日本の山100選の岐阜県「伊吹山」の絶景

伊吹山(イブキヤマ)は、滋賀県米原市、岐阜県揖斐郡揖斐川町と不破郡関ケ原町に位置する、およそ3億年前の海底火山の噴火によってできた山なんです。標高は約1,377mという滋賀県で一番高い山なんですよ。南東麓に関ケ原を抱き、歴史の舞台に度々登場する伊吹山をご紹介します。

伊吹山は古事記と所縁があるんです!

ここは昔、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が荒神退治に訪れた場所なんです。
古事記によると、姫に神剣をあずけ素手のまま伊吹山に到着した武尊は、白い大イノシシに遭遇します。
武尊は神の使いだと思い通り過ぎるのですが、実はこのイノシシこそ神の化身だったんです。
討つはずが大氷雨で攻められ失神し、その後病に臥せるようになり亡くなるんです…。
そういう縁から、伊吹山の山頂には日本武尊の像が置かれているんですよ。

伊吹山の住所・アクセスや営業時間など

名称 伊吹山
住所 滋賀県米原市上野
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/3775
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

霊山として開山!

霊山として開山!

image by iStockphoto

伊吹山の霊山としての歴史はとても古いんですよ。
平安時代に役行者が弥高寺を建立し、その後白山を開山した泰澄が白山信仰を伝えたことにより数多くの社寺ができた山だったそうです。
そして武将として名を馳せた京極氏が城を構えた場所でもあるんですよ。
伊吹山南側尾根には上平寺城跡や弥高寺跡など県指定の史跡を観ることができます。

弥高寺跡の住所・アクセスや営業時間など

名称 弥高寺跡
住所 滋賀県米原市上野1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://kitabiwako.jp/spot/spot_215/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

それでは行ってみよう!

それでは行ってみよう!

image by iStockphoto

名古屋方面から入られる場合には、近江長岡駅のバス停から近江鉄道・湖国バスの長岡登山口線を利用されれば伊吹登山口に約16分で到着しますよ!京都方面から伊吹山に入られる場合は、長浜駅から近江鉄道・湖国バスの伊吹登山口線に乗って伊吹登山口に行ってみましょう。
この場合の所要時間は約46分です。
今回は乗り換えの必要がないバスを提案しましたが、ほかにも色々な便がありますよ。

近江鉄道・湖国バス 長岡登山口線の住所・アクセスや営業時間など

名称 近江鉄道・湖国バス 長岡登山口線
住所 滋賀県米原市長岡 近江長岡駅
営業時間・開場時間 時刻表による
利用料金や入場料 近江長岡駅〜伊吹登山口間 360円 長浜駅〜伊吹登山口間 800円
参考サイト http://www.ohmitetudo.co.jp/bus/rosen/index.html/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

登山に挑戦!

登山に挑戦!

image by iStockphoto

バス停近くには観光案内所があり、その横の青いゲートをくぐると登山1合目の始まりです。
伊吹登山口→三合目→山頂山小屋→伊吹山山頂というルートを約3時間半かけて登りますよ!足場は山頂付近に岩場が多少ある感じでしょうか。
周囲に高い木のない中を歩くので、夏場だと日よけの帽子が必要だと思います。
それと、ここにはヤマヒルがいるらしいので気を付けてくださいね。

伊吹登山口の住所・アクセスや営業時間など

名称 伊吹登山口
住所 滋賀県米原市上野1098
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 入山協力金300円
参考サイト http://www.ds-j.com/nature/ibuki/Information/access/tozan-info.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

登山お疲れ様です!じつは…

往復約6時間の登山は体力がもたないと思われた方は伊吹山ドライブウェイ(※自動車専用道路)から入山ができますよ。
JR東海道の大垣駅または関ケ原駅前から名阪近鉄バスの大垣伊吹山線(季節限定)に乗られれば山頂まで残り1合のところまで行けるんです。
ここにはスカイテラス伊吹山という施設もあり食事や買い物、滋賀県を見渡せる展望所を楽しむことができますよ。

スカイテラス伊吹山の住所・アクセスや営業時間など

名称 スカイテラス伊吹山
住所 滋賀県米原市大久保 大久保字野田山1632
営業時間・開場時間 10:00〜16:00(夏季は9:00より) 冬期閉鎖
利用料金や入場料 伊吹山ドライブウェイ通行料(普通車) 3,090円
参考サイト http://www.ibukiyama-driveway.jp/rest/opening_explanation/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伊吹山には植物が溢れてる!

