伊豆のパワースポット20選。都内から日帰りもおすすめ

東京からも近く、豊富な温泉と海の恵みも山の恵みも楽しめる観光エリアとして人気の伊豆。温泉で体の疲れを癒し、美味しいものを食べる旅にあわせて、運意をアップさせてくれる名所めぐりはいかがでしょう。伊豆半島でおすすめのパワースポット、20カ所をご紹介します。

日帰りにも宿泊にもおすすめの 伊豆

日帰りにも宿泊にもおすすめの 伊豆

image by iStockphoto

富士山を仰ぎ、駿河湾、相模湾を分ける大きな伊豆半島。
東伊豆、南伊豆、西伊豆、中伊豆とそれぞれに地形や景色が異なり、その土地ならではグルメもあります。
伊豆半島全体がドライブしやすいように道路や標識なども整備されていますが、逃げ道が少なく、観光シーズンは渋滞もしやすいので事前チェックを。
東京方面から電車を使っての日帰りも可能なスポットもおすすめですよ。

大きな楠のご神木 来宮神社 (熱海市)

正式には、人が木に集まるという漢字で書かれる「來宮神社(きのみやじんじゃ)」。
千三百年以上昔、熱海の海で漁夫が網に入った木像をみつけ、それが「五十猛命いたけるのみこと」であり、健康長寿、商売繁盛の神様であり、祀られたことでできた神社です。
ご神木のクスノキをゆっくりと一周するとパワーを感じることができるでしょう。

来宮神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 来宮神社
住所 静岡県熱海市西山町43-1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kinomiya.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

静岡県内でも最も古い創立 伊豆山神社 (熱海市)

鎌倉時代には源頼朝が北條政子との愛を育んだと言い伝えられ、縁結びのパワーを受けられる「伊豆山神社」。
「走り湯」といわれる湧きでるお湯を神格化した神社で、伊豆国の語源の由来ともなっています。
赤白二つの龍がシンボルとなっていて、赤は火、白は水力を持ちあわせて温泉を創り出す守護神とされています。

伊豆山神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 伊豆山神社
住所 静岡県熱海市伊豆山上野地708−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://r.goope.jp/izusanjinjya/free/about
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

恋人の聖地 ムーンテラス (熱海市)

熱海の海岸線にある熱海親公園に、水石のアーチが並ぶムーンテラスがあります。
ここには「恋人の聖地」とされる碑があり、ここで愛を誓うカップルや、恋人が欲しい人の願いをかなえてくれるといわれています。
砂浜をライトアップした景色も美しいので、日が沈んでから訪ねるのもおすすめです。

ムーンテラスの住所・アクセスや営業時間など

名称 ムーンテラス
住所 静岡県熱海市渚町2018−8
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=739
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

お鉢巡りをしたい 大室山 (伊東市)

標高580メートルの小高い丘のようにな形をしている「大室山」。
リフトに乗って山頂につくと、噴火口をぐるっと囲むように、遊歩道が整備されています。
1周約1キロのこの道を歩くことを、お鉢めぐりといって、願いごとをしながら歩くとよいと言われています。
天気が良い日には、伊豆の海から富士山も360度のパノラマが楽しめるので、ビュースポットとしてもおすすめです。

大室山の住所・アクセスや営業時間など

名称 大室山
住所 静岡県伊東市富戸
営業時間・開場時間 9:00〜16:15(10/1−3/5) 9:00〜16:45(3/6−3/15) 9:00~17:15(3/16−9/30)
利用料金や入場料 リフト料金:大人往復500円 小人往復250円
参考サイト http://omuroyama.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

親子イチョウも親しまれる 伊那下神社 (松崎町)

古代より海の神と山の神を祭り、海を航行する漁船の守り神としても信仰を集めているのが、松崎町役場の近くにある「伊那下神社(いなしもじんじゃ)」です。
境内には、樹齢千年をこえる大きなイチョウの樹があり、これを母いちょうと呼び、近くにある父と子のイチョウとあわせて「親子いちょう」といわれています。
秋に色づくと海からも見えるほどの黄色だといわれていますよ。

伊那下神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 伊那下神社
住所 静岡県賀茂郡松崎町松崎28
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.inasimo-jinja.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

自然にできた絶景ポイント 龍宮窟 (下田市)

下田の田牛(とうじ)にある、海岸線の崖が、うちつける波で削られて大きな洞窟のようになているのが「龍宮窟(りゅうぐうくつ)」です。
天井が大きく崩れていて、日の光が差しこみ、白い砂浜と海の青と、神秘的な景色をつくりだしています。
洞窟の砂浜もはもちろん、遊歩道が整備されていますので、上からのぞき込むとハート型をした地形を見つけられれば、幸運がめぐってくるそうですよ。

龍宮窟の住所・アクセスや営業時間など

名称 龍宮窟
住所 静岡県下田市田牛
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shimoda-city.info/tourism/ryugukutsu.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伊豆最古の神社 白浜神社 (下田市)

