観光する前に知りたい!神秘のパワースポット「清明神社」の歴史と見どころ

公開日:2020/3/5 更新日:2020/3/5

トラベルパートナー:京都在住トラベルパートナー

京都府在住のトラベルパートナーがその土地のおすすめスポットをご紹介。
地元の人しか知らない穴場情報や、絶対食べてほしいおすすめのグルメ情報をお届けします!

まだまだある清明神社の楽しみ方

晴明祭(せいめいさい)

晴明祭は、晴明神社の中で最も重要な祭儀です。
祭神である安倍晴明が年に一度、この地に舞い降りてくると伝承されているお祭。
2日にかけて行われます。
宵宮祭(秋分日の前夜)

例祭の前夜の午後7時より宵宮祭があります。
「湯立神楽」が奉納されます。
湯立神楽とは、大きな釜に湯を沸かし、清めの御塩と供物の御米そして御神酒を注ぎます。
そしてその熱湯に巫女が笹を浸し勢いよく左右に振って湯滴を飛ばす神楽です。
この湯滴を浴びることで、邪気祓いや無病息災のご利益が得られるといわれており、無病息災を願うたくさんの人々がこの熱いお湯を競うように浴びます。
また、その後は地元の子どもたちが列をなして「ちびっこお迎え堤灯行列」が行われます。

例祭(秋分日)

一年でもっとも重要な祭儀がはじまります。
氏子奉賛会や講社員が多数参列して、献茶や献花等がおこなわれ、清明神社の鳥居前には、露店が出てこの日は大変賑わいます。

神幸祭(秋分日)

例祭の午後から祭儀です。
神輿が担がれます。
少年鼓笛隊を先頭に神輿は、午後1時に本社を出発。
堀川通を中心にして、西は智恵光院通・北は寺ノ内通・南は下長者通の間を氏子町内をくまなく練り歩きます。
少年鼓笛隊、菊鉾、扇鉾、獅子、御神宝、飾馬をはじめ晴風稚児、八乙女、四神稚児など約500名ほどの人々が装いも美しく供奉します。
とても大規模なお祭りなので、ご興味がある方はぜひ行ってみて下さいね。

清明神社で姓名判断!

清明神社は、姓名判断でも大変人気が高いのをご存知でしたか?
この姓名判断は、最近のブームではなく昔から行っており、以前からとても人気とのことです。
そして、とても当たると評判。

清明神社の本殿に向かって右側に人生相談を行う社務所があります。
立て札があり宮司さんが占ってくれます。
月曜日〜土曜日の9時から16時まで行っているそうで、予約制ではなく先着順。
15分程度で料金は3000円〜5000円。
宮司さんの予定で実際の占いの時間や曜日は変更になることもあるので、問い合わせしてから伺った方が良いかも知れません。
曖昧な言葉ではなく、ズバッと言い当ててくれるそうですよ。
占いの際には、鑑定書をいただけます。
とても人気で2時間待ちの日もあるそうなので、時間に余裕を持って訪れたいですね。



清明神社で名付け!

清明神社は、名付けでも有名です。
清明=姓名!日本人は語呂合わせが好きなのかもしれません。
特に京都で生まれた方は、清明神社で名前を付けて頂くことが多いそうです。
生まれた後にしか鑑定できない、また芸名などは断られる可能性があると言われています。
名付けは、「名前鑑定」と言われており、

・両親の名前

・生まれた子供の性別

・生まれた子供の誕生時間

・生まれた子供の兄弟、姉妹の名前

・名前に入れたい漢字や読み(希望がある場合のみ)

が必要になります。
先に述べた姓名判断と同じように社務所にて宮司さんが占ってくださり、「人生一代之運命鑑定書」を頂けます。
そこには、何通りからの候補の名前が書かれており、説明と運気を教えてもらえます。
鑑定料は5000円。
お子さんの名前で悩んでいる方は相談されると良いかも知れませんね。
京都では、清明神社で名付けをしてもらう方は本当の多いそうですよ。

次のページ
アクセス方法 >>