元住民が解説するイギリスの観光完璧ガイド。モデルコースからおすすめスポットまで

観光地として人気の高いヨーロッパ。そのヨーロッパの中でもイギリスは、旅行にいってみたい国として人気があります。とはいっても、日本から直行便を使っても12時間かかる空の旅となるので、なかなか行くのも大変ですね。行くからには、後悔のない、楽しい旅にしたいものです。失敗しないイギリス旅行にするためにも、イギリスへの観光旅行が何倍も楽しくなる情報を元住民である筆者がお届けします!

イギリス観光の前に知っておこう!

 

イギリス観光の前に知っておこう!

イギリス観光でビザは必要?

 

イギリス観光でビザは必要?

image by iStockphoto

六ヶ月以内の観光旅行としてイギリスを訪れる場合、ビザは必要ありません。
イギリスの入国審査のときにパスポートと一緒に、滞在先のホテルを提示、帰国便のチケットもしくは申込み済みを証明するものを見せる必要がでてきます。

日本から飛行機でイギリスに入国する場合を一例としてあげると、下記のようになります。

・入国カード

・パスポート

・帰りの飛行機のチケット

・滞在先

これらを用意して入国審査の列にならびましょう。
入国カードは飛行機内でフライトアテンダントからもらい、必要事項を記載しておくとよいでしょう。

イギリスの入国審査が通れば、六ヶ月間はイギリスに滞在してもOKというツーリストビザを無料で押してもらえます。

イギリスの治安は大丈夫?

 

イギリスの治安は大丈夫?

image by iStockphoto

一般的に英国の治安は、安全と言われています。
ただし置き引きなどの軽犯罪は頻繁におきます。
町を歩いていても、観光客を騙して金銭をまきあげるような”ツーリスト・トラップ”なる人たちをたくさんみかけます。

観光名所などは特に要注意。
露天商や、フリーマケット、地下鉄のような人混みが多いところに行く場合は、スリなどがいますので、気をつけてくださいね。
貴重品はポケットなどに入れることはせずに、できれば口が閉じるタイプのカバンで、肌身離さず持つぐらいがちょうどよいでしょう。

日本と違い、レストランなどで席を立つ時など、貴重品を置いたままにすると盗まれることがあります。
とにかく、見ず知らずの人に声をかけられても、旅行なれしていない、言葉が不自由などの時は、無視をして立ち去りましょう。

イギリス旅行の季節別のおすすめ服装は?

 

イギリス旅行の季節別のおすすめ服装は?

image by iStockphoto

北緯が北海道と同じぐらいのイギリス。
現在北海道で生活している人あるいは、北海道育ちの人は、北海道と同じ感覚で旅支度をすればいいだけなので、ある意味ラッキーです。

では、それ以外の地域に住んでいる人たちがイギリスへ観光旅行する時は、どのような点を注意すればよいのでしょうか?

一日の中に四季が全てあると言われるほど、気候が変わりやすいイギリス。
実際に暮らしているイギリス人ですら、それをジョークにするほどです。
天気の予測不可能なイギリスへの観光には、欠かせないのが雨具。
晴れの予報がでていても、いつ天気が変わるかなんてわかりません。
小さく折り畳み、カバンの隅にいれておくことができるレインコートや、傘はあっても困らないでしょう。

春:三月から五月にかけて

この時期は雨具の用意をして出かけたほうが良い時期です。
折り畳み傘など持つのが面倒という人は、コートやカバンなどに撥水性のあるものを着用するか、防水スプレーをかけておくと便利ですよ。

また五月の末などに旅行に行く場合は、日中は暑いぐらいの日もありますが、朝晩は突然寒くなったりしますので、大きめのハンカチもしくはスカーフを用意していくと、防寒対策になります。
スカーフはどの季節でも一枚、カバンに忍ばせておくと便利なアイテムなので、おすすめ。

夏:六月から八月にかけて

夏でもエアコンが必要になるほどの猛暑になることが少ないイギリス。
逆に肌寒く感じる人もいますので、カバンの奥には、いつでも羽織れるような薄手のジャケット、サマーカーディガンなどを入れておくと急な天気に対応でき重宝しますよ。

秋:九月から11月にかけて

服装に関してあまり悩まないで済むのがこの季節ではないでしょうか。
ただし、寒がりな人は、重ね着をして旅行に行かれることをお勧めします。
防寒用に帽子、手袋などもあると町を歩くときに便利。
ウィンドウショッピングをしていて、気に入ったものがあったらお土産として購入するのもアリですね。

