アメリカ 「ロサンゼルス」に行ったら見ておきたい! 博物館・美術館8選

歴史的な品々、美術品を収める博物館・美術館。世界に存在するそうしたスポットには今の時代に歴史を伝える品々があり、観光スポットの定番に挙げられることも多いでしょう。今回はそんなスポットからアメリカ有数の大都市「ロサンゼルス」の博物館・美術館を見てみましょう。

西海岸最大級の美術館「ロサンゼルス・カウンティ美術館」

西海岸最大級の美術館「ロサンゼルス・カウンティ美術館」

image by iStockphoto

カウンティ美術館は「LACMA(ラクマ)」の愛称で親しまれる巨大美術館で、西海岸最大級の美術館。
敷地内には8つの美術館が存在し、アンディ・ウォーホルなどの現代美術中心の「ブロード現代美術館(BCAM)」、ピカソやマティスなどヨーロッパや近代美術作品が見られる「アーマンソン・ビルディング」など、世界中の美術品約25万点以上を展示。
その他には劇場やカフェなどがある「ビング・センター(Bing Center)」もあり、鑑賞に丸1日かかることも。
住所:5905 Wilshire Blvd., Los Angeles

image by iStockphoto

ロサンゼルス・カウンティ美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ロサンゼルス・カウンティ美術館
名称(英語) Los Angeles County Museum of Art
住所 5905 Wilshire Blvd., Los Angeles
営業時間・開場時間 [平日]11:00−17:00(金曜は20:00まで) [土日]11:00−20:00 水曜休館
利用料金や入場料 大人15ドル 学生/シニア10ドル 17歳以下無料
参考サイト http://www.lacma.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アメリカの自動車文化を紹介「ピーターソン自動車博物館」

アメリカの自動車文化を紹介「ピーターソン自動車博物館」

image by iStockphoto

カウンティ美術館向かいに1994年に開園した自動車博物館で、アメリカの自動車文化・歴史を紹介1925年の「ロールスロイス・ファントム」などのクラシックカーから最新スーパーカー、バイクまで新旧約300台の名車が並び、「バック・トゥー・ザ・フューチャー」など映画に登場した車両も見学可能。
博物館は2015年12月に大規模改修を行い、リボンのような形をした外観も特徴的。
車好きな人はもちろん、子どもから大人、家族連れでも楽しめる内容となっています。
住所:6060 Wilshire Blvd., Los Angeles

image by iStockphoto

ピーターソン自動車博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ピーターソン自動車博物館
名称(英語) Petersen Automotive Museum
住所 6060 Wilshire Blvd., Los Angeles
営業時間・開場時間 10:00−18:00
利用料金や入場料 大人15ドル 学生/シニア12ドル 子供7ドル
参考サイト https://petersen.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ろう人形コレクション「ハリウッドろう人形館」

ろう人形コレクション「ハリウッドろう人形館」

image by iStockphoto

メトロレッドライン「ハリウッド/ハイランド(Hollywood / Highland)」駅から徒歩3分のこの博物館は、ろう人形を扱った内容の博物館 。
1965年のオープン以来、ジェイソンや「羊たちの沈黙」に登場するレクター博士、チャッキーといったろう人形など約200体のろう人形が展示されており、隠れスポットとして人気に。
その他アメリカの歌手・俳優をモデルにした作品もあり、似ているかどうかも見ながら鑑賞してみては。
住所:6767 Hollywood Blvd., Los Angeles

image by iStockphoto

ハリウッドろう人形館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハリウッドろう人形館
名称(英語) Hollywood Wax Museum
住所 6767 Hollywood Blvd., Los Angeles
営業時間・開場時間 9:00−24:00(金・土は25:00まで)
利用料金や入場料 大人29.99ドル 子供17.99ドル
参考サイト http://www.hollywoodwaxmuseum.com/hollywood/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハリウッド映画の世界を体感「ハリウッド博物館」

ハリウッド映画の世界を体感「ハリウッド博物館」

image by iStockphoto

メトロレッドライン「ハリウッド/ハイランド(Hollywood / Highland)」駅から徒歩2分の場所にある小さな博物館。
メイクアップアーティスト「マックス・ファクター」が所有したビルをリニューアルして開かれたもので、ハリウッド映画やテレビドラマの撮影に使用された衣装、セットなど約1万点以上の品を展示。
マリリン・モンローやマイケルの衣装、「猿の惑星」でマーク・ウオルバーグが乗っていた宇宙船カプセル、衣装などもあります。
住所:1660 N. Highland Ave., Los Angeles, Los Angeles, CA 90028

ハリウッド博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハリウッド博物館
名称(英語) The Hollywood Museum
住所 1660 N. Highland Ave., Los Angeles, Los Angeles, CA 90028
営業時間・開場時間 10:00−17:00 月・火曜休館
利用料金や入場料 大人15ドル 学生/シニア12ドル 子供5ドル
参考サイト http://thehollywoodmuseum.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

