【埼玉お土産】もうダサいなんて言わせない!センス抜群のお土産20選

せっかく旅行に行ったのなら、やっぱりお土産はその土地で作られた名産や歴史を感じるものを買って帰りたいものですよね。じゃあ埼玉だったら何を買えばいいんだろう。ダサイタマなんて言われがちな埼玉県、草加せんべいだけじゃない事を伝えたい!
今回は、埼玉で育った私だからこそ分かる、幅広い世代に喜ばれるお土産をご紹介します。

大正レトロ 秩父銘仙柄のてぬぐい

 

大正レトロ 秩父銘仙柄のてぬぐい

大正から昭和初期のトレンド・銘仙(めいせん)。
銘仙とは絹織物の事で、当時は着物にして気軽に着るのが流行していたようです。

埼玉県では秩父銘仙が有名ですなんですよ。
昔は近所でも絹織物用の桑畑やお蚕をよく見かけました。

現代でもレトロで可愛い柄が人気となっておりますが、着物は着る機会も少ないしおみやげにはちょっと…という方へ、秩父銘仙手拭いがおしゃれなんです。

種類もたくさんあるので、てぬぐいとして使う以外にも、巻物や額に入れてアートにしてもセンスを感じます。

ただの和菓子じゃない 栗助のほっくり芋

 

ほっくり芋 | 和菓子 通販

ほっくり芋 | 和菓子 通販

サツマイモの自然の甘さを、ほっくり&焼き上げました。 サツマイモのおいしさをそのまま閉じ込めた餡を包み、 シナモンを振りかけて焼き上げました。 自然の甘さをより深く味わっていただけます。 またほっくりとした食感も楽しめる一品です。 保存料、防腐剤を使用していないので、サツマイモの本当の甘さと シナモンとのマッチングをお楽しみください。

Amazonで見る

お菓子屋さん・栗助では、栗が丸ごと入ったどら焼きなど、秩父の素材や栗をメインにしたお菓子がたくさんあります。

私のおすすめは、栗ではなく芋!さつまいもと白餡の甘味がちょうどよい和菓子「ほっくり芋」です。

ポイントは、和風の作りなのにシナモンがふりかかっているところですね。
おしゃれなシナモンの香りが餡とマッチしていくつも食べたくなります。

秩父市黒谷に本店がありますが、駅などでも購入でき、地元民も冠婚葬祭やちょっと良い手土産によく利用するお店です。

お取り寄せできないレア感 八宮松雪堂の小鹿野こいし

 

小鹿野町にある八宮松雪堂は大正13年創業。
外観にも歴史を感じる本店で販売している「小鹿野こいし」がおすすめです。

山芋を使った生地は、おせんべいのような形をしていますが、食感はソフトタッチ。
中身はマーガリンがはさまっているシンプルなお菓子です。

優しい生地の甘さとマーガリンのほんのり塩加減が絶妙で、地元民でも家にあったりお土産でもらうとかなり喜んでしまう逸品。

1個110円程度なので、箱買いしてオフィスでの配り土産にも最適。
お取り寄せできないレア感もたまりません。

毎年違うデザインが魅力 正丸峠のステッカー

 

人気漫画「頭文字D」に登場する正丸峠は、横瀬町と飯能市の間にある走り屋さん達に有名なスポットです。

運転自体が苦手な私にはできれば車で走りたくない道ではありますが、山道に慣れている地元民はなんなく走りこなしてしまうから不思議。

この正丸峠には奥村茶屋というお店がありまして、長い峠道の休憩スポットとしてツーリングやハイキング客の疲れを癒しています。

食べ物を紹介したいところですが、ここでは販売している正丸峠ステッカーが実は人気。
毎年違うデザインを販売しているというのですから驚きです。

月1回しか手に入らない 三峯神社の白いお守り

せっかく埼玉に行くなら、どの月でもよいので毎月の初日(1日)に三峯神社を訪れてほしいのです。
ここでは各月1日限定で、白い氣守りというお守りを販売しています。

…と言っても手に入れるためには朝早くから並んで引換券を手に入れないといけないという苦労もの。
それでこそご利益があるってものですよね。

三峯神社は関東最大のパワースポットとも言われ、ご利益の強い気に包まれた神社です。
この白い氣守りには三峯神社のご神木のパワーが込められ強いご利益があると言われています。

