雨の日でも安心♪ディズニーシーを思いっきり楽しむ方法!

公開日:2018/1/28 更新日:2020/1/29

ディズニーシーは、雨の日だからこそ楽しめる方法がたくさんあります。知っているとパークで困ることなく楽しめますよ。思いっきり雨のディズニーシーを楽しめる方法をご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。
【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

ショーの中止を心配しなくてもよい?

ディズニーリゾートのショーやパレードでは、どうしても雨や風など天候で中止になるなど、天候に左右されてしまうことがあります。
特に顕著に表れるのは、ディズニーランド。
今ではパレードに登場するフロート(キャラクターが乗っている動く乗り物)の高さが低くなりましたので、風で中止になることも少なくなりましたが、大雨の時には中止になることも多くなっています。
そんな中で、ディズニーシーはショーの中止を心配する必要がほとんどありません。
それはなぜかというと、ディズニーシーのショーはどこで行うのか思い出してみましょう。

中央にあるハーバーでショーはやりますよね。
ということは、水に濡れることが避けられない内容になっているんです。
ですので、雨が降っても元々濡れる内容になっているショーの中止はほとんどないと考えて大丈夫。

心配することと言えば、ディズニーシーは海が近いので、ディズニーランドに比べて風が強く吹くことがありますので、風で内容が変更になったり、中止になったりすることはあります。

ですが、ディズニーランドに比べて天候で左右されるショーがほとんどないので、雨でもショーを楽しむことが出来ます。

ハーバーでショーをやるので、少し離れた位置からでもショーを楽しむことが出来ますので、屋根のある位置に移動してショーを楽しむことが出来ます。
これは、ディズニーシーならではの楽しみ方なので、ぜひ知っておきましょう。

雨も寒さもしのぎたいときには

keri09228 (引用元:Instagram)

雨が降ると、もう1つ私たちの天敵が登場します。
それは寒さ。
とにかく底から冷えてくる感じは耐えられない感覚でもあります。
そんな時に、ディズニーシーだからこそのスポットがあります。
それは、マーメイドラグーンのエリアに行きましょう。
プロメテウス火山をくぐって、ミステリアスアイランドを突っ切って、その先にあるエリアです。
アリエルをモチーフにしていますので、建物の上に貝殻や海をイメージしたオブジェがありますので、すぐに分かります。

なぜこのエリアをおすすめするのかというと、マーメイドラグーンエリアは完全室内になっています。
そして、冷暖房完備という、テーマパークの中のアトラクションもあるエリアとしては、寒さもしのげるエリアはここだけです。

しかも、小さいお子様がいる方にはさらにおすすめで、中にアトラクションやショーを見ることが出来るスポットもあります。
しかも、お食事も楽しめますので、雨と寒さをしのぐにはもってこいのスポットになっています。

注意点としては、やはりみなさん考えることは一緒で、雨や寒さをしのぎたい人が集まってきますので、人が少し密集する形になります。
なので、迷子になったり忘れ物をしたりしないように気を付けてくださいね。

雨に濡れずに楽しめるアトラクションが多い!

tira_akane045 (引用元:Instagram)

ディズニーランドにも雨をしのげるアトラクションがありますが、ディズニーシーには、ショータイプのアトラクション(シアター形式)がたくさんあります。
主なラインナップを上げてみると、
・マジックランプシアター

・マイフレンドダッフィー

・マーメイドラグーンシアター

・タートルトーク

・トイ・ストーリー・マニア

・アリエルのプレイグラウンド

・ジャンピン・ジェリーフィッシュ

・海底2万マイル

・ビッグバンドビート

すでにこんなにありますが、なんとこれはあくまで「主な」アトラクションですので、公式サイトには雨でも楽しめるタイプのアトラクションとして、他にも多くのアトラクションが掲載されています。

屋根があるアトラクションはもちろんですが、スタンバイの列にも屋根がついている「トイ・ストーリー・マニア」や、先程ご紹介したマーメイドラグーンエリアでもアトラクションなど、雨に濡れずに楽しめるアトラクションが多い!

シアタータイプのアトラクションもありますので、(公演時間は15分から30分程度)座ることも出来て雨をしのげるなんて、とっても幸せ。
ディズニーシーには屋根がなくて濡れやすいイメージを持っている人も多いですが、実はこんなに雨でも楽しめるスポットがあるんですね。

ですので、もしどうしても雨に濡れたくないときには、ディズニーシーに足を運んでみてもいいかもしれませんね。

キャラクターグリーティングで楽しもう!

