オーストラリアのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる19選

オーストラリアのお土産ならこれ!という事で、オーストラリアで売られているお土産にぴったりの商品を厳選してご紹介します。オーストラリアと聞くと身近に感じる著者でありますが、それは、オージービーフが浮かぶからでしょうか?コアラにカンガルー、日本人からも人気が高い観光スポットであるオーストラリア、ありきたりなお土産じゃ嫌だ!そんな方必見のお土産がずらり!メモを片手にご覧ください!

オーストラリアってどんなところ?

 

オーストラリアってどんなところ?

image by PIXTA / 22064487

世界第6位の総面積を誇るオーストラリア。
裕福な先進国の1つであるオーストラリアの正式名称は「オーストラリア連邦=Commonwealth of Australia(コマンウェルス・オヴ・オーストゥレイリャ)」。
そんな、オーストラリアと言えば、エアーズロック、オペラハウス、グレート・バリア・リーフなどの観光スポットや、コアラ、カンガルー、先住民アボリジニなどを思い浮かべるのではないでしょうか?あ、夏のスポーツの代表格「クリケット」なんかも、何気に知られていますね。
ちなみに、目指す場所にもよりますが、オーストラリアまでは、9時間~12時間ほど。

#1 オーストラリアと言えば「ugg boots」

 

ugg bootsのuggとは、そもそもは、羊の毛皮の総称であり、アメリカにある「デッカーズ・コーポレーション」の登録商標となっています。
女性を中心に、オーストラリアのお土産として大人気。
国内で購入するよりもお得なため、現地でお土産として買う事をおすすめ!

UGGの住所・アクセスや営業時間など

名称 UGG
名称(英語) UGG QVB
住所 Queen Victoria Building, 33/455 George St, Sydney NSW 2000
営業時間・開場時間 [平日]9:00−18:00(水曜は21:00まで) [日]11:00−17:00
利用料金や入場料 ABREE MINI 299.95オーストラリアドル
参考サイト http://www.ugg.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 セレブ御用達「パパイヤクリーム」

オーストラリア発「「LUCAS PAPAW(ルーカスポーポー)」のパパイヤクリーム。
100年以上も前に作られたというパパイヤクリームに含まれる「パパイン酵素」は、解毒作用&浄化作用があって、皮膚疾患の治癒手助けをしてくれると評判。
現地のドラックストアなどで、手軽に購入でき、お値段もお手頃!なのに、ミランダカーなどの有名セレブも愛用しているというパパイヤクリーム。
リップクリームなどもあるので、ばらまきようのお土産としてもおすすめ!

ルーカスポーポーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ルーカスポーポー
名称(英語) LUCAS PAPAW
住所 1590 Beaudesert Road, Acacia Ridge, Brisbane QLD 4110
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 Paw Paw Ointment Lip Tube 6.49オーストラリアドル
参考サイト http://www.lucaspapaw.com.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 日本にはない?!実はお土産の定番「ジャーキー」

オーストラリアと言えば、オージービーフじゃありませんか?そんな美味しい牛肉があるオーストラリア、お土産として実は定番になっているのが「ジャーキー」なんです。
オーストラリアというと、チョコレート菓子のイメージがある人も多いかと思いますが、ビーフジャーキーをはじめ、カンガルー、わになどの珍しいジャーキーがあるので、お土産としてぜひどうぞ!なにこれ!と驚かれること間違いないですよ!

#4 メルボルン発!お土産にぴったりの「Melbourne City Rooftop Honey」

Melbourne City Rooftop Honey=メルボルン産はちみつ。
なんとも可愛い試験管のような瓶入りのはちみつは、お土産として人気。
甘~いはちみつだけでなく、キャンドルなども売られているので、はちみつとセットでお土産にしたい!

Melbourne City Rooftop Honeyの住所・アクセスや営業時間など

名称 Melbourne City Rooftop Honey
住所 6 Vear St, Heidelberg West VIC 3081
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 Bulk Orders – Test Tubes Large 4.50オーストラリアドル
参考サイト https://www.rooftophoney.com.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 オーストラリア土産の王道!「Tim Tam」

オーストラリア土産の王道「ティムタム」は、オーストラリアにある「アーノッツ」というお菓子メーカーが出しているチョコ菓子。
オーストラリア土産としてもらったことがある!という人も少なくないのではないのでしょうか?日本国内でも見かけることがありますが、オーストラリア限定というお味の商品もあるので、ぜひ、そちらをおすすめ!