もし月初めに行けなくても、ご神木に触ったり白以外の氣守りは毎日販売しているので、一度は訪れて頂きたいスポットです。

三芳パーキングエリアの野菜

 

埼玉はパーキングエリアだって負けていません。
関越自動車道にある三芳パーキングエリアは、お土産選びの宝庫。

おすすめは新鮮な朝採れ野菜や、地元の名産品が並ぶ「食の駅」です。

見ているだけでも楽しい色とりどりの野菜や果物は、パーキングエリアにいながら市場散策をしている様な楽しさがあります。

野菜だけではないので、帰り道であれば自宅には新鮮野菜を、友達や会社へのお土産には加工品やお菓子もチョイス出来ます。

懐かしさ満点 ふくろやのすまんじゅう

 

長瀞町に行ったら絶対買って帰りたいおすすめ土産が、野上駅から近い「ふくろや(袋屋)」のすまんじゅうです。

地元では小さな頃から食べ馴染みのあるすまんじゅう。
食べた事ない方にとっては、独特の田舎感を味わう事が出来るのではないかと思います。

特徴はまんじゅうの皮に発酵させた麹を使用しているので、何とも言えないフカフカした食感。

あんこもたっぷりでサイズも大きめなので、ひとつでお腹いっぱいになる幸せな味です。

絶対はずさない自信あり しゃくし菜漬け

 

絶対はずさない自信あり しゃくし菜漬け

漬物の専門家も日本のおいしい漬物トップ3に入ると言わしめた、秩父土産の定番「しゃくし菜漬け」

しゃもじ(=しゃくし)に形が似ている事からしゃくし菜と名付けられた野菜を、優しい塩味が包み込むようなお漬物です。

自信をもってすすめられる理由は、漬物独特のしょっぱさがないので野菜本来の旨味を感じられるという所。
ガツガツしていない風味が、秩父地方のまったりした雰囲気と似ています。

漬け汁も入ったままパックされているので、袋から出した後は残りの漬け汁で冷蔵庫の野菜を漬けてもおいしい節約術に。

女子に使って欲しい 小川町の和紙

 

絵はがき和紙「椿」耳付き5枚 | ポストカード・絵柄付はがき | 文房具・オフィス用品

絵はがき和紙「椿」耳付き5枚 | ポストカード・絵柄付はがき | 文房具・オフィス用品

はがきサイズの枠で一枚一枚作られており、カットしていないため、和紙らしい毛羽立ちのある縁(耳)が特徴で、受け取った方への印象に残ります。厚みもあり、手触りも柔らかです。 耳による多少の曲がりなどの印刷ズレや、原料が楮のみのため、毛羽立ちによるかすれなどが発生する場合がございます。 ※画像はイメージのため、実際の商品と色や質感など若干異なることがあります


Amazonで見る

小川町・東秩父村では紙すき体験のできる施設もあるほど、手作りの和紙が有名です。

県内近辺の人々も、夏の思い出作りや自由研究に和紙でオリジナルハガキを作ったりしています。

この小川和紙は綺麗な水が生み出す繊細さが美しく、伝統を守ろうという意識の高い職人さん達の丁寧な仕事ぶりが感じられます。

そのため、女性へのお土産に小川和紙の便せんやハガキなど、是非おすすめしたい工芸品です。

和紙の便せんにお手紙を書く姿が似合う女性にいかがでしょうか。

高級だけどやっぱり飲みたい 狭山茶

 

狭山茶詰合せ 株式会社新井園本店 埼玉県 産地伝統の仕上げ技法「狭山火入れ」で仕上げた自慢の味をどうぞ | 日本茶 通販

狭山茶詰合せ 株式会社新井園本店 埼玉県 産地伝統の仕上げ技法「狭山火入れ」で仕上げた自慢の味をどうぞ | 日本茶 通販

埼玉県所沢市に狭山茶の自社茶園・製茶工場を保有し、有機肥料を使った土づくりから力を入れている新井園本店から、埼玉県「彩の国優良ブランド」にも認定されている煎茶と深むし茶のセットをお届けします。

