栃木に行ったら訪れよう! 元気をもらうパワースポット決定版42選

日本全国には「パワースポット」と呼ばれる場所がいくつもあり、両行の定番スポットになっていますね。自分が今思い描いている夢を実現したいとき、背中を押してくれるような感覚にさせてくれることもあるでしょう。今回はそんな全国のパワースポットの中から、栃木県にあるパワースポットを見てみましょう。
栃木観光の決定版はこれ!地元民が教える栃木観光の見どころやモデルコース
栃木の温泉といえば「鬼怒川温泉」。鬼怒川温泉の魅力を地元民がたっぷり紹介

B級グルメなどが揃う場所・栃木県

関東地方北部に位置する人口約196万人の栃木県。
栃木県と言えば多くのグルメが揃っていることは有名で、代表的なものは宇都宮ぎょうざ、佐野ラーメンなど。
その他生産量日本一のいちご王国としても知られ、1996年に誕生した「とちおとめ」は全国的人気を誇るブランドに成長しています。

#1 家康を祀る栃木の主要スポット「日光東照宮」

栃木県の主要観光スポットにもなるのが、日光市に所在するこの神社。
日本全国にある東照宮の総本山とされ、江戸幕府初代将軍・徳川家康を東照大権現(とうしょうだいごんげん)と神格化して祀っています。
強力な龍穴(大地のエネルギーがみなぎる場所)の土地に造られたことから日本屈指の強力パワースポットとされ、仕事や発展運など人生で勝負をかけるときに訪れたいところ。
また隣の日光二荒山神社や約30分歩く滝尾神社を合わせて訪れれば、良縁も期待できます。
住所:栃木県日光市山内2301

日光東照宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 日光東照宮
住所 栃木県日光市山内2301
営業時間・開場時間 8:00〜17:00(夏期) 8:00〜16:00(冬期)
利用料金や入場料 大人 1,300円 小中学生450円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 3代将軍・家光が眠る「大猷院廟」

kobatai_0859 (引用元:Instagram)

大猷院廟(たいゆういんびょう)は徳川家康の孫で江戸3代将軍・家光が眠る落ち着いた造りの建物。
京都の金閣寺、平泉の中尊寺金色堂に並ぶ黄金建築の1つとされる美しさが特徴で、パワースポットは仁王門の左右にある2体の金剛力士像。
口を開いた方は「阿形(あぎょう)」で閉じた方が「吽形(うんぎょう)」と呼ばれており、この2体から息を合わせる「阿吽(あうん)の呼吸」という言葉が生まれたとされています。
住所:栃木県日光市山内

大猷院廟の住所・アクセスや営業時間など

名称 大猷院廟
住所 栃木県日光市山内2300
営業時間・開場時間 8:00〜17:00(夏期) 8:00〜16:00(冬期)
利用料金や入場料 大人 550円 小中学生250円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 関東有数の縁結びスポット「日光二荒山神社」

yu_raku_bi (引用元:Instagram)

西参道バス停から徒歩約8分の日光二荒山神社は延暦9年(790年)創建と伝わる神社で、本社は世界遺産「日光の社寺」(二社一寺)の1つ。
関東有数の縁結びパワースポットとして知られており「難局を切り開き誠実に物事を成す」パワー、金運、健康運のご利益があります。
神苑の朋友神社奥に湧き出る清水は「恒例山の薬師冷泉」と滝尾神社境内の「酒の泉」を集めたもので眼病治療、銘酒のできる水として有名。
住所:栃木県日光市山内2307

日光二荒山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 日光二荒山神社
住所 栃木県日光市山内2307
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 冬にしか見られない絶景「雲竜渓谷」

emiko8383 (引用元:Instagram)

どこまでも伸びていきそうな氷の柱。
こちらは日光市・日光東照宮の東側に位置する雲竜渓谷(うんりゅうけいこく)で、この絶景は毎年1月下旬から2月中旬の期間限定、スノートレッキングでしかアクセスできない貴重な氷瀑なのです。
この季節限定でしか見られない絶景を見られたとき、幸運が訪れるかもしれません。
住所:栃木県日光市日光

