ディズニーシーのアトラクション人気ランキング TOP10

ディズニーシーは7つのテーマポートに分かれており、アトラクションも各テーマに合わせてつくられています。世界各国の海を冒険しているかのような気分を味わうことができ、全制覇したくなること間違いありません。中でも一押しのアトラクション上位10個を独断で決めてみました!

【ディズニーおすすめ記事はこちら♪】
これで完璧!ディズニーランドのお土産徹底ガイド
凝縮!全パターン網羅!ディズニーのペアルック30案

10位【タートル・トーク】

「アメリカンウォーターフロント」にあり、ゲスト参加型のシアタータイプのアトラクション。
映画『ファインティング・ニモ』に登場するカメのクラッシュと一緒に楽しいおしゃべりをしていきます。

クラッシュは決まったセリフだけではなく、ゲストの問いかけにアドリブで応えてくれますので毎回違い何度も楽しめるところが人気のポイント。

ゲストの中からランダムに選ばれ、選ばれたゲストのみがクラッシュに好きな質問をすることができます。
老若男女問わず楽しめるため上位にランクイン。

クラッシュにどうしても質問したい場合は、派手なファッションで臨みましょう。
目立つ格好をしていくと当てられやすい傾向にあるようです。

クラッシュの頭の回転の良さ脱帽。
有名なお笑い芸人もお墨付きのトークスキルで会場を大いに盛り上げてくれますよ♪

9位【アクアトピア】

「ポートディスカバリー」にある回転タイプのアトラクション。
斬新なデザインのウォーターヴィークルに乗り込み、ハラハラドキドキの水上散歩を楽しみます。
未来のマリーナをテーマにしたポートディスカバリーにぴったりのアトラクション♪

渦巻きに巻き込まれそうになったり、滝に突っ込みそうになったりとヴィークルの予測不能な動きにテンション上がること間違いありません。

夜にはパープルやピンクライトアップが光り輝き幻想的な雰囲気に包まれ、昼とは全く違う印象に。
カップルはぜひ夜に乗ってみてくださいね!

8位【マーメイドラグーンシアター】


taichan8810 (引用元:Instagram)

「マーメイドラグーン」にあるシアタータイプのアトラクション。
映画『リトル・マーメイド』の世界が堪能できるミュージカルショーを開催。
ゆっくり室内で鑑賞を楽しむことができ、さらに大人から子供まで万人に愛されるショーで上位にランクインです。

ショーで披露するのは映画の中で登場する「パート・オブ・ユア・ワールド」をはじめ「アンダー・ザ・シー」など名曲揃い。
アリエルが海の中で泳ぎまわる華麗なパフォーマンスに大人も圧巻です!

リニューアル後は海の魔女「アースラ」の登場シーンが無くなったことで、終始明るくハッピーなショーに生まれ変わりました。
以前はアースラの登場シーンで泣いてしまうお子さんもいたそうです。

リニューアルに伴い人気が再浮上。
ファストパス対象アトラクションになりましたので、こちらを上手に活用しましょう。

7位【海底2万マイル】

「ミステリアスアイランド」にあり、小型潜水艇で未知なる海底世界の旅へ冒険していくアトラクション。
世界的に有名な小説家ジュール・ヴェルヌが書いた『海底二万里』がモデルになっています。

ディズニーシーのキャッチコピーである「冒険とイマジネーションの海へ」にふさわしいアトラクションという理由で上位にランクイン。

冒険心と探求心をくすぐり、好奇心旺盛な子供は大喜び♪潜水艇に設置された手元のサーチライトで海底の様子をのぞいてみよう!謎の生命体や地底生物も見ることができ、冒険好きやSFの世界観が大好きな方にもおすすめのアトラクションです。

実際に海底へ潜っているかのような演出が見どころ。
暗いところと大きな音にビックリしてしまう小さなお子さんが多いので、3歳から乗る事をおすすめします。

6位【ヴェネツィアン・ゴンドラ】

「メディテレーニアンハーバー」に乗り場があり、ゴンドラに乗ってシーのメインハーバーをゆったりと巡っていくアトラクション。

陽気なゴンドリエたちと一緒にヴェネツィアの街並みを眺めながら優雅に運河を巡っていきます。
ディズニーシーの美景をたっぷり堪能でき、まるでイタリアへ旅行に訪れた気分を味わう事ができちゃいます。

夜には街中が煌く光に包まれ、運河に映るヴェネツィアの姿を眺めながらのゴンドラは実にロマンティック♡願い事が叶う橋の下をくぐる場面もあり、恋人同士で乗りたいアトラクションです。

