熊本に行ったら訪れたい! パワースポット決定版22選

日本全国に存在し、今や旅行の定番観光地に挙げられることもあるパワースポット。そんなパワースポットは土地によってさまざまな形があり、自然が造り上げた絶景や歴史的寺院など、行く先々で見るものを感動させてくれます。今回はそんな日本のパワースポットから、熊本にあるパワースポットについて見てみましょう。

馬刺しや阿蘇山などが名物・熊本

 

馬刺しや阿蘇山などが名物・熊本

image by iStockphoto

熊本の名物と言えばダイナミックな雰囲気の「阿蘇山」や日本屈指の温泉地「黒川温泉」、グルメでは馬刺し、ゆるキャラ「くまモン」の存在でも有名に。
現在は2016年に発生した地震からの復興のため、さまざまな復興支援が行われています。

熊本で最も有名なパワースポット「阿蘇神社」

JR宮地駅からバスで5分・阿蘇神社は、熊本で最も有名と言われるパワースポット。
境内にある「願掛け石」と「高砂の松」がパワースポットで、前者は3回撫でながら願い事を唱えると願いが叶う、後者は松の周辺を2度回って祈ると良縁に恵まれるというもの。
松を回る際は男女で方向が違っており、男性は左、女性は右から回るようになっているとのことでご注意を。

樹齢2000年のご神木が残る「国造神社」

 


宮地駅からバスで25分の場所にある「国造神社」は崇神天皇18年創建と伝わる神社で、熊本を代表するパワースポットの1つ。
この神社は阿蘇山からの気を受けているとされ、悪い運気を振り払い心に光をもたらすと言われています。
大きな杉の木は樹齢2000年とも言われるご神木「手野の大杉」であり、そこから生命力の強さを感じるのも良いでしょう。

金運を報奨させる白蛇が住む「蛇石神社」

 


赤水駅前バス停から徒歩約18 分の阿蘇市赤水にある蛇石神社。
国道57号沿いの「あかみず阿蘇西ふれあい市場」の近くにある小さな神社で、「蛇石」はこの神社の御神体となっている巨大な石。
上下2つに分かれた裂け目には時々姿を見せる蛇が住んでおり、人々に金運上昇のご利益を授けるとされています。
宝くじ当選などを狙いたいときに訪れては。

子授かり・安産の守り神「乙姫子安河原観音」

 

View this post on Instagram

A Happy New Year 2018??? 昨年は素敵なご縁に恵まれ、沢山ありがとうございました✨ 初詣は、2日に福岡県久留米市の成田山へ おみくじは…大吉? 主人は末吉? 出産→安産 心穏やかに って書いてあった~✨ 安心して高度医療の治療に挑めそうです? 3日は、乙姫子安河原観音へ(pic①) ~熊本県阿蘇市~ 子宝spotとして叶った人が多く有名? 子供を抱いた女体の形した御神体があり、河原の石を持ち帰り 就寝時に股に挟むと子宝を授かると言い伝えられています。 ?がほしい方は黒の石、?→赤の石 を持ち帰ります。夫婦で黒を選びました? pic②③は、乙姫神社 (熊本県阿蘇市) 皆様、健康で幸せいっぱいの一年でありますように?? 今年もどうぞよろしくお願いします? * #乙姫子安河原観音 #乙姫神社

A post shared by 大坪陽子 (@yoko.otsubo) on


乙姫子安河原観音様は、九州産交バス「乙姫ペンション村入口」バス停から徒歩約16 分の場所にある神社。
約1500年前の時代から長く「子授かり・安産」の守り神として崇められており、子宝に恵まれたい人はここで川石を持ち帰り股に挟むと良いという話が存在します。
そのことから難産で悩む人々が遠方からやってくるとのこと。

美しさと金運上昇で有名「鍋ヶ滝」

 

View this post on Instagram

この前の休みで久しぶりに鍋ヶ滝へ行って来ました? ✴︎ ✴︎ やっぱ鍋様はいつ見ても素晴らしい?✨ ✴︎ ✴︎ Location:熊本県 阿蘇郡 小国町 鍋ヶ滝 ✴︎ ✴︎ #as_archive #pics_jp #Airy_pics #picturetokeep_nature #HUEART_life #ig_photooftheday #ig_today #picture_to_keep #as_wp_collab #total_water #longexposure_japan #nature_special_ #nat_archive #whim_fluffy #PHOTOGRAFIA_NATURA #Worldbestgram #instashot #Canon #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #thisismyjapan_2017 #Filmwalkr #bestphoto_japan #土曜日の小旅行 #JPV2017冬 #水の風景 #鍋ヶ滝 #滝 #冬

A post shared by 上ちゃん (@uechan_3uph) on


大分自動車道・九重ICより約45分の場所にある鍋ヶ滝は落差約10m、幅約20mの「裏見の滝(滝の裏側に回ることができる)」の代表例とされる滝。
流れの美しさから「水のカーテン」と呼ばれることもあり、飲料品メーカーのテレビCMロケ地として使用されたことでも有名。
宝くじを買う前にここへ願掛けに来た人が当選したという話もあり、金運上昇スポットとして訪れる人もいるとされています。