雲竜渓谷の住所・アクセスや営業時間など

名称 雲竜渓谷
住所 栃木県日光市日光
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 日光の穴場的パワースポット「滝尾神社」

_y718_ (引用元:Instagram)

日光東照宮西側の山奥に鎮座する神社。
西参道バス停から山道を約30分步いた場所にあり、人気の少なさから「日光の穴場的パワースポット」とする人も。
石製の鳥居は真ん中にある穴へ石を3回投げ通り抜けると運が良くなるとされ、その他には体内の悪いエネルギーを浄化してくれる「滝尾三本杉」や子宝のご利益がある「子種石」もパワースポットとされています。
住所: 栃木県日光市山内2310−1

滝尾神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 滝尾神社
住所 栃木県日光市山内2310−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 小さいながらも趣ある「白糸の滝」

mamechan520305 (引用元:Instagram)

日光の穴場的パワースポット・滝尾神社を参拝したら、境内にある「白糸の滝」も見ていきましょう。
落差5mしかない小さな滝で森の中にあるため訪れる人は多くないとされますが流れが速い滝、自然の雰囲気を感じられる趣ある雰囲気は見逃してはもったいない光景。
滝尾神社へ参拝に行った際はマイナスイオンを浴びにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

白糸の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 白糸の滝
住所 栃木県日光市山内2310−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 災害防止・開運の神「瀧尾高徳水神社」

hiknife (引用元:Instagram)

滝尾神社の前には別社で水神が祀られている「瀧尾高徳水神社」があります。
緑豊かな森の中にあるこの神社は藤原町(かつて栃木北部に存在した町)高徳の鬼怒川沿いに創建されましたが、道路拡幅の為に現在のこの地に鎮座されました。
現在まで災害防止の神、開運の神として崇められている神社で、滝尾神社へ行った際はこちらも参拝していきましょう。
住所:栃木県日光市山内

瀧尾高徳水神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 瀧尾高徳水神社
住所 栃木県日光市山内
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 自然豊かな保養地「川治温泉」

kayogatta (引用元:Instagram)

鬼怒川と男鹿川の合流点近く、男鹿川両岸にホテルや旅館が立ち並ぶ場所。
享保8年(1723年)に男鹿川が決壊したところから湧き出した温泉で「傷は川治、やけどは鬼怒川」という言葉も存在していました。
自然豊かな保養地として多くの人が訪れる場所で、温泉の他にはカニバサミのような形の「五十里湖」や川治温泉神社、川治ダム資料館もあります。
写真は享保8年(1723年)創建の「川治温泉神社」で、曲がりくねった坂道にある独特な神社。
住所:日光市川治温泉川治146

川治温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 川治温泉
住所 日光市川治温泉川治146
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 不思議な水が湧き出る「三依・湧水庵」

syumahha (引用元:Instagram)

日光市・三依(みより)地区を通る国道121号線近くにある「三依・湧水庵」。
ここから出る天然アルカリイオン41%の「磁気共鳴水」という不思議な水はガン・アトピー・肌荒れ・血糖値などに効能のがあるとされ、水自体がパワースポットと言える存在。
またこでは湧き水で打つそばを味わえ、そばを食べながら元気をもらうのも良いでしょう。

三依 湧水庵の住所・アクセスや営業時間など

名称 三依 湧水庵
住所 栃木県日光市芹沢345
営業時間・開場時間 10:00〜16:00 冬季休業
利用料金や入場料 ざるそば 600円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 弘法大使が修業を行った「寂光の滝」

nobuhiko_nagaoka (引用元:Instagram)

JR東武日光駅から東武バス・中禅寺温泉行きで10分、田母沢下車徒歩40分の場所にある滝で、弘法大師が創建したと伝えられる「寂光寺」が名前の由来(現在滝の近くにある若子神社)。
滝は田母沢川にかかり7段に渡って落ちるところに特徴があり、弘法大師はこの滝で滝行を行なっていたとされています。
滝に向かう途中には池石(生石)と呼ばれる巨石もあり、こちらもぜひ見ておきましょう。

