地元民が伝授!鬼怒川温泉の観光完璧ガイド。周辺スポットからおすすめ旅館まで

栃木と言えば、日光と鬼怒川が有名です。鬼怒川は、有名な温泉地でもあり、毎年季節問わず多くの観光客でにぎわっています。有名な温泉地だからこそ、素敵な時間を過ごしたい!みんなが知らないところに行ってみたい!そんな思いのみなさん、お待たせしました。家族連れでも楽しめることはもちろんのこと、カップルで2人だけの空間を楽しめるプランなどがありますので、デートにもおすすめ♪付き合いたてのカップルも、長くお付き合いされている方も必見の情報がありますよ。
鬼怒川に行くなら絶対に外せないスポットやお土産など、知っているとさらに鬼怒川が楽しめる情報120%でお送りしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

鬼怒川温泉に行く前に知っておこう!

 

鬼怒川温泉の魅力は?

 

鬼怒川温泉の魅力と言えば、観光スポットがたくさんあること。
例えば、「鬼怒川ライン下り」や、世界旅行気分が味わえる「東武ワールドスクウェア」などたくさんあります。
それ以外に、ドリンクを楽しみながら足湯に入れる「あし湯カフェ」や、高さ約40mの橋上から鬼怒川の絶景を望むことが出来る「鬼怒楯岩大吊橋」などがあります。

こうしてみると、たくさんの魅力がぎゅっと詰まっているスポットがこんなにあります。
鬼怒川は、自然を楽しんだり、遊びを満喫したり、温泉でまったりしたりなど、1日中満喫できる贅沢な観光地。

魅力は行っていないと分からない部分もたくさんありますが、どこにしようか迷っていたり、魅力って何?と思っている方も、身体全体で満喫出来る魅力があるのが、鬼怒川温泉の特徴であり、魅力です。

首都圏から鬼怒川温泉へのアクセス手段や時間は?

 

首都圏から鬼怒川温泉へのアクセス手段や時間は?

鬼怒川温泉には、主に電車か車で行くのがおすすめ。
電車と車に分けて、便利なアクセスをご紹介します。

・電車の場合~その1~

浅草駅 →東武特急スペーシアきぬ(所要時間は約2時間)→鬼怒川温泉駅

「特急スペーシアきぬ」は、時間を最短で向かうには外せない電車の1つ。
座席は向かい合わせになる回転式シートを採用していますので、家族で出かけるにも顔を見合わせて座ることが出来ます。

・電車の場合~その2~

浅草駅→東武スカイツリーライン快速(所要時間約2時間半)→ 鬼怒川温泉駅

東武スカイツリーライン快速は、移動をまったりと、お値段を抑えたい方向けのプラン。
乗り換えがあるのでしっかり押さえておきましょう。
日光方面と鬼怒川方面の分岐になる駅が、下今市駅です。
そこで乗り換えが発生しますので、間違えずに乗り換えましょう。

その先は鬼怒川温泉駅までは各駅停車ですので、気になる駅でふらっと降りたりして、旅を楽しむことも出来ます。

・電車の場合~その3~

浅草駅→東武スカイツリートレイン(約2時間半)→鬼怒川温泉駅

スカイツリートレインは、土日祝日限定の臨時特急列車。
窓側に座席が向いたペアスイートや、シングル、ツインなど種類豊富な座席があります。
大きな窓が特徴で、外の景色を思う存分楽しめます。
予約が埋まってしまうこともありますので、旅行の日程が決まったら、すぐに予約するようにしましょう。

・車の場合

東京各地→首都高速道路(約50分)→川口JCT→東北自動車道(約1時間25分)→宇都宮IC→日光宇都宮道路(約15分)→今市IC →国道121号線(約20分)→鬼怒川温泉

東北自動車道から宇都宮IC経由で、日光宇都宮道路に入ることが出来れば、後はまっすぐ1本道。
東北自動車道に乗った後は特に難しい道ではないので、初心者の方でも運転しやすいです。

佐野藤岡IC近辺、および、岩舟JCT付近で事故が起きやすいので、近くを通るときは特に気を付けてくださいね。

鬼怒川温泉の駐車場は?

 

鬼怒川温泉の近くには、実は駐車場がありません。
しいてご紹介するならば、東武鬼怒川駅の近くにある、「鬼怒川温泉駅前 臨時駐車場」がオープンしていること。

鬼怒川温泉から川治温泉に向かう方には重宝されている駐車場ですが、鬼怒川を楽しむ方はそのまま目的地まで移動してしまう方が、コインパーキングを探すよりも時間を有効に活用できます。

鬼怒川温泉のグルメと言えば?

 

鬼怒川温泉で有名はホテルは、「金谷ホテル」。
地元の方でも「高級で泊まったことがない」という声も聞かれるくらいのハイクラスホテル。
そこの「ビーフシチューランチ」がおすすめ。

建物は、東日本大震災でダメージを受けてしまいましたが、現在はゴージャスな旅館に生まれ変わり、営業しています。
お肉が気が付くと口の中からなくなっているくらいふわっと柔らかな食感で、コクが深く味わい深いビーフシチュー。

さすが金谷ホテルといった味で、高級感があります。
もしホテルに泊まる予定がなくても

、ランチで足を運びたいスポット・グルメです。

鬼怒川温泉を経由して行ける栃木県の他の観光スポットは?

 

鬼怒川温泉を経由して行ける栃木県のスポットですが、まず、鬼怒川から県北に向かうのか、県南に向かうのかで目的地が変わってきます。
鬼怒川温泉から県北に向かうルートならば、那須方面に向かいましょう。

那須は自然が豊かで、牧場などがあって動物と触れ合うことも出来ますし、アウトレットもありますので、ショッピングを楽しむことができます。

県南に向かう場合は2パターンあります。
宇都宮に向かって、インターパークでショッピングやお食事を楽しむプラン、もっと南に下がって佐野方面まで思い切って行くプランがあります。

どちらのコースにしても、ショッピングやお食事と、いろいろ楽しめますので、鬼怒川からちょっと特に足を運びたい時には、どちらのコースをチョイスするのか、選ぶ楽しみもあります。

鬼怒川温泉、季節ごとの見どころは?