冬:十二月から二月にかけて

女性の場合は、スカートよりもジーンズなどででかけたほうがいいのが、この季節です。
ジーンズの下にはレギンスなどはいておくことをおすすめ。
厚手のコートを羽織り、冬らしい恰好がおすすめです。
雪がふることもありますので、何枚かは厚手の服を用意しておきましょう。

イギリス旅行で必要な費用・予算は?(7泊8日を2人の事例)

 

イギリス旅行で必要な費用・予算は?(7泊8日を2人の事例)

ロンドンを中心としたイギリスへの個人旅行は、一体どのくらいかかるか気になる人も多いはず。
まずは、イギリスに一週間ほど友人と二人で滞在するとして、どの程度の費用が必要になるのでしょうか?飛行機の値段、ホテル、観光名所を移動する費用などを見ていきましょう。

例えば日本の飛行機会社を使ってイギリスへ一週間ほど旅行に出かけるとなった場合、季節にもよりますが、添乗員が同行しないフリーの形で、飛行機代+宿泊でおおよそ、一人あたり17万前後からと考えるとよいでしょう。
夏場は高く50万近くになります。
冬の時期はチケットも安くなるので、ねらい目です。

2017年の4月からサーチャージ料金が無料になると言われていますので、燃料費が安い時期を上手に利用し旅をしてみてはいかが?

どこを旅行するかにもよりますが、ロンドンですと地下鉄を利用するのが便利。
オイスターカードという、日本でいうと”SUICA”などの電子マネーをチャージして使った分だけ払います。
最初にカードを発行してもらうのに5ポンド支払いますが、このお金は最後に清算すると戻ってきます。

ロンドン以外の場所に旅行に行く方は、日本にいる間にブリットレイル・パスを発行してもらうとお得な場合がありますので、行く先と運賃を計算し上手に利用してみましょう。
レートにもよりますが、15000円ほどで乗り放題になります。

イギリスではレンタカーをかりて周遊するのもおすすめです。
うれしいことに、道路法規は日本と一緒で、車は左側通行となっていますので、運転がしやすいですよ。

その他、万が一旅行中にケガなど病気をした時のために海外保険料に入っておくことも必要となります。
ただ、保険に入る前に自分の持っているクレジットカードに海外保険が付帯していないか、確認をしてからにしましょう。
もし加入する場合は、保険の内容にもよりますが、1週間で5000円ほどです。

観光する場所によりますが、仮にロンドンですと、有名な大英博物館は無料。
美術館によっては、学生だと無料もしくは学生料金があり格安で入場できます。
また、ファミリー割引があり4人一組だとチケットがかなり安くなります。
列に並んでいる時に、カップルがいたら、声をかけてみると本当の家族でなくても、4人一組のファミリー割引で安く入場することが可能になりますよ。
ぜひ、お試しを!

また、飛行機をビジネスクラスにしたり、添乗員同行、ホテルのランクをあげたりすると、一週間で70万前後の旅費が必要となります。
ゆとりある旅行をするとなるとざっと100万ほどカップルで用意しておくと間違いないはずです。

格安の貧乏旅行で過ごそうと思ったらいくらになる?(7泊8日を2人の事例)

 

格安の貧乏旅行で過ごそうと思ったらいくらになる?(7泊8日を2人の事例)

image by iStockphoto

LCCなどの格安航空会社がある今。
安く旅をしようと思えばいくらでも安く旅行することは可能です。
そのかわり直行便でなかったりと少し不便な思いをすることは頭に入れておきましょう。

カップルで一週間ロンドンを観光するとなると費用は下記程度になるかと思います。

飛行機代往復 一人3万から5万ほど。
カップルで10万

宿泊はすべてホステルなどにすると2人で5000円×7日=3万5千ほど。
余裕をもって見積もったとしても、飛行機代+宿泊費で二人で15万ほどでロンドンには滞在することができます。

食費などは、ホステルについてる共同キッチンを利用し自炊をすると、1万もあると朝と昼分は一週間で二人分は問題ありません。
たまの外食は、国民食ともいえるフィッシュアンドチップスで、イギリス気分を味わってみては?また、パブランチは比較的安く、英国料理を味わえる場所としておすすめ。
これだと、1週間2万ほどで二人分の食費を賄うことも夢ではありません。