5位【レイジングスピリッツ】

「ロストリバーデルタ」にあるコースタータイプのアトラクション。
パーク内で唯一の360度回転するスリリングなアトラクションです。

古代神が眠る神秘に満ちた崩れかけの発掘現場が舞台。
神の逆鱗に触れコースターは大暴走!?まさに天地がひっくり返るほどの奇想天外な体験をすることができますよ。

他のコースターと比べ乗車時間は約90秒と短め。
他のスリル系ライドと比べあっという間に終わってしまうので恐怖度はそこまで高くはありません。

夜にはライド中にパークの夜景を眺めることができ爽快感がアップしますよ!絶叫系が好きな方はぜひスリル感が増す夜に乗りましょう♪

4位【トイ・ストーリー・マニア】

「アメリカンウォーターフロント」にあるアトラクションで、映画『トイ・ストーリー』の世界を堪能することができます。

「トロリーパーク」の入口に見える大きな口を大きく開けたウッディ。
このウッディの口の中へ入ると、ゲストもおもちゃになってしまうという設定。
おもちゃになったゲスト達は、ウッディ達のいるおもちゃの世界へ飛び込みシューティングゲームをしていきます。

ライドの際に渡される専用のメガネを装着すると、狙うターゲットたちが3D映像になり迫力も臨場感もアップ!子供のみならず大人までハマってしまう面白さです。

アトラクションの最後には自分のヒットしたターゲットの数が表示されるので、みんなで得点を競い合うこともできますよ。
自分の得点をスマホでメモしといて、乗る度に記録を更新させていくのも面白そうですね。

ゲームが苦手な方でも簡単に操作でき、友達と一緒に乗れば盛り上がること間違いありません。
オープン以来長蛇の列が後を絶たないほどの人気アトラクションです。

混雑時にはファストパスの発券が午前中で終了してしまうことも。
シー開園と同時に入園し、朝一で取りに行くのが良いでしょう。

3位【インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮】

「ロストリバーデルタ」にあり映画『インディ・ジョーンズ』シリーズをテーマにしたアトラクション。

インディ博士の助手であるパコが企画する魔宮ツアーにゲストは参加。
「若さの泉」を求めジープに乗って探していたところ、クリスタルスカルの逆鱗に触れ車が暴走!スリリングな体験ができる人気アトラクションです。

スリル系ライドながらも、絶叫マシーンが苦手な方でも乗れる「程よいスリルさ」が人気の秘密。
ストーリー性がしっかりあり、大人も楽しめることから上位にランクイン。

傾斜の緩い落下ポイントが一か所ありますが、コースタータイプではありません。
実際の車の動きを再現しており、横揺れが激しいイメージです。
そのためポッケに携帯を入れて途中で落とすゲストが多いので、忘れずカバンに入れておきましょう

キューライン(待ち列)にも発掘に関係する楽しい装飾が施され、並んでいる時から気分は冒険家♪こちらもファストパスを使ってスムーズに乗りましょう。

2位【センター・オブ・ジ・アース】

「ミステリアスアイランド」にあるスリル系ライドのアトラクション。
「海底2万マイル」と同じくジュール・ヴェルヌが書いた小説「地底旅行(探検)」をモチーフにしており、SF好きにはたまらない世界観が味わえます。

ゲスト達は天才科学者ネモ船長がつくった地底走行車で未知なる地底の世界へ探検していきます。
しかし!突然火山が噴火し、ゲストを乗せた地底走行車は地上へと吹き上げられてしまうというスリル満点のアトラクション。

落ちる瞬間の最高速度は時速75キロメートル。
パーク内で最速の乗り物として人気が高いです。
また発光キノコや水晶、溶岩からうまれた「ラーバモンスター」などSFゲームに登場しそうな世界が広がり、また違ったディズニーを楽しめるのもポイント。

キューラインには精巧につくられたネモ船長の実験室や研究室なども見ることができ、スタンバイ中の時間も有意義に過ごすことができますよ。

また落下時に一瞬だけパークの景色を見る事ができます。
夕焼けで赤く染まるパークやキラキラ夜景のパーク、乗る時間帯によって見える景色が変わるので、余裕が出てきたら楽しんでくださいね♪

1位【タワー・オブ・テラー】

「アメリカンウォーターフロント」にあり、パークで唯一の垂直落下するフリーフォールタイプのアトラクション。

舞台は1912年のニューヨーク。
13年前に起きたホテルオーナー失踪事件が未解決のまま、ホテルの見学ツアーが開催。
ゲスト達はこれに参加し、ホテルで次々と起こる謎の怪奇現象を目の当たりに!

落ちる瞬間の浮遊感と乗りながら見えるパークの景色が人気で1位にランクイン。
特に夕暮れ時がおすすめ。
地平線に沈んでいく真っ赤な太陽と、宝石のように輝くイルミネーションのコントラストが素敵です。

落ちる瞬間はつい隣の人を掴みたくなり一緒に乗れば親密度もアップ!ぜひ気になるあの人と乗ってみてくださいね♪

深い世界観がシーの魅力

 

ディズニーシーには映画や小説がモチーフになったアトラクションたくさんあり、深いストーリーを堪能できるのも魅力のひとつ。
アトラクションを120パーセント楽しむため、パークへ遊びに行く前に作品をチェックしてみてはいかがでしょう。
この先も新しいアトラクションが続々と登場する予定で目が離せません♪
photo by PIXTA , iStock and so on.