ティムタムの住所・アクセスや営業時間など

名称 ティムタム
名称(英語) Tim Tam
住所 Locked Bag 55 Silverwater NSW 2128
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 Original Chocolate Tim Tams 1.82オーストラリアドル
参考サイト http://www.arnotts.com.au/products/tim-tam/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 日本国内でも人気の「Lupicia」

 

Lupicia(ルピシア)の紅茶は、日本国内でも人気。
紅茶だけでなく、日本茶や烏龍茶などの中国茶も扱っており、可愛いパッケージ缶なので、お土産、贈答品として求める人が多いようですね。
国内でも買う事が出来ますが、オーストラリア限定の商品があるため、現地へ行った際は、絶対押さえておきたい!

ルピシアの住所・アクセスや営業時間など

名称 ルピシア
名称(英語) LUPICIA Fresh Tea
住所 Republic Boutique, QV Shopping Complex, 14-16 Artemis Ln, Melbourne VIC 3000
営業時間・開場時間 [月-木]11:00−17:30 [金土]11:00−18:30 [日]12:00−17:00
利用料金や入場料 Black Tea Original Blend(50g) 12.50オーストラリアドル−
参考サイト http://www.lupicia.com.au/storelocation
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 重たいけど…やっぱり「VICTORIA BITTER」

お酒を飲む人で、お土産と言えばやはりその土地との土地の地酒。
ビクトリアビターは、オーストラリアで最大のビール製造メーカー。
オーストラリアで知らない人はいない、有名なビールなんです。
旅の思い出を語りながら家出飲むオーストラリアのビール、おすすめです!

ビクトリアビターの住所・アクセスや営業時間など

名称 ビクトリアビター
名称(英語) VICTORIA BITTER
住所 77 Southbank Blvd, Southbank VIC 3006
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 Victoria Bitter (6packs) 19.36オーストラリアドル
参考サイト https://www.victoriabitter.com.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 オーストラリア発オーガニックコスメブランド「PERFECT POTION」

オーストラリア発「パーフェクトポーション」は、厳選した素材だけを使用し、アロマのある生活をテーマにした、オーガニックアロマとコスメのブランド。
地元オーストラリアでも大人気のコスメブランドで、日本国内でも買う事は可能。
でも、やっぱり、オーストラリア発ですから、お土産として現地で手に入れて頂きたい!お洒落なディフューザー(アロマの機械)なども豊富で、アロマ、コスメ共にお値段も多少お安くなるのでおすすめ!

パーフェクトポーションの住所・アクセスや営業時間など

名称 パーフェクトポーション
名称(英語) Perfect Potion QVB
住所 QVB 33/455 George St, Sydney NSW 2000
営業時間・開場時間 [平日]9:00−18:00(水曜は21:00まで) [日]11:00−17:00
利用料金や入場料 Active Deodorant 15.95オーストラリアドル
参考サイト http://www.perfectpotion.com.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 オーストラリアと言えばコアラ!コアラと言えば?「ユーカリ」

 

オーストラリアを代表する可愛い動物コアラ。
そのコアラが主食とする「ユーカリ」から作られる「Eucalyptus Oil(ユーカリオイル)」は、掃除に…風邪を引き喉が痛いときに…鼻づまりに…筋肉痛に…また、集中力がアップするという効果もあり、アロマとしても用いられます。

Bosisto’sの住所・アクセスや営業時間など

名称 Bosisto’s
住所 61 – 81 Clarinda Road Oakleigh South VIC 3167
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 Eucalyptus Oil (100ml) 6.33オーストラリアドル
参考サイト https://www.bosistos.com.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 オーストラリアでは身近な食材「Halloumi cheese」

 

Halloumi cheese(ハルミチーズ)は、オーストラリアではとても身近なチーズ。
このハルミチーズは、生で食すのではなく、串などにさしてバーベキューでいただいたりと、火を通してからいただくチーズです。
チーズに火を通したら溶けてしまうのでは?!と思われるかもしれませんが、不思議な食感を残したまま、柔らかくなるだけで、どろどろになることはありません。
オーストラリアで初めて食べた!という人の多くが、お土産として買い求めるというハルミチーズ、ぜひ、おすすめ!

