イギリスの港町「サウサンプトン」観光で見ておきたい絶景7選

イングランドの首都ロンドン・ウォータールー駅から電車で約1時間30分、南部の都市・サウサンプトンは11世紀頃から貿易港として栄えたヨーロッパきっての港町。1912年に沈没した豪華客船「タイタニック号」が出発したのはこの街の港であり、現在の街には当時を思い起こさせるスポットもあります。今回はそんなイングランド・サウサンプトンで訪れたいスポットを見てみましょう。

タイタニック展示が人気「シーシティ博物館」

 

タイタニック展示が人気「シーシティ博物館」

image by iStockphoto

空に向かって伸びる大きな時計台が特徴のシーシティ博物館は、 2012年にオープンしたばかりの新しい博物館。
展示は街の歴史、企画展などに分けられていますが、中でも注目はタイタニックに関連する展示。
25分の1スケールで再現された在りし日のタイタニック号やエドワード・ジョン・スミス船長の海軍軍刀、事故から生還した乗務員が持っていた懐中時計が人気で、当時の世界がイメージできることでしょう。
歴史コーナーは石器時代からローマ、中世にかけて発掘された貴重品を展示。
住所:Havelock Road, Southampton SO14 7FY, England

シーシティ博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 シーシティ博物館
名称(英語) SeaCity Museum
住所 Havelock Road, Southampton SO14 7FY, England
営業時間・開場時間 10:00−17:00
利用料金や入場料 大人8.50ポンド 子供/シニア6.00ポンド
参考サイト http://seacitymuseum.co.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

中世に築かれた街の象徴「バーゲート」

 

中世に築かれた街の象徴「バーゲート」

image by iStockphoto

この大きな門はシティカウンシル(地方自治体)のロゴマークにも使われる「バーゲート(Bargate)」と呼ばれる中世の門で、街の中心にあります。
貿易で栄えた時代に街を防御する城壁が築かれたこの街では有名な遺跡で、現在は週末にさまざまなマーケットが開かれることも。
また周辺には2000年に開店したイングランド最大級のショッピングセンター「ウエスト・キー(West Quay)」もあり、こちらも週末に多くの人で賑わう人気スポット。
住所: Southampton S014 2YD, England

image by iStockphoto

バーゲートの住所・アクセスや営業時間など

名称 バーゲート
名称(英語) Bargate
住所 Southampton S014 2YD, England
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.bargatequarter.co.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

中世の生活ぶりを知る「チューダーハウス」

中世の生活ぶりを知る「チューダーハウス」

image by iStockphoto

こちらの古風な家はこの街を代表する歴史的建築物で、1492年に完成したもの。
かつてノルマン朝とチューダー朝(いずれも中世のイングランド王朝)の住民が住居としていた家で、館内は住んでいた当時のサウサンプトン旧市街やヴィクトリア調様式のキッチン、チューダー調から現在までの生活道具を紹介。
15 世紀にフランドル語とラテン語で書かれた祈とう書『時とう書』、船乗りたちが残したとされる人物、船、動物などの落書きが残る「ザ・トレードルーム」、生け垣の幾何学装飾を再現した16世紀の庭園も残されており、彼らの日常生活について知ることができます。

image by iStockphoto

image by iStockphoto

チューダーハウスの住所・アクセスや営業時間など

名称 チューダーハウス
名称(英語) Tudor House & Garden
住所 Bugle St, Southampton SO14 2AD
営業時間・開場時間 [火−金]10:00−15:00 [土日]10:00−17:00 月曜休館
利用料金や入場料 大人5.00ポンド 子供4.00ポンド
参考サイト https://tudorhouseandgarden.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

街の伝統的劇場「メイフラワー・シアター」

 

