クロアチア観光なら次はここ!「スプリット」で見たい絶景10選

東ヨーロッパの南側、内陸部からアドリア海に沿うように細長くリゾート地が点在するクロアチア。そのリゾート島への拠点となり沿岸最大の都市となるのがスプリットという町です。今回は、そのスプリットで見られる絶景スポットを10ヶ所ご紹介いたします。

スプリットはどんなところ?

スプリットはどんなところ?

image by iStockphoto

内陸部から「く」の字を描くような地形のクロアチア。
美しいアドリア海に面した部分の中間より少し下に位置しているのがスプリットです。
古代都市が残る神秘的な町で、ローマ皇帝の時代からの様々な建物や史跡群などは1979年にユネスコの世界遺産に登録されました。
リゾート地として楽しめる場所でもあり、博物館なども多く見所もたくさんあるので、数日かけてゆっくり滞在するのもおすすめです。

スプリットの住所・アクセスや営業時間など

名称 スプリット
名称(英語) Split
住所 Split, Općina Split, Hrvatska
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト http://visitsplit.com/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スプリットのメインの観光はここ!

スプリットのメインの観光はここ!

image by iStockphoto

スプリットを訪れた多くの観光客が真っ先に目指すのは、ディオクレティアヌス宮殿。
この宮殿が造られたのは、古代ローマ時代のことで約1700年も前のことになります。
ディオクレティアヌス皇帝が晩年を過ごすために建てられたもので、皇帝が実際に過ごしたのは6年程だといいます。

image by iStockphoto

皇帝没後は、ローマ帝国は衰退しこの宮殿は数百年の間廃墟となっていたようです。
7世紀頃には、この宮殿の石材などを再利用して人々が住み始めたのが、このスプリットの起源なのだそう。
現在では、この中で生活している人がいるのはもちろんのこと、レストランや土産物店などとして利用されている場所もあり、少々観光色が強くもなっているようです。

ディオクレティアヌス宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 ディオクレティアヌス宮殿
名称(英語) Dioklecijanova palača
住所 Dioklecijanova palača, Split, Hrvatska
営業時間・開場時間 9:00−23:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.diocletianspalace.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

宮殿内でもっとも見応えのある大聖堂

宮殿内でもっとも見応えのある大聖堂

image by iStockphoto

ディオクレティアヌス宮殿には、東西南北の4つの門があります。
東側の「銀の門」の傍に建つのが八角形の形をした大聖堂。
かつてのディオクレティアヌス帝の霊廟として建てられたものですが、後にキリスト教の教会として利用されるようになりました。
173段の階段を上がりきった先には、スプリットの町並みを一望することができますよ。

聖ドミヌス大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ドミヌス大聖堂
名称(英語) Katedrala Sv. Duje
住所 Ul. Kraj Svetog Duje 5, 21000, Spli
営業時間・開場時間 7:30−18:00(冬期) 7:30−19:00(夏期)
利用料金や入場料 15クーナ, 鐘楼15クーナ
参考サイト http://www.visitsplit.com/hr/527/katedrala-sv-duje
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

内装が美しい聖イヴァン洗礼堂

内装が美しい聖イヴァン洗礼堂

image by iStockphoto

西側の「鉄の門」の近くには、聖イヴァン洗礼堂があります。
ディオクレティアヌス帝によって、ユピテル神殿として建てられ、後に改築がされました。
中央に置かれた洗礼盤には、中世のクロアチア王国の国王クルシェミル4世が掘られています。
天井部分に掘られた美しいレリーフや、洗礼者ヨハネ像なども見応えがあるようですよ。

聖イヴァン洗礼堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖イヴァン洗礼堂
名称(英語) Sv. Ivan Krstitelj
住所 21000, Ul. Kraj Svetog Ivana 2, 21000, Split
営業時間・開場時間 8:00−19:00
利用料金や入場料 10クーナ
参考サイト http://www.visitsplit.com/hr/526/jupiterov-hram
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

素晴らしい歌声の響く前庭

素晴らしい歌声の響く前庭

image by iStockphoto

宮殿内の中心のペリスティルを抜けた先に、ぽっかりと天井が開いた「前庭」に出ることができます。
かっては、ディオクレティアヌス帝の住居の玄関として使われていた場所だといいます。
音響が素晴らしい場所であるため、現在は男性アカペラの「クラパ」のコンサートが行われていることも。
タイミングが合えば、その美しい歌声を耳にすることができるかもしれませんよ!