寂光の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 寂光の滝
住所 栃木県日光市日光
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#11 激しい流れを間近で体験「華厳の滝」

tomoko1123_ (引用元:Instagram)

中禅寺温泉バス停から徒歩約5分の場所にある滝で、日光といえばこの場所を浮かべる人もいるほど有名な日本三大名瀑。
高さ97mの岩壁に中禅寺から流れ出した水が落下する様子は圧巻で、運が良いと谷間にかかる虹とのコラボレーションが見られることも。
エレベーター乗り場裏手の新観瀑台からは滝を正面から見ることができ、エレベーター100m下の観瀑台は飛び散る飛沫を受けることができオススメ。

華厳の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 華厳の滝
住所 栃木県日光市中宮祠
営業時間・開場時間 8:00〜17:00(夏期) 9:00〜16:3(冬季)
利用料金や入場料 エレベーター往復:大人550円 小学生330円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#12 奥日光三名瀑の1つ「湯滝」

mikiko625 (引用元:Instagram)

中禅寺温泉から東武バスで22分「湯滝入口」下車徒歩約10分にある滝。
高さ約70mの滝は溶岩の岩壁を滑り落ちるように流れて白い飛沫を放ておおり、その光景から「華厳滝」や「竜頭の滝」と並ぶ奥日光三名瀑(おくにっこうさんめいばく)と称されています。
滝の様子は近くにあるレストハウスからも見ることができ、こちらでゆっくり鑑賞しても良いでしょう。

湯滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 湯滝
住所 栃木県日光市湯元2499
営業時間・開場時間 湯滝レストハウス:9:00〜17:00 土日定休
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#13 奥日光のシンボル「中禅寺湖」

yumi8693 (引用元:Instagram)

男体山噴火により大谷川がせき止められて形成された湖で、華厳滝とともに奥日光のシンボルとされるスポット。
周囲約25㎞の湖畔はほとんど開発されていないことから自然が多く残っており、西岸と南岸が特に見どころ。
4月から11月にかけては船の駅中禅寺から菖蒲が浜、立木観音などを回る遊覧船、マス釣り(4月から9月)、キャンプ場(5月から10月)も名物。

中禅寺湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 中禅寺湖
住所 栃木県日光市中宮祠
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#14 激しい流れが見どころ「竜頭の滝」

labchihuanyanko (引用元:Instagram)

中禅寺温泉から東武バスで約12分「龍頭の滝」バス停すぐにある滝。
周辺を深い樹林に囲まれた場所にあり、約210mの溶岩上を急流が流れる様子が見どころで、激しい音と岩を噛むように見える白い飛沫が竜の頭のように見えることからからその名がついたとされています。
周辺の樹林は秋の紅葉、ヤシオツツジの咲く春が特に美しいと評判。
住所:栃木県日光市中宮祠

竜頭の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 竜頭の滝
住所 栃木県日光市中宮祠
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#15 関東屈指の温泉街「鬼怒川温泉」

鬼怒川の両岸にホテルや旅館が並ぶこの場所が、鬼怒川温泉。
300年以上前に発見されたと伝えられる温泉はやけどに効能のある湯として知られ、現在はライン下りやロープウェイ、江戸村などのテーマパークも点在する関東屈指の温泉街に。
1年通じて見どころ多数であることや東京から約2時間で行ける立地もあり、全国から多くの観光客が訪れています。

鬼怒川温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 鬼怒川温泉
住所 栃木県日光市大原1404-1
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#16 宇都宮という言葉の由来「二荒山神社」

toshi_and_mitsu (引用元:Instagram)