実は、ロンドンは貧乏旅行者には優しい場所。
有名な観光名所は、地下鉄を利用していくことが可能なうえに、無料で開放している施設も多くあります。
移動で利用する地下鉄カードは、7日間有効のトラベルカードが日本で発行されていますので、事前に購入しておきましょう。

有名な観光名所は、このトラベルカードのゾーン内でほぼ行くことができます。
2000円以内で購入できるので、二人分4000円で移動費は済むことになります。
地下鉄で無料配布している新聞は、イベント情報が満載。
英国政府観光庁のホームページにも、無料で観光できる場所が紹介されていますので、そちらもこまめにチェックしましょう。

飛行機代が安く済むと、二人で一週間30万もあれば十分に満足がいく格安旅行を楽しめます。

イギリスがEU離脱すると言われてるけど、関係ある?

 

イギリスがEU離脱すると言われてるけど、関係ある?

イギリスがEUから離脱することが旅行者にどれほど関係があるかは、英国外にも旅行しに行くかいかないかによって多少かわるといえます。
しかし、多くの場合は旅行者にはさほど関係がないでしょう。
そもそもイギリスは、EUでありながら、ユーロを使用していなくポンドを守っていました。
そのためイギリスではポンドを用意をしないといけません。
それにイギリスに入る時は、入国管理では、シェンゲン協定があろうがなかろうがいい顔をされません。
EUであろうが、なかろうがあまりかわらないといえます。
ただ、今後スコットランドが独立となったら、少し不便さが加わるかもしれませんね。

イギリスのグルメは正直どう?

 

イギリスのグルメは正直どう?

image by iStockphoto

食べ物はまずいと言われるイギリスですが、日本の様に食卓に出た時点で味がバッチリ決まっているものが少ないのも原因かもしれませんね。
塩コショウは好みでテーブルにあるものを掛けて食べると問題ありません。

また、イギリスではインド料理、地中海料理などがとてもおいしいです。
食事は困りませんよ。

イギリス観光のモデルコースはこう!

 

7泊8日の場合のモデルコース(ロンドン中心編)

 

7泊8日の場合のモデルコース(ロンドン中心編)

image by iStockphoto

一週間ほどあると、ロンドン中心の有名どころはほぼゆっくりと見て回れます。

1日目:バスツアーに参加。
時差ボケなどのことも考えて、まずはロンドンのまちなかにたくさんあるバスツアーに参加し、大まかな位置や有名な観光名所をダブルデッカー(2階建てバス)からゆったり眺めてみるのがいいでしょう。

これだと一日目はあまり疲れずに、あとはホテル近隣でお茶したりして過ごし、時差ボケを解消できます。

2日目:トラファルガー広場

有名なトラファルガー広場へいってみましょう。
ロンドンでも有名な観光地のひとつ。
直ぐ側ににロンドンでもっとも有名なアートギャラリーであるナショナル・ギャラリーがあります。
有名な絵画がずらりと並んでいて驚きますよ。

この近隣には、ロンドン・ダンジョン、ロンドンアイなどもあるので、絵を見終えたあともたっぷりと周辺を楽しむことができます。
ロンドンアイの周辺では素敵なレストランも多いので、ぜひテムズ川沿いを楽しんで。

3日目:ロンドン塔周辺で、ゆっくり一日を過ごしてみてはいかがでしょう。
中を閲覧するには、3時間ほどかかるので、午前中から行かれるのがベスト。

周辺でランチをしたら、その後、ロンドン橋を見学しましょう。
所要時間は、一時間ほどです。

4日目:大英博物館もしくは個人的な好みの博物館、美術館へいきましょう。

5日目:四日目と同じく、興味のある範囲の博物館、美術館へ行かれるといいでしょう。
ベーカーストリートにいくとシャーロック・ホームズ、マダム・タッソーなどがあります。

博物館などが好きでない場合は、自然や動物とたわむれるのはいかがでしょうか?リージェント・パークで動物園。
とても大きな湖やガーデンもある動物園で、一日たっぷりすごすことができます。

6日目: 二日目から6日目までの間にバッキンガム宮殿で衛兵交代を観るのを忘れずに。
イギリスに行く時期によって毎日見られるときと、そうでない時にわかれます。

英国陸軍のウェブサイトでスケジュールがチェックできます。
また、雨天時は、パフォーマンスがないので、天気と相談してください。
世界中から、多くの人がみにきますので、早めにいって場所をとるのがおすすめ。

7日目:ロンドン近郊へ日帰り

ロンドンから日帰りでいけるバースなどにでかけるのもいいですよ。

帰国前のお土産などをかうのに一日ショッピングデイとして有名なハロッズ、セルフリッジ、リバティーロンドンなどにでかけるのもいいですね。

7泊8日の場合のモデルコース(スコットランド等含めて周遊するプラン)

 

7泊8日の場合のモデルコース(スコットランド等含めて周遊するプラン)

ロンドンだけでなく、北部イングランド、そしてスコットランドなども含めて一週間でまわってくるとなると、4日間ロンドン、2日をスコットランド周辺、1日をお土産を買う日にあててみては?

