地元民が伝授!大阪観光ならここに行こう

大阪といえば「庶民の街」なんていう安直な思い込みはありませんか? 大都市大阪はそんなに簡単で浅いもんじゃありません。本記事では、大阪で学生生活を10年間過ごし、留学生をガイドしまくった私が、大阪の観光スポットと、おすすめルート、隠れスポットを紹介します。いろんな大阪の姿にわくわくしてください!

大阪観光の前に知っておこう!

 

大阪の観光って具体的にどこにいくの?

 

大阪の観光って具体的にどこにいくの?

大阪というと、「庶民の街」というイメージでしょうか。
大阪、そんなに単純じゃありませんよ。
大阪のみどころスポットを紹介します。

1. 大阪市中心部

JR大阪駅や阪急梅田駅の北側には、グランフロント、茶屋町Nu、大阪ステーションシティ、ヨドバシなど大型商業拠点やシンボルタワーがそびえたっています。

2. 大阪城周辺

超有名な観光スポット大阪城。
その周辺には、難波宮跡、天満の天神様(天神祭や桜、梅などで有名)、天満天神繁昌亭、など歴史と伝統に触れるスポットです。

3. 道頓堀

大阪のイメージでよく取り上げられているのは、この道頓堀の光景なのではないでしょうか?有名なグリコの看板があるのがここ道頓堀。

4. 天王寺・通天閣

通天閣の周囲に広がる、明治時代の内国博覧会あとを中心として、天王寺動物園や大阪市立美術館もあります。
近所の天王寺駅・阿部野橋駅の近くにはアベノハルカスが建っています。

5. 天保山・海遊館

大阪湾に隣接した海遊館と、日本で一番低い山、通称「地べたのニキビ」天保山のある公園。
観覧車も名物なのです。

6. USJ

知らない方はいないであろう、映画スタジオをモチーフにしたテーマパーク。
あの映画の世界がここに。

7. 金剛山

大阪府最高峰ですよ。
山の上に村営の宿泊施設があって、のんびりと風呂と夜景が楽しめます。

8. 万博記念公園

1970年の大阪万博会場あとは今では大きな公園となっています。
近年さらに、大型ショッピングモールと大きな観覧車が建てられました。

9. 箕面の滝・勝尾寺

北摂にある、紅葉・桜の名所です。
秋・春のピクニックにおすすめ。

大阪のグルメといえば何?

 

大阪のグルメといえば何?

大阪のグルメでみなさんがご存知なのは、粉もんを中心とした庶民派B級グルメでしょう。
お好み焼き、たこ焼き、焼きそば、ホルモン、串カツ、肉まん、カスうどんが即座に思い浮かぶのではないでしょうか。
ただし、このような料理にはいろいろなバリエーションがあり、店によってそのおいしさが乱高下するのが特徴です。
前評判のチェックが大事になります。

実は、大阪名物は全てがB級グルメというわけではありません。
意外にも、くどい甘さのない上品な洋菓子を中心とした、スイーツが多いというのも大阪グルメの特徴。
堂島ロールを始めとして、PABLOの焼きたてチーズタルトやりくろーおじさんのチーズケーキ、ひとくちサイズのキューブ型のミルフィーユ菓子キュベットなど、お土産にもおすすめなスイーツがいっぱいなのです。

大阪のお土産といえば何?どこで買う?

 

大阪土産には、2種類あると思います。
大阪らしく笑いを追及したお土産とクオリティーが高くみんなの記憶に残るお土産です。

ネタを追及したお土産としては、吉本クリエイティブエージェンシーが販売している「面白い恋人」や、「大阪弁のうまい棒」「ネルサイユ宮殿 王妃のひとつまみ」が思い浮かびますね。
面白い恋人なんかは名前をきけばなんとなく思い浮かびますが、ネルサイユ宮殿なんてぜんぜん想像つきませんよね。
渡したときにすべるかどうかはあなたの力量次第。

クオリティーが高いお土産といえば、スイーツ類でしょうか。
賞味期限が短いことが難点ですが、PABLOの上品な焼きたてチーズタルトとデリチュースのチーズケーキや、フランスパンをベースとしたラスクとは違う食感と上品な甘みがおすすめの長崎堂「カステララスク」がおすすめです。
カステララスクはは日持ちもするし、小分けもされているのでちょうどいいでしょう。

基本的に、リニューアルした新大阪駅の駅中お土産屋さんで調達可能です。

エキマルシェ新大阪の住所・アクセスや営業時間など

名称 エキマルシェ新大阪
住所 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目16−1 新大阪駅
営業時間・開場時間 9:30−22:00
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.ekimarushinosaka.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大阪観光のモデルコースはこう!