東武宇都宮駅から徒歩10分のこの神社は仁徳天皇41年に創建され、地元では「二荒さん」として親しまれる神社。
下野一の宮と呼ばれた神社で、そこから宇都宮という言葉ができたとされています。
やさしさ、癒し、安穏、平和などリラックスさせてくれる雰囲気の神社は神前挙式・披露宴の会場にもなっており、鉄製の狛犬、三十八間星兜といった国指定の重要美術品も安置。
住所:栃木県宇都宮市馬場通り1-1-1

二荒山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 二荒山神社
住所 栃木県宇都宮市馬場通り1-1-1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#17 国の特別史跡を安置する「大谷観音」

nop_agan (引用元:Instagram)

大谷寺「大谷観音」は、JR宇都宮駅からバスで関東バス「立岩」行きの「大谷観音前」下車徒歩1分。
洞窟内に本堂が造られた珍しい構造の寺院で、千手観音立像、釈迦三尊、薬師三尊、阿弥陀三などの「大谷磨崖仏(おおやまがいぶつ)」は国の特別史跡・重要文化財指定を受けた貴重な石仏。
これらの石仏が持つ迫力ある雰囲気を体感しましょう。
住所:栃木県宇都宮市大谷町

大谷観音の住所・アクセスや営業時間など

名称 大谷観音
住所 栃木県宇都宮市大谷町1198
営業時間・開場時間 8:30〜17:00(夏期) 9:00〜16:30(冬期)
利用料金や入場料 拝観料400円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#18 古くから知られる天狗の宿「古峯神社」

鹿沼駅からリーバス古峯原線で約60分の「古峯原神社」で降りると「古峯(ふるみね)神社」に着きます。
古くから「天狗の宿」として知られるこの神社は全14種類の御朱印が揃い、火防・盗難除けの神の使者が奉納されています。
また「深山巴の宿(じんぜんともえのしゅく)」は日光開山の勝道上人が修行地にしていた場所で、神聖な雰囲気のパワースポットとして有名。
住所:栃木県鹿沼市草久3027v

古峯神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 古峯神社
住所 栃木県鹿沼市草久3027
営業時間・開場時間 8:00~17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#19 高さ16mの釈迦像が立つ「清林寺」

bosstrol43 (引用元:Instagram)

東武日光線・新鹿沼駅から徒歩20分の清林寺で目立つのは、高さ16mの釈迦像。
こちらはスリランカの「アウカナ」という場所に建てられた「アウカナ佛」で1988年に完成したもの。
寺院がスリランカと交流を持っていることから造られたもので、右手を挙げる姿はスリランカ国民信仰の的になっているとされています。
また境内には奈良県の長谷寺から譲り受けた牡丹の苗木700本が植えられており、こちらは4月下旬から5月上旬頃が見頃。
住所:栃木県鹿沼市末広町1170

清林寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 清林寺
住所 栃木県鹿沼市末広町1170
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#20 虎が浮かび上がる岩がある「大芦川」

bosstrol43 (引用元:Instagram)

鹿沼ICから車で約40分の場所にある大芦川の名物は「大岩」と呼ばれる巨大な岩。
この岩は水に濡れると虎よ模様が浮かび上がることで知られ、別名「虎岩」とも呼ばれています。
自力で全ての岩を濡らすことは難しいとされており、雨の降る時期に訪れると全体が見えることも。
また川は2つ水源が合流する位置にあることから古峰ヶ原高原ハイキングコース、紅葉が美しい大芦渓谷も見どころ。
住所:栃木県鹿沼市草久

大芦川の住所・アクセスや営業時間など

名称 大芦川
住所 栃木県鹿沼市草久
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#21 ご縁を得たい人は行きたい「織姫神社」

eneru_tetsu_myfamily (引用元:Instagram)

織姫神社は織姫山中腹に宝永2年(1705年)創建の神社。
朱塗りの神殿が特徴のこの神社は良き人・健康・智恵などの縁結びにご利益があるとされ、2014年(平成26年)には恋人の聖地に選定。
登ってから参拝すると願いが叶うとされる「229段の石段」や結ばれたい人の名前を書いて結ぶ坂の途中の「縁結びひろば」、支柱に「愛は限りなく広い、そして深い」と刻まれた「愛の鐘」など、ご縁が欲しい方必見のスポット。
住所:栃木県足利市西宮町3889

