【池袋観光】池袋って東京観光の拠点になるんです!地元民が伝授する観光ガイド

いざ東京観光へ!新宿、渋谷と並び、東京を象徴する大都市として高い人気を誇る池袋。でも、面白いところってそんなにあるの?
ご心配はいりません!10年以上池袋に入り浸っている私が、その魅力を存分にお届けします。特に観光スポットやお土産紹介では、地元民ならではのディープな情報が満載。ぜひ、次の旅行の参考にしてみてくださいね。

池袋観光の前に知っておこう!

東京観光のなかでも池袋の魅力は?

東京観光のなかでも池袋の魅力は?

image by PIXTA / 20944591

多数の観光地が乱立する東京に於いて、いったい池袋のどこに惹かれるのでしょうか。

例えば、新宿や渋谷は百貨店やファッションビルといった買い物を楽しめる場所、またはカフェなどの飲食店が主な人気を集めています。

池袋はというと、同じようにファッションやグルメを楽しめるお店はもちろんたくさんあります。

しかし、実はそれだけではないのです。
なんと、水族館やプラネタリウムといったレジャーまで一緒に楽しめてしまう、非常に遊びの幅の広い街なんですね。
そのため、社会人の多い新宿や渋谷などと比べ、池袋に訪れる人は子どもからご年配の方まで様々となっています。

池袋の住所・アクセスや営業時間など

名称 池袋
名称(英語) Ikebukuro
住所 東京都豊島区
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E8%A2%8B
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

池袋へのアクセス手段は?

池袋へのアクセス手段は?

image by PIXTA / 2367651

池袋はJR東日本、東武鉄道、西武鉄道、東京メトロの4社が乗り入れる非常に大きな駅です。

新幹線を使って品川駅や東京駅で降りた場合も、JR山手線や東京メトロ丸ノ内線が通っているため池袋へは1時間足らずで辿り着きます。
その他、上野駅や大宮駅経由で東北方面からも楽にアクセスできます。

また、池袋発着のバスも多く、羽田空港や成田空港など空路からのアクセスも1時間〜1時間半ほどと良好です!

池袋から都内の他メジャー観光地は行きやすい?

池袋から都内の他メジャー観光地は行きやすい?

image by PIXTA / 18313760

池袋は上記の通り非常に大きな駅であることに加え宿泊施設も多く、実は他の観光スポットへの拠点としても大活躍しています。

例えば、新宿や渋谷までJR山手線、埼京線で1本。
およそ20分もかからずに到着します。
たとえJR線に遅れや運休があっても、東京メトロ副都心線でもアクセスできるという優秀な駅です。

また、最近話題の秋葉原や上野エリアへは同じくJR山手線を逆回りすることで、これまた20分ほどで辿り着きます。
便利ですね。

池袋観光のモデルコースはこう!

日帰りの場合

日帰りの場合

image by PIXTA / 11364829

さて、早速ですが日帰りでサクッと池袋を楽しみたい場合のオススメコースをご紹介します。

池袋観光は大きく分けて西口エリアと東口エリアに分かれています。
日帰りでオススメするのは行き交う人も多い東口エリア。

池袋駅東口を出て人々の流れに沿って歩いていくと、賑わっている「サンシャイン通り」へと辿りつきます。
サンシャイン通りの入り口はロッテリアが目印です。

ここ、サンシャイン通りには映画館やゲームセンター、たくさんの飲食店があります。
中でもゲームセンター横にある「ばくだん焼」のお店は名物となっているようで、休日は列が絶えません。
是非一度ご賞味あれ。

通りを楽しむだけでもあっという間に時間が経ってしまうと思いますが、ここはサンシャイン通りの名前のもととなったサンシャイン60にある複合施設、「サンシャインシティ」へも足を運んでみましょう。

東急ハンズ入口の左側から降りていくエスカレーターに乗れば、もうそこから先はサンシャインシティ。
ショッピングモールと水族館、果てはプラネタリウムもある池袋屈指の複合レジャー施設です!