幅広いご利益が話題に「阿蘇白水龍神權現」

 


3体の白蛇が祀られているのか、産交バス「ゆうステーション」近くの阿蘇白水龍神權現(あそはくすいりゅうじんごんげん)。
3体の白蛇は全てこの地から発見されたもので、そこから寺院の名前がつけられたとされています。
ご利益は金運や子宝、病気平癒、合格祈願、商売繁盛と幅広く、テレビ番組で取り上げられたことも。

どのような困難にも打ち勝てる「上色見熊野座神社」

 


南阿蘇鉄道・高森駅より車で10分の上色見熊野座神社は、縦横10m以上の「穿戸岩(うげといわ)」があることで知られる神社。
こちらの岩は岩山に大きな穴が空いていることから、どのような困難にも打ち勝てるパワーがあるとされており、人生の重要な時期にパワーを得たいところ。
神社の御神木「なぎ」もパワースポットで、男女のご縁や商売繁盛に効果があるとされています。

悪運を断ち切ってくれる「宝来宝来神社」

 


名前からも縁起の良さが伝わってきそうな「 宝来宝来神社」は、木の香湯温泉入口バス停から徒歩約27 分。
拝殿の中にある「縁切布袋」は悪運を断ち切ってくれる神様とされており、借金やタバコ、病気など未来に残したくないものを振り払いたいときに効果的。
また「布袋」の近くには縁結び・安産を引き寄せる「子宝観音」、清めたお金で宝くじを買うと当選すると伝わる拝殿前の「龍神水」もあります。

日本三大下り宮のひとつ「草部吉見神社」

 


高森駅からバスで約50分の場所にある草部吉見神社は、阿蘇開拓の神をはじめご祭神を12柱祀る神社。
写真にもあるように神社としては珍しい「下り宮」と呼ばれる構造が特徴的な神社で、石段の数は全部で130段。
宮崎の「鵜戸神宮」、群馬の「貫前神社」と並ぶ「日本三大下り宮」と呼ばれることも。
樹齢500年から700年と伝わるご神木もあります。

熊本県名水百選に選ばれる「池山水源」

宮地駅から車で30分の場所にある池山水源は、「環境省全国名水百選」や「熊本県名水百選」に選ばれた名水。
湧水量が毎分約30t、水温13.5℃の水は地域の人の飲み水や農業用水として使用される「熊本の美味しい水」の代表格とされ、水を汲みに来る観光客の姿も。
樹齢200年以上と伝わる巨木、樹木に囲まれている場所でもあり、自然の光景も見られます。

映画のロケでも使用された「押戸石の丘」

 


写真の大きな岩は阿蘇郡南小国町の標高845mに位置する「押戸石の丘」と呼ばれるスポット。
人工ではなく自然に形成されたものとされており、巨石の表面には「約4,000年前のシュメル文字、ペトログラフ(岩刻文字)」とされる亀裂模様なども存在。
ここは映画のロケで使用されたこともあり、「進撃の巨人」のシーンにも登場しています。

お茶や地酒の原水になる「白川水源」

 

お茶や地酒の原水になる「白川水源」

阿蘇白川駅から徒歩で15分の「白川水源」は、水の神「みつはのめ神」を祀る南阿蘇村「吉見神社」の境内にある水源。
湧水量1日9万t、水温は年間で変わらず14度の水は透明度の高さが特徴の水で、お茶や地酒の原水、ミネラルウォーターとして九州各地の人々が水を汲みに訪れるとのこと。
美しい水を汲みながら自然の美しさも楽しんでみては。

ユニークなおみくじがある「山崎菅原神社」

 


熊本市電「花畑町」より徒歩3分の「山崎菅原神社」は、延久二年(1070)に創建と伝わる神社。
菅原道真を祀る「学問の神様」として知られる神社で注目はおみくじ。
現代美術作家イチハラヒロコがデザインした「恋みくじ」は神様からのメッセージが書かれたもので、デザインはたいへんユニークなもの。
こうしたところに楽しめるものがあるのは注目ポイントと言えるでしょう。

樹齢1000年の楠がある「北岡神社」

 


JR熊本駅から徒歩約4分の「北岡神社」は承平4年(934年)創建と伝わる、縁結びのご利益で有名な神社。
パワースポットは神社がこの地に遷座されて以来御神木として崇められる樹齢1000年以上の「夫婦楠(めおとくす)」で雄楠は樹高21m、雌楠25m。
楠の間をくぐって参拝すると夫婦円満や金運など、さまざまな縁結びのご利益が舞い込むとされています。

商売繁盛・合格祈願に「出水神社」

水前寺駅から徒歩約9分の出水神社(いずみじんじゃ)は熊本市中央区の水前寺成趣園内にある神社。
明治時代に熊本県の歴代藩主を祀る神社として創建され、現在は縁結びや無病息災、商売繁盛・合格祈願などのご利益が得られる神社として知られています。
その他継ぎ目なしの造りが特徴の鳥居、境内にある樹齢数百年の五葉松、平成の名水百選に選ばれている「長寿の水」も行っておきたいところ。

