イギリスの絶景・秘境はここにあった!「スカイ島」で見たい断崖絶壁に妖精のプール

スコットランドの北端に位置する諸島インナー・ヘブリディーズ諸島の一部スカイ島。「スカイ」はゲール語で「翼」を意味し、ノルド語でスカイと発音するようになったと言われています。人口1万人に満たないこの島は壮大な自然と豊かな文化遺産によって観光地化されてきています。失われていない大自然を直に見つめてみませんか。スカイ島の絶景10選を紹介します。

美しいスカイ島の入り口ポートリーの夜明け

美しいスカイ島の入り口ポートリーの夜明け

image by iStockphoto

スカイ島の中心的な街ポートリーです。
フェリーで他の近隣の島々アーマデイルやマレイグなどとつながり人々が行き来します。
夏になると多くの観光客が訪れ、このゆったりとした自然豊かな街に賑わいを見せるのです。
スコットランドと橋でつながっているので、乗用車で訪れたり、バスや列車を乗り継いできたりする人も多いのですよ。
最大の売りは未だ損なわれていない大自然ですね。

ポートリーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ポートリー
名称(英語) Portree
住所 Portree, United Kingdom
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.visitscotland.com/info/towns-villages/portree-p236431
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スコットランド本島とスカイ島を結ぶスカイブリッジ

スコットランド本島とスカイ島を結ぶスカイブリッジ

image by iStockphoto

スコットランドのカイル・オブ・ロハシュという街からスカイブリッジがスカイ島へとつながっています。
1995年に開通した橋で当時は有料道路でしたが、現在は無料で渡れるのですよ。
A87号線が通っていてバスや車で移動する人々はほとんどこの優美な橋を渡ってスカイ島に入ってきます。
全体が緩やかなカーブ状の太鼓橋になっているのです。
車では1~2分のところですが、橋上からの景観は申し分ないですね。

スカイブリッジの住所・アクセスや営業時間など

名称 スカイブリッジ
名称(英語) Skye Bridge
住所 Skye Bridge, Kyle of Lochalsh
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.isleofskye.com/skye-guide/skye-places/skye-bridge
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

雪をかぶったスカイ島の山の頂が湖面に映る美形

雪をかぶったスカイ島の山の頂が湖面に映る美形

image by iStockphoto

スカイ島はスコットランドで2番目に大きな島ですが、全体は1700㎢です。
しかしその大自然は決して平坦なものではなくごつごつと突起に富んだ険しい山岳地帯を持っています。
スカイ島の最高峰はキュイリン山です。
まるでシュガーパウダーを被ったチョコレートケーキのように見えますが、標高992mあります。
登頂するためには道なき道を進まなければならず、装備を整えた専門家のガイド付きでないと危険な登山となります。

キュイリン山の住所・アクセスや営業時間など

名称 キュイリン山
名称(英語) The Cuillin
住所 Cuillin, United Kingdom
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.visitscotland.com/info/towns-villages/the-cuillin-p241621
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

断崖絶壁から海に降り注ぐ大瀑布キルト岩の滝

断崖絶壁から海に降り注ぐ大瀑布キルト岩の滝

image by iStockphoto

キルトロックと呼ばれる断崖絶壁が海にそびえるかのように存在しています。
高さが60mほどあり、メルト湖から流れてきた水がミールト・フォールズという名の滝です。
絶壁は縦に割れるような切れ間があり、おそらく海上から見た人がキルトのシワの様に思えたのでしょう。
あのスコットランド人が履くスカート状のキルトですね。
そこからネーミングされたようです。
あの雄大な滝の流れをどこから見るかによっても違いますが、映像で見た人も死ぬまでに一度は…と思っている方が多いのですよ。
見る価値ありです。

キルトロックの住所・アクセスや営業時間など

名称 キルトロック
名称(英語) Kilt Rock
住所 Kilt rock, 52 A855, Portree IV51 9JE
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.theskyeguide.com/see-and-do-mainmenu-35/27-natural-wonders/177-kilt-rock
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

奇岩オールドマン・オブ・ストー

奇岩オールドマン・オブ・ストー

image by iStockphoto

登山口からほぼ1時間の長いトレッキングコースの先にある奇岩です。
風化した岩の形状が変わっているので奇岩とされるオールドマン・オブ・ストーと呼ばれています。
その形状はストール、つまりネクタイのように縦長で山肌に突き刺さったような形なので見ていても面白いですね。
標高450mほどなのですが、森林限界は超えていて岩のごつごつした登山道を登って行かなければ見れません。
夏でも防寒具とスニーカーは必携です。

オールドマン・オブ・ストーの住所・アクセスや営業時間など

名称 オールドマン・オブ・ストー
名称(英語) Old Man of Storr
住所 Old Man of Storr, Portree, United Kingdom
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.isleofskye.com/skye-guide/top-ten-skye-walks/old-man-of-storr
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