買い物するもよし、水族館やプラネタリウム、アミューズメントパークを楽しむのもよし、一日中遊び倒せますよ。

サンシャインシティの住所・アクセスや営業時間など

名称 サンシャインシティ
名称(英語) SunshineCity
住所 東京都豊島区東池袋三丁目1番1号
営業時間・開場時間 アルパ : ショッピング 10:00-20:00 / レストラン 11:00-22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sunshinecity.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1泊2日の場合

1泊2日の場合

image by PIXTA / 17961663

池袋を2日間まわれる時間があるのならば、東口エリア、西口エリア、両方とも楽しんでみませんか!

まず1日目は日帰りコーナーで少し紹介した東口エリアへ。
1日かけてサンシャインシティの中をじっくり楽しむのも良いですが、外にもまだまだ魅力はあります。

実はサンシャインシティの裏にひっそりと歴史的観光地があります。
「東池袋中央公園」です。
サンシャイン60ビルはかつての巣鴨プリズンの跡地に立てられており、石碑も立っています。
池袋にありながら、ゆったりとした時間が流れる珍しいスポットなんですよ。

また、サンシャインシティのさらに先、東池袋駅の近くには図書館と併設された「あうるすぽっと」という豊島区舞台芸術交流センターがあります。
日々様々な舞台などが上演されているので、少し足を伸ばしてみると面白いかと。
センターの上にある図書館も、広々として素敵ですよ。

さらに、東池袋中央公園のそばに「ワンダーパーラーカフェ」というメイド喫茶があります。
こちらは“もえもえきゅんっ”な現代的メイド喫茶とは違い、19世紀後半本物のメイドを模して営業されているので非常に穏やかな気持ちで過ごせて疲れを取るにもオススメです。
この辺りは「乙女ロード」と呼ばれており、コスプレイヤーやアニメファンには堪らないそう!

2日目は西口方面を堪能しましょう。

西口を出てすぐ、噴水の見える「池袋西口公園」がオススメです。
そう、池袋ウエストゲートパーク。
2000年に放映されたドラマで一躍有名になりました。
そのまま、隣にある「東京芸術劇場」で演劇やコンサートを楽しむのも良いでしょう。

さて、その後はもう少し西方面へ足を伸ばしてみましょう。
池袋丸井の先に「立教大学池袋キャンパス」があります。
たかが大学と侮ることなかれ!校門をくぐると綺麗なレンガ造りの校舎が迎えてくれます。
本館をはじめ、いくつかの建物が東京都選定歴史的建造物に選ばれており、美しい景観は記念撮影にもぴったりです。

最後はお土産で締めましょう。
池袋には百貨店が東西に2店あり、お菓子を買うのには全く困りませんが、せっかくですので池袋ならではのものを。

そこで、東口に大正9年から営業をしている「タカセ」という洋菓子店があります。
こちらの「ミックスクッキー」を私は池袋土産として推薦します!

池袋観光で行きたい観光スポットはここ!

クリオネが見られる!「サンシャイン水族館」

クリオネが見られる!「サンシャイン水族館」

image by PIXTA / 8442142

サンシャイン水族館はサンシャインシティに入っている、日本初となる屋上の水族館です。

ビル内にあるため、他の水族館と比べると若干窮屈に思うかもしれませんが、マンボウやクリオネなど変わった生き物が見られるので全く退屈しません。
また、ミュージアムショップも規模としては小さいですが、グッズが充実しているのでワクワクしながら買い物ができますよ。

常設展と合わせて「もうどく展」など面白い特別展も日々開催されているので、何度も楽しめる水族館になっています。

サンシャイン水族館の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンシャイン水族館
名称(英語) Sunshine Aquarium
住所 東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティ
営業時間・開場時間 (11月1日-3月15日) 10:00-18:00 / (4月1日-10月31日) 10:00-20:00
利用料金や入場料 大人(高校生以上) :2,000円 / こども(小・中学生):1,000円 / 幼児(4才以上):700円 / シニア(65才以上):1,700円
参考サイト http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ただ座って見上げるだけじゃない「プラネタリウム“満天”」

