地元民が伝授する尾瀬の基礎情報やおすすめモデルコース

みなさん、尾瀬と聞くとどんなイメージを頭に浮かべますか?尾瀬は自然がきれいで、ハイキングコースとしても大人気のスポットでもあります。そして、夏は避暑地として訪れる方が多く、快適に過ごせる観光スポットになっています。

そんな尾瀬の魅力にせまる今回は、足を運んだら絶対に外せないスポットやグルメをご紹介します。知っていると尾瀬の魅力をもっともっと感じることができますので、最後までじっくり読んでいってください。
【決定版】地元民が教える、群馬の観光ガイドはこちら。
群馬は温泉大国!草津温泉、伊香保温泉…群馬の温泉地ガイドはこちら。

尾瀬の観光に行く前に知っておこう!

尾瀬の観光といえば何をするの?

尾瀬の観光といえば何をするの?

image by PIXTA / 18045182

「尾瀬で観光できることは少し分かったけど、一体何をするの?」そんな疑問が湧きますよね。
尾瀬は自然を楽しみながらハイキングをすることがメインになってきます。
平坦な道なので、急な山道を登るようなきついハイキングにはならないところが人気の理由です。

歩道もしっかり整備されているので、足に負担もかかりにくいのが特徴。
そのため、年配の方が健康増進として、若い方の運動不測解消として、そして、ハイキングが好きで楽しんでいる方など、さまざまな目的をもって尾瀬を訪れる方がいます。

観光スポットと聞くと、おすすめスポットで遊ぶイメージが強いですが、尾瀬は自然を楽しむ形なので、大人な観光を体感できます。
さらに、健康にもよい回り方ができるので、落ち着いた観光を楽しめます。

首都圏から尾瀬へのアクセス手段や時間は?

首都圏から尾瀬までは、車で行くことをおすすめします。
公共交通機関でも移動することは可能ですが、より便利な車でのアクセスをご紹介します。

1.関越道の練馬ICを目標に移動します。

下道で東京から尾瀬まで行くこともできますが、かなり時間がかかるので、もし日帰りの場合はおすすめできません。

朝方出発するとよりスムーズに移動することができます。

2.関越道の沼田ICに向かいましょう。

難しい道ではないので、安全運転を目標に運転しましょう。

途中にサービスエリアもありますので、休憩やお食事をすることができます。

3.沼田ICを降りて、国道120号線を走ります。

沼田ICを出ると突き当りで左右に分かれますので、「左」に曲がってください。
ここからまっすぐ国道120号線を走ってください。
沼田ICから約15分走ると、椎坂トンネルに着くので、そのまままっすぐ進みましょう。

4.椎坂峠頂上からさらに約30分走って、片品村役場に向かいましょう。

椎坂峠を抜けると、沼田市の利根町(旧利根郡-利根村)に入ります。
ここからさ120号線を約30分ほど走る形になります。
走っているとガソリンスタンドがありますので、給油も可能です。

5.片品村で唯一の信号を左折して401号線に入ります。

注意点は、信号を真っ直ぐ行ってしまうと日光に向かってしまいます。
もし間違えたらUターンして401号線を目指しましょう。

このルートで尾瀬まで到着できます。
東京から約3時間~3時間半で着くことが出来ます。

高速道路を使ってこれだけの所要時間がかかりますので、下道ではなく、高速道路を利用して移動しましょう。

尾瀬の駐車場は?

尾瀬の駐車場は以下の2つがあります。

1.尾瀬第1・第2駐車場

マイカー専用で530台駐車することが出来ます。
料金は1日1000円で止められます。

2.スノーパーク尾瀬戸倉駐車場

大型車・マイクロバス専用で、料金は1日4000円で止められます。

各駐車場の問い合わせ先もありますので、載せておきますね。

尾瀬第1・第2駐車場は、尾瀬戸倉観光協会 TEL 0278-58-7263

スノーパーク尾瀬戸倉駐車場は、尾瀬高原ホテル TEL 0278-58-7511

ぜひ活用してください。

尾瀬のグルメと言えば?