Lemnos Halloumi cheeseの住所・アクセスや営業時間など

名称 Lemnos Halloumi cheese
住所 10 Bungaleen Crt, Dandenong South, VIC, 3175
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 Lemnos Organic Haloumi 7.65オーストラリアドル
参考サイト http://www.lemnosfoods.com/lemnos/haloumi-180g/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#11 実用的でオシャレ「エコバック」

海外のお土産で人気なのが「エコバック」。
近年、日本でも、エコバックを持ち歩き買い物をする人が増えています。
そのため、エコバックは喜ばれるんですね!海外のいわゆるご当地エコバックは、お洒落なものが多く、もらったけど使わない…なんてことにもなる確率が低いのでおすすめ!

#12 オーストラリアで最も老舗の「Haigh’s Chocolate」

Haigh’s Chocolate(ヘイグスチョコレート)は、アデレード発祥、オーストラリアで最も歴史がある老舗チョコレートブランド。
シドニーに行けば工場見学&試食もできちゃうんです!品のあるパッケージは、お土産にぴったり。
ティムタム同様にオーストラリアのチョコレートとして有名なので、ぜひおすすめ!

ヘイグスチョコレートの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヘイグスチョコレート
名称(英語) Haigh’s Chocolate Strand Arcade
住所 The Strand Arcade, 1/412-414 George St, Sydney NSW 2000
営業時間・開場時間 [平日]8:30−18:00 (木曜は20:00まで) [土]9:00−17:00 [日]11:00−16:00
利用料金や入場料 Quartet Box 12.70オーストラリアドル−
参考サイト https://www.haighschocolates.com.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#13 可愛い!どれにしようか迷う事必須?!「T2」

 

T2 は、オーストラリア発のオシャレな紅茶専門店。
店内には、可愛いティーカップなども売られており、多くの観光客は、お気に入りのフレーバーの紅茶と、お気に入りのカップをお土産として購入。
種類が豊富なため、迷う事必須!

T2の住所・アクセスや営業時間など

名称 T2
名称(英語) T2 Tea World Square
住所 Melbourne Breakfast Loose Leaf Gift Cube 17.00オーストラリアドル
営業時間・開場時間 [月-土]10:00−19:00(木曜は20:00まで) [日]11:00−17:00
利用料金や入場料 10.52B/644 George St, Sydney NSW 2000
参考サイト http://www.t2tea.com/en/sg/Home
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#14 実用的なのは喜ばれる「Nature’s House」

良質なスキンケア商品、食品を取り扱っている「Nature’s House(ネーチャーズハウス)」で売られている、ユーカリ石鹸は、オーストラリアのお土産として人気。
オーストラリアと言えば、どうしてもユーカリのイメージが強いからでしょうか?ユーカリの精油は、花粉症の症状にも効果があるとも言われているユーカリの成分は、アロマなどにも多く使用されているため、その香りもあまり抵抗なく使用できるかと思います。
食品はいまいち…何を買おう?と迷ったら、実用的で、男女問わない、ユーカリ石鹸をおすすめ!

ネーチャーズハウスの住所・アクセスや営業時間など

名称 ネーチャーズハウス
名称(英語) Nature’s House
住所 7/9 Activity Cres Molendinar QLD 4214
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 Nature’s House Eucalyptus Soap 4.50オーストラリアドル
参考サイト http://www.natureshouse.com.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#15 オーストラリア先住民が生み出した「Aboriginal Art」

 

Aboriginal Art(アボリジナルアート)とは、主にオーストラリアの先住民である、アボリジニが生み出した点画、または、レントゲンのような手法で描かれた絵画のことで、この、アボリジナルアートを使った雑貨がお土産として人気!サーフボードまたは、スケートボードのようなちょっと大きなものから、スニーカーや布小物、マグカップやお皿などの陶器に至るまで、様々なものが売られています。
中でも意外と人気なのが、ブーメラン。
オーストラリアで「点画」をみたら「アボリジナルアートだ!」と思い出して、ぜひお土産にしてくださいね。

Handsomepretty Shopの住所・アクセスや営業時間など

名称 Handsomepretty Shop
住所 64/28 Lonsdale Street Braddon, Canberra ACT 2612
営業時間・開場時間 [日-水]11:00−16:00 [木]10:00−19:00 [金]10:00−18:00 [土]10:00−16:00 月曜定休
利用料金や入場料 商品による
参考サイト http://handsomepretty.com.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#16 なんにでもある万能香料オーストラリア産「dukkah」