Amazonで見る

埼玉名産と言えば、草加せんべい・深谷ねぎ・狭山茶くらいは思い出して頂けるのではないでしょうか。

埼玉県民でも狭山茶は高級茶のイメージが高いので、日常的というよりは特別な時に淹れるちょっといいお茶です。

それでも、やはり飲んでみるとその甘さに驚きます。
甘くて深みのある、体に染みるお茶です。

だからこそ、特別なおみやげには是非狭山茶を!目上の方にも喜ばれますし、病気に負けないカテキンパワーでおじいちゃんやおばあちゃんにもおすすめです。

クレヨンしんちゃんの限定品あります

 

埼玉県春日部市は、言わずと知れた「クレヨンしんちゃん」の舞台です。

春日部駅すぐのショッピングモール・ララガーデンにはゲームセンターがしんちゃん一色になっている「嵐を呼ぶブリブリシネマスタジオ」があります。

ネーミングだけでもしんちゃんらしさが溢れていますよね♪ここに行けば監督に扮したしんちゃんの限定グッズがゲットできるんです。

しんちゃんが遊びに来ている日もあるので、運が良ければ会えるかもしれません。

小江戸川越 ノリスケさんのバウムクーヘン

 

小江戸川越は歩くだけでも楽しい蔵づくりの街並みが有名です。

この小江戸横丁1階に、自分のおみやげにも買って帰りたくなるおいしいバウムクーヘンがあります。
それが、ノリスケさんのバウムクーヘンです。

川越いもや河越抹茶など、ご当地らしいフレーバーの他、期間限定の種類も豊富で、いつ行っても飽きません。

お店の佇まいからもノリスケさんからも感じられる温かさが味にも出ていて、丁寧に作られたバウムクーヘンは絶対また食べたくなります。

マイ足袋にしたくなる行田の足袋

 

[無敵]MUTEKI 【ランニング足袋】伝統職人の匠技が創り出すランニングシューズ《008-muteki-グレー》 | ランニング

[無敵]MUTEKI 【ランニング足袋】伝統職人の匠技が創り出すランニングシューズ《008-muteki-グレー》 | ランニング

ランニング足袋「MUTEKI」は、伝統的な製法で仕上げた足袋そのものに、グリップ力の高い薄さ5mmの天然ゴムソールを手縫いで縫い付けた、きねや足袋の新しいタイプの履物です! ソールにクッション等の保護材料は一切使用せず、限りなく素足感覚に近づけました。

Amazonで見る

昔から木綿の産地だった行田市は、旅行用や作業に履く足袋を作ってきた事で有名です。

足袋と言えば、着物に合わせて履くイメージが強いですが、行田の「きねや足袋」にあるのはなんとランニング用足袋!

パッと見た感じはスニーカーのような形ですが、足の先が見事に足袋らしく2つに割れています。
薄めのソールなので素足で走っているような感覚が新しいんです。

足袋の産地でアレンジ足袋をおみやげにするというのも、なかなか通な楽しみ方ですよ。

自宅に持って帰れる埼玉田舎の味 豚のみそ漬け

 

自宅に持って帰れる埼玉田舎の味 豚のみそ漬け

秩父の猟師たちがイノシシの肉を長く保存する為に行っていたみそ漬け。

現代では肉を豚肉に変えて、家庭で楽しめる田舎の味として豚のみそ漬けが秩父土産の定番になっています。

都会に出た娘や息子に送ってあげたくなるような味で、すでにみそ味がついているから調理も簡単です。

自宅で食べる際は、真空パックに入っているみそも残らず出して、豚肉と一緒に火を通して下さい。
おすすめは、にんにくと玉ねぎをのせたホイル焼きです。

短い期間しか味わえない ちちぶ山ルビー

 

地元の人でも、夏から秋にかけての限られた期間しか購入する事のできない「ちちぶ山ルビー」というぶどうが、埼玉のフルーツでは一番おすすめです。

小さめのつぶにギュギュっと甘みが詰まっているので、口に入れた瞬間にこのぶどうの甘さを一気に感じます。

味もさることながら、食べやすさも抜群です。
細長い楕円形で口にスッ入ってしまい、ついついたくさん食べてしまいます。
しかも、種がなくて皮も甘くて食べられる。

皆野町や横瀬町など秩父周辺地域でしか販売していないので、こちらもレア度の高いおみやげのひとつです。

川越のクラフトビール COEDO

 