2400年以上の歴史があると伝えられている、「白浜神社」。
正式には「伊古奈比咩命(いこなひめのみこと)神社」といい、主神として祀られているのが、縁結びと子育ての女性神なことから、縁結びの神様として親しまれています。
伊豆にやってきた神様がつくった島々を見守るように、赤い鳥居が海岸際に建っています。

白浜神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 白浜神社
住所 静岡県下田市白浜2740
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ikonahime.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

幸せを招く鐘を鳴らせます ユウスゲ公園 (南伊豆町)

伊豆半島の南端には激しい波が打ち付け、浸食されて険しい地形が多いなか、なだらかな高原が広がっています。
ここが「ユウスゲ公園」で、広い海を見渡せるだけでなく、ユウスゲの花の咲く夏、ススキの茂る秋などと季節によって表情を変える絶景ポイント。
ハッピーベルと名付けられたモニュメントがありますので、ハッピーに恵まれるよう鳴らしてみましょう。

ユウスゲ公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 ユウスゲ公園
住所 静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.minami-izu.jp/entry.html?id=6733
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゴールドパワーをもらう 土肥金山 (伊豆市)

伊豆市土肥にある「土肥金山」は、江戸時代から昭和初期まで、実際に金の採掘をしていた場所にある、観光施設です。
当時の様子がわかる坑道を歩いて見ることができ、黄金館ではギネスブック認定の世界一の巨大金塊を見てふれることもできますよ。
子どもと一緒に大人も夢中になってしまう砂金採りも体験できますので、金の力を分けてもらえるよう立ち寄ってみてはいかがでしょう。

土肥金山の住所・アクセスや営業時間など

名称 土肥金山
住所 静岡県伊豆市土肥2726
営業時間・開場時間 9:00~17:00
利用料金や入場料 大人860円 小人430円
参考サイト http://www.toikinzan.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

恋のパワースポット 恋人岬 (伊豆市)

土肥の温泉街から海岸沿いに南へ約5キロほどの場所にあるのが、「恋人岬」。
名前の通り、岬にある鐘を3回鳴らしながら愛しい人の名前を呼ぶと、愛が実るといわれています。
展望デッキも整備され、西伊豆の海から富士山をのぞむことができ、美しい景色の前で、結婚式を挙げることもできますよ。

恋人岬の住所・アクセスや営業時間など

名称 恋人岬
住所 静岡県伊豆市小下田242−1
営業時間・開場時間 9:00~17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?pid=2528
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トンボロ現象に出会えればラッキー 三四郎島 (西伊豆町)

西伊豆堂ヶ島の海岸に連なる小さな島が4つあって、見る角度によっては3島にも見えることから「三四郎島」といわれるスポットがあります。
ここでは、干潮時に島々をつなぐ道が現れるようにみえる、自然の不思議な現象に出会えるかもしれません。
トンボロ現象といって、珍しい現象ですが、いつでも歩いて渡れるのではないので、季節や干潮時間を調べてトライしてみてはいかがでしょう。

三四郎島の住所・アクセスや営業時間など

名称 三四郎島
住所 静岡県賀茂郡西伊豆町仁科
営業時間・開場時間 干潮時間による
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://nishiizu-kankou.com/seeing/2013/04/post_12.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

病を治した伝説もあります 独鈷の湯 (伊豆市)

修善寺温泉のシンボルとして、温泉街のほぼ中心にある「独鈷の湯(とっこのゆ)」。
平安時代に、ここを流れている桂川の冷たい水で、病気の父の背中をながしている息子をみつけた空海が、独鈷という金銅製の杵で岩を砕き、温泉を湧出させたという伝説から名づけられました。
その父親の病気が治ったことからも、温泉療養の地として修善寺が知られるようになっています。

独鈷の湯の住所・アクセスや営業時間など

名称 独鈷の湯
住所 静岡県伊豆市修善寺838−1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料(見学のみ)
参考サイト http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?pid=2376
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

空海が修行をした 修善寺奥の院 (伊豆市)

修善寺温泉街より西、湯舟集落にある「奥の院」と呼ばれている「正覚院(しょうかくいん)」。
若き空海が修行をし、この地にいる妖魔を封じ込めたといわれる石が残っています。
阿吽の滝があり、ひんやりとした空気に気持ちも浄化されるような気持ちになると思います。
静かな場所で、ゆっくりと瞑想してみるのもおすすめスポットです。

修禅寺奥の院(正覚院)の住所・アクセスや営業時間など

名称 修禅寺奥の院(正覚院)
住所 静岡県伊豆市修善寺2940-1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?pid=2300
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

良縁パワーをもらう 寝姿山 (下田市)

View this post on Instagram

#izu

A post shared by @ post_yaf on

下田市内からながめると女性が寝ているようにもみえることから「寝姿山」とよばれ、ロープウェイで登ることができます。
展望台からは、下田の湾と島々を眺めることができる絶景ポイントでもあり、赤色の小さなお堂「愛染堂」での縁が結ばれることを願うこともできます。
やすらぎ地蔵もあり、そこから和み玉を投げて、縄の和を通ると絆がより深まるといわれているので、ぜひ挑戦を。