足利織姫神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 足利織姫神社
住所 栃木県足利市西宮町3889
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#22 日本の名城100選に指定「鑁阿寺」

takedaeikiti (引用元:Instagram)

JR両毛線・足利駅から徒歩10分の鑁阿寺(ばんなじ)は、足利市家富町にある真言宗大日派の寺院で、足利市民から「大日様」と呼ばれ親しまれる寺院。
足利氏2代目義兼が建久7年(1196年)に邸内に創建したと持仏堂が始まりで、現在は「足利氏宅跡(鑁阿寺)」(あしかがしたくあと(ばんなじ))として国の史跡・日本の名城100選に指定されています。
住所:栃木県足利市家富町2220

鑁阿寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 鑁阿寺
住所 栃木県足利市家富町2220
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料(本堂拝観は団体のみ)
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#23 天然記念物の巨石で安産祈願「名草厳島神社」

takahiro_m_74 (引用元:Instagram)

北関東自動車道・足利ICから約20分の名草厳島神社は、弘仁年間(810~824年)に弘法大師・空海によって勧請されたと伝わる神社。
福徳財宝・家内和合のご利益がある足利七福神の1つとされており、鎮座している「名草巨石群」は国指定の天然記念物で子宝・安産などのご利益があるとされる貴重な記念物。
また参道の横には「金の川」と呼ばれる川が流れ、川底には光っているように見える雲母が見えます。
栃木:栃木県足利市名草上町4990

名草厳島神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 名草厳島神社
住所 栃木県足利市名草上町4990
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#24 美しくいたい人は訪れよう「美人弁天」

emiko_.w (引用元:Instagram)

東武足利市駅・JR足利駅から徒歩約20分の足利市厳島神社で有名な「美人弁天」。
これは厳島神社に祀られた御祭神の分身で、「足利伝説」の「目も覚めるように美しい明石姫」が由来とされています。
神社では「美人」を証明するお守りでを発行しており、これを持っていれ「心やさしく美しい女性」であることを証明してくれます。
自分で持つも良し、贈り物にするも良しの なこのお守り、女性の方はぜひ手に入れましょう。
住所:栃木県足利市本城2-1860

美人弁天の住所・アクセスや営業時間など

名称 美人弁天
住所 栃木県足利市本城2-1860
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#25 1年間絶景が楽しめる「那須高原」

keroyon_unofficial (引用元:Instagram)

那須塩原駅から東野交通バスで約50分、茶臼岳の麓に広がる広い高原がこの那須高原です。
中心にある那須湯本温泉、湯本温泉の発祥とされ舒明天皇時代に発見されたと伝わる「鹿の湯」や高原牧場など自然豊かな場所で、春のツツジや夏の避暑地、紅葉にスキーと一年を通して絶景が楽しめるスポット。
2011年には皇族の別荘・御用邸の敷地半分が「那須平成の森」として開放され、自由な散策などが楽しめます。

那須高原の住所・アクセスや営業時間など

名称 那須高原
住所 栃木県那須郡那須町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#26 那須与一が祈願した神社「那須温泉神社」

sato_koko (引用元:Instagram)

茶臼岳斜面にある「那須湯本温泉」の北にある那須温泉神社。
鹿の湯を発見した狩野三郎行広が創建したと伝えられており、本殿は約60段の石段を登った先にあります。
源平合戦の際に屋島で扇の的を射ようとした那須与一が祈願した神社として知られており、社殿前の樹齢800年のゴヨウマツも見どころ。
隣には九尾の狐(九尾の狐)伝説で知られる殺生石(溶岩)があります。
住所:栃木県那須郡那須町湯本182

那須温泉神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 那須温泉神社
住所 栃木県那須郡那須町湯本182
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#27 幸福のシンボル・フクロウが有名「鷲子山上神社」

kozukin3 (引用元:Instagram)