 

日帰り大阪観光の場合

 

日帰り大阪観光の場合

image by iStockphoto

朝一番、新大阪に新幹線で到着したら電車を乗り換え、最初に行くのが、「道頓堀」でしょう。
道頓堀では、落語家との道頓堀川クルージングを楽しんだり、串カツ・たこ焼きなどの名物の立食、街の雰囲気を楽しみましょう。
少し水質がよくないという面もありますが、目をつぶってください。
これが終わるとおそらく昼過ぎ。

このあと天王寺まで移動します。
アベノハルカスに上って大阪平野の風景を楽しんだ後は、通天閣に向かいましょう。
アベノハルカスより低いのですが、通天閣も登ってみてください。
通天閣は、上る過程が一種のアトラクションなので、楽しく回れると思います。

ビリケンさんの足をなでた後は、通天閣の下に広がる商店街を楽しみましょう。
実は、通天閣がいちばんきれいに見えるのはあたりが少しくらくなったこの時間帯なんです。
電飾が光り輝く、大阪テンプレ感満載の街で、食べ歩きを楽しんで。
串カツ、たこ焼き、土手鍋、ホルモンなどなんでもあります。
私のおすすめは、風月のお好み焼きか大関の串カツ。
おなかがいっぱいになったら新大阪へと戻りましょう。

道頓堀の住所・アクセスや営業時間など

名称 道頓堀
住所 大阪府大阪市中央区道頓堀
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.dotonbori.or.jp/ja/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1泊2日の大阪観光の場合

 

1泊2日の大阪観光の場合

image by iStockphoto

・一日目

道頓堀を昼過ぎまで楽しむのは、一泊二日の場合と同じです。
次に行くのは、大阪港に隣接した天保山。
時間に余裕があるなら、海遊館を楽しんだあとに、隣の波止場から出ているサンタマリア号にのって、大阪湾を一巡します。
大阪というのは、そもそも海運・河川交通で発達した都市です。
そんな大阪の一面を、クルージングで体感することができるでしょう。
のる船は、タイミング的にこれが最終便のはずで、クルージングから帰ってきたらあたりは暗くなっているのと思います。
海遊館に隣接する施設で、ディナーが終わったら、観覧車に乗って大阪平野に広がる夜景を楽しんでください。
そのあとは帰ってゆっくり眠りましょう。

・二日目

のんびり朝を過ごした後は、大阪城を見に行きましょう。
大阪城公園はなかなかのボリュームがありますが、のんびり昼過ぎまで回った後は、ぜひ通天閣に行きましょう。
ぼんやりと暗くなってくるなか、通天閣とその下の新世界を楽しんで、帰宅するというのがおすすめルートです。

サンタマリア号の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンタマリア号
住所 大阪府大阪市港区海岸通1丁目1−10
営業時間・開場時間 デイクルーズ:11:00−17:00
利用料金や入場料 大人1,600円 小学生800円
参考サイト http://suijo-bus.osaka/guide/santamaria/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1泊2日の大阪観光の場合(USJ行くルート)

 

1泊2日の大阪観光の場合(USJ行くルート)

image by iStockphoto

(一日目)

USJは、確実に一日仕事です。
私がおすすめするのは、大阪駅などの緑の窓口で購入できるワンデーパスがおすすめ。
緑の窓口は、朝5時半~夜の11時半までやっているので、朝早くに行っても確実に購入できます。
第二に気をつけたいのが入園時間。
USJが開園する時間は、公式には平日9:00、土日8:30です。
しかし、実際にはこれより少し早く開園しています。
ちなみに、この情報はバイトしていた友人から聞いたもので、私は4回くらいいったのですが、たいてい、平日は8:30過ぎには開園していました。
なので、行くなら8:30もしくは8:00にUSJの正門前についているのが理想です。

入った直後に乗るのは、ジェットコースターがおすすめ。
他のアトラクションは、始まるまでに少し時間がかかることがあるのですが、ジェットコースターはかならず、開園前にアトラクションの整備が終わっているのだそうです。
以降、人気の高いアトラクション⇒人気の高くないアトラクションの順番に回ると、うまくご飯やパレードの時間とかぶるので、待ち時間短めに回れます。
夜8時に毎日行われるパレードまでしっかり楽しめばよいと思います。

(二日目)