 

dukkah(デュカ)は、ハーブ、ナッツ、それに様々な香辛料をすりつぶし混ぜて作られた食香料。
元は、中東で使われるスパイスなのですが、オーストラリアの有名なワイナリー「クレヴァレー」でも、オーストラリア産のナッツやハーブを使用し、オリジナルのデュカが作られ売られるなど、オーストラリアでも馴染みに深い食香料になっています。
その味もブレンドの違いで様々ですので、お好みの物をお土産としていかが?ちなみに、使い方は、サラダ、肉料理、魚料理、パン、様々なものに振りかけて、シンプルにいただく事が多いようですが、ドレッシング作りに使用したり、なんにでも合うので、一度食せば、色々とアイディアが浮かぶかも?!

Evilo Estateの住所・アクセスや営業時間など

名称 Evilo Estate
住所 Farrell Flat Rd, Clare, SA, 5453
営業時間・開場時間 [金-土]10:00−15:30
利用料金や入場料 dukkah 5.50オーストラリアドル−
参考サイト https://www.clarevalley.com.au/directory-listing/evilo-estate
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#17 beerっていうけれどbeerじゃない?「ginger beer」

 

ginger beer(ジンジャービア)は、beerと名がつくけれど、beerではありません。
ジンジャーエールという飲み物ににたテイストのジュースなんです。
私たちが知るジンジャーエールよりも、生姜のパンチが効いており、苦手に思われるかもしれませんが、多くの日本人が、2口、3口と飲み進めると、不思議と「美味しい!」と言うとか…日本人って生姜そのものには馴染みがありますものね!とはいえ、あまり日本ではお目にかかれないため、ちょっと珍しいお土産としておすすめ!

The Bundaberg Brewed Drinks Barrelの住所・アクセスや営業時間など

名称 The Bundaberg Brewed Drinks Barrel
住所 147 Bargara Road, Bundaberg QLD 4670
営業時間・開場時間 [月-土]9:00−16:30 [日]10:00−15:00
利用料金や入場料 Bundaberg Ginger Beer (10Pack) 10オーストラリアドル
参考サイト https://www.bundaberg.com/brew/ginger-beer/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#18 超定番?これは絶対1つは欲しい「コアラ&カンガルー」グッズ

 

オーストラリアと言えば、コアラとカンガルー!お土産品の中にも、コアラ、カンガルーがデザインされた物が沢山ありますね!ぬいぐるみ、キーホルダー、ストラップ、比較的小物が多く、お土産として求めやすいのがうれしい!オーストラリアヲ代表する動物なので、どこに行ったのかも一目瞭然!他のお土産とセットにしてはいかが?

#19 女性に人気!「dusk candles」

オーストラリアのパース発「dusk(ダスク)」のアロマキャンドルは、特に女性に人気。
香りの種類がかなり豊富なうえ、シンプルでお手頃なキャンドルから、可愛いキャンドル、ちょっと贅沢なキャンドルまで、様々。
国内でも手に入りますが、やはり、本場オーストラリアで買うのが一番!日本では売られていないオーストラリアだけの商品など、見つけるのも楽しい!

dusk Pagewoodの住所・アクセスや営業時間など

名称 dusk Pagewood
住所 Westfield East Gardens 152 Bunerong Rd, EAST GARDENS NSW 2036
営業時間・開場時間 [平日]9:00−17:30(木曜は21:00まで) [土]9:00−17:00 [日]10:00−17:00
利用料金や入場料 Assorted Signature 4pk Tealights 4.99オーストラリアドル
参考サイト https://www.dusk.com.au/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

さあ、ぴったりのお土産探しの旅に出かけよう!

 

オーストラリアのお土産ならこれ!という事で、お土産にぴったりの19の商品を厳選してご紹介してまいりました。
オーストラリアのお土産と言えば、チョコレート!という印象を持たれるかたが少なくないと思うのですが、チョコレートばかりお土産にしても面白みに欠けますよね!オーストラリアならではの物、オーストラリア発の物、これを買わなければ、せっかくの旅の思い出が薄れてしまいます。
定番の商品、これは?!という商品をうまい事組み合わせて、あなたらしい、ぴったりのお土産を探してみてくださいね!
photo by PIXTA
格安航空券を今すぐ検索!/

出発地:

到着地:

行き:

帰り:

大人 子供 幼児

TRAVELIST by CROOZ