JR烏山線・烏山駅から車、タクシーで約20分のこの神社は鳥の神様を祀ることで有名な神社。
古くから大神様の御使い・幸福を呼ぶ神鳥として崇められたフクロウがシンボルで、境内には日本最大級の大フクロウなどの像が多数存在。
苦労を持ち去り(フクロウ=不苦労)幸運を与えてくれるフクロウ像は運気上昇・金運のご利益を得られるとされ、全国から多数の参拝客が訪れています。
住所:栃木県那須郡那珂川町矢又1948

鷲子山上神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 鷲子山上神社
住所 栃木県那須郡那珂川町矢又1948
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#28 様々なご利益が詰まっている「太平山神社」

kazukiiwata (引用元:Instagram)

JR両毛線・栃木駅に近い太平山神社は「全ての神々この山に有り、全ての御神徳この山より始まる」と言われることで有名な神社。
約2500株のあじさいが咲く参道の石段「あじさい坂」や本堂前にある御神石(撫で石)が名物で、石は撫でることにより厄除け効果があるとされるもの。
その他に学問成就や子授・安産、商売繁昌などあらゆるご利益が得られる貴重なスポット。
住所:栃木県栃木市平井町659

太平山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 太平山神社
住所 栃木県栃木市平井町659
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#29 子授け・安産・子育てのご利益「出流山満願寺」

namisan369 (引用元:Instagram)

栃木駅からバスで約60分の出流山満願寺は、天平神護元年(765年)に勝道上人が創建したとされる寺院。
弘仁11年(820年)に弘法大師・空海が参詣した際に造立した千手観世音菩薩が本尊で、子授け、安産、子育てのご利益があると信仰されています。
境内にある「山門・仁王門」は享保20年(1735)建立の栃木市文化財として有名。
住所:栃木県栃木市出流町288

出流山満願寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 出流山満願寺
住所 栃木県栃木市出流町288
営業時間・開場時間 8:00〜17:00
利用料金や入場料 奥之院入山料:大人300円 子供200円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#30 自然の中をサイクリング「渡良瀬遊水地」

shimapopo (引用元:Instagram)

東武日光線・板倉東洋大前駅から徒歩20分、栃木、茨城、群馬、埼玉の4県にまたがる面積約33㎢の日本最大の遊水地。
この場所を楽しむにはレンタルサイクルがオススメで、コースは谷中湖コース、パノラマコース。
レンタルサイクルは遊水地近くにあるレンタサイクルセンターで借りることができます。
子供レンタサイクルセンター近くにはかつて存在した谷中村の雰囲気を残した史跡保存ゾーンがあり、かつての村の様子ものぞいて見ましょう。

渡良瀬遊水地の住所・アクセスや営業時間など

名称 渡良瀬遊水地
住所 栃木県栃木市藤岡町内野
営業時間・開場時間 9:30〜17:00(3月-10月) 9:30〜16:30(11月) 9:30〜16:00(12月-2月)
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#31 樹齢1500年の杉が生きる「塩原八幡宮」

kajiiro3832 (引用元:Instagram)

東北道西那須野塩原ICから日塩もみじライン経由、鬼怒川方面へ20分の塩原八幡宮は、巨大なすぎで有名な八幡宮。
国の天然記念物になっている樹齢1500年、高さ40mの逆杉(さかさすぎ)は源義家がここで戦勝祈願したと伝えられており、長く同じ姿を保ち続けている杉と言われることも。
社務所では杉の枝が入った長寿祈願のお守り(500円)を販売しており、その他縁結び、夫婦円満などのご利益を求める人も多数。
住所: 栃木県那須郡塩原町中塩原11

塩原八幡宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 塩原八幡宮
住所 栃木県那須郡塩原町中塩原11
営業時間・開場時間 社務所:9:30〜16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#32 日本百名山の1つ「那須岳(茶臼岳)」

hotolog (引用元:Instagram)