日帰りで述べたルートと同じ要領で道頓堀、通天閣と回れば、大阪に行ったという満足感を得ることができるはずです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
住所 大阪府大阪市此花区桜島2丁目1−33
営業時間・開場時間 9:00−20:00 (時期により異なる)
利用料金や入場料 スタジオ・パス:大人7,600円 子供5,300円 シニア6,830円
参考サイト https://www.usj.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

2泊3日で京都・神戸も行く関西観光ルートの場合

 

1日目は大阪メインで、神戸に宿泊するのがおすすめ。
道頓堀、通天閣・新世界を一日ゆっくり回るのがよいでしょう。
通天閣・新世界を17時くらいに出たあと、神戸三宮に向かいます。
宿泊先は、六甲ホテルなど、六甲山の上のホテルに宿泊するのがおすすめ。
六甲山の売りは、なによりも夜景。
六甲山の「清」と大阪なんば界隈の「濁」がコントラストをなして、味わい深い思い出になることうけあいです。

2日目は、途中ところどころ立ち寄りながら京都に向かうのが良いでしょう。
六甲山からロープウェーでじっくり降りて、神戸の街の空気を感じてください。
のんびり阪急電車にゆられつつ、まずは山崎に立ち寄ります。
ウイスキー好きの方はぴんときたと思いますが、山崎にはサントリーの蒸留所があります。
ウイスキー製造見学を行ったあとは、のんびりウイスキーを試飲。
おわったら、嵐山や天龍寺をのんびりまわって、だいたい夕方でしょうか?夜、京都に到着するというスケジュールです。
もし、桜か紅葉の季節なら、清水寺の夜間拝観に行ってみてください。

3日目は、京都メイン。
建仁寺、錦市場、八坂神社、産寧坂などまわり京都をしっかり楽しんでください。
八坂神社近所の都路里のパフェがおすすめですよ。
行列が短くなったタイミングを見計らって入店してください。

サントリー 山崎蒸溜所の住所・アクセスや営業時間など

名称 サントリー 山崎蒸溜所
住所 大阪府三島郡島本町山崎5−2−1
営業時間・開場時間 10:00−16:45
利用料金や入場料 山崎蒸溜所ツアー:1,000円(要予約)
参考サイト http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大阪観光のエリアごとの攻略法はこれ!

 

道頓堀エリアの観光ならここを見よう

 

道頓堀エリアの観光ならここを見よう

道頓堀で楽しむべきは風景×グルメ。
まず、風情を楽しむのにおすすめのコースを紹介します。
道頓堀を一通り歩いて、その端にあたる湊町船着き場から「なにわ探検クルーズ」に出発します。
落語家の楽しい解説とクイズを楽しみながら、大阪を理解するとともに、街の眺めを楽しむことができますよ。
ただし、事前予約制なので、注意してください。

次に、グルメに関してです。
道頓堀沿いは、飲食店の激戦区。
特におすすめなのが、たこ焼き激戦区の大阪でも、まさに一番評判がたかいたこ焼き屋“壱番”。
グリコの建物の下に位置しているお店で、見つけやすいと思います。
生地自体の味付けがしっかりしている味わい深い一品です。
そのほかにも、お好み焼き「美津の家」や串カツだるま難波本店にいけばはずれなし。

落語家と行く なにわ探検クルーズの住所・アクセスや営業時間など

名称 落語家と行く なにわ探検クルーズ
住所 大阪府大阪市浪速区湊町1丁目3−1 (湊町船着場)
営業時間・開場時間 12:00, 14:00. 16:00(土日祝のみ), 19:00(金・土のみ)
利用料金や入場料 大人3,000円 子供1,000円
参考サイト http://www.ipponmatsu.co.jp/cruise/naniwa.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大阪城周辺の観光ならここを見よう

 

大阪城周辺の観光ならここを見よう

image by iStockphoto

JR環状線内側北東部分のエリアには、大阪城、大阪天満宮、天神橋筋商店街など、大阪の歴史と文化に触れることができるスポットが点在しています。
より、深く楽しむためにも、大阪城はボランティアガイドつきで回るのがおすすめ。
このガイドは、天守閣にこそ入れないものの、前提知識なしでまわったらつまらない本丸・二の丸・三の丸を楽しく紹介してくれます。
しかも、秘密の写真スポットを知っており、思い出づくりにも最適。
もちろん、天守閣の大坂の陣に関する展示も迫力あり、おすすめです。

大阪天満宮、別名「天満の天神さん」は、訪れる時期がポイント。
2月下旬にはじまる梅まつりもいいですが、何より7月におこなわれる天神祭がおすすめです。
花火や船上祭などおもしろいイベントが目白押しで、記憶に残る体験ができるでしょう。