サウサンプトン中央駅から徒歩数分の「メイフラワー・シアター」は、20世紀初頭から舞台やショーを開催してきた伝統的劇場。
2,300人収容の劇場では現在も多様な種類の公演を開催しており、演劇からミュージカル、子ども向けエンターテインメントやコメディまでさまざま。
またここではツアーも開催しており、こちらは舞台裏をのぞくことができる貴重な機会。
この地域を代表する娯楽を、昔ながらの劇場の雰囲気とともに堪能してみては。
住所:26 Commercial Road, Southampton SO15 1GE, England

メイフラワー・シアターの住所・アクセスや営業時間など

名称 メイフラワー・シアター
名称(英語) Mayflower Theatre
住所 26 Commercial Road, Southampton SO15 1GE, England
営業時間・開場時間 公演による
利用料金や入場料 公演による
参考サイト https://www.mayflower.org.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サウサンプトンFCのホーム「セント・メリーズ・スタジアム」

 

セント・メリーズ・スタジアムは2001年に完成したスタジアムで、サッカーイングランド1部・プレミアリーグに所属する「サウサンプトンFC」のホームスタジアム。
UEFA(欧州サッカー連盟)のスタジアム格付けで4つ星を獲得したこともあるスタジアムで、4つに分かれたスタンドの名前にはそれぞれの場所に隣接する地名が付けられています。
スタジアムはコンサート会場や2015年のラグビーワールドカップ、会議場としても使用されており、会議目的で利用される優待スイートも完備。
住所: Britannia Road, Southampton SO14 5FP

セント・メリーズ・スタジアムの住所・アクセスや営業時間など

名称 セント・メリーズ・スタジアム
名称(英語) St Mary’s Stadium
住所 Britannia Road, Southampton SO14 5FP
営業時間・開場時間 開催試合による
利用料金や入場料 スタジアムツアー:大人15ポンド 子供/シニア7.50ポンド
参考サイト https://southamptonfc.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴代の名機が並ぶ「サウサンプトン航空博物館」

 

港町・サウサンプトンは航空機産業で栄えてきたことでも知られていますが、こちらはそんなサウサンプトンの航空機の歴史を紹介する博物館。
飛行機が所狭しと並ぶ館内には歴史的名機の数々が展示されており、第2次世界大戦時に活躍した「スピットファイア」や製造された1943年当時に世界最大の飛行艇とされた「S25 Sandringham」などを展示。
航空機ファンが見ておきたい内容と言えるでしょう。
住所:Albert Rd S, Southampton SO14 3FR

サウサンプトン航空博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 サウサンプトン航空博物館
名称(英語) Solent Sky Aviation Museum
住所 Albert Rd S, Southampton SO14 3FR
営業時間・開場時間 [火−土]10:00−17:00 [日]12:00−17:00 月曜休館
利用料金や入場料 大人7.50ポンド 子供5.00ポンド
参考サイト https://www.solentsky.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界的バンドもステージに立った「ジョイナーズ」

 

ザ・ジョイナーズは「セント・メアリーズストリート」にある小さなパブ。
最大収容人数200人のこのパブは

1968年の開場以来多くのバンドがステージに立っており、オアシス、レディオヘッド、グリーン・デイ、コールドプレイ、フランツ・フェルディナンドといった音楽界で活躍する世界的バンドもこのステージに立っていました。
世界的バンドが巣立ったこの場所を通ったり、ライブを楽しんだ入りしてみては。
住所:141 St Mary St, Southampton SO14 1NS

ジョイナーズの住所・アクセスや営業時間など

名称 ジョイナーズ
名称(英語) The Joiners
住所 141 St Mary St, Southampton SO14 1NS
営業時間・開場時間 ライブによる
利用料金や入場料 ライブによる
参考サイト http://joiners.vticket.co.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史スポットやエンターテインメントを楽しむ

 

歴史的なスポットにエンターテインメントスポットなど、サウサンプトンにはいろいろな楽しみ方ができるスポットが見どころ。
次回の旅行はイングランド・サウサンプトンへぜひ出かけてみては。
photo by iStock
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