ただ座って見上げるだけじゃない「プラネタリウム“満天”」

image by PIXTA / 10562286

「草むらに寝転がって綺麗な星空を眺めてみたい」、そんな夢がここであっさり叶ってしまうかも!今や、ただ座って星空を見上げるなんて古いのかもしれません。
ここ、“満天”には芝シートや雲シートといった特殊な席が用意されています。
ふわふわの雲に身を委ねるもよし、寝転んで星空を見上げるもよしと、プラネタリウムの楽しみが大幅に広がる工夫がされているところがオススメポイントです。

満天では立体音響を取り入れていることもあり、音楽と映像の融合を楽しむことのできる上映作品も用意されていますよ!

プラネタリウム“満天”の住所・アクセスや営業時間など

名称 プラネタリウム“満天”
住所 東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上
営業時間・開場時間 11:00の回-20:00の回
利用料金や入場料 一般シート:大人(中学生以上)1,500円・こども(4才以上)900円 / 芝シート:一律(小学生以上2名様まで):3,500円/シート / 雲シート:一律(小学生以上2名様まで)3,800円/シート
参考サイト https://planetarium.konicaminolta.jp/manten/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「ナムコ・ナンジャタウン」で全国の餃子を食べ歩き

昭和の町並みを模した屋内型テーマパーク、ナンジャタウンでも遊んで行きましょう。
アトラクションもとても楽しめますが、餃子スタジアムがオススメです!

全国各地から餃子の名店が集まっており、1皿ずつ注文ができるのでたくさんのお店の餃子を味わうことができます。
各お店は屋台のような造りのため、近くに設置してあるテーブルやベンチで気軽に食べられるのも魅力的ですね。

また、ナンジャタウンは様々なアニメとコラボレーションイベントを行っているので、アニメファンの方は開催イベントのチェックも忘れずに。

ナムコ・ナンジャタウンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ナムコ・ナンジャタウン
名称(英語) NAMCO NAMJATOWN
住所 東京都豊島区東池袋3丁目 サンシャインシティ・ ワールドインポートマートビル2階
営業時間・開場時間 10:00-22:00
利用料金や入場料 ナンジャパスポート(ナンジャタウン入園券+アトラクション遊び放題): 大人(中学生以上)3,300円 / 子供(4歳-小学生以下)2,600円
参考サイト http://www.namco.co.jp/tp/namja/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「東池袋中央公園」で平和を願う

「東池袋中央公園」で平和を願う

image by PIXTA / 11762615

実はここは昔巣鴨刑務所があった場所で、第二次世界大戦でA級戦犯となった東条英機などの死刑執行もここで行われたそうです。

そう聞くと少し恐ろしいイメージですが、今ではひっそりと穏やかな空気が流れており、平和を願う石碑には時々花が手向けられています。

また、猫もたくさんいるので猫たちの写真を撮りにくる方も多いようです。

なかなか観光スポットとしては挙げられることがない公園ですが、よりディープな池袋を知ってもらいたいと思います!

東池袋中央公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 東池袋中央公園
住所 東京都豊島区東池袋3-1-6
営業時間・開場時間 24時間 / (身障者対応トイレ開放時間 9:00-16:00 )
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.toshima.lg.jp/340/shisetsu/koen/022.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

都心で舞台芸術を楽しむならここ、「あうるすぽっと」

あうるすぽっとは東池袋駅出口に直結し、非常にアクセスのよい池袋唯一の区立劇場です。
劇場名には池袋の象徴として有名な「ふくろう」にちなんで「OWL」、またそこに「逢う・集う」という意味をかけ合わせた「あうる」という言葉が入っています。