伊吹山は日本で2番目に植物の種類が多い山と言われているんですよ。
レッドリストに指定されているイブキコゴメグサ、イブキトボシガラやコイブキアザミなどの特産種のほか、沢山の薬草が咲いているんです。
そして花の中には日本の固有種のほかにヨーロッパ原産種の花も咲いているんだそうですよ。
これは織田信長がポルトガル人宣教師にこの地を与え、ハーブガーデンを作った時の種だろうと推測されているんです。

せっかくなので、薬草湯に浸かってみる!?

ここは米原市にある伊吹薬草の里文化センターですが、市外の方の入浴も可能なんです。
トウキ、ジュウヤク、ハッカ、ヨモギなど7種類の薬草が入った湯は登山の疲れをとってくれると思いますよ。
浴槽は大浴場と小浴場があり、曜日によって男女の入浴が入れ替わりますので注意してくださいね。

伊吹薬草の里文化センターの住所・アクセスや営業時間など

名称 伊吹薬草の里文化センター
住所 滋賀県米原市春照37
営業時間・開場時間 12:30〜19:30 月曜休館
利用料金や入場料 大人600円 小人300円
参考サイト http://joyibuki.info/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伊吹山の保水力に感謝!

伊吹山の保水力に感謝!

image by iStockphoto

この伊吹山から流れる姉川と妹川(草野川)には、こんな物語があるんですよ!伊吹山の谷には川がなく百姓をしても粟や蕎麦しか作れない貧しい地方だったらしいのですが、ある年の冬から梅雨までの長い間雨が降り続き、山の頂近くに池ができたんだそうです。
そこで、ここに住んでいた姉妹の姫が水を抜こうと池に飛び込むと、その2人の姫は龍となり二つの川になって山麓は豊かな地方になったんだとか…。

image by iStockphoto

そして、この川は琵琶湖の源流となるんですよ。
といっても、唯一の源流ではなく何百という源流の中の1本なんですけど…。
雨が降って山が水をふくみ、川となって湖ができるって神秘的ですよね。
ちなみに琵琶湖は日本で最大の湖と言われていますが、河川法上の正式名称は『一級河川琵琶湖』なんだそうですよ。
湖ではなく河川なのか、河川ではなく湖なのか…どっちだと思われますか?

山麓の町、関ケ原に歴史を観に行ってみよう!

伊吹山の南東麓に位置する関ケ原町は壬申の乱や関ケ原の戦いの古戦場として有名ですよね。
ここには関ケ原の戦いに参加した武将の陣跡が残っていたり、壬申の乱後に設置された不破関という関所跡を観ることができますよ。
この不破関はとても重要な関所で、これより東を東国または関東と呼ぶようになったんだとか…。
日本って、こんなに古くから西と東に分かれていたんですね。

不破関資料館の住所・アクセスや営業時間など

名称 不破関資料館
住所 岐阜県不破郡関ケ原町松尾21−1
営業時間・開場時間 9:00〜16:30(夏期) 9:00〜16:00(冬期)
利用料金や入場料 大人100円 小人50円
参考サイト http://www.rekimin-sekigahara.jp/main/fuwa_no_seki/museum/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

行ってみよう

山に木が生えて森となり、雨が降って山が水を蓄えてくれて私たちの生活が成り立っているんだな、と思うと感謝しかないですね。
先人たちは、そんな感謝の想いを常に持って生活を営んでいたんでしょうね。
photo by iStock