 

「春」の桜の見どころとえば、 「鬼怒川温泉さくらまつり」

 

「春」の桜の見どころとえば、 「鬼怒川温泉さくらまつり」

鬼怒川温泉にある、桜並木通りの桜の開花時期に合わせて行われるお祭り。
桜を見られるだけでなく、駅前での歌謡ライブや、大道芸人のショーなど、わいわいとにぎやかなムードを楽しめます。

桜と温泉を楽しめる鬼怒川ですが、春には珍しいお祭りを一緒に楽しめますので、ぽかぽかと温かい陽気に誘われてみてはいかがでしょうか?ちなみに見頃は4月上旬から中旬です。

鬼怒川温泉さくらまつりの住所・アクセスや営業時間など

名称 鬼怒川温泉さくらまつり
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原
営業時間・開場時間 9:30~15:30(4月9日)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nikko-kankou.org/event/358/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「夏」の見どころといえば、「鬼怒川温泉夏の花火」

 

「夏」の見どころといえば、「鬼怒川温泉夏の花火」

やはり夏は花火大会を楽しみたい!鬼怒川でももちろん花火を楽しめます。
鬼怒川温泉街では、8月の土曜日と夏祭りの時に花火を打上げています。
毎週花火が見られるので、週末に鬼怒川に行くことで、花火を楽しめるとあって、夏休みなどは家族連れの方が多く訪れます。

温泉に入る時間を調整して、花火を見ながら風情を楽しむ…そんな贅沢な時間を過ごせるのは、夏だけ。
ぜひ鬼怒川温泉に来た際には、花火も一緒にいかがですか?

鬼怒川温泉夏の花火の住所・アクセスや営業時間など

名称 鬼怒川温泉夏の花火
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原
営業時間・開場時間 21:45~22:00(8月の土曜日・夏祭り時)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nikko-kankou.org/event/769/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「秋」の紅葉の見どころといえば、「戦場ヶ原」

 

「秋」の紅葉の見どころといえば、「戦場ヶ原」

標高1400mの湿原地帯である、戦場ヶ原。
季節ごとに違った表情が楽しめるとあって、人気のスポットになっています。
歩きやすいように道が整備されていて、ハイキングに訪れる方も多いです。
特に紅葉シーズンは、木や葉っぱはもちろんのこと、足元の草なども色づいているので、上から下まで紅葉を楽しめます。

紅葉の初期は赤色が多く、終盤になってくると黄色の葉っぱになってくるので、同じシーズンで2回楽しめるスポットになっています。

戦場ヶ原の住所・アクセスや営業時間など

名称 戦場ヶ原
住所 栃木県日光市中宮祠
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nikko-kankou.org/spot/10/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「冬」の楽しみといえば、「鬼怒川温泉の雪見風呂」

 

「冬」の楽しみといえば、「鬼怒川温泉の雪見風呂」

雪が降る地方だからこそ楽しめるのが、「雪を見ながら温泉に入る」こと。
明治時代以降に一般開放は許されてから、観光客が訪れられるようになり、鬼怒川周辺には旅館やホテルがたくさん建つようになりました。

関東有数の温泉地として有名で、効能は神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進が期待できます。
身体にいいだけでなく、雪を見ながら入ることで、心もすっきりする不思議な魔法にかかったような感覚になります。

ゆっくり泊まりたい鬼怒川温泉の旅館はここ!

 

鬼怒川金谷ホテル

 

View this post on Instagram

日本最古のホテルがルーツの鬼怒川金谷ホテル。創業者のジョン金谷鮮治氏が描いたもてなしの心とダンディズムの世界観が体現化され至福のくつろぎを堪能できる場所。 世界を旅するジョン金谷氏が選び抜いた商品としてブルックリンスレートカンパニーの製品を6月30日まで期間限定販売していただいております。 詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。宿泊者向けのお料理の器にも採用いただいております。 #ブルックリンスレート #スレート部 #brooklynslate #kinugawakanayahotel #鬼怒川金谷ホテル

A post shared by ブルックリン スレート カンパニー (@brooklynslatejp) on

金谷ホテルの創業者は「ジョン金谷鮮治」という方なのですが、その方が大切にしている者は、もてなしの心と美学。
少し難しいですが、私たちが満足できる接客や料理などの内容を目指しているホテルです。

非日常的な空間と、おもてなしを提供してくれますので、まるで別荘のような心地よさを感じることが出来ます。
ホスピタリティーあふれる館内ですが、モダンで洗練された空間とスタッフさんの温かさを感じることが出来ます。

鬼怒川金谷ホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 鬼怒川金谷ホテル
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1394
営業時間・開場時間 チェックイン14:00〜18:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊1名32,000円~
参考サイト https://www.kinugawakanaya.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鬼怒川温泉 山楽

 

館内に入るとお香の香りがして、ここまで来る疲れを癒してくれます。
ほっとする香りなので、方の力が抜けてリラックスできる雰囲気が漂っています。
さらに中を進むと格調高い雰囲気に包まれて、まさに高級感あるホテルといったところです。

部屋は74平米以上の広い部屋で、すべての部屋がスイートになっていて鬼怒川沿いの絶景創作料理は、お部屋か個室で食べることが出来ます。
とっても贅沢な時間を過ごすことが出来ます。

鬼怒川温泉 山楽の住所・アクセスや営業時間など

名称 鬼怒川温泉 山楽
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1060-399
営業時間・開場時間 チェックイン14:00〜18:00 チェックアウト10:30
利用料金や入場料 1泊1名20,000円~
参考サイト http://www.sanraku.premierhotel-group.com/kinugawa/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

栂の季(つがのき)

 

内装もテーマも違う、全部で9部屋の露天風呂が付いた客室が人気の隠れ宿になっています。
部屋数が少ないので、しっとりとした時間を過ごしたい時にはぴったりのお宿になっています。