劇場ではほぼ毎日のように公演が行われ、時には舞台芸術を身近に感じるワークショップも開催されているので、子どもから大人までみんなで楽しむことができます。

あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)の住所・アクセスや営業時間など

名称 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
住所 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
営業時間・開場時間 9:00-22:00 
利用料金や入場料 公演による
参考サイト http://www.owlspot.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドラマで一躍有名になった「池袋西口公園」でまったりと

ドラマで一躍有名になった「池袋西口公園」でまったりと

image by PIXTA / 22361141

2000年に放映された、石田衣良原作ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の舞台となった、池袋で一番有名な公園。

噴水や彫刻もあり、芸術劇場の前庭としての機能も持つこの場所は、平日は鳩が噴水近くに固まっており大変のどかな雰囲気です。
しかし、休日には古本市などイベントが開催されることが多く、大勢の人で賑わいます。
屋台が出たり、野外ステージを利用したライブも行われているので、立ち寄って損はしませんよ!

池袋西口公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 池袋西口公園
住所 東京都豊島区西池袋1-8-26
営業時間・開場時間 24時間 / (身障者対応トイレ開放時間 9:00-16:00)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.toshima.lg.jp/340/shisetsu/koen/029.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「立教大学池袋キャンパス」で記念撮影

「立教大学池袋キャンパス」で記念撮影

image by PIXTA / 27433964

レンガ造りの校舎が魅力的な立教大学池袋キャンパスは、どこか西洋の風を感じられる、池袋での癒しスポットです。

上記に挙げた、東京都選定歴史的建造物を楽しむだけではなく、ぜひ学食にも立ち寄ってみてください。
「およそワンコインでとても美味しいご飯が食べられる!」と地元民の間でも話題になっています。

また、正門の近くには大きなモミの木が2本立っており、クリスマスシーズンにはライトアップがとても綺麗ですよ。

立教大学池袋キャンパスの住所・アクセスや営業時間など

名称 立教大学池袋キャンパス
住所 東京都豊島区西池袋3-34-1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.rikkyo.ac.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

これぞメイド喫茶!「ワンダーパーラーカフェ」

少し分かりづらい場所にあるワンダーパーラーカフェは、私が行っても寛いで過ごせる、究極のメイド喫茶です。

秋葉原などに多い「おいしくな〜れ♡」「ご主人様♡」といった甘々な時間は楽しめませんが、19世紀イギリスの女中文化を体感しながら優雅にお茶をすることができます。
メイドさんの制服もクラシカルスタイルということで、綺麗でカッコイイ!

乙女ロードに位置するため、定期的にコスプレイベントも行われています。
興味のある方はイベント情報もチェックしてみると面白いかもしれません。

Wonder Parlour Cafeの住所・アクセスや営業時間など

名称 Wonder Parlour Cafe
住所 東京都 豊島区 東池袋 3-9-15
営業時間・開場時間 平日 12:00-22:00 / 土日、祝日 12:00-22:00
利用料金や入場料 デミグラスミートソースパスタ 単品:930円 ,Food Set:1,700円
参考サイト http://wonder-parlour.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「COFFEE VALLEY」でスペシャリティコーヒーを

カフェの激戦区でもある池袋に、2014年にできたばかりのまだ新しいお店COFFEE VALLEY。
シックで清潔感のある店内では、3種類のコーヒーの飲み比べもできます。
同じコーヒー豆でエスプレッソとドリップコーヒーなどを比べられるので、面白いです。

私はだいたい本日のコーヒーを飲んで満足してしまっていますが、知り合いに聞くとフレンチトーストもかなりの美味しさとのことなので是非お試しあれ。

また、周年記念日にはバリスタを呼んでイベントが行われたり、特別なメニューの提供もあるので、何度も足を運びたくなるお店です。

COFFEE VALLEY の住所・アクセスや営業時間など

名称 COFFEE VALLEY
住所 東京都豊島区南池袋2-26-3
営業時間・開場時間 (月-金) 8:00-22:00 / (土・日・祝) 9:00-22:00
利用料金や入場料 本日のコーヒー : 450円 / TAKEOUT フレンチトースト:160円
参考サイト http://coffeevalley.tumblr.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「いけふくろう」は記念に見ておきましょう