大阪城天守閣の住所・アクセスや営業時間など

名称 大阪城天守閣
住所 大阪府大阪市中央区大阪城1−1
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 大人600円 中学生以下無料
参考サイト http://www.osakacastle.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

通天閣・新世界エリアの観光ならここを見よう

 

通天閣・新世界エリアの観光ならここを見よう

image by iStockphoto

通天閣と、その下に広がる新世界エリアは、昭和初期の大阪をモチーフにした商店街と飲食店街が広がっています。
通天閣は一度上ってどんなものかを確かめてみてください。
実は、新世界エリアにはほかにも、大阪市立美術館や、あのCMで有名なスパワールド世界の大温泉があるのも、新世界です。
名所の次はグルメですね。
はずれなしなのが、「串かつじゃんじゃん 新世界本店」、「串かつ・どて焼き壱番」は24時間営業で有名です。
楽しい夜を過ごすのによいでしょう。
よく、大阪のイメージ映像ででてくるフグの風船の看板は、「づぼらや 新世界本店」のものです。
話題作りに行ってみるのもいいでしょう。
うまいホルモンといえば、「本家ホルモン道場」です。
下町伝統の味を楽しむことができるでしょう。

大阪城天守閣の住所・アクセスや営業時間など

名称 大阪城天守閣
住所 大阪府大阪市中央区大阪城1−1
営業時間・開場時間 9:00−17:00
利用料金や入場料 大人600円 中学生以下無料
参考サイト http://www.osakacastle.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北摂エリアの観光ならここを見よう

 

北摂エリアの観光ならここを見よう

image by iStockphoto

北摂にも、観光スポットがあります。
一つ目は、箕面の山間にある箕面の滝と勝尾寺で、紅葉や桜の季節は、美しく風情ある風景を楽しむことができるスポットです。
滝への遊歩道沿いには、甘酒・紅葉の天ぷらなど名物が並び、川に切り立った岩場の情景とセットで楽しめます。
この滝から車で20分ほどの距離にあるのが、勝尾寺です。
勝ちダルマと合格祈願で有名な寺ですが、極楽浄土をモチーフに作られた庭園では、四季折々の花を楽しめます。
よい時候を選んで訪れるといいでしょう。

二つ目は、万博記念公園と隣接する万博Expocity。
20世紀少年でふたたび有名になった太陽の塔、まだ残っているってご存知でしたか?1970年の大阪万博跡地に、日本式庭園や民俗博物館などがならぶこの地は、関西圏のご家族が訪れるのにおすすめです。
足湯などもあり、公園を散策して疲れた足を癒すのにもってこいですよ。
隣には、大きな観覧車と商業施設万博Expocityが建ち、かなりグルメやエンタメが補強されています。
ぜひ、行ってみてください。

勝尾寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 勝尾寺
住所 大阪府箕面市粟生間谷2914−1
営業時間・開場時間 [平日]8:00−17:00 [土]8:00−17:30 [日祝]8:00−18:00
利用料金や入場料 入山料400円
参考サイト http://www.katsuo-ji-temple.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大阪駅周辺エリアの観光ならここを見よう

 

大阪駅周辺エリアの観光ならここを見よう

image by iStockphoto

阪急梅田駅・JR大阪駅の周辺には、大型商業施設が林立しています。
阪急・阪神百貨店や、大阪ステーションシティは手に入らないものがありません。
特に大阪ステーションシティには、斬新な店舗が多いです。
蔦屋とスターバックスが出店している、新しいカテゴリごとに書籍がならぶ新型店舗や、四季折々のイルミネーションにあわせた駅上広場、映画館のある最上階には、天空の庭園が広がっており、大阪市を一望できます。

他にも家電製品で有名な、Yodobashi umedaがあり、外国からのお客さんでにぎわっています。
JR大阪駅と直結している、大型商業施設大阪グランフロントは、企業が先端技術を用いた最新製品をデモしていたり、あきることがありません。

さらに北方には、梅田スカイビルがあり、大阪全体の眺めとショッピングを楽しむことができるでしょう。

大阪ステーションシティの住所・アクセスや営業時間など

名称 大阪ステーションシティ
住所 大阪府大阪市北区梅田3ー1ー3 大阪駅
営業時間・開場時間 10:00−20:00(店舗・施設によって異なる)
利用料金や入場料 店舗・施設による
参考サイト http://osakastationcity.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

多様で深い大阪をぜひ楽しんで

 
大都市大阪には、多様な面白スポットがたくさんあります。
何度も何度も訪れて、そのダイナミックな面白さを味わい尽くしてください。

photo by iStock