おすすめフランス土産20選。老舗紅茶ブランドから絶品スイーツまで

フランスのお土産ならこれ!という事で、数ある商品の中から、お土産に最適な商品を厳選してご紹介します。パリコレの開催地でもあるフランスは、オシャレに敏感な都市。かといって、そうそう高級ブランドにも手が出ない…お手軽なものはある?甘いものは苦手…ちょっと変わったものがいい!実用的なものは?悩んでいるそこのあなた!必見です!

フランスってどんなところ?

フランスってどんなところ?

突然ですが、フランスの正式名称をご存知ですか?「フランスでしょ?」いいえ、実は、フランスの正式名称は「République française(レピュブリク・フランセーズ)」といい、そのため通称「フランス」と呼ばれているんですよ!さて、そんなフランスと言えば、エッフェル塔、凱旋門、ベルサイユ宮殿などの人気観光スポットがある事で有名。
また、パリコレの開催地でもあり、カルティエ、エルメス、クリスチャンディオール、イブサンローラン、セリーヌなど、数々のフランス発祥ブランドも有名です。

フランスの住所・アクセスや営業時間など

名称 フランス
名称(英語) République française
住所 France
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp.france.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フランスの老舗紅茶ブランド「KUSUMI TEA」の紅茶

日本ではなかなかお目にかかれない「クスミティー」は、フランス王室御用達の老舗ブランド。
フランス国内で知らない者はいないという有名な紅茶で、様々なフレーバーがあり、缶も可愛くお土産にぴったり!

クスミティーの住所・アクセスや営業時間など

名称 クスミティー
名称(英語) KUSUMI TEA
住所 56 rue de la Seine75006 Paris
営業時間・開場時間 12:30-18:30
利用料金や入場料 Best seller 8 results:13,60ユーロから16,50ユーロ
参考サイト https://www.kusmitea.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パリジェンヌが愛用する「Compagnie・de・provence」の石鹸


フランス、マルセイユにある石鹸やさん「カンパニー・ド・プロバンス」。
会社のロゴにもなっているマルセイユ石鹸は、17世紀から長年引き継がれた製法で作られる無添加せっけん。
固形の石鹸の他にも、香りがよい液体せっけん、薬店をイメージしたという、使い心地の良いハンドクリームなどがあり、子供から大人まで安心して使用できると評判。
お土産として喜ばれます。

カンパニー・ド・プロバンスの住所・アクセスや営業時間など

名称 カンパニー・ド・プロバンス
名称(英語) Compagnie de Provence
住所 18, rue Davso 13001 Marseille
営業時間・開場時間 月-土曜 10:00-19:00
利用料金や入場料 Cube de savon de Marseille: (150g) 3,70ユーロ,(400g) 4,70ユーロ / Savon liquide Jasmin Noir 1L:28,00ユーロ
参考サイト http://www.compagniedeprovence.com/fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フランスの郷土菓子「Calissons d’Aix」


地中海周辺で収穫した、アーモンドとメロン、オレンジピールといったフルーツを砂糖漬けにし、ペースト状に練り混ぜ、表面に卵白と砂糖で、真っ白なアイシングが施した「カリソンデクス」は、日本には馴染みのない菓子ですが、フランスの郷土菓子ということで、お土産として人気があります。
ちなみに、カリソンデクスは、昔、プロヴァンス王国のルネ王が、ジャンヌ王妃と結婚した時、宮廷の菓子職人に「王妃の目のように美しく、繊細な味のお菓子を」と、作らせたのが起源と言われています。
その見た目の美しさから、現在でも婚礼、クリスマスなどでもお目見えするそうですよ。

ロワ・レネの住所・アクセスや営業時間など

名称 ロワ・レネ
名称(英語) Le Roy René
住所 8 Rue de Lévis, 75017 Paris
営業時間・開場時間 月-金 10:30-14:00 , 15:00-20:00 / 土 10:30-20:00 / 日 10:00-19:00
利用料金や入場料 BOÎTE LOSANGE MÉTAL CALISSONS D’AIX :10,90ユーロ–34,90ユーロ
参考サイト http://www.calisson.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パリの高級老舗ショコラティエ「Boissier」の菓子