那須岳(なすだけ)は、栃木県那須郡那須町にある那須火山群の主峰「茶臼岳」の別称で、深田久弥の山岳随筆「日本百名山」の1つ。
標高1915mの山頂は中腹からロープウェイに乗り「那須岳山頂駅」下車徒歩40分で到着することができ、白い噴煙が上がる無間地獄、周囲の山々の絶景や高山植物、紅葉などが美しく見えます。
住所:栃木県那須郡那須町湯本

那須岳の住所・アクセスや営業時間など

名称 那須岳
住所 栃木県那須郡那須町湯本
営業時間・開場時間 那須ロープウェイ:8:30〜16:30(通常,夏季は8:00から) 9:00〜16:00(冬季) 12/1-3/19は休業
利用料金や入場料 那須ロープウェイ:大人往復1,300円 子供往復650円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#33 色鮮やかなボタンの花が見どころ「妙雲寺」

komachinasuno (引用元:Instagram)

バス停塩原小学校入口から徒歩2分、 正和元年(1312年)に開かれた臨済宗の古刹で、平重盛の妹であった妙雲禅尼が結んだ草庵が元になっています。
約2千株のボタンが咲く「牡丹寺」とも呼ばれ、毎年5月に行われる「ボタン祭り」では色鮮やかな花が訪れる人々を癒してくれます。
その他落差5mの常楽の滝、夏目漱石や尾崎紅葉の句碑も見どころ。
住所:栃木県那須塩原市塩原665

妙雲寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 妙雲寺
住所 栃木県那須塩原市塩原665
営業時間・開場時間 8:30~16:30
利用料金や入場料 ぼたん祭り入園料400円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#34 天と地両方のパワーが得られる「岩戸別神社」

calbigarden (引用元:Instagram)

東武鬼怒川線・新高徳駅から車で14分の岩戸別神社は弘仁元年(810年)創建と伝えられる神社で、現在の場所に移ったのは享徳年間(1452~55)。
本殿を取り囲むように茂るスギとサワラは樹齢150年以上を誇り、その数は約200本。
本殿手前にある八角形の「天地石(パワーストーン)」は右は「陰」で左は「陽」の力が宿っており、天と地両方のパワーが得られます。
住所:栃木県塩谷郡塩谷町船生8171

岩戸別神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 岩戸別神社
住所 栃木県塩谷郡塩谷町船生8171
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#35 子授けや安産祈願・家を守るご利益「安住神社」

rusaaan09 (引用元:Instagram)

JR宇都宮線・宝積寺駅からタクシーで約15分の安住神社(やすずみじんじゃ)は、899年に初代宮司・新井吉明が大阪・住吉大社から分霊を祀り創建された神社。
御祭神が祓(はらい)の神様・筒男命三神(底筒男命、中筒男命、表筒男命)と子安神・神功皇后であることから子授けや安産祈願、家を守るご利益があります。
住所:栃木県塩谷郡高根沢町上高根沢2313

安住神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 安住神社
住所 栃木県塩谷郡高根沢町上高根沢2313
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#36 境内から関東平野の絶景が見える「磯山弁財天」

yoji0406 (引用元:Instagram)

JR両毛線佐野駅から市営バスで約35分の赤見温泉近くにある磯山弁財天。
県指定の天然記念物・日本名水百選である出流原弁天池の近くにあり、山上の石灰岩上に釘を使わず建設された汲み上げられた朱塗りの境内が大きな見どころ。
こちらは948年頃の創建で、火災焼失後鎌倉時代に再建されたものが残されています。
境内からは関東平野の絶景も眺めることができ、境内とともに見てみましょう。
住所:栃木県佐野市出流原町

磯山弁財天の住所・アクセスや営業時間など

名称 磯山弁財天
住所 栃木県佐野市出流原町1117
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#37 関東3大師の1つ「佐野厄除け大師」

kiyomoto.k (引用元:Instagram)