池袋と言えば「フクロウ」。
元は西口に昔あった池が袋の形をしていたことから池袋という地名になったそうですが、その「袋」と「梟」とをかけてフクロウモチーフが多いのか、鬼子母神との関係なのかは全くの謎のようです。

中でも一番有名なフクロウは「いけふくろう」でしょう。
待ち合わせ場所として非常に有名なのですが、これがとても分かりづらい場所にあるため、初めて池袋に来る方には全く待ち合わせ場所として機能していません!

しかし、池袋で最も愛されているシンボルでもあるので、帰り道がてら一見することをおすすめします。
大スクリーンのついた東口の階段下にひっそりと立っています。

いけふくろうの住所・アクセスや営業時間など

名称 いけふくろう
住所 東京都豊島区南池袋1丁目28(池袋駅東口北通路)
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E8%A2%8B%E9%A7%85
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

池袋で泊まるならここ!おすすめホテル

朝食付でも格安な「スーパーホテル」

ビジネスホテルのチェーンとして知る人ぞ知るスーパーホテル、池袋周辺には北口、西口と2店舗あります。

素泊まり2000円台からと格安なのが魅力で、朝食も無料で付いてくる上に大浴場もあるためコストパフォーマンスが非常に良いです。
どちらも駅から5分圏内なので、池袋観光にも、また他の東京観光にもオススメのホテルとなっています。

アメニティ類もしっかりしており、女性一人での旅行にも最適です。

スーパーホテルLohas池袋駅北口の住所・アクセスや営業時間など

名称 スーパーホテルLohas池袋駅北口
住所 東京都豊島区池袋2丁目62-14
営業時間・開場時間 チェックイン:15:00:24:00 / チェックアウト時間 10:00
利用料金や入場料 2名1室: 一人あたり3,490円から
参考サイト http://www.superhotel.co.jp/h_links/ikebukuro/ikebukuro.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「ホテルメトロポリタン」に一度は泊まってみたい

池袋西口にそびえ立つ、池袋唯一のグランドホテルです。

客室は洋室だけでなく和洋室も用意されているので、和の雰囲気の中寛ぎたい方にもオススメできます。

館内には和食・中華などを始め、10軒近くも飲食店が入っており、その日の気分に合わせて最上級の食事を堪能できます。

1階のラウンジでは、季節ごとにちがったフラワーアレンジメントが楽しめるなど、隅々までおもてなしの精神が行き届いています。

ホテルメトロポリタン池袋の住所・アクセスや営業時間など

名称 ホテルメトロポリタン池袋
名称(英語) Hotel Metropolitan Tokyo Ikebukuro
住所 東京都豊島区西池袋1-6-1
営業時間・開場時間 チェックイン:15:00 / チェックアウト 12:00
利用料金や入場料 素泊まりプラン(シングルルーム):1室1名 12,800円から
参考サイト http://www.metropolitan.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サンシャインシティをもっと楽しむなら、「サンシャインシティプリンスホテル」

サンシャインシティをもっと楽しむなら、「サンシャインシティプリンスホテル」

image by PIXTA / 23754019

サンシャインシティプリンスホテルには、サンシャイン60展望台チケットとセットになったプランがあるなど、よりサンシャインシティを楽しめる工夫が詰まっています。
直結しているので、時間を気にせず買い物やレジャーを楽しめるのも魅力的。

37階など超高層階にも宿泊ができるので、東京の町並みを一望できるのも良いですね。

また、レストランは女子会などにも人気があります!

サンシャインシティプリンスホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 サンシャインシティプリンスホテル
名称(英語) Sunshine City Prince Hotel
住所 東京都豊島区東池袋3-1-5
営業時間・開場時間 チェックイン:14:00 / チェックアウト 11:00
利用料金や入場料 SKY CIRCUSサンシャイン60展望台VRコンテンツチケット付き(室料のみ):1泊1名 17,000円から
参考サイト http://www.princehotels.co.jp/sunshine/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

立地のよい「東急ステイ池袋」

こちらはシングルでも15㎡とゆとりのある客室が人気を集めています。
また、女性専用フロア完備、ホテル入口もカードキーでしか開かないなど、女性一人での旅行にも安心です。

珍しいのは客室に洗濯乾燥機が設置されていることで、連泊など衣類に困った時にはかなり役に立つのではないでしょうか。

また、電子レンジも置かれているので外食をしない時など非常に重宝するでしょう。

東急ステイ池袋の住所・アクセスや営業時間など

名称 東急ステイ池袋
住所 東京都豊島区池袋2丁目12-2
営業時間・開場時間 チェックイン:15:00-24:00 / チェックアウト 11:00
利用料金や入場料 1室1名: 4,352円から
参考サイト http://www.tokyustay.co.jp/hotel/IKE/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

【番外編】泊まれる本屋「BOOK AND BED」

最近話題となった泊まれる本屋の東京店が池袋にあります。

シャワーやトイレは共用ですが、ゆったりとできるベッドと、いくら読んでも読み終わることのない本たちが共存している環境は夢のようですね!

部屋としてはカプセルホテルのようなものですが、格安で本やフリーWi-Fiを利用できるので、漫画喫茶などよりも寛いで過ごせるかもしれません。

料金はおおよそ5000円未満となっています。

BOOK AND BED TOKYOの住所・アクセスや営業時間など

名称 BOOK AND BED TOKYO
住所 東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階
営業時間・開場時間 チェックイン:16:00-23:00 / チェックアウト 11:00
利用料金や入場料 STANDARD:1泊 4,500円(税抜)
参考サイト http://bookandbedtokyo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

池袋観光もいよいよ終わり。おすすめお土産は?

老舗の味「タカセ洋菓子」店

池袋東口に聳えるタカセのビル。
上記でもご紹介しましたが、タカセの洋菓子はお土産にぴったりです。

オススメは「ミックスクッキー」。
様々なクッキーが詰まっている外観から、既にワクワクが止まりません。
老若男女に喜ばれるお菓子です。

他にも、一番人気のアーモンドチュイルはいかがでしょう。
「チュイル」は屋根や瓦の意味だそうです。
賞味期限も1ヶ月近くあるので、遠方の方にも安心して渡せますね。

タカセ洋菓子 池袋本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 タカセ洋菓子 池袋本店
住所 豊島区東池袋1-1-4
営業時間・開場時間 8:00-22:00
利用料金や入場料 アーモンドチュイル:1,200円 / ミックスクッキー:600円
参考サイト http://www.takase-yogashi.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「シュクリムシュクリ」でサクサクシュークリームを

山手線改札付近に常に列を作る人気店シュクリムシュクリ。

2015年にオープンしたばかりですが、こだわったシュークリームは池袋土産として既に定着しつつあります。

クロワッサン生地を使うなど、普通のシュークリームとはひと味違う工夫がなされているのです。

期間限定商品もありますので、定番のシュークロワッサンと合わせていくつかまとめて買っていきたいですね。

シュクリムシュクリの住所・アクセスや営業時間など

名称 シュクリムシュクリ
住所 東京都豊島区南池袋1-28-2
営業時間・開場時間 10:00-22:00
利用料金や入場料 シュー シュクリ : 290円 / シュー クロワッサン:290円
参考サイト http://www.chouxcream-chouxcri.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

「八天堂」のメロンパン!

広島でクリームパンが有名な八天堂ですが、そのメロンパンを売っている店舗がこれまた池袋駅地下にあります。

コンビニのパンコーナーでも最近は、メロンパンにクリームが入ったものを見かけますが、それと同じかと考えているとびっくりしますよ!