Boissier(ボアシエ)は、パリ16区にある高級ショコラティエ。
ペタルと呼ばれる花びらのような形のチョコレートは、日本でも有名。
可愛らしい丸い缶詰は、お土産にぴったり!日本国内では、かなりお値段がお高い為、本場パリで買うのがおすすめ!チョコレート以外にも、色とりどりの可愛いキャンディーもお土産として人気ですよ。

ボワシエの住所・アクセスや営業時間など

名称 ボワシエ
名称(英語) Boissier
住所 184 Avenue Victor Hugo 75116 Paris
営業時間・開場時間 月-金 11:00-19:00 / 土 10:00-19:00
利用料金や入場料 Perles Célestes 75g : 15ユーロ
参考サイト http://www.maison-boissier.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

幸せを呼ぶ奇跡の「Médailles」は絶対ゲットしたい!


手にしたものを幸せにする、として知られており、多くのセレブ、有名人が持っているという「奇跡のメダイユ(Médailles)」。
メダイユとは、フランス語でメダルを意味し、「奇跡のメダイユ教会(Chapelle Notre-Dame de la Médaille Miraculeuse)で手に入れることができます。
このメダルは、カタリナという修道女が「人々のために、心を込めてメダルを作りなさい」というマリア様からのお告げを受け作り、そのメダルを街の人々に配った所、当時はやっていたコレラという病が収束した、という言い伝えがあり、以後、このメダルを手にした者には、奇跡が起こる、幸せが訪れる、と言われるようになったんですよ。
パリを訪れた際のお土産として、特に女性に人気。

奇跡のメダイユ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 奇跡のメダイユ教会
名称(英語) Chapelle Notre-Dame de la Médaille Miraculeuse
住所 140 rue du Bac 75340 Paris Cedex 07
営業時間・開場時間 7:45-13:00 , 14:30-19:00 / 火曜 7:45-19:00
利用料金や入場料 Médailles: 1,80ユーロから
参考サイト http://www.chapellenotredamedelamedaillemiraculeuse.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

女性向けのお土産にぴったり「Fragonard」の香水


フラゴナール(Fragonard)は、フランスの香水メーカーで、南フランスを思わせる、フルーティー、フローラルな香りがメイン。
パリならではのオシャレなイラストが描かれた可愛らしいパッケージが、お土産にぴったり。
なかでも、フラゴナールで人気なのは練香水。
ノンアルコールでワセリン配合というシンプルな練香水は、しっとり保湿効果もあり、お値段もお手頃なのでおすすめ!

フラゴナールの住所・アクセスや営業時間など

名称 フラゴナール
名称(英語) Fragonard
住所 Boutique du Fragonard 51 rue des Francs Bourgeois 75004 PARIS FRANCE
営業時間・開場時間 月-土 10:30-19:30 / 日 12:00-19:00
利用料金や入場料 Femmes Fleurs Pouch 4 Eaux de toilette 4×15 ml :35,00ユーロ
参考サイト https://www.fragonard.com/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

なにこれ!?フランスの伝統菓子「Quernons」の青いチョコ


Quernons(ケルノン)のダルドワーズは、誰もが驚く青いチョコ。
なんでも、フランスの伝統的な菓子だそうで、アンジェという街に並ぶ家々の青い瓦屋根をイメージして作られ、ダルドワーズ=瓦、という名前が付けられました。
青いチョコレートを恐る恐る食べてみると…実は、ホワイトチョコになっており、サクサクとナッツの香ばしさが人気。
ちょっと変わったフランス土産としていかが?

ケルノンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ケルノン
名称(英語) La Maison du Quernon
住所 22 rue Lices 49100 ANGERS – FRANCE
営業時間・開場時間 9:00-19:00
利用料金や入場料 Livre le Queron : 9,90ユーロ
参考サイト http://www.quernon.com/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

キッチンに置くだけでもオシャレ!「fleur de sel」


fleur de sel(フルール・ドゥ・セル)は「塩の花」を意味するフランス語。
フランス土産で、実はこの「塩」がかなり人気!オシャレな瓶に詰められた塩は、日本よりも種類も豊富、尚且つお安い!キッチンに並べるだけで、インテリアにもなり、実用的とくれば、女性が喜ばないわけありませんよね!異なる見た目の瓶詰をセットで買うのがおすすめです。

フルール・ド・セルの住所・アクセスや営業時間など

名称 フルール・ド・セル
名称(英語) fleur de sel
住所 FRANCE
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 スーパー・デパート等で購入可:4ユーロから
参考サイト https://search.rakuten.co.jp/search/mall/fleur+de+sel/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

地元の人々も大好き!「LU Petit」のクッキー


LU Petit(リュ・プティ)のクッキーは、地元フランスの人からも絶大な人気を誇り、長年親しまれています。
お土産として人気の高い、Petit ecolier (プティ・テコリエ)というクッキーは、フランスのイラストレーター「フィルマン・ブーセ」が描いた、通学途中にバスケットに入っているクッキーを食べる男の子の絵が目印。

リュ・プティ プティ・テコリエの住所・アクセスや営業時間など

名称 リュ・プティ プティ・テコリエ
名称(英語) LU Petit  Petit ecolier
住所 5, Rue Boileau, Centre-Ville, Nantes, France
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 スーパー・デパート・駅等で購入可:1-2ユーロ
参考サイト https://www.lu.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フランスで王道の香水ブランド「CARON」のコスメグッズ


CARON(キャロン)は、フランスの女性が一生に一度は愛用するとまで言われる、香水メーカ。
そんなCARONでお土産として大人気なのが、メイクパフ。
ふわっふわのCARONのメイクパフは、ダチョウの毛を使用。
一度使ったら、他のパフなんて使えない!と思えるほど優しい肌ざわりが大人気!様々なサイズ、形、色があるので、選ぶのも楽しいですよ!

キャロンの住所・アクセスや営業時間など

名称 キャロン
名称(英語) CARON
住所 153 boulevard Saint-Germain, 75006 Paris
営業時間・開場時間 月-土曜日 10:30-19:00
利用料金や入場料 Houppe Duvet D\’oie :49,00ユーロ
参考サイト https://www.parfumscaron.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マカロンだけじゃない!「Ladurée」のリップグロス

フランスにあるパティスリー「Ladurée(ラ・デュレ)」は、マカロン発祥のお店。
なのですが、マカロンってお土産としては、日持ちや、型崩れが気になるところ…そこで、今回おすすめするのが、Laduréeが展開する「Les Merveilleuses LADURÉEL(レ・メルヴェイユーズ ラデュレ)」というメイクアップ商品を扱うお店で売られているリップグロス。
余りの可愛さに、シリーズ全部ほしい!集めたい!という声が聞かれる大人気商品。
お土産にすれば、喜ばれること間違いなし!

レ・メルヴェイユーズ ラデュレの住所・アクセスや営業時間など

名称 レ・メルヴェイユーズ ラデュレ
名称(英語) Les Merveilleuses LADURÉEL
住所 70-72 Avenue des Champs Élysées, 75008 Paris
営業時間・開場時間 10:00-20:00
利用料金や入場料 LIP GLOSS: 3,200円(税抜)
参考サイト http://www.lm-laduree.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神秘のバレンタインチョコ「FOUCHER」のオリンポスチョコ

フランスの人気洋菓子店「FOUCHER(フーシェ)」で、お土産として人気なのが、食べるのが勿体ない!と思わせるクオリティーの惑星を模したオリンポスチョコ。
バレンタインの時期に売りだされるとのことなので、ぜひその時期を狙いたい!

フーシェの住所・アクセスや営業時間など

名称 フーシェ
名称(英語) FOUCHER
住所 134 rue du Bac、75007 Paris
営業時間・開場時間 10:30-19:00 / 土日 10:30-20:00
利用料金や入場料 Truffes au chocolat:17ユーロ / Assortiment S・Boite Classique 24.50ユーロ
参考サイト http://www.chocolat-foucher.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ちょっと珍しい棒付きの…「le bretagne」塩キャラメル

le bretagne(ル・ブルターニュ)は、ブルターニュ地方の伝統料理である、そば粉を使ったガレットの専門店。
そんなル・ブルターニュで売られている塩キャラメルは、棒キャラメルになっていて、包も可愛くお土産として人気。
価格がお手頃なのも嬉しい!