スコットランドやイギリス北部への行き方は夜行バスを利用する、通常の列車など方法はいろいろ。
列車もバスも比較的快適です。
ロンドンのモデルコースを参考にし、北部イングランドでは中世の雰囲気が残るヨークを観光するのがおすすめ。

もちろん、北部イングランドには立ち寄らずに、スコットランドでエジンバラ城、大自然を味わいに周辺をみてまわるのもいいですよ。

9泊10日でもう1-2ヶ国見て回るとした場合の理想コース

 

9泊10日でもう1-2ヶ国見て回るとした場合の理想コース

9泊10日なら、リヴァプールからアイルランドにまわってみるのもいいですね。

またウェールズ地方にいくのもおすすめです。
英国以外で訪れるとなると,ユーロスターで訪れることができる、フランスのパリ、早起きすればベルギーのブリュッセルあたりがおすすめ。

イギリス観光で行きたいおすすめ観光スポットはここ!

 

名物「近衛兵の交代儀式」をみるなら、バッキンガム宮殿

 

名物「近衛兵の交代儀式」をみるなら、バッキンガム宮殿

バッキンガム宮殿で近衛兵の交代を見に行ってみましょう。
時期によっては、宮殿内をみることができますが、名物である近衛兵の交代儀式は、ぜひ見たいところ。

見に行く時期によって、見学できる曜日が変わってきますので、公式サイトを確認。
そのほかに、天気も関連するので、運も左右します。
一般的に下記の時間で交代を見ることができます。

〇4~7月 毎日

〇上記以外は二日に一回

〇午前11時半

ものすごい人なので、早めに行って場所取りをしておきましょう。

バッキンガム宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 バッキンガム宮殿
名称(英語) Buckingham Palace
住所 Buckingham Palace, London SW1A 1AA
営業時間・開場時間 9:30-18:30(冬期) 9:30-19:30(夏期)
利用料金や入場料 大人23ポンド シニア・学生21ポンド 子供13ポンド
参考サイト https://www.royalcollection.org.uk/visit/the-state-rooms-buckingham-palace/plan-your-visit?language=ja
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

有名な架空の人物を知るために訪れてみたい シャーロック・ホームズ博物館

 

有名な架空の人物を知るために訪れてみたい シャーロック・ホームズ博物館

image by iStockphoto

シャーロキアンはもちろん、ベネディクト・カンバーバッチが演じたBBCのドラマ「シャーロック」ファンにもぜひ、訪れてほしいのがこの博物館です。
隣には、ハドソン夫人が経営するレストランもあります。

地下鉄ベーカー駅を下車、徒歩圏でおとずれることができるこちらの博物館。
たまにホームズのように帽子、パイプ、コートを羽織った人がホームズ博物館のフライヤーを持って、通りにたっていることもありますので、見つけたら一緒に写真を撮ったりしましょう。

9:30~18:00の営業で、クリスマス以外は基本営業をしています。
大人は15ポンド16才以下の子供は10ポンドです。

コナン・ドイルの小説でホームズファンになった人も、ドラマや映画を通じて好きなった人にとっては、まさに聖地。
訪問記念向けのグッズも所狭しと販売されています。

通りの向かいにあるパブにもホームズに関連する絵がえがかれていたりするので、博物館をでたあとは周辺エリアを散策することをおすすめします。

シャーロック・ホームズ博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 シャーロック・ホームズ博物館
名称(英語) Sherlock Holmes Museum
住所 221b Baker St, Marylebone, London NW1 6XE
営業時間・開場時間 9:30−18:00
利用料金や入場料 大人15ポンド 子供10ポンド
参考サイト http://www.sherlock-holmes.co.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゴーストがいる?ロンドン塔

 

ゴーストがいる?ロンドン塔

image by iStockphoto

イギリスの世界遺産として有名なロンドン塔。
ここで処刑された人もいたことから、幽霊が出る塔、監獄として幽閉されていた人たちが残した傷跡などを目にすることができる観光名所です。

