航空宇宙博物館など珍しいミュージアムも。「サンディエゴ」で見たい博物館・美術館7選

世界各地に存在する博物館に残る作品、歴史的貴重品の数々。長い時代を生き抜いて現代に残ってきた作品たちは見る者に美しさや歴史を見せてくれ、見たものはそこからさまざまな人生のヒントを得ることもあります。今回はそんな博物館から、日本から約11時間30分の「アメリカ・サンディエゴ」の博物館について見てみましょう。

約50年にわたり活躍「海軍航空博物館」

約50年にわたり活躍「海軍航空博物館」

image by iStockphoto

これは「ミッドウェイ」と呼ばれるアメリカ海軍の航空母艦で、1943年から1992年にかけて活躍したもの。
サイズは全長296m、全幅34.4m。
満載排水量6万4000トンで、退役するまでベトナム戦争や湾岸戦争といった戦争に参加しました。
2004年からは「ミッドウェイ博物館」として開館、運転シミュレーターや留置場、娯楽室などの内部見学で現役時代の姿を見ることができます。
見学後は関連グッズや書籍が揃うミュージアムショップ、カフェも見たいところ。
住所: 910 N. Harbor Drive, San Diego, CA 92101-5811

image by iStockphoto

image by iStockphoto

海軍航空博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 海軍航空博物館
名称(英語) USS Midway Museum
住所 910 N. Harbor Drive, San Diego, CA 92101-5811
営業時間・開場時間 10:00−17:00
利用料金や入場料 大人20ドル シニア17ドル 学生16ドル 子供10ドル
参考サイト http://www.midway.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

航空分野の展示が充実「航空宇宙博物館」

航空分野の展示が充実「航空宇宙博物館」

image by iStockphoto

サンディエゴ航空宇宙博物館は1963年に開設された博物館で、1980年にかつてのフォード・ビルに移転。
展示物は宇宙分野より航空分野のものが圧倒的に多いとされ、「ロッキード A-12 オクスカート」や「ボウラス SP-1 ペーパーウイング」のレプリカ、「コンベア YF2Y シーダート」などの航空機を展示しており、中には日本の「零式艦上戦闘機」も。
そのほか売店には多数のグッズも完備しており、航空機ファンは貴重な航空機の数々とともに楽しんでは。
住所:2001 Pan American Plaza, San Diego, CA 92101

サンディエゴ航空宇宙博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンディエゴ航空宇宙博物館
名称(英語) San Diego Air & Space Museum
住所 2001 Pan American Plaza, San Diego, CA 92101
営業時間・開場時間 10:00−16:30
利用料金や入場料 大人19.75ドル シニア/学生16.75ドル 子供10.75ドル
参考サイト http://sandiegoairandspace.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1950年代以降の現代美術を展示「現代美術館」

1950年代以降の現代美術を展示「現代美術館」

image by iStockphoto

サンディエゴトロリー・ブルーラインの始発駅「アメリカ・プラザ駅」の中にある現代美術館。
コレクションは1950年以降に制作された約4,700以上あり、ジャンルも絵画から彫刻、写真、ビデオなど多数。
中でも最大のコレクションは1960年代から1970年代のポップアート、1960年代から現在までのコンセプチュアルアートやカリフォルニア・サンディエゴ/ティファナ地方の作品。
また美術館北東側にはミュージアム・カフェもあり、地元農家産の食材を使った料理を提供。
住所:1001 Kettner Blvd., San Diego, CA 92101

サンディエゴ現代美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンディエゴ現代美術館
名称(英語) MCASD Downtown
住所 1001 Kettner Blvd., San Diego, CA 92101
営業時間・開場時間 11:00−17:00 水曜休館
利用料金や入場料 一般10ドル シニア5ドル 25歳以下無料
参考サイト http://www.mcasd.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サンディエゴを代表する観光スポット「バルボア・パーク」