ル・ブルターニュの住所・アクセスや営業時間など

名称 ル・ブルターニュ
名称(英語) LE BRETAGNE
住所 109 Rue Vieille du Temple, Le Marais, 75003 Paris
営業時間・開場時間 日 11:30-22:00 / 水-土 11:30-23:00
利用料金や入場料 Sucettes au CaramelSachet de 120g :5.95ユーロ
参考サイト http://www.le-bretagne.com/e/top.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

使い勝手抜群!どんな料理も本格的に!「トリュフオイル」

フランス料理に多く使われるトリュフ。
三大珍味である高級なトリュフの香りが広がる「トリュフオイル」は、フランスのお土産として人気。
黒トリュフ、白トリュフの2種類あり、オイルの中にトリュフが漬けこまれています。
ポテトサラダに、パンに、パスタに、スープに…様々な料理を本格的なシェフの味に仕上げるトリュフオイルをお土産にすれば喜ばれること間違いなし!お料理好きな方へのお土産におすすめ。

ア・ロリビエの住所・アクセスや営業時間など

名称 ア・ロリビエ
名称(英語) A L\’OLIVER
住所 23 rue de Rivoli 75004 Paris
営業時間・開場時間 9:30-13:00, 14:00-19:00
利用料金や入場料 Black Truffle-infused Olive Oil – Brown Can 250ml: 9,90ユーロ
参考サイト http://alolivier.com/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

毎日活躍間違いなし!「staub」のピコ・ココット オーバル


フランスにある調理器具メーカー「staub(ストウブ)」で売られる鍋は、多くの料理をおいしく仕上げてくれると評判。
日本国内でもネット通販などで購入できるようですが、やはり本場で買う方が、お安く、また、種類も選ぶことができるのでおすすめ。
なかでも、ピコ・ココット・オーバルと呼ばれる楕円形の鍋は、使い勝手がいい為人気です。
お洒落なフォルムなので、調理後そのままテーブルへ置いてもよし!日頃、家事をする女性は勿論、スタイリッシュなデザインなので料理好きな男性にも人気。
フランス土産に買って損はないですよ!

ストウブの住所・アクセスや営業時間など

名称 ストウブ
名称(英語) staub
住所 2 Rue de l\’Huilerie, 68230 Turckheim, France
営業時間・開場時間 月-土:10:00-12:30, 14:00-18:30
利用料金や入場料 Mini cocotte, ovale Cocottes / 59,95ユーロから
参考サイト https://www.staub-online.com/fr/fr/home.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界的にも有名な「CAUDALIE」のスキンケア商品

CAUDALIE(コーダリー)は、フランスのスキンケア化粧品メーカー。
ポリフェノールの研究をしていたボルドー大学薬学部の教授と、ボルドー地方で有名なワイナリーを所有している、トマ夫妻が出会ったことをきっかけとして設立されたというCAUDALIEは、今や世界中に多くの愛用者がおり、フランスのお土産としても大人気!ハンドクリームなどのお手軽な価格の物もあるのがうれしいところ。

コーダリーの住所・アクセスや営業時間など

名称 コーダリー
名称(英語) CAUDALIE
住所 8 rue des Francs Bourgeois 75003 Paris
営業時間・開場時間 10:00-19:00
利用料金や入場料 Huile de Soin Démaquillante 100% d\’origine naturelle 100 ml:14,80ユーロ
参考サイト http://www.caudalie.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

センス抜群!お土産の宝庫「Pylones」のキッチン雑貨

フランスにある「Pylones(ピローヌ)」は、生活・キッチン雑貨、アクセサリ、文房具、アウトドア、な~んでも揃っちゃう雑貨屋さん。
フランス土産は、何にしよう?なんて迷ったら、絶対おすすめ!性別、予算、様々条件が違ってもPylonesなら、きっと素敵なお土産が見つかるはず!中でも、キッチン雑貨は、日本では売られていないような、ユニークなデザインのものが多く、お土産におすすめ!フランスに行ったら、絶対欲しい!