JR佐野駅から徒歩15分、承平7年(937年)に創建され正式には「惣宗寺」と呼ばれる寺院。
平将門討伐を命じられた藤原秀郷の戦勝祈願のために創建され、川崎大師、西新井大師と並ぶ関東3大師とされています。
名前の通り厄除けにご利益のある寺院で、その他身体安全、個人の心願成就のご利益もあり、全国から参拝者が訪れる人気のスポット。
住所:栃木県佐野市金井上町2233

佐野厄除け大師の住所・アクセスや営業時間など

名称 佐野厄除け大師
住所 栃木県佐野市金井上町2233
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#38 勝負の神様が眠る「唐沢山神社」

inui4ru (引用元:Instagram)

JR両毛線・東武佐野線佐野駅から車で約20分の唐沢山神社(からさわやまじんじゃ)は藤原秀郷を祀る神社。
長く勝ち運や運気上昇など「勝利の神様」として崇められ、お守りは勝負に勝つ「勝守」や、仕事運にご利益のある「運気上昇守」、厄除けの「龍神水琴鈴」が人気。
また映画「るろうに剣心」や「ガリレオ」のロケ地にもなっておりファンの間でも有名に。
住所: 栃木県佐野市富士町1409

唐沢山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 唐沢山神社
住所 栃木県佐野市富士町1409
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#39 天然記念物指定の植物が並ぶ「西明寺」

keeeentaaaa (引用元:Instagram)

益子駅から車で10分の西明寺は真言宗豊山派に属しており、天平年間(729年~749年)に創建されたと伝わる寺院。
現在の寺院は元禄14年(1701年)の大改修時に完成したもので、県指定の天然記念物「こうやまき」「椎林叢」や町指定の天然記念物「クスノキ」「ムベ」「シカクダケ」「リンボク群生地帯」などが見どころ。
住所:栃木県芳賀郡益子町益子4469

西明寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 西明寺
住所 栃木県芳賀郡益子町益子4469
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#40 樹齢700年以上の天然記念物が残る「荒橿神社」

bosstrol43 (引用元:Instagram)

真岡鐵道茂木駅より徒歩30分の荒橿神社(あらかしじんじゃ)は、芳賀郡茂木町にある神社。
大同元年(806)創建の歴史ある神社で、静かな境内にある推定樹齢700年を誇るケヤキは1990年に栃木県の天然記念物に指定。
他にも樹齢千年を超えるとされる杉や樫、欅が姿を見せており、季節によって顔色を変える場面は見どころの1つ。
住所:栃木県芳賀郡茂木町小井戸325

荒橿神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 荒橿神社
住所 栃木県芳賀郡茂木町小井戸325
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#41 死者の霊・霊魂の集まる「岩舟山」

happy_go_lucky_3300 (引用元:Instagram)

岩船山(いわふねさん)はJR岩舟駅から徒歩20分の足尾山地最南端に位置する標高172.7メートルの山。
長い間死者の霊、霊魂の集まる「関東の高野山」と呼ばれてきた山で、家族の供養にここを訪れる人もいるとされてきました。
また600段の階段を上った山頂には「高勝寺」があり、こちらは子授け、安産の神として崇められています。
住所:栃木県栃木市岩舟町静3

岩船山高勝寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 岩船山高勝寺
住所 栃木県栃木市岩舟町静3
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#42 季節の花とハイキングを満喫「雨巻山」

momo.kodate (引用元:Instagram)

雨巻山は栃木県益子町の最高峰(533.3m)に存在する山。
益子県立自然公園に位置する山の中には暖かい時期はシュンランやカタクリ、テングスミレなどが姿を見せ、秋になると木の間から筑波山の姿を見ることができます。
またハイキングコースや駐車場が整備されていることから多くのハイカーが訪れており、冬は初雪山歩きもできます。

雨巻山の住所・アクセスや営業時間など

名称 雨巻山
住所 栃木県芳賀郡益子町上大羽
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

自然と歴史にパワーをもらおう

栃木県にあるパワースポットは定番の「日光東照宮」をはじめ、歴史や自然あふれるスポットが多数あります。
次回栃木県へ出かける際は、自然と歴史にパワーをもらってみてはいかがでしょうか。