用元:Instagram)

見るものを驚かせるズラリと並んだ大量の地蔵。
こちらは奈良時代に行基が開山したとされる地蔵尊で、神仏混淆の形式をそのまま残している珍しい場所。
願えばどのような願い事でも叶えてくれるという言い伝えが存在し、受験シーズンになると合格祈願に訪れる人が多く訪れます。
また県の天然記念物に指定される樹齢1000年のイチョウの霊木は子孫繁栄、安産を祈願で訪れると妊婦の参拝も多数。
住所:大分県日田市天瀬町馬原3740

高塚愛宕地蔵尊の住所・アクセスや営業時間など

名称 高塚愛宕地蔵尊
住所 大分県日田市天瀬町馬原3740
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1000年の月日を生き延びてきた「大忤社の大杉」

shiraishishira (引用元:Instagram)

由布院駅から車で約7分の場所にある「大杵社(おおごしゃ)」はひっそりとした空気からパワーがもらえるスポット。
この寺院内には大分県最大、国内2番目に大きいとされる樹齢1000年の御神木があり、こちらは国の天然記念物にも指定。
根元周囲13.3m、胸高周囲10.9m、胴高38mのサイズを誇る御神木は圧倒的な存在感を放っています。
この御神木は何度も燃えながら生き延びてきた木でもおり、見てみればその生命力の強さもわかるかもしれません。
住所:大分県由布市湯布院町川南746-19

大忤社の大杉の住所・アクセスや営業時間など

名称 大忤社の大杉
住所 大分県由布市湯布院町川南746-19
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

幻想的風景や強靭な大杉を見てこよう

幾度もの困難を乗り越え生き抜いてきた強靭な大杉、自然が作り出した幻想的な鍾乳洞などがある大分県のパワースポットはいかがでしたか。
大分に行った際はぜひこうしたパワースポットにも足を運んでみては。