ピローヌの住所・アクセスや営業時間など

名称 ピローヌ
名称(英語) Pylones
住所 PARIS-ST MARTIN, 92 rue st Martin 75004 Paris
営業時間・開場時間 10:30-19:00, 日 10:30-19:30
利用料金や入場料 Quelle Salade! – Couverts à salade: 25ユーロ / Belle Tasse – Tasse Espresso :5ユーロ
参考サイト http://www.pylones.com/fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フランスのバターと言えば「Bordier」が一番!


フランスのお土産で何気に人気があるのがバター。
中でも「Bordier(ボルディエ)」のバターは一番人気。
フランスで星の付く超高級レストランなどでも、愛用されているのボルディエのバターは、有塩、無無塩、バニラ入り、ハーブ入り、レモンオリーブオイル入り、海藻いりなどの他、季節限定で、木苺入り、柚子入りなど、種類も豊富!若干形が均等でないのは、手作りの証拠。
日本では見かけない為、お土産として喜ばれます。

ボルディエの住所・アクセスや営業時間など

名称 ボルディエ
名称(英語) Bordier
住所 6 rue de la balue 35400 Saint-Malo
営業時間・開場時間 月 15:00-21:00, 火-土 7:30-21:00, 日 9:00-13:00
利用料金や入場料 Beurre de Baratte Demi-sel (250g):5.0ユーロ
参考サイト http://www.lebeurrebordier.com/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本の物とは大違い?「Connetable」

フランスのWenceslas Chancerelle(ウェンセスラス・シャンスレール)という、水産缶詰製造会社が売り出している「Connetable(コネタブル)」は、サーディン缶と呼ばれる、いわしの缶詰。
日本で売られているちょっと渋い見た目の缶詰と違い、なんだかオシャレ!フランス産というだけでこんなにも違うものなのか…そんなお洒落ないわしの缶詰は、ピリ辛なものや、さわやかなレモン風味など種類も豊富。
これをお土産にすれば、なんてオシャレな人なんだろう!と好感度もアップ?!

ウェンセスラス・シャンスレールの住所・アクセスや営業時間など

名称 ウェンセスラス・シャンスレール
名称(英語) Wenceslas Chancerelle
住所 Route De Lannugat, 29100 Douarnenez, France
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 Connetable:~2ユーロ
参考サイト http://www.connetable.com/fr
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジャムの妖精が作り出す「confiture」

フランスの超有名パティシエール「Christine Ferber(クリスティール・フェベール)」は、ジャムの妖精とも呼ばれ、彼女が作り出す「confiture(コンフュチュール)」は、フランス土産の中でも人気の高い一品。
コンフュチュールとは、いわゆる「ジャム」のことで、彼女の作るコンフュチュールは、ただ甘いだけのジャムとは異なり、思わずそのまま食べたくなるほど、シンプルなのに奥深い味わいだと大評判!見た目も可愛く、お土産にぴったり!

クリスティール・フェベールの住所・アクセスや営業時間など

名称 クリスティール・フェベール
名称(英語) Christine Ferber
住所 Maison Ferber 18, rue des Trois Epis 68230 Niedermorschwihr
営業時間・開場時間 火-金曜 7:00-12:30, 14:00-18:30 / 土曜 7:00-18:00 / 日曜 9:00-13:00
利用料金や入場料 Confiture de fraises 220g: 8,60ユーロ
参考サイト http://www.christineferber.com/Christine-Ferber.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、ぴったりのお土産を探しに出かけよう!

フランスのお土産ならこれ!ということで、お土産としておすすめ商品を「20選」ご紹介してまいりました。
ちょっと、高級なものから、手軽に手に入るもの、ユニークなものから実用的なものまで、お土産としてぴったりの商品が沢山ありましたね!どれもこれも、フランスならではの洗練されたデザインが光る、そんな印象だったのではないでしょうか?ぜひ、フランスを訪れた際には、こんなおすすめ商品があったな、と思い出しながら、お土産を探してみてくださいね!
photo by PIXTA