宮殿内のメインストリート クレシミロヴァ通り

宮殿内のメインストリート クレシミロヴァ通り

image by iStockphoto

ディオクレティアヌス宮殿内には、東西南北に交差する通りが何本もありますが、その中のメインストリートとなるのが「クレシミロヴァ通り」。
この通りは、東側の銀の門から西側の鉄の門を結んでいます。
かつての宮殿内ということもあり、白い建物や石畳に囲まれていかにも世界遺産の場所に来たのだと実感することでしょう。

クレシミロヴァ通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 クレシミロヴァ通り
名称(英語) Kresimirova Street
住所 Ul. kralja Petra Krešimira lV, 21000, Split
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/croatia/split/kankospot/10524932/map/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

宮殿を眺めながら美味しい食事を

宮殿を眺めながら美味しい食事を

image by iStockphoto

アドリア海に面したクロアチアの沿岸部では、漁業も盛んなため新鮮な魚介類が食べられるレストランが多くあります。
ここスプリットも然り。
海の幸をふんだんに使ったシーフードリゾットやスープなど自慢の料理が並びます。
お店によっては、クロアチア産のワインを楽しむこともできますよ! 宮殿内の観光の合間に足を止めて、気になったカフェやレストランで一休みしましょう。

Gradska Kavanaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Gradska Kavana
住所 Narodni trg 1, 21000, Split
営業時間・開場時間 7:00−24:00
利用料金や入場料 予算100クーナ−
参考サイト http://www.restaurant-central.com.hr/index.php/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

別の角度からもスプリットの町並みを眺めてみたい

別の角度からもスプリットの町並みを眺めてみたい

image by iStockphoto

旧市街の西側にはマルヤンの丘。
頂上までは約5分ほど歩くと、スプリットの街並みを一望できるスポットへと辿り着きます。
間近で旧市街のを眺めた後には、少し遠くから眺めてみるのもいいでしょう。
早朝のまだ人が少ない時間帯や、サンセットタイムに訪れて絶景を拝んでみませんか。

マルヤンの丘の住所・アクセスや営業時間など

名称 マルヤンの丘
名称(英語) Park Šuma Marjan
住所 Marjanski put, Split
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.marjan-parksuma.hr/pocetna/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旅の始まりと終わりのあるスプリット港

旅の始まりと終わりのあるスプリット港

image by iStockphoto

この港がスプリットへの玄関口となるプランを立てるとい人もいるのではないでしょうか。
スプリット港はかなり大きさで、小型ヨットやフェリーの他にも大型の国際航路も出入りするような規模の港です。
ディオクレアヌス宮殿の大聖堂の上からも、この港の様子がよく見えるようですよ。
港に沿って散歩をしてみるのもとても気持ちが良さそうなものです。

スプリット港の住所・アクセスや営業時間など

名称 スプリット港
名称(英語) Luka Split
住所 Gat Svetog Duje 1, 21000, Split
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://portsplit.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神秘的な町スプリットへ

クロアチアの観光都市というと、ドブロブニクやザグレブが挙げられますが、それらの都市からもスプリットへのアクセスは容易ですのでぜひ足を運んでみましょう。
ザグレブからなら、飛行機で約50分。
列車やバスでの移動は5~9時間。
ドブロブニクからバス移動で約4時間半となります。
photo by iStock