カラスがいなくなると英国が滅びるという話は有名なため、いまもロンドン塔ではカラスが飼われ続けています。
大人だけでなく、比較的小さな子供も楽しめる体験コーナーなども塔内にはありますので、ご家族で訪れても楽しめます。

ロンドン塔にいる衛兵ヨーマン・ウォーダーズと写真を撮ったり、ガイドをしてくれる時間もありますので、ぜひ、公式サイトでチェックし訪れてみましょう。

もし、ロンドン塔を見に行く日が決まっている場合は、オンラインでチケットを購入しておくことで、チケットを購入のために並ぶ時間が省けます。
さらにオンラインチケットだと通常よりも4ポンドほどお得になります。

ロンドン塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 ロンドン塔
名称(英語) Tower of London
住所 St Katharine\’s & Wapping, London EC3N 4AB
営業時間・開場時間 9:00−16:30(冬期,日・月曜は10:00から) 9:00−17:30(夏期,日・月曜は10:00から)
利用料金や入場料 大人20ポンド シニア・学生22ポンド 子供13ポンド
参考サイト http://www.hrp.org.uk/tower-of-london/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロンドンから日帰りしやすいバース

 

ロンドンから日帰りしやすいバース

image by iStockphoto

イングランド西にあるバースの町は、ロンドンから日帰りで遊びにいくのにほどよい距離があります。
ロンドンにホテルをとったままで、日帰り旅行を楽しんでみませんか?

ロンドンからバースへの行き方はパディントン駅から列車を使うのが便利です。
パディントンといえば、クマを思い出す人もいるでしょう。

駅構内にはパディントンベアの像も建っていますので、時間がある時はぜひそこの前で記念写真を撮ってみてはいかがでしょう。
ロンドンからバースまでは90分ほどの列車の旅となります。

サマセット地方にあるバースの町には、ローマ人によって支配された時に建設されたローマンバス、ロイヤルクレセントと呼ばれる歴史的な建物、バース大聖堂などが見所が市内にたっぷりあります。

共通チケットなども発売されていますので、色々と見る場合は、チケット売り場の方に相談されるといいですよ。
チケットを購入した後からだと、割引ができない場合もあるので、要注意。

ローマン・バスの住所・アクセスや営業時間など

名称 ローマン・バス
名称(英語) The Roman Baths
住所 Stall St, Bath BA1 1LZ
営業時間・開場時間 9:30−17:00(冬期) 9:00−17:00(夏期,6/17−8/31は21:00まで)
利用料金や入場料 大人15.50ポンド シニア・学生13.75ポンド 子供9.80ポンド
参考サイト https://www.romanbaths.co.uk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スコットランドまで足を伸ばす前に、北部イングランドでたちよるなら、ヨーク

 

スコットランドまで足を伸ばす前に、北部イングランドでたちよるなら、ヨーク

image by iStockphoto

イギリスの北部にあるヨーク。
中世の街なみが残るこの都市も観光名所があって、とても楽しい場所です。
ロンドンからだとヨークまでは列車で3時間あるとつくことができます。

日帰り旅行とは行きませんが、夜のヨークの街を歩くウォーキングツアーなどもあるので、ぜひ一日ほど滞在してみるのがいいでしょう。

ヨークのみどころは、ヨークミンスター、博物館はもちろん、歩行者専用の道路があるshambles というストリートなど。
shamblesはかわいらしい雑貨店と中世の建築物が残る場所なので、ストリートまるごと楽しめますよ。

ヨークミンスターの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヨークミンスター
名称(英語) York Minster
住所 Deangate, York YO1 7HH
営業時間・開場時間 9:30−17:00(日曜は12:45から)
利用料金や入場料 大人15ポンド シニア・学生14ポンド 子供5ポンド
参考サイト https://yorkminster.org/home.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

テーマを決めて回ろう

 

観光大国イギリス。
ロンドンだけでなく、他の都市にもインフォメーションセンターがあり、そこを訪れると親切に道をおしえてくれたり、マップが販売されていたりします。
ホテルによっては、受付にマップが販売されていますので、それらを購入するのもいいですよ。

ツーリスト・インフォメーションセンターでは、テーマごとにわかれた地図も販売されています。
自分の興味がある地図、冊子をもらいそれをもとに楽しい旅にしてくださいね。

photo by iStock