「バルセロナ観光で見ておきたい芸術・美術スポット8選

スペイン・バルセロナはスペイン北東部・地中海岸のカタルーニャ州の州都。「アントニ・ガウディの作品群」として世界遺産登録された「サクラダ・ファミリア」や「古い靴のある静物」で有名なジョアン・ミロの生まれた街として知られ、街の中には芸術・美術スポットが多くあります。今回はそんなスペイン・バルセロナで見ておきたい芸術・美術スポットを見てみましょう。

#1 パブロ・ピカソの美術館「ピカソ美術館」

パブロ・ピカソの美術館「ピカソ美術館」

image by iStockphoto

地下鉄(メトロ)L4の「ハイメ(Jaume)駅」、電車の「エスタシオ・デ・フランカ(Estació De França)駅」から近いモンカダ(Montcada)通りにあるパブロ・ピカソの美術館で、13~14世紀に建てられた邸宅を改装し1963年に開館。
展示されているのはピカソの友人で秘書・ジャウメ・サバルテスの個人コレクションとピカソ作品中心のコレクションで、幼少期から「青の時代(1901年~1904年)」の作品、ディエゴ・ベラスケスの名作「ラス・メニーナス」を題材とした作品を展示。
通常の入館料は11ユーロですが、第一日曜日(全日)とその他の日曜日は15時から無料に。
住所: Carrer Montcada, 15-23, 08003 Barcelona,

ピカソ美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ピカソ美術館
名称(英語) Picasso Museum
住所 Carrer Montcada, 15-23, 08003 Barcelona
営業時間・開場時間 火-日 9:00-19:00, 木 9:00-21:30
利用料金や入場料 11ユーロ
参考サイト http://www.museupicasso.bcn.cat/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 中世から20世紀のカタルーニャ美術を展示「カタルーニャ美術館」

中世から20世紀のカタルーニャ美術を展示「カタルーニャ美術館」

image by iStockphoto / 88160245

スペイン広場から続く道路の先にあるカタルーニャ美術館は、MNACの略称で知られる国立美術館。
1929年のバルセロナ万博開会式が行われた場所で、その後美術館として開館。
コレクションはロマネスク美術・ゴシック美術・近代美術など中世から20世紀までのカタルーニャ美術が中心。
ルネサンス美術・バロック美術のエリアにはスペインやイタリア、フランドル絵画のコレクションなど、その他ピレネー山脈・タウル村のサン・クリメン聖堂、サンタ・マリア聖堂の後陣に描かれた壁画も鑑賞時に見ておきたいところ。
住所: Palau Nacional, Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona

image by iStockphoto

カタルーニャ美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 カタルーニャ美術館
名称(英語) Museu Nacional d\’Art de Catalunya
住所 Palau Nacional, Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona
営業時間・開場時間 10-4月 (火-土) 10:00-18:00, (日・祝) 10:00-15:00 / 5-9月 (火-土) 10:00-20:00, (日・祝) 10:00-15:00
利用料金や入場料 一般:12ユーロ / オーディオガイド:4ユーロ
参考サイト http://museunacional.cat/en
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 個人美術館としては世界最大「ミロ美術館」

個人美術館としては世界最大「ミロ美術館」

image by iStockphoto / 92237805

ミロ美術館はムンジュイックの丘にある現代美術館。
ジョアン・ミロの作品を中心に収めた「ミロからの贈り物」と呼ばれる美術館で、個人美術館としては世界最大。
美術館の目玉は1979年作の「財団のタペストリー(Tapiz de la fundacion)」で、晩年描くようになったマークが特徴の作品。
その他では1937年パリ万博のスペイン館で展示されたアレクサンダー・カルダーの「4枚の翼」や「水銀の泉」もあり、後者は泉の部分に実際の水銀を使用。
これらはスペイン内戦の激戦地となっていたアルマデン(カスティーリャ=ラ・マンチャ州シウダ・レアル県の鉱山町)を表現した共和派のシンボルとされていました。
住所: Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona

ミロ美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ミロ美術館
名称(英語) Fundació Joan Miró
住所 Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona
営業時間・開場時間 火・水・金 10:00-18:00(11-3月), 10:00-20:00(4-10月) / 木 10:00-21:00 / 土 10:00-20:00 / 日・祝 10:00-15:00
利用料金や入場料 一般:12ユーロ
参考サイト http://www.fmirobcn.org/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 個性的デザインの近代美術館「バルセロナ現代美術館」

個性的デザインの近代美術館「バルセロナ現代美術館」

image by iStockphoto

1995年に開館したバルセロナ現代美術館は、アメリカの建築家リチャード・マイヤー設計のコンテンポラリーアート美術館。
ラバル地区開発計画の1つ・バルセロナ現代文化センターの横にオープンした美術館で、白を基調に複数立体が集合体となったデザイン。
天気や光の影響により表情を変える近代的なデザインは目の前を通る人の注目を集めています。
美術館は1950~80年代を中心とし常展示は5700点。
現代アートに関心のある方は訪れてみては。
住所:Plaza Dels Angels 1, 08001 Barcelona

バルセロナ現代美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 バルセロナ現代美術館
名称(英語) Museu d’Art Contemporani de Barcelona
住所 Plaza Dels Angels 1, 08001 Barcelona
営業時間・開場時間 月・水・木・金 11:00-19:30 / 土 10:00-21:00 / 日・祝 10:00-15:00
利用料金や入場料 大人:10ユーロ  14歳以下:無料
参考サイト http://www.macba.cat/en/index
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 近代的文化センター「CAIXA FORUM」