 COEDOビール(コエドビール) 瑠璃-るり- 瓶333ml 24本セット 1ケース: 食品・飲料・お酒

COEDOビール(コエドビール) 瑠璃-るり- 瓶333ml 24本セット 1ケース: 食品・飲料・お酒

クリアな黄金色と白く柔らかな泡のコントラスト。さわやかな飲み口が特徴のプレミアムピルスナービール。軽やかな口当たりながらも、
深みある味わいホップの香味苦味のバランスをとった上質の大人の楽しみ。飽きがこず、どんなお食事にも合うビールです。その透明
感溢れる特徴にちなんで「瑠璃 -Ruri-」と名付けられました。

Amazonで見る

川越市の小江戸ブルワリーで作られているクラフトビール「COEDO」は、ビール好きな人もそうでない人も楽しめる5種類の味と香りが揃っています。

私のおすすめは、口当たりすっきりなのに後から深みを感じる「瑠璃(るり)」です。
飲み口がさわやかなので、県外のビールBARでも幅広い層に人気ですよ。

また、おもしろいのはさつまいもを使った「紅赤(べにあか)」というクラフトビール。
さつまいもらしく香ばしい甘みがあり、色も赤いところがおもしろいですよね。

食べた後も遊べる鉄道博物館の限定みやげ

 

食べた後も遊べる鉄道博物館の限定みやげ

大宮市にある鉄道博物館は、ジオラマや体験運転で大人も子供も楽しめる施設ですが、おみやげショップには博物館限定グッズもたくさあります。

名前だけでは分かりづらいのですが、「電車で帽!」をお子さんがいるおうちのおみやげにしたら、とても喜ばれました。

丸い筒型の入れ物で、中身はぬれ煎餅が入っています。
面白いのが入れ物を組み立てると車掌さんの帽子になるんです。
これなら食べた後も遊べて、特に電車好きの男の子には持って来いですよ。

ポテくまくんのみそポテトチップス

 

ご当地の味を手軽におみやげにして頂くなら、みそポテト味のポテトチップスをどうぞ。

豊かな山と川に囲まれた秩父地方で昔から馴染みのあるみそポテトは、ほくほくのじゃがいもを天ぷらにして、甘みそだれをかけたおやつにもおかずにもなる料理で、地元民も大好きです。

このみそポテトとポテトチップスが合体した「みそポテトチップス」は、パッケージにも秩父のゆるキャラのポテくまくんが可愛く、独特のみそ味をチップスで楽しめます。

最高気温の町 熊谷グッズ

埼玉県熊谷市は度々その夏の最高気温をたたき出していた町で、市内に巨大温度計もあるほどです。

その為、暑さを売りにしたグッズが、なんと市役所で販売されています。
あつべぇといういかにも暑そうなキャラクターもいます♪

時期によりますが、限定うちわやTシャツ、タオルなど、暑い夏を乗り切れそうなグッズがたくさん。

暑さでだれてばっかりいないで、熊谷グッズで熊谷の暑さを逆にパワーにする気持ちにあやかってみてはいかかでしょうか。

うまい、うますぎる、十万石饅頭

 

「うまい、うますぎる、十万石饅頭」のフレーズで埼玉県民には耳馴染みのあるCMの十万石饅頭。

行田市に本店を構え、県内各地で購入する事ができるので、地元民でもおみやげやお茶菓子にしたいお菓子のひとつです。

素材にとだわった丁寧なこしあんの甘みはしっかりしていて、刻印された「十万石」の文字が祝日やイベントなどによっては限定の刻印もあったりするんですよ。

埼玉にお泊りの際は、是非テレビ埼玉で十万石饅頭のCMも見て県民気分を味わって頂きたいですね。

自慢したくなる埼玉みやげ

 

草加せんべい以外にも、「買って帰りたい・誰かに自慢したい」そんな埼玉がある事を、感じて頂けましたか。
パッと思いつく名産は少ない埼玉県ですが、各地域におもしろいお土産はたくさんあります。
もうダサイタマなんて言わせませんよ、「意外とあるじゃん埼玉」と思われるようなお土産を選んでいただけたら嬉しいです。
photo by PIXTA , iStock and so on.