サンディエゴを代表する観光スポット「バルボア・パーク」

image by iStockphoto

サンディエゴ中心部にある「バルボア・パーク」は、サンディエゴ中心地にある巨大な公園。
公園自体は100年の歴史を誇る歴史的な公園で、園芸施設は130種類以上のバラを揃える「アイネズ・グラント・パーカー・メモリアル・ローズ・ガーデン」や美しい日本庭園が存在し、園内1番の見どころに。
サンディエゴを代表する観光スポットの1つであり、敷地内には博物館や美術館などその他の施設も。
多数の見どころをすべて回りたい場合は園内を巡回する無料バスが利用可能。
住所: 1549 El Prado, San Diego, CA 92101

image by iStockphoto

バルボア・パークの住所・アクセスや営業時間など

名称 バルボア・パーク
名称(英語) Balboa Park
住所 1549 El Prado, San Diego, CA 92101
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.balboapark.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スペイン宮殿風の建物が特徴「サンディエゴ美術館」

こちらはバルボア・パーク内にある小さな美術館で、スペイン宮殿風の黄茶色の屋根瓦、茶色のファサードが特徴的な2階建ての建物。
展示品はジョットからフラ・アンジェリコなどのイタリア絵画からルネサンス、バロックなどの古典絵画から現代美術まで豊富。
日本の鎧兜や浮世絵、インド・中国などの仏像といったアジア地域の品も展示。
小さいながら市塗料の豊富さで評価が高く、毎年50万人以上の人が鑑賞に訪れるとされています。
住所:1450 El Prado in Balboa Park, San Diego, California, US

サンディエゴ美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンディエゴ美術館
名称(英語) The San Diego Museum of Art
住所 1450 El Prado in Balboa Park, San Diego
営業時間・開場時間 10:00−17:00 (金曜は20:00まで,日曜は12:00より) 水曜休館
利用料金や入場料 大人15ドル シニア10ドル 大学生8ドル 17歳以下無料
参考サイト http://www.sdmart.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

15世紀以降の絵画などが揃う「ティムケン美術館」

ティムケン美術館はバルボアパーク内に1965年に設立された美術館。
コレクションは15~19世紀のヨーロッパ絵画などが揃い、ミュリロの磔刑図、バルトロメオ・ヴェネト、イタリアではヴェロネーゼの「聖エリザベスと幼子洗礼者ヨハネといる聖母子」やベルギー・フランドル派のピーター・ブリューゲルなどが代表的なもの。
展示室は全5室と小規模なもので、入場料は無料。
隣にあるサンディエゴ美術館とともにこちらも訪れてみては。
住所:1500 El Prado, San Diego, CA 92101

ティムケン美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ティムケン美術館
名称(英語) Timken Museum of Art
住所 1500 El Prado, San Diego, CA 92101
営業時間・開場時間 10:00−16:30(日曜は12:00より) 月曜休館
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.timkenmuseum.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界最大の室内鉄道模型がずらり「鉄道模型博物館」

こちらもバルボアパーク内にある博物館で、鉄道模型を取り扱った鉄道博物館。
館内にずらりと並ぶのは世界最大とされる室内の鉄道模型で、人物や街の風景、建物や店など細部にこだわった造りは必見。
細かく造られたおもちゃの鉄道コレクションもあり、電車好きの子どもも大人も夢中になることでしょう。
また館内では模型の製作、管理に携わっている方からお話を聞けるときもあるとされ、機会があればぜひ聞いてみては。

鉄道模型博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 鉄道模型博物館
名称(英語) San Diego Model Railroad Museum
住所 1649 El Prado, San Diego, CA 92101
営業時間・開場時間 [火-金]10:00−16:00 [土日]11:00−17:00 月曜休館
利用料金や入場料 大人10.75ドル シニア8ドル 学生5ドル 子供4ドル
参考サイト http://www.sdmrm.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

歴史や芸術を楽しめるスポットに

今回見てきたサンディエゴの博物館は巨大な戦艦、精巧な鉄道模型や現代美術など、歴史や芸術を楽しめるスポットになっています。
サンディエゴ旅行の際はそうした博物館へぜひ出かけてみては。
photo by iStock