夕暮れのネイスト岬灯台

夕暮れのネイスト岬灯台

image by iStockphoto

スカイ島で最西端のネイストポイントと呼ばれる岬に白い灯台があります。
駐車場から遊歩道を約60分ほどで灯台にたどり着けますよ。
ここも遊歩道はアップダウンの繰り返しで足元も整備は不十分なので雨の直後にはスリップしないよう気をつけなければいけません。
しかし、大西洋に突き出たこの岬の美しさは必見です。
晴れた日の夕暮れには最高ですよ。
地球の夕暮れがやって来たといったイメージが沸き上がってきます。

ネイスト岬灯台の住所・アクセスや営業時間など

名称 ネイスト岬灯台
名称(英語) Neist point lighthouse
住所 Neist point, Isle of Skye IV55 8WU
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.isleofskye.com/skye-guide/top-ten-skye-walks/neist-point-lighthouse
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

山岳から流れてくる妖精のプール

山岳から流れてくる妖精のプール

image by iStockphoto

フェアリー・プールと呼ばれる地域で山岳から流れてくる幾筋もの清流が池を作っています。
池から再び清流となって次の水たまりへとつながっている地形ですね。
駐車場から往復1時間くらいのハイキングコースとなっています。
「妖精がいる水溜リ」と言っていいのでしょうか。
人工的な構造物は何もないので、あえてそこに妖精が存在してもおかしくない雰囲気ですね。
現地で見つけることが出来なくても、記念写真を撮ったら帰ってからよく見てください。
あなたの肩に妖精が座ってるかも。

フェアリー・プールの住所・アクセスや営業時間など

名称 フェアリー・プール
名称(英語) The Fairy Pools
住所 The Fairy Pools, Glen Brittle IV47 8SG
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.isleofskye.com/skye-guide/top-ten-skye-walks/fairy-pools
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

かつての騎士が眠る景色の良いキルミア墓地

背の高い十字架の墓はフローラ・マクドナルドという女性のもので、チャールズ皇太子エドワードスチュアートと因縁のあった人のもの。
また、地域の伝説ともなっている鎧の騎士の彫像がある墓、アンガス・マーティンの墓。
デンマークの王女と結婚し、7人の王子を育てたことや勇敢な人でどんな嵐でも出発すると言うので「風のアンガス」というニックネームもあったとのことです。
他にチャールズ・マッカーサーやジョン・マクリーン博士の埋葬物などがあるのですね。
スカイ島生活博物館のそばにあるキルミア墓地。
スコットランドの魂が存在します。

キルミア墓地の住所・アクセスや営業時間など

名称 キルミア墓地
名称(英語) Flora MacDonald’s Grave, Kilmuir
住所 3 Peingown, Kilmuir, Portree IV51 9YU
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.theskyeguide.com/see-and-do-mainmenu-35/42-interesting-places/146-flora-macdonalds-memorial-kilmuir
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

整然としたウイスキー工場の風景

整然としたウイスキー工場の風景

image by iStockphoto

スカイ島の産業は農業、商業、観光の他にウイスキー醸造が大きな産業です。
カルボストに拠点を置く、このトリスキー工場はスカイ島で唯一のモルト・スコッチウイスキーの蒸留所ですね。
ここでできたウイスキーは国立の醸造業者とワイン商人によって管理されています。
そしてモルト製ウイスキーとして市場に出されるのです。
高級ウイスキーとして人気が高く日本でも評価の高いウイスキーですね。

タリスカー蒸留所の住所・アクセスや営業時間など

名称 タリスカー蒸留所
名称(英語) Talisker distillery
住所 Carbost, Isle of Skye IV47 8SR
営業時間・開場時間 9:30−17:00(時期により異なる)
利用料金や入場料 ガイドツアー8.00ポンド−
参考サイト https://www.malts.com/en-row/distilleries/talisker/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

整然とアーチが美しい石造りのスリガカン橋

整然とアーチが美しい石造りのスリガカン橋

image by iStockphoto

スカイ島の西部に移動する時必ず通過する橋です。
1820年代に建造されたものですが、3つのアーチを持つ橋脚が支える石造りの橋で周囲の自然とマッチして優美な形態を残しています。
現在は古い橋の東側に同様の形態をしたコンクリート製の橋が出来上がっていてA87とA863の公道をつないでいるのです。
この川は年間水量が多く洪水時は橋桁を水位が超えることも多いのですね。

スリガカン橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 スリガカン橋
名称(英語) Sligachan Old Bridge
住所 Sligachan, Isle of Skye IV47 8SW
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://canmore.org.uk/site/11230/skye-sligachan-old-bridge
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スカイ島を後にして

スコットランドの厳しい気候の中で自然に育まれてきた人々の生活史と未だ微動だにしない素晴らしい大自然を体感すると、地球規模の人間と自然の交わりを考えさせられました。
ここの空気を吸ってここの自然に自分の脚で立つことでこれからの生活に変化が生まれると思えるトリップでした。
あなたもどうぞ。
GoodLuck!
photo by iStock