お部屋は広々としていて、季節ごとに表情を変える景色に魅了されます。
静かな空間をプラ求めている方には非常に人気のお宿で、年に数回訪れる方もいらっしゃいます。
貸切で利用できる露天風呂「湯るり」もありますので、ぜひご堪能ください。

栂の季(つがのき)の住所・アクセスや営業時間など

名称 栂の季(つがのき)
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1438-1
営業時間・開場時間 チェックイン15:00〜18:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊1名18,000円~
参考サイト http://tsuganoki.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リブマックスリゾート鬼怒川

 

なんとこちらのお部屋は、すべてのお部屋に露天風呂がついています。
しかも、源泉100%掛け流しの温泉になっていますので、これ以上ないくらいの贅沢なひとときを味わうことが出来ます。
天然温泉が自慢で、お部屋の露天風呂から、鬼怒川のせせらぎが堪能できます。

自家源泉かけ流しのお風呂はとても貴重なので、他の温泉で満足できなかったなど、温泉の質にこだわっている方には必見。
お部屋でお風呂に入れるので、ゆっくりと時間を過ごせます。

リブマックスリゾート鬼怒川の住所・アクセスや営業時間など

名称 リブマックスリゾート鬼怒川
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原2
営業時間・開場時間 チェックイン15:00〜22:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊1名7,000円~
参考サイト http://www.livemax-resort.com/tochigi/kinugawa/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鬼怒川プラザホテル

 

昔から地元の方から遠方の方まで大人気のお宿。
何度も足を運ぶ方がいるほど評判が良く、季節ごとの変化を楽しむことが出来ます。
お風呂は、大浴場・貸切風呂・客室露天風呂があり、美肌の湯を満喫することが出来ます。

2016年7月には、全室檜で作られた客室露天風呂の「山水 雪月華」がリニューアル。
その他の新しいお部屋も、次々とリニューアルしていますので、過去に足を運んだことのある方も、ぜひいらしてくださいね。

鬼怒川プラザホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 鬼怒川プラザホテル
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝530
営業時間・開場時間 チェックイン15:00〜19:30 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊1名8,000円~
参考サイト http://www.kinugawa.co.jp/plaza/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

全室鬼怒川渓流側 若竹の庄

 

こちらのお宿は、日光東照宮まで車で約30分と、人気の観光スポットまでのアクセスも抜群。
東照宮だけでなく、他の観光スポットにも移動しやすい位置にあります。
別途料金になりますが、貸切風呂も利用できますので、ゆったりとお風呂に入りたい方は必見。

お食事は、夕食は個室かお部屋で楽しめます。
プランも複数あって内容は異なりますので、予約時に確認してみてください。
電車でお越しの方もお迎えが出ていて、鬼怒川公園駅から移動できますので、アクセス抜群です。

チェックアウト遅めの11時ですので、まったり、そしてゆったりとお過ごしください。

鬼怒川温泉 若竹の庄の住所・アクセスや営業時間など

名称 鬼怒川温泉 若竹の庄
住所 栃木県日光市藤原136
営業時間・開場時間 チェックイン15:00〜18:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊1名14,000円~
参考サイト http://www.wakatakenosyou.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カップルにおすすめ!個室の露天風呂ならここ!

 

若竹の庄 別邸笹音

 

カップルにおすすめのお部屋に露天風呂が付いているタイプのお宿です。
完全な露天風呂ではなく半露天ですが、外との気温差や景色を存分に楽しむことができます。
そのお部屋ですが、4つのタイプのお部屋があり、選ぶ楽しみがあるのでとっても楽しい♪

その4つのお部屋のタイプは以下の通りです。

1.Aタイプ(12.5畳+6畳+広縁+半露天+月見台)

2.Bタイプ(8畳+ベッドルーム+広縁+半露天風呂)

3.Cタイプ(8畳+ローベッドルーム+半露天風呂)

4.Dタイプ(6畳+ベッドルーム+半露天風呂)

このようになっています。
半露天風呂をベースにベッドルームに違いがありますので、お好きなお部屋のタイプを選べるのがうれしいですね。

ずっと泊まっていたいお部屋ですが、2017年3月現在、こちらのお部屋は最大で2泊まで宿泊可能となっていますので、長期間の滞在はできないのでご注意を。

花の宿 松や

 

お部屋についている露天風呂からは、お宿自慢の庭を眺めることができます。
さらに鬼怒川が一望できるというから豪華なお部屋ということが伝わるかと思います。
お風呂に入りながら見る鬼怒川の景色は、時間を忘れてしまいそうなくらい素敵な景色です。

そんなすばらしい自然の中で、ゆったりと露天風呂を楽しめる贅沢な空間になっています。
お部屋の露天風呂はもちろんですが、大浴場のお湯もしっかりと「温泉」ですので、お湯にこだわる方や、初めて鬼怒川に来る方にもピッタリのお部屋になっています。

露天風呂から見える、落ち着いた庭園が私たちを贅沢な気分にさせてくれます。
大人カップル向けの情緒溢れるお宿です。

きぬ川ホテル三日月

 

鬼怒川温泉駅から徒歩で3分のアクセスのところにあって、1年中施設内でスパなどリゾート気分が味わえるスポットになっています。
建物の外にあるイルミネーションも素敵で、カップルで足を運んでイルミネーションを楽しむのもいいかもしれませんね。

客室露天風呂は、気のぬくもりある優しい雰囲気の温泉です。
気の露天風呂は一例で、他にも種類があります。
そこまで広さはありませんが、カップルで入るくらいの大きさはありますので、2人でまったりとしてみたくなってきませんか?