勝負に勝つ力をもらう「加藤神社」

 


勝負運を得たいときは、加藤神社を訪れてみては。
熊本駅から路面電車「熊本城市役所前」近くにあるこの神社は戦国武将・加藤清正を主神とする神社で、勝負に勝とう(勝とう)とする受験生やスポーツ選手、神前結婚式を挙げる人々が訪れるとのこと。
毎年2月3日には節分祭が行われ、そこでの「厄除け虎くぐり」は無病息災などを願う名物として有名。

地域の守り神として親しまれる「青井阿蘇神社」

 


人吉駅から徒歩約4 分の「青井阿蘇神社」は、806年に創建と伝わる神社。
地元の人から「青井さん」と呼ばれる地域の守り神とされ、幸運・開運のご利益が得られるとされています。
祭りでは神社の創建を祝う「おくんち祭り」か有名で、頭を噛まれると無病息災などのご利益が得られる「獅子面(ししめん)」、祭り期間中は毎日行われる奉納相撲などを開催。

日本最古の神社とされることもある「幣立神宮」

 


馬見原中鶴バス停から徒歩約35 分の幣立神宮は、霊場が集中する場所にあるパワースポット。
はっきりした創建年数は不明とされていますが、1万5千年の歴史を誇る「日本最古の神社」もあります。
得られる気はたいへん強力なものとされており、ご利益は商売繁盛や良縁、出世など。
強力なパワーを全身で感じてご利益を得てみては。

夫婦神が眠る神社「浮島神社」

九州自動車道・御船ICから車で約10分の浮島神社は「いざなぎ・いざなみ」の夫婦神を祀る神社。
日本で初めて結婚式を挙げたとされる夫婦神がいることから、ご縁も縁結びや夫婦和合といった夫婦に関するもの。
その他安産・厄入り・厄払いにもご利益があるとされていますが、熊本地震の被害を受けたとされ、完全復旧には時間を要するとのこと。

季節限定でハートマークが見える「二俣橋」

 

View this post on Instagram

12月22日の絶景は「二俣橋」⠀ .⠀ ここが恋人の聖地と呼ばれる理由。それは日の光を受けた橋の影が川面に映り、ハートークを浮かび上がらせるから。この石橋をつくったのは、通澗橋や万世橋などを手掛けた石エ、橋本勘五郎の父、橋本嘉八。⠀ .⠀ 2つのJIIが直角に交わる合流点に架けられた橋で、もう1本似た橋がすぐ傍にあるがハートが見えるのはこの橋だけ。しかも見られるのは太陽の昇る角度が低い冬のおよそ11時半から正午まで。カップルで見に行きたいロマンチックな橋だ。⠀ .⠀ TABIPPOの書籍「365日 日本一周 絶景の旅」から抜粋⠀ .⠀ #tabippo #paspol #loves_nippon #beautifulday #travelphoto #genic_photo #世界一周 #バックパッカー #genic_travel #photogenic #japan_travel #genic_trip #worldheritage_japan #girlstravel #earthpix #kumamoto #くまもん #二俣橋

A post shared by TABIPPO [タビッポ] (@tabippo) on


こちらは松橋インターから車で15分の「ニ俣橋」で、写真にあるように「ハート形」のマークが見られることで有名な橋。
このマークは中央付近からよく見えるとされ、この光景が見られるのは「10月から2月の正午直前の約30分間」という限られた時間のみ。
現在は地震により半壊してしまい、復旧作業が進んでいる最中とされています。

宝くじに当選する金運「神龍八大龍王神社」

 


こちらは竜門ダムの麓にある、龍神を祀る神社である「神龍八大龍王神社」。
ご利益は宝くじに当選するとメディアで報じられた金運が有名で、お守り「福蛇の袴」を当選させたい宝くじと一緒に祈願、ご神木「夫婦杉」に手を合わせるとご利益が得られるとされています。
また竜門ダムの堤体の下には男龍(おりゅう)と女龍(めりゅう)が住んでいたと伝わる大きな淵も残されている。

君が代の歌詞に登場する「不動岩」

 


この不動岩は、山鹿市三玉(みたま)・蒲生(かもう)にある高さ約80m、根回り100mの岩で、5億年以上前の古生代(オルドビス紀)の「変はんれい岩」からできたと伝わる巨岩。
岩は長い年月をかけて崩れ、海水に洗われたのち岩盤として積み重なったとされ、現在は「熊本二十五景」のひとつに数えられる名勝に。
またこの様子は日本国歌「君が代」の歌詞になっており、「さざれ石の巌(いわお)」の部分がそれにあたります。

地震からの復興を後押し

 
今回紹介したパワースポットの中には、地震からの復旧を行っているスポットも多数あります。
次回熊本を訪れる際はパワースポットを訪れ、ご利益を得て復興を後押ししてみては。