生々しい死をテーマにした「死の博物館」

こちらの博物館は「死の博物館」というタイトルから奇抜なスポット。
館内はその名の通り死に関する展示が中心の内容で、オーナーが好きなシリアルキラー(殺害行為を主目的に行う犯罪者)にによるアート作品、死刑囚を処刑した電気椅子や処刑時に来ていた囚人服、処刑された死刑囚のミイラ化した生首など、どれもが生々しい内容のものばかり。
気になる方は心の準備をして訪れてみては。
住所:6031 Hollywood Blvd, Hollywood, CA 90028

死の博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 死の博物館
名称(英語) Museum of Death
住所 6031 Hollywood Blvd, Hollywood, CA 90028
営業時間・開場時間 11:00−20:00(金は21:00,土は22:00まで)
利用料金や入場料 15ドル
参考サイト http://www.museumofdeath.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

動植物の化石などを展示「ペイジ博物館」

動植物の化石などを展示「ペイジ博物館」

image by iStockphoto

LACMAの隣にあるペイジ博物館は、1963年に国定自然ランドマーク(National Natural Landmark)に登録された天然アスファルトの池「ラ・ブレア・タールピット」の中にある博物館。
1915年以降に「ハンコック公園」として公園の保存に貢献した実業家ジョージ・C・ペイジを記念してオープンした博物館で、館内にはこの場所で発見された動植物の化石、人骨を展示、また博物館に併設された研究所では採掘した化石を組み立て直す様子をガラス越しに見られることも。
住所:5801 Wilshire Blvd, Los Angeles, CA 90036

ペイジ博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ペイジ博物館
名称(英語) Page Museum
住所 5801 Wilshire Blvd, Los Angeles, CA 90036
営業時間・開場時間 9:30−17:00
利用料金や入場料 大人12ドル 学生/シニア9ドル 子供5ドル
参考サイト http://www.tarpits.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

音楽界最高の栄誉の世界を知る「グラミー・ミュージアム」

メトロバスシルバーライン910番「フェゲロア/オリンピック(Figueroa/Olympic)」から徒歩2分のグラミー・ミュージアムは、音楽界最高の栄誉・グラミー賞の歴史や受賞者について紹介する教育資料館。
グラミー賞の創設50周年を迎えた2008年12月にオープンした4階建ての建物で、タッチ・スクリーンや映像、録音ブース、グラミー賞のコスチュームなどを通じてジャンルや歴史について学べる内容。
展示品は約300点以上あり、2階にあるオリジナルグッズ・CDのショップも要チェック。
住所:800 West Olympic Blvd. A245, Los Angeles

グラミー・ミュージアムの住所・アクセスや営業時間など

名称 グラミー・ミュージアム
名称(英語) GRAMMY Museum at L.A. LIVE
住所 800 West Olympic Blvd. A245, Los Angeles
営業時間・開場時間 10:30−18:30(土日は10:00より)
利用料金や入場料 大人12.95ドル 大学生/シニア11.95ドル 子供(6-17歳)10.95ドル
参考サイト http://www.grammymuseum.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

石油王が残した名画の数々「ポール・ゲティ美術館」

石油王が残した名画の数々「ポール・ゲティ美術館」

image by iStockphoto

ポール・ゲティ美術館は、世界一の資産を保有する芸術機関・ゲティ財団が運営する美術館。
1997年に開館してから石油王J・ポール・ゲッティの収集したコレクション中心に展示しており、絵画ではゴッホの「アイリス」やミレー、モネなどの印象派からレンブラント、19世紀から20世紀のアメリカ・ヨーロッパの写真などを展示。
これらの展示品は当時の画家たちが見ていた光量で鑑賞できるようにコンピューター管理されているのも特徴。
入場料は無料で、展示内容も定期的に変わるため、リピーターも多いとされています。
住所:1200 Getty Center Dr, Los Angeles, CA 90049

image by iStockphoto

ポール・ゲティ美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ポール・ゲティ美術館
名称(英語) The Getty Center
住所 1200 Getty Center Dr, Los Angeles, CA 90049
営業時間・開場時間 10:00−17:30(土曜は21:00まで) 月曜休館
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.getty.edu/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

個性的な外観も見どころに

 

ロサンゼルスの博物館・美術館は定番の美術品から死の博物館、個性的な外観も見どころのスポットまでさまざま。
ロサンゼルスへ行く際はこうした個性的な博物館・美術館へ行ってみては。
photo by iStock
海外航空券を今すぐ検索・購入する

出発地

目的地

大人 子供 幼児

大人:ご搭乗時の年齢が11歳以上、子供:11歳未満 幼児:2歳未満