駐車場は完備していますが、滞在中は1台1000円頂戴していますので、頭に入れておきましょう。

静寂とまごころの宿 七重八重

 

貸し切り風呂があり、プランによっては滞在中1回(45分)、自由にお楽しみに頂けます。
「岩燕の湯」と呼ばれていて、鬼怒川の岩をイメージした造りです。
黒と岩肌風の壁面が鬼怒川の岩をイメージした色とのコントラストが素敵で、現代風の中にも風情があります。

お部屋についている露天風呂は、鬼怒川の渓谷を眺めることができ、浴槽には2人で入っても十分な大きさを誇っています。
好きな時に入ることができますので、移動や時間に縛られずにリラックスしたいときにはぴったりです。

ここまで紹介した旅館の中でも必見!カップルにおすすめの「客室露天風呂のある宿」

 
カップルで露天風呂を楽しめる旅館としてこれから紹介するお宿も注目です。
先ほどおすすめのお宿としてご紹介しましたが、「カップルにおすすめで、お部屋に露天風呂が付いている」というところにフォーカスを当てて、再度ご紹介します♪

鬼怒川温泉 あさや

 

テラスの露天風呂を完備しているお部屋など、外の景色を楽しみながら鬼怒川の温泉を楽しめます。
浴槽は、檜や御影石を使っている温泉らしい造りになっていて、全部で6タイプあります。
選ぶことができるとさらにうれしいのですが、浴槽タイプはホテルお任せ。

当日までどんな浴槽のタイプになるのかを楽しみにしておきましょう。

露天風呂から見える景色ですが、目隠し柵に格子がついていますので、しっかりと鬼怒川を見ることができます。

浴槽タイプがお宿お任せ=お部屋もお任せになりますので、喫煙のお部屋または、禁煙のお部屋をご希望の方は、予約の時にその旨お話ししておきましょう。

星野リゾート 界 鬼怒川

 

こちらのお宿もテラスの露天風呂を完備しているタイプになっています。
露天風呂にカップルで入れるタイプでもありますが、お風呂の時間だけでなく、他の時間も2人でくっついていたいと思いませんか?

そんなラブラブなカップルにおすすめなのが、こちらのお部屋。
通常のセットではベッドが離れているタイプなのですが、ベッドをくっつけてハリウッドツインの大きさにすることもできます。

2人でくっついて寝るのもよし、ごろごろと自由に寝返りをうって寝るのもよし、お2人でお好きな形で寝ることができますので、ぜひ楽しんでくださいね。

きぬ川不動瀧

 

露天風呂がついていることはもちろんなのですが、内風呂がお部屋に完備しているなど、お風呂をお部屋で楽しみたいという時には、こちらのお宿がぴったり。
お好きなタイプのお風呂を選んで心も身体もポカポカになりましょう!

露天風呂から見える景色は、まるで映画に出てきそうな雄大な渓谷美で、お風呂に入っていることを忘れてしまうそうなくらいの絶景。
入るのにおすすめな時間帯は夕方から夜。
景色は少し見えにくくなりますが、ほわーんとして明かりで照らされる露天風呂は、ムード満点で、カップルにはたまりません。

お部屋は和室タイプで足を伸ばしたりごろごろしたり、思い思いの時間を過ごしていただけます。

鬼怒川金谷ホテル

 

View this post on Instagram

#dinner #yummy #kinugawa #tochigi #japan

A post shared by shige (@shigecats) on

鬼怒川と言えば泊まってみたいホテルですが、金額が高いこともあってなかなか泊まれないという方も多い憧れのホテル。
お部屋に露天風呂がついているタイプのお部屋は2つあって、「スイート和洋室」と「グレードアップ和室」があります。

和室にするのか洋室があるタイプのお部屋にするのかなど、選択肢がありますのでますます楽しみになってきますよね♪さらにうれしいのが、こちらの2つのお部屋はお部屋でお食事を楽しむことができるのもポイント。

時期によりますが、10万円前後する豪華なお部屋なので、特別な日に予約してみてはいかがでしょうか?

その他にもおすすめのホテルはこちら★

 

ホテルハーヴェスト鬼怒川

 

https://www.instagram.com/p/BAH1cQQwEOI

東京から120分で到着できるので、移動の景色も含めて旅行を楽しめる旅館。
豊かな自然が自慢で、お料理は地の物をふんだんに使ったものばかりなので、栃木鬼怒川の味を十分楽しむことができます。

そんな恵まれた環境にある鬼怒川にあるこちらのお宿は、リゾートなフルコースが揃っています。
特別な休日に足を運ぶにはぴったりの、心尽くしのおもてなしプランがたくさんあります。

お部屋は洋室もありますので、若い方でも利用しやすいです。
さらに大浴場から見える景色は、現代の風景とは思えないくらいの絶景になっています。
時間をたっぷりとってお風呂を楽しみましょう。

きぬ川国際ホテル

 

ここまで人だけが泊まれるお宿をご紹介してきましたが、こちらはわんちゃんやねこちゃんと一緒に泊まることができるお宿です。
日本で初めての試みで、私たちが快適に過ごせることはもちろんのこと、わんちゃん達もリラックスできるように配慮されています。

今では家族の一員ですので、一緒に素敵な時を過ごせます。
私たちが入れる大浴場と、わんちゃん用の露天風呂がありますので、わんちゃんも一緒に疲れを癒すことができます。

一緒にお部屋でお食事を楽しめるプランもご用意していますので、他のわんちゃんなどが苦手でも安心してお食事を一緒に食べることができます。
鬼怒川ではかなり有名なお宿で、遠方から来る方も多いです。

旅の宿 丸京

 

日光の観光スポットをたくさん回りたい方は必見のお宿。
アクセスがよいので、移動も楽にできます。
炭をコンセプトにした雰囲気になっていて、炭のオブジェがあったり、現代の新しい雰囲気も楽しみながら、昔ながらの空間が広がっています。

露天風呂はわびさびの風情を感じることができるコンパクトなサイズで、落ち着いた雰囲気の中でお湯を楽しめます。
お料理は目で見ても楽しめる素敵な内容になっています。

鬼怒川グランドホテル 夢の季

 

日本庭園を楽しみながら大切な時間を過ごすことを大切にしているお宿。
庭園を囲むように設計されていますので、どこからも楽しめるのがポイント。
2016年10月に50周年を迎えました。
それと同時にお食事処の「ラミュゾン」がオープンして、さらにパワーアップしています。

お料理がおいしいことはもちろんですが、美しい器に盛り付けられた洋彩和膳は、食べるのがもったいないくらいの内容です。
気になる温泉は男女入替制で、畳の休憩処がついた貸切露天風呂も人気を集めています。