雨をしのいで楽しむことの1つに、「キャラクターグリーティング」があります。
キャラクターグリーティングとは何かというと、キャラクターと写真を撮ることが出来るスポットのこと。
ディズニーシーには、

・ウォーターフロントパーク(シェリーメイに会える)

・ヴィレッジ・グリーティングプレイス(ダッフィーに会える)

・サルードス・アミーゴス!グリーティングドック(ドナルドに会える)

・ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル(グーフィー・ミッキー・ミニーに会える)

・アリエルのグリーティンググロット

こんなにたくさん!しかも、ここで紹介したキャラクターグリーティングは全部室内!なので、普段アトラクションで楽しんでいる人も、雨の時は濡れないためにまったりとキャラクターグリーティングを楽しむのも、また違う楽しみ方を見つけることが出来ますね。

もちろん、スタンバイの時間がありますので、キャラクターと触れ合っている時間プラススタンバイ時間が雨をしのげる時間と考えてくださいね。
写真を撮ったり、サインをもらったり、近い距離でキャラクターと触れ合えますので、とってもおすすめ。

普段キャラクターとの触れ合いがなかなか取れない人は、雨の日に狙ってキャラクターを制覇する目標を立ててみてはいかがでしょうか?

レストランで食事を楽しむ

213ts (引用元:Instagram)

パークでガンガン遊んでいると、食事している時間がもったいないと、食べ歩きになりがち。
「ん?自分のことを言われている?」と思う人も多いのではないでしょうか。
ディズニーシーにはアルコールを取り扱っているところがあることと、大人の雰囲気たっぷりのレストランがたくさんあるのを知っていましたか?雨の日は中に入ることで濡れずに済むので、ぜひ足を運んでみましょう。

おすすめは、マゼランズ。
プロメテウス火山のそばにある、屋根が丸っこい形をしたおしゃれなレストラン。
ここは、レストランに入ろうとすると、「プライオリティーシーティング」と言って、時間指定の予約券を発行してもらった人が優先で入るので、どうしても長い待ち時間が発生してしまうことも多いんですね。

なので、もし雨と分かっているならば、まずはレストランの予約をするようにしましょう。
予約は、目当てのレストランに行って、希望の時間をキャストさんに伝えて予約する簡単な方法。
他の人で希望の時間が埋まっている可能性もありますので、候補をいくつも準備しておきましょう。

さて、話をマゼランズに戻すと、なぜマゼランズがおすすめなのかというと、マゼランズの2階にはアルコールや簡単なお食事を楽しめるラウンジがあります。
ここは予約なしでも待ち時間がほとんどなく入ることが出来るので、万が一予約が取れなかったときにも入ることが出来るのでとっても便利。

しかも落ち着いた大人の雰囲気なので、デートにもピッタリ。
お値段もレストランに比べて抑えることが出来ますので、コストパフォーマンスを上げたい時の強い味方になってくれますよ。

ここぞとばかりにショッピングを楽しもう♪

bsndes (引用元:Instagram)

晴れている日だと、アトラクションに時間を割いたり、ショーの場所取りに時間を割いたりと、どうしても何か1つに意識が集中しがち。
せっかくディズニーシーに来たのだから、ここでしか購入できないお土産をゆっくり見てみてはいかがですか?
ディズニーシーにはたくさんのショッピングスポットがありますが、ディズニーランドのワールドバザールのような造りの通りがあります。
距離はディズニーランドに比べると短いですが、屋根もあって雨に濡れずにショッピングを楽しめるメリットがあります。

雨の日はお土産やさんが混雑する傾向にありますが、今まで紹介したシアタータイプのアトラクションや、屋根のついているアトラクションにも人が分散しやすいので、人がごみごみしていて落ち着いて見られないということは避けやすくなります。

もちろん、閉園間際のお土産やさんは混雑しますので、昼間の雨が降っている時ということが条件です。

ゆっくりお土産をみていると、今まで見たことのないグッズを購入したり、購入しなくてもウインドウショッピングを楽しんだりと、ディズニーシーでしか楽しめないショップで素敵な時間を過ごすことが出来ますよ。

ディズニーシーは雨の日の味方☆彡

ディズニーシーは雨の日にこんなにたくさんの遊び方が出来るパークということがお分かりいただけたかと思います。
晴れの日でも素敵な時間を過ごせるスポットですが、雨の日ならではの楽しみ方をすると、もっと奥深い楽しみ方が出来ちゃいます。
雨の日にディズニーランドで楽しむ方法でも書いていることは、こちらのディズニーシーでも該当します。
そちらの記事も参考にして、余すところなくパークを楽しみましょう。