寝姿山の住所・アクセスや営業時間など

名称 寝姿山
住所 静岡県下田市東本郷1-3-2
営業時間・開場時間 9:00~17:00
利用料金や入場料 ロープウェイ:往復大人1,030円 子供510円
参考サイト http://www.ropeway.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

安産祈願に 音無神社 (伊東市)

源頼朝が北條政子と結ばれる前に、八重姫という女性と密会をしていた場所が「音無神社」です。
ここに祀られている神様が、安産の神様であることから、今でも底面を抜いた柄杓を納めて、安産祈願をする人たちが多くいます。
樹齢1000年をこえるタブの樹があり、この木のそばで頼朝と八重姫は語らっていたといわれているので、恋愛パワーもいただけそうですね。

音無神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 音無神社
住所 静岡県伊東市音無町1-12
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://shizuoka-jinjacho.or.jp/shokai/jinja.php?id=4402278
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

帆柱を見逃しなく 石室神社 (南伊豆町)

View this post on Instagram

伊豆半島七不思議のひとつ 石室神社

A post shared by どかどか (@dokatan148) on

伊豆半島の南端、石廊崎の先端に足を進めると鳥居があり、そこにあるのが「石室(いろう)神社」です。
江戸時代に塩を運んでいた舟が、海上で難破しそうになった時に、無事に江戸に到着できれば帆柱を献上すると神頼みしたところ、無事に江戸に着き、帰路で帆柱を切り落としたものが、土台となっているといわれています。
この伝説の帆柱が土台となっていることを、実際に見ることもできますよ。

石室神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 石室神社
住所 静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎9
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://izugeopark.org/maps/area-minamiizu/irouzaki_ikenohara/iroujinja/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マイナスイオンに癒される 七滝巡り (河津町)

河津町にある大小の滝7つが近接してある「七滝(ななだる)温泉」。
この滝を歩いて周れるように遊歩道が整備されていて、60~80分程をかけて、季節ごとに楽しめる風景を眺めたり、吊り橋を渡ったりして、林の中を滝と木々のマイナスイオンをたっぷりと浴びることができます。
温泉街もあるので、歩いた疲れを温泉で癒すのもよいですね。

七滝温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 七滝温泉
住所 静岡県賀茂郡河津町七滝温泉
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nanadaru.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

海のすぐそばにあるのに淡水 大瀬の神池 (沼津市)

土肥温泉から沼津に向かう海沿いにある、大瀬崎にある「大瀬(おせ)神社」。
684年に起きた大きな地震で海底が隆起してできた岬で、富士山に向かって建立された大瀬神社のそばで、直径100メートル近くもあるのが「神池」です。
海がすぐそばで、標高も1メートルほどなのに、淡水魚がたくさん生息している不思議な池。
岬をぐるりと散策して、自然の不思議を感じてくださいね。

大瀬の神池の住所・アクセスや営業時間など

名称 大瀬の神池
住所 静岡県沼津市西浦江梨329
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.numazu.shizuoka.jp/citypromotion/takara/shizen/14_kamiike.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

子宝の杉のある 日枝神社 (伊豆市)

弘法大師がひらいた修善寺の、鬼門を守るようにと建立された「日枝(ひえ)神社」。
古くからあるために、樹齢を重ねた大樹に囲まれて、その一つが根は1つなのに、股のように2本に真っ直ぐ伸びた杉があり、ここをお参りすると、子宝を願うご夫婦にパワーを分けてくれるといわれています。
樹齢800年以上もある杉なので、神秘の力も感じられそうですね。

日枝神社の住所・アクセスや営業時間など

名称 日枝神社
住所 静岡県伊豆市修善寺
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?c1=7&c2=8&aid=1&pid=2304
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

恋愛パワーをアップさせる 恋の橋めぐり (伊豆市)

修善寺温泉の中央をながれる桂川にかかる橋、5つをめぐると恋愛成就や二人の結びつきがより強くなるといわれている「恋の橋めぐり」ができます。
源頼朝が愛を育んだ場所ともいわれ、みそめ、あこがれ、結ばれ、寄り添い、やすらぎの順番に渡り、最後に修善寺を訪ねるとよいそうです。
四季ごとの美しい写真も撮れるので、足湯にもつかりながらゆっくり歩いてみてはどうでしょう。

恋の橋めぐりの住所・アクセスや営業時間など

名称 恋の橋めぐり
住所 静岡県伊豆市修善寺
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shuzenji.info/blog/item_4.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

どんなパワーに魅力を感じますか

 

古代の海底地震や富士山の噴火でできた地形ならではの自然からのパワー、観光エリアだからこその運気アップ、などといろいろ紹介しました。
どこか気になるパワースポットはありましたでしょうか。
ぜひ伊豆の魅力を体感してくださいね。
photo by PIXTA and iStock