里の宿 千春

 

鬼怒川温泉駅より徒歩3分で到着できることもあって、電車で足を運ぶ方にはぜひともおすすめしたいスポット。
全部で6部屋の小さな宿ですが、なんと天然温泉を貸切で利用することができます。
とっても贅沢ですよね。

午後7時から午後9時50分の間に貸切で利用できます。
お部屋ごとに50分楽しめて、順番に利用することができます。
コンパクトな和室タイプのお部屋で、心行くまでリラックスすることができます。

ホテルサンシャイン鬼怒川

 

首都圏から2時間で向かうことができて、鬼怒川の渓谷側沿いあることもあって、景色も楽しめる人気の観光スポットである、「鬼怒楯岩大吊橋」がすぐ目の前のお宿です。
季節ごとに変化のある会席料理やお得なプランなどがあり、利用する方のニーズを満たす、最高のサービスを心がけています。

大浴場は一部が屋根付きになっているものの、開放感あふれるお風呂になっていて、リラックスできること間違いなしです。
お食事はバイキングでお好きな物をお好きなだけ食べることができます。

伊東園ホテルニューさくら

 

本館にある大浴場には、なんと露天風呂とサウナを完備しています!別館には、4つの貸切風呂がありますので、お風呂を時間たっぷり楽しみたいという方は必見の旅館です。
バイキング会場はライブキッチンになっていますので、出来たてメニューをご用意しています。

目で楽しめて、食べて楽しめるそんなバイキングが堪能できます。
夕食の時間は90分アルコール飲み放題付なので、アルコールが外せない方はぜひどうぞ☆

鬼怒川温泉 ものぐさの宿 花千郷

 

https://www.instagram.com/p/BCC5xa9m3Ov

全てのお部屋が鬼怒川の渓谷沿いになっていますので、「お部屋によって景色が見えなくなる」心配のいらないスポット。
お食事はお部屋で食べるプランもありますので、予算と相談してお部屋食のプランを予約することもできます。

口コミではコストパフォーマンスがよくて、さらにサービスも手が届いていて、バランスが取れたおもてなしと評判になっています。
土曜日限定ですが、楽しいイベントやビンゴ大会を行っています。
女性限定で生バラ風呂と色浴衣もあります。

鬼怒川温泉 ホテルきぬ

 

全部のお部屋がバス・トイレ付きで、清潔で明るい雰囲気になっています。
庭園の中にあるので、しっとりとした露天風呂で心も身体も癒すことができます。
お宿の周辺には、観光名所や日光江戸村など人気テーマパークたくさんあります。

そのため、日光観光を考えている方には移動が楽になるちょっとお得なお宿です。
お得なプランもありますので、見逃さないようにしてくださいね。

湯けむりまごころの宿 一心舘

 

長風呂温泉を楽しみたい方にはおすすめのスポット。
pH8.6の美肌湯でツルツル・すべすべ体感をすることもできます。
湯めぐりをしている方には特に必見のお宿で、室内プールも温泉になっています♪

おしゃれ貸浴衣もあって、色柄豊富で選んでいる時からも楽しい時間が過ごせます♪ひとりづつ選べる料理プランや、月変わりの限定プランも見逃さないようにチェックしてくださいね。

純和風旅館ひやま

 

見た目だけでなく、素材からこだわった手作りのお料理が楽しめます。
リピーターが多いことが満足度の高さを物語っています。
ぜひとも楽しんでほしいのは、名物じょうよ蒸しや湯葉刺し、季節の握り寿し、など…。
身体に染み渡るやさしいものばかり。

3部屋限定の小さなお部屋なので、隠れ家や別荘のような特別な空間の中に身を置くことができます。

復興御宿 富双江葉大馬 鬼怒川秘極の湯 風

 

鬼怒川に来たら、絶対に見て欲しい渓谷沿いに佇む「鬼怒川秘極の湯 風」は、景色を楽しむなら絶対に候補に入れておいて欲しい素敵なお宿。
鬼怒川温泉では1番の絶景で、SNSにアップする方が増えてきています。

日光、南会津、奥鬼怒など、さまざまな観光地へ向かいやすいところにあります。
アクセスも便利で鬼怒川公園駅前にあります。
電車でお越しの方は移動の疲れが少なくて済みます。

渓流の宿 緑水

 

平成15年12月にリニューアルオープンしてからも、訪れる方が絶えないお宿の登場です。
全部のお部屋から鬼怒川渓谷を眺めることができて、さらに露天風呂からも一望できる、贅沢感が心をくすぐります。

手足を伸ばして入ることのできる温泉は、天井も高く開放感にあふれています。
優しい湯触りの温泉に入ると心も体も癒されますよ。
ゆったり過ごすことができるように、スタッフさんも心のこもったサービスをしてくれます。

鬼怒川パークコテージ

 

鬼怒川温泉駅から徒歩約5分と駅から歩いていくことができるくらいの好立地。
洋室ツインタイプのお部屋で全部で32室あります。
食事付きのプランはもちろんのこと、素泊りもありますので、予算を抑えて宿泊することも可能。

さらに、パークホテルズ本館にある大浴場や、貸切露天風呂も利用することができます。
鬼怒川は高いと思って遠慮していた方も、手軽に鬼怒川旅行を楽しめます!