流石クリームパンの老舗と言うべきふわふわのクリームと、カリカリの皮が絶妙で、あっという間に食べ終わってしまいます。

賞味期限の短さとコストは考えものですが、一度ぜひご賞味あれ。

JR池袋駅(八天堂メロン)の住所・アクセスや営業時間など

名称 JR池袋駅(八天堂メロン)
住所 東京都豊島区南池袋1丁目 JR池袋駅構内 中央改札外「八天堂」
営業時間・開場時間 10:00-21:00
利用料金や入場料 メロンパン: 250円
参考サイト http://hattendo.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

札幌から上陸!「RINGO」

まだ昨年の3月にオープンしたばかりの、アップルパイ専門店。
こちらも池袋駅地下です。
池袋駅地下はお土産の宝庫ですね。

こちらは札幌で有名な店舗ですが、東京では池袋に初出店とのことで関東では池袋でしか味わえませんよ!

リンゴはゴロゴロと大きくカットされていて食べ応えがあります。
また、商品の入った袋は綺麗な赤に、RINGOの文字だけが黒く刷られているのでお洒落な方へのお土産としても喜ばれそうです。

RINGO IKEBUKUROの住所・アクセスや営業時間など

名称 RINGO IKEBUKURO
住所 東京都豊島区南池袋1-28-2 JR池袋駅1F
営業時間・開場時間 10:00-22:000
利用料金や入場料 焼きたてカスタードアップルパイ:1個370円 / 4個1400円
参考サイト http://ringo-applepie.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

名物のどらやきを買って帰りたい!「すずめや」

これまで洋菓子が多かったので、ここで和菓子をご紹介。

東口ジュンク堂の裏にあるすずめや、どら焼きが有名です。

お店の入口を見つけて入るとびっくりすると思います。
はい、お店というより普通の玄関です。

さて、名物のどらやきは生地が分厚くふかふかなのが特徴的。
蜂蜜を練り込んであるようで、甘すぎず柔らかい味。
少し前に僅かに値上げされましたが、それも気にならないほど美味しいので東口散策の際はぜひ寄ってみてくださいね。

どらやき すずめやの住所・アクセスや営業時間など

名称 どらやき すずめや
住所 東京都豊島区南池袋2-18-5
営業時間・開場時間 (月-土) 10:00-売り終わり次第終了
利用料金や入場料 どらやき(粒餡):1個 180円
参考サイト http://www.d-suzumeya.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

みんな大好き「ランチパックショップ」

最後は変わり種、みんな大好き山崎パンのランチパックの専門店です。
こちらも池袋駅地下、北口方面にあります。

たまごやチョコレートなどの定番品はもちろん、ご当地限定のランチパックも集まっていますので、見るだけでも十分に楽しめます。

また、ランチパックをトーストしてもらうことができるので、普段のランチパックをより美味しく食べてみたい!という方はお願いしてみると良いでしょう。

ランチパックSHOP 池袋店の住所・アクセスや営業時間など

名称 ランチパックSHOP 池袋店
住所 東京都豊島区南池袋1丁目 JR山手線池袋駅北改札
営業時間・開場時間 平日 7:00-20:00 / 土日祝 9:00-20:00
利用料金や入場料 ブレンドコーヒー: 100円 / ランチパック:各種
参考サイト http://www.yamazakipan.co.jp/lunch-p/shop/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

知れば知るほど色んなものに出会える街、池袋

いかがでしたか?

新宿、渋谷に負けないコアなスポットが池袋にはたくさんあります。
都会的な喧噪のすぐ裏にはゆったりとした公園があったり、どんな気分のあなたにもきっとピッタリ合う場所が見つかるでしょう。

魅力の尽きない東京観光ですが、ぜひ今後は池袋もルートの一部に取り入れてみてくださいね!

photo by PIXTA