近代的文化センター「CAIXA FORUM」

image by iStockphoto

CAIXA FORUMはバルセロナ・パビリオンの道を挟んだ北側にある建物。
もとはモデルニスモの著名な建築家プッチ・イ・カダファルクが1911年に建設した「カサ・ラモナ」という紡績工場でしたが、繊維産業の衰退で閉鎖されたのち廃墟に。
2002年に大手銀行「La Caixa」がもとのレンガ造りに近代的要素を加えた文化センターとして改築、エントランス部分を日本の建築家・磯崎新が担当し話題に。
社会事業一貫として運営されていることから入場は基本的に無料、期間限定の展示やイベントが開催されており地元の人気スポットになっています。
住所: Av. Francesc Ferrer i Guàrdia, 6-8, 08038 Barcelona

カイシャ フォーラムの住所・アクセスや営業時間など

名称 カイシャ フォーラム
名称(英語) CaixaForum
住所 Av. Francesc Ferrer i Guàrdia, 6-8, 08038 Barcelona
営業時間・開場時間 10:00-20:00 / (7-8月の水曜) 10:00-23:00
利用料金や入場料 muryou 展示 一般:4ユーロ , 16歳未満:無料
参考サイト https://obrasociallacaixa.org/en/cultura/caixaforum-barcelona/que-hacemos
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 世界遺産のモデルニスモ建築「サン・パウ病院」

世界遺産のモデルニスモ建築「サン・パウ病院」

image by iStockphoto

サン・パウ病院(Hospital de Sant Pau)は、サンパウモデルニスム区域で1901年(1902年説もあり)から1930年にかけて建築された病院。
建築家リュイス・ドメネク・イ・ムンタネーが手がけたレンガ造りのモデルニスモ建築は病院に見えない豪華さで、14万5千㎡の敷地内にはそのような建物が48も並んでいます。
1997年にら「バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院」として世界遺産登録され、2009年まで診療が行われてきましたが老朽化により閉鎖。
現在は修復が進められており、修復が完了した部分については見学することが可能となりました。
住所: Carrer de Sant Quintí, 89, 08026 Barcelona

サン・パウ病院の住所・アクセスや営業時間など

名称 サン・パウ病院
名称(英語) Hospital de Sant Pau
住所 Carrer de Sant Quintí, 89, 08026 Barcelona
営業時間・開場時間 (4-10月) 月-土 10:00-18:30,日・祝 10:00-14:30 / (11-3月) 月-土 10:00-16:30,日・祝 10:00-14:30
利用料金や入場料 大人:10ユーロ / シニア(65歳以上):7ユーロ / 16歳未満:無料
参考サイト http://www.santpau.cat/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 アントニ・ガウディの作品「グエル公園」

アントニ・ガウディの作品「グエル公園」

image by iStockphoto

グエル公園(Parc Güell)は、1984年にユネスコ世界遺産に登録されたアントニ・ガウディの作品である公園。
入り口の両側にあるグリム童話のお菓子風の建物(左は土産物店、右はインフォメーション)を通った瞬間からテーマパークのような空間、破砕タイルで飾られた街のシンボル・とかげや白い階段など、普通の公園では見られない光景はやはりガウディの世界と言ったところ。
園内にあるピンクの小さな家はガウディが晩年(1906年〜1926年)を過ごした自宅で、現在はガウディがデザインした家具を置くなど住んでいた当時の雰囲気を再現した博物館になっています。
住所: Carrer Olot 5, 08024 Barcelona, Spain

グエル公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 グエル公園
名称(英語) Park Guell
住所 Carrer Olot 5, 08024 Barcelona, Spain
営業時間・開場時間 (10/30-3/26) 8:30-18:15 / (3/27-5/1) 8:00-20:30 / (5/2-8/28) 8:00-21:30 / (8/29-10/29) 8:00-20:30
利用料金や入場料 一般:8ユーロ / シニア(65歳以上):5.6ユーロ / 7-12歳:5.60ユーロ / 0-6歳:無料
参考サイト http://www.parkguell.cat/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 ガウディ初期の傑作「グエル邸」

ガウディ初期の傑作「グエル邸」

image by iStockphoto

最大の繁華街・ランブラス通りの近くに建つ建物は、ガウディの親友であった実業家エウセビ・グエルの邸宅。
1884年〜1887年にかけて建設した建物で、馬車子の天井装飾が施されたエントランス、イスラム教建築を思い起こさせる厩舎、幾何学模様に木を組み込んだ天井や豪華な食堂のあるメインフロア、煙突越しにバルセロナの街並みが見える屋上などが見どころ。
ガウディ初期の傑作となったこの邸宅は新聞にも取り上げられ、ガウディの建築家としての知名度を押し上げることになりました。
住所: Carrer Nou de la Rambla, 3-5, 08001 Barcelona

image by iStockphoto

グエル邸の住所・アクセスや営業時間など

名称 グエル邸
名称(英語) Palau Guell
住所 Carrer Nou de la Rambla, 3-5, 08001 Barcelona
営業時間・開場時間 (10-4月) 火-日 10:00-20:00 / (3-11月) 火-日 10:00-17:30
利用料金や入場料 一般:12ユーロ(オーディオガイド料込)
参考サイト http://palauguell.cat/come-palace-japanese
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美術館から公園まで個性を楽しむ

 

バルセロナにある美術・芸術スポットはスペインが生んだ巨匠の美術館から公園まで、個性を楽しめるスポットがあります。
バルセロナ旅行の際はぜひ美術巡りをして楽しんでみては。
photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