鬼怒川 仁王尊プラザ

 

関東一とも言われているくらいの温泉があって、天然温泉でかけ流しを堪能することができます。
男女それぞれ3種類のお風呂と混浴露天風呂が楽しめます。
混浴のお風呂がありますので、カップルやご夫婦におすすめです。

お風呂の種類がたくさんあるので、すべてのお風呂がおすすめなのですが、特に注目なのは、「屋形舟露天風呂」。
こちらのお風呂は温泉マニアにも好評で、リピーターもいるくらいなんですよ。

湯波料理ひとすじ 鬼怒川温泉 旅館 ゆば御膳みやざき

 

やっぱりお宿に泊まるなら夕食がメインで楽しみたい!そんな時にはこちらのお宿ははずせません。
お食事は厳選致した「ゆば料理」を存分に味わうことができます。
お宿のスタッフさんも、ゆばの味を伝えたいとメニューを考えてくださっています。

日光に来たのならゆば風味を体感せずには帰れません。
ゆば御膳を提供していて、一品一品心を込めて作っています。
そのゆばは、120年の歴史がある「松葉屋」さんから仕入たもの です。

それだけでもぜいたくなのに、お風呂は1室で40分間貸切で楽しめます。

絹の渓谷 碧流

 

ロビーも開放的で、現代風のお宿。
もちろんご年配の方にも過ごしやすい雰囲気を整えています。
絶景の鬼怒川沿いに建っているのはもちろんのこと、日本文化の本質を忘れない造りになっています。

新しい変化を重ね続け、サービスにもこだわっています。
ゆっくり過ごしたい方や、スタッフさんとコミュニケーションをとりたい方など、ニーズに合わせたサービスが好評なんですよ。

お料理は、地野菜・山菜や地場産品の他、魚・肉を使った料理を堪能することができます。
ゆっくりとこだわりの料理をお楽しみください。

鬼怒川温泉 絶景の宿 佳祥坊福松

 

鬼怒川温泉駅から徒歩7分ほどの場所にありますので、電車でお越しの方も簡単に足を運ぶことができます。
鬼怒川渓谷に面したロビーからは、到着してすぐに非日常の空間を感じることができます。

もっと注目なのは露天風呂からの景色。
小さい露天風呂ですが、目の前に見える緑は、秋には紅葉、冬には雪化粧をした状態になっていますので、季節ごとの景色を眺めることができます。

心地よい温かい温泉になっていますので、ご自身のペースでゆっくり過ごすことができます。
お宿の周辺には飲食店、観光ができるスポットもあります。

鬼怒川温泉 ホテルニューおおるり

 

露天風呂は岩をベースに造った風情あるお風呂。
コンパクトですが、十分にお楽しみいただけます。
さらに大浴場はとっても広いので、身体を伸ばして入ることもできます。
さらに洗い場も広いので、隣の方を気にしないでいいところも魅力です。

お風呂は3種類の温泉がありますので、お好きなお風呂でリラックス♪到着したら、観光スポットへの無料送迎もしていますので、車がなくて観光は諦めているという方、まだ諦めるのはまだ早いですよ。
ぜひ送迎を使って日光・鬼怒川の観光を楽しんでくださいね。

お食事はバイキングでお好きな物を楽しめるだけでなく、飲み放題もついているプランもあるというからとっても贅沢。
全てのお部屋から季節ごとの鬼怒川を眺望できます☆

日帰りで行きたい鬼怒川温泉の旅館はここ!

 

大江戸温泉物語 鬼怒川観光ホテル

 

View this post on Instagram

#鬼怒川観光ホテル#雪予報

A post shared by トミー (@hidetomo103) on

鬼怒川で泊まりたいけど、時間がない!そんな時でも満足出来る素敵な日帰り「温泉がこちらにはあります。
目で見ても楽しめる岩風呂と、夕食バイキングをご用意しています。
鬼怒川の自然の中に入ったような不思議な感覚に浸ることが出来ます。

そんな素敵な自然が楽しめる大浴場がありますので、ご予算に応じて参考にしてください。
温泉で疲れを癒やしたあとは、好きな物をたくさん食べて、お得に旅を楽しみましょう。

大江戸温泉物語 鬼怒川観光ホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 大江戸温泉物語 鬼怒川観光ホテル
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝359-2
営業時間・開場時間 日帰り入浴:12:00〜20:00
利用料金や入場料 大人:700円(平日) 1,000円(土日祝) 小人:300円(平日) 400円(土日祝)
参考サイト http://kinugawa-kanko.ooedoonsen.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

絶景の宿 佳祥坊福松

 

鬼怒川の渓谷を望むことができて、感動的な絶景をお楽しみいただけます。
15時から21時までゆったりと出来ますので、時間を気にせずお風呂を楽しみことが出来ます。
すべてのお部屋が鬼怒川渓谷に面していますので、景色は抜群。

さらに、大浴場からの景色もため息が出来るほどきれいなので、お風呂に入りすぎて湯あたりしないように気を付けてくださいね。
注目は、鬼怒川渓谷にある自然石の絶景露天風呂。
そこから見える景色はまさに贅沢のひとことです。

絶景の宿 佳祥坊福松の住所・アクセスや営業時間など

名称 絶景の宿 佳祥坊福松
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1060
営業時間・開場時間 日帰り入浴:16:00〜22:00
利用料金や入場料 日帰り入浴プラン:800円(土日祝は料金が異なる)
参考サイト http://www.fukumatsu.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鬼怒川パークホテルズ

 

たくさんの温泉の種類があるので、温泉を日帰りで楽しむなら十分に満足出来るスポットになっています。
ランチはお隣に併設しているカフェでお楽しみ頂けます。
江戸浮世風呂や、風呂など、コンセプトの違うお風呂が男女それぞれ3種ずつ楽しめます。

たくさんのお風呂があるので、自分好みのお風呂でゆったりして、リフレッシュしていきましょう。
鬼怒川温泉駅かた徒歩5分の立地も魅力。

鬼怒川パークホテルズの住所・アクセスや営業時間など

名称 鬼怒川パークホテルズ
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1409
営業時間・開場時間 日帰り温泉プラン:12:00〜20:00
利用料金や入場料 日帰り温泉プラン:5,000円〜 温泉のみ利用:大人864円 子供540円
参考サイト http://www.park-hotels.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日光 星の宿

 

緑が豊かな庭園のひのき風呂をご用意していて、しっとりとした大人の雰囲気を楽しむことが出来ます。
日光東照宮から比較的近いので、日光や鬼怒川の観光にぴったり。
日光連山や自慢の庭園を楽しみながら、温泉はもちろんのこと、日光名物・湯波料理を楽しめるプランもご用意しています。

時間を気にせずゆったりとお風呂を楽しみたい人はもちろん、近くの観光スポットや街歩きをしながらふらっと立ち寄れるところが魅力です。

日光 星の宿の住所・アクセスや営業時間など

名称 日光 星の宿
名称(英語) http://www.hoshinoyado.com/rest_lunch/
住所 栃木県日光市上鉢石町1115
営業時間・開場時間 日帰り入浴:12:00〜15:00
利用料金や入場料 入浴料1,000円 昼食付き日帰りプラン4,280円〜
参考サイト http://www.hoshinoyado.com/rest_lunch/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

お宿の食事じゃ満足できない?おすすめレストランはここ!

 

バウムクーヘン工房 はちや

 

ちょっとおしゃれなお店に立ち寄るなら、こちらのお店がおすすめ。
1階はバウムクーヘンの販売、2階はレストランになっています。
アクセスも抜群で、鬼怒川温泉駅から徒歩で行ける距離。
1階のお持ち帰りスペースのみ利用することも出来ますが、ぜひ2階で召し上がって行ってくださいね。

2階で注文するなら、おすすめは「バウムセット」。
香りがふわっと鼻から抜ける感じがたまらなく、外側はカリッと、中はふわっと食感。
ほど良い甘さなので、甘いものが苦手な方にもおすすめです。

バウムクーヘン工房 はちやの住所・アクセスや営業時間など

名称 バウムクーヘン工房 はちや
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396−10
営業時間・開場時間 9:00〜17:00
利用料金や入場料 バウムセット 1,000円
参考サイト http://hachiya-nikko.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ピッツェリアディサポーレ

 

昔のお店の名前は、「石釜ナポリピッツア専門店 らいふ」という名前で、名前を変えてリニューアルしました。
ピザを楽しめるお店で、もちもちとした食感が特徴になってます。

鬼怒川では有名で、地元の方が足を運ぶ人気のお店なのですが、遠方の方には知られていないので、もし鬼怒川に来る機会があれば、ぜひおすすめのスポットになっています。

場所は鬼怒川温泉駅の近くということに加えて、1人旅でも利用しやすい雰囲気になっていますので、1人で利用するのもおすすめです。

ピッツェリア・ディ・サポーレの住所・アクセスや営業時間など

名称 ピッツェリア・ディ・サポーレ
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396−7
営業時間・開場時間 10:30〜17:00 木曜定休
利用料金や入場料 ピッツァ 1,080円〜
参考サイト https://tabelog.com/tochigi/A0903/A090303/9011145/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

水辺のカフェテラス

 

「おしゃれなお店でご飯を食べたい!」そんな願いを現実のものにしてくれるのが、こちらのお店。
池の鯉を眺めながら、ったりとした時間を過ごせるカフェ。

しっかりとしたお食事のご用意はもちろんのこと、あんみつなどの軽食もご用意があります。
ちょっよ小腹が空いたときにも立ち寄りやすいメニューがたくさんありますので、お近くにお越しの際はぜひご利用ください。

水辺のカフェテラスの住所・アクセスや営業時間など

名称 水辺のカフェテラス
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1409
営業時間・開場時間 10:00〜15:00
利用料金や入場料 鈴木さん家の蒟蒻みつ豆 500円
参考サイト http://www.park-hotels.com/cafe/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

温泉だけじゃない!旅館を拠点に行ける鬼怒川の観光スポットはここ

 

とりっくあーとぴあ日光

 

鬼怒川温泉駅からバスで行ける、体験型施設になっています。
体験型の施設なので、大人から子供まで楽しめて、目の錯覚を利用した面白い内容を展開しています。
平面のものをまるで立体のように見せるトリックアートを楽しめます。

中にある絵は驚きの連続で、写真を撮ってSNSにアップする方もいるくらいです。
手で触れることで楽しめるので、もし行き先に困ったら、体験型のこちらのスポットに訪れてみることをおすすめします。

とりっくあーとぴあ日光の住所・アクセスや営業時間など

名称 とりっくあーとぴあ日光
住所 栃木県日光市小佐越1−4
営業時間・開場時間 9:30〜17:00 9:00〜17:30(夏季)
利用料金や入場料 大人1,900円 小人1,100円
参考サイト http://trickart-pia.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

おさるの山

 

おさるの山

鬼怒川温泉駅から車で10分の場所にあるので、鬼怒川温泉でリフレッシュした後に足を運びやすいところにあります。

ロープウェイの山頂にはおさるの山があり、お猿さんが出迎えてくれます。
栃木県には日光猿軍団など、お猿さんを主役にしたスポットが他にもありますが、こちらは触れ合えることが出来るので、非常に人気です。

ロープウェイで上まで行くことになるので、景色も楽しめますし、年齢を問わず多くの方が訪れる人気スポットになっています。

おさるの山の住所・アクセスや営業時間など

名称 おさるの山
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝834
営業時間・開場時間 9:00〜16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ropeway.kinu1.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鬼怒川温泉ロープウェイ

 

鬼怒川温泉駅から車で約10分の場所にあり、約3分半で頂上まで登ることができます。
美しい景色を眺めることが出来ますし、山頂には先ほどご紹介した「おさるの山」があります。

実は上まで登ると展望台があり、温泉神社が建っているので、散策するコースが人気コースになっています。
周りは自然に囲まれているので、季節ごとに変化する景色を楽し婿とが出来ます。
鬼怒川温泉の隠れた花見スポットでもありますので、ぜひ覚えておきましょう。

鬼怒川温泉ロープウェイの住所・アクセスや営業時間など

名称 鬼怒川温泉ロープウェイ
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝834
営業時間・開場時間 9:00〜16:00
利用料金や入場料 大人往復1,100円 小人往復550円
参考サイト http://ropeway.kinu1.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

いよいよ観光も終わり…鬼怒川温泉のお土産はこれ!

 

まんじゅう処 おおあみ 「かりんとうまんじゅう」

 

お店で手作り。
サクっと揚げた「かりんとうまんじゅう」は、鬼怒川温泉のお土産として外せない商品です。
風味がかりんとうの味で、中はほんのり甘いあんこがぎゅっとつまっていて、食べやすい味に仕上がっています。

九州産のゴマと沖縄産黒糖を使っている贅沢な1品で、さらには十勝産の小豆を使った甘さが甘いものが苦手な方へのお土産としてもおすすめの商品になっています。

まんじゅう処 おおあみの住所・アクセスや営業時間など

名称 まんじゅう処 おおあみ
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝543
営業時間・開場時間 8:30~18:00 水曜定休
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ooami.co.jp/service1/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

きゃらぶき・葉とうがらしの佃煮

 

鬼怒川は、移動の途中にたくさんの漬物屋さんがあります。
ホテルや旅館のお食事で食べる漬物の中には、「きゃらぶき」や「葉とうがらし」の佃煮があります。
醤油ベースでしっかりと味が染み込んでいるので、ご飯がとってもよく進みます。

ホテルだけで楽しめる味ではなく、今ではご自宅でも楽しめるようにお土産商品になりましたので、もしお口にあったらぜひ購入して、鬼怒川の味を堪能してくださいね。

まんじゅう処 おおあみの住所・アクセスや営業時間など

名称 まんじゅう処 おおあみ
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝543
営業時間・開場時間 8:30~18:00 水曜定休
利用料金や入場料 きゃらぶきの佃煮 500円
参考サイト http://www.ooami.co.jp/item/20150319202/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ショコラトリーJOHN KANAYA 「ショコラシューラスク」

 

「ショコラトリーJOHN KANAYA」は、金谷ホテルの創業者の世界観を表現している、大人向けのショコラトリー。
お店の中にはボンボンショコラや、葉巻やワインをモチーフにしたおしゃれなショコラが並んでいます。

お土産におすすめなのは、ショコラシューラスク。
ちょっぴり苦いカカオの風味が口の中に広がります。
苦いのが苦手な方は、カフェオレと一緒に食べると相性抜群!味の好みに左右されずにラスクが楽しめます。

ショコラトリーJOHN KANAYAの住所・アクセスや営業時間など

名称 ショコラトリーJOHN KANAYA
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1394 鬼怒川金谷ホテル内
営業時間・開場時間 9:00~18:00(冬季は17:00まで)
利用料金や入場料 ショコラシューラスク(6個入) 864円〜
参考サイト https://johnkanaya.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ろばた漬け 栃木産だいこん

 

またまた漬物のご紹介です。
「日光ろばたづけ」は、日光市に本店を構えていますが、鬼怒川温泉の帰り道で購入される方も多いので、鬼怒川土産としても知られています。
添加物は一切使っていませんので、素材そのものの味を楽しめます。

原料はすべて国産野菜のみを使っていますので、原材料にこだわりをもって作っています。
ろばた漬けのために造られた醤油もあって、定番の「ろばた漬け 栃木産だいこん」は、地元の大根を使って作ったろばた漬けですので、鬼怒川に来たからこそ購入出来るお土産になっています。

日光ろばた漬本舗 鬼怒川店の住所・アクセスや営業時間など

名称 日光ろばた漬本舗 鬼怒川店
住所 栃木県日光市栗原430− 1
営業時間・開場時間 8:00〜17:00
利用料金や入場料 ろばた漬け 栃木産だいこん 648円
参考サイト http://www.robata.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

金谷ホテルベーカリー 「金谷クッキース」

 

金谷ベーカリーは、「日光金谷ホテル」で斑ばしている商品。
パンだけでなく、アップルパイやチーズケーキなどの定番スイーツも人気で、その中でも、金谷ホテルで長い間人気のま「金谷クッキース」は、お土産としても高い人気です。

サクサク食感のクッキーは、味わい深く、小さなお子様も食べられる味に仕上がっていて、たくさんの人に愛されている美味しさになっています。

金谷ホテルベーカリーの住所・アクセスや営業時間など

名称 金谷ホテルベーカリー
住所 日光市鬼怒川温泉大原1394 鬼怒川金谷ホテルギフトショップ
営業時間・開場時間 7:00〜22:00
利用料金や入場料 金谷クッキース(30枚入) 2,592円〜
参考サイト http://www.kanayahotelbakery.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

栄屋製菓 「栗入り温泉まんじゅう」

 

駅について「お土産忘れた!」そんな時も安心のお土産がこちら。
鬼怒川温泉駅から徒歩5分のところにある栄屋製菓では、出来立ての温泉まんじゅうを購入することができます。
まんじゅうが名物のお店。

温泉まんじゅうと、栗入り温泉まんじゅうの2種類があり、黒糖入りの生地の中に、甘さ控えめの粒あんがぎっしりと詰まっています。
栗入りの温泉まんじゅうは、大粒の栗がまんじゅうの上にのったインパクトのある商品になっています。
栗好きの方にはたまらないお土産です。

虎彦製菓 「きぬの清流」

 

「きぬの清流」は50年前に発売して以来、ずっと愛され続けている商品。
栃木県を代表する銘菓で、お土産にも選ばれています。
水と油を全く使わずに作った、こだわりのクッキー生地。
小豆餡をサンドした誰にでも愛されるお菓子です。

購入できる場所は、日光、鬼怒川、川治温泉などの日光国立公園周辺にあるホテルなどで購入できます。
旅館のお茶うけにも採用されている銘菓ですので、ご自身の分まで購入されていく方もいらっしゃいます。

鬼怒川温泉の売店やお土産屋さんでも購入できますので、ぜひ参考にしてみてください。

鬼怒川で素敵な時間をお過ごしください

 

鬼怒川は温泉で有名なのはもちろんですが、グルメや観光スポットなど、楽しみ方がたくさんある、魅力あるスポットです。
鬼怒川温泉から足を伸ばすとより楽しみ方も広がりますので、この記事を参考に、素敵な旅のプランを立ててみてはいかがでしょうか?

カップルで楽しめるお部屋で楽しめる露天風呂があるお宿もこんなにたくさんあります。
普段一緒にお風呂に入らないカップルでも鬼怒川に来た時は一緒にお風呂を楽しみたくなってきませんか?

繁忙期には混雑する人気観光地ですので、もし訪れる際には運転や移動に気を付けてくださいね。

photo by PIXTA