尾瀬の代表的なグルメは特にないのが反対に特徴でもあります。
ですので、尾瀬を訪れるみなさんの舌がお好みのものが尾瀬のグルメとも言えます。

その中でも私のおすすめは、「渡辺製菓」のスイーツ。
地元では隠れた名店で、少しお値段も高いので手が出しにくいのですが、食べてみると納得。
とってもおいしいんです。
花豆は片品村の名産物で、こちらで販売している花豆パンはこの花豆を使っています。
この花豆を使っているので、ぜひ食べて欲しい1品です。

味はほんのり甘くて、花豆の素材をしっかり楽しめます。
パンはもちろんのこと、たくさんのスイーツも取り扱っていますので、お腹が空いたときのおすすめとして最適です。
簡単に口に出来る大きさも人気の秘密。
ぜひ食べてみましょう。

尾瀬を経由して行ける栃木県の他の観光スポットは?

尾瀬を経由して行ける栃木の観光スポットは、分かりやすいお伝えすると「日光」がベスト。
清滝ICまで向かうと、日光の定番の観光スポットに足を運びやすくなります。

運転に気を付けて欲しいスポットがたくさんあって、群馬から栃木に入るあたりで下り坂でカーブが続きますので、スピードを出しすぎると事故のもとに…

楽しい旅行にするためにも、尾瀬から日光に抜ける時にはカーブに気を付けて移動しましょう。

尾瀬には子どもも行ける?何歳から?

尾瀬には子どもも行ける?何歳から?

image by PIXTA / 23013189

尾瀬にはいくつかのルートがありますが、混雑している紅葉の時期などは、長い列を歩く形になりますので、お子様の視点から考えると、大人の足元を眺めている感じになります。
そのため、飽きてしまったり、泣き出してしまう子もいます。

なので、小学校高学年くらいになってから一緒に行くことをおすすめします。
今の状況が分かってくる頃であれば負担も少なくなりますので、小さいお子様は違うスポットを検討してみてはいかがでしょうか?

尾瀬は寒い?尾瀬に行くときのおすすめ服装(季節別)

春:最高気温は2度くらいです。
3月頃はまだ雪解けが始まったくらいの温度ですので、東京を出発する服装にプラス1枚羽織るものがあると体温調節しやすいということを覚えておきましょう。

夏:最高気温は20度前後とかなり涼しいです。
ですので、東京などを出るときに夏真っ盛りの服装で行くと、尾瀬では震えることになります。
20度は平地での5月くらいの気温ですので、その時期の服装を考えて着ていきましょう。

秋:だんだん寒くなってきます。
12度前後まで気温が下がります。
12度は平地での3月~4月の気温ですので、半袖はNGです。

冬:12月になると氷点下まで気温が下がります。
とにかく「これでもか!」というくらいの防寒をしていって正解です。
ちなみに平地で暖かい服装で出かけたら、尾瀬でかなり寒い経験をしたことがあります。

風邪もひいてしまいますので、プラス1枚を意識してくださいね。

尾瀬の観光モデルコースはこう!

日帰りの場合

日帰りの場合はまず、移動手段が高速道路を選択することが大切。
先ほどお伝えしましたが、高速道路でも首都圏から3時間程度かかりますので、下道で移動すると尾瀬で楽しむ時間がなくなってしまいます。

そして日帰りの場合は、尾瀬の湿原でゆったりハイキングするコースがおすすめ。
広々とした空間の中で、景色を楽しみながら身体に負担をかけずにハイキングを楽しみましょう。
そして、尾瀬で楽しめるグルメに舌鼓を。

日帰りでもまったりとした時間を過ごすことが出来ます。

1泊2日の場合

もし宿泊できる時間があるなら、初日に尾瀬の大自然を楽しみましょう。
朝出発しても、到着はおそらくお昼過ぎから15時くらいになるかと思います。
そこからどこかに移動するとなると、移動で時間がかかってしまうので、初日は尾瀬で楽しむのがベスト。

そして、2日目に日光に移動しましょう。
尾瀬では自然を楽しみ、日光ではアクティブに動けるスポットがたくさんありますので、初日とは異なる楽しみ方をすることができます。
宿をあえて日光にとって、2日目を動きやすくするプランもおすすめ。
尾瀬に泊まるのか、日光に泊まるのかを選べる楽しみがあるのも特徴です。

尾瀬、季節ごとの見どころは?

「春」の桜の見どころとえば、「天王桜」

「春」の桜の見どころとえば、「天王桜」

image by PIXTA / 15527997

樹齢300年と言われている大きな桜の木があります。
他の桜のスポットのように、桜が向こうまで並んでいる姿ではありませんが、1本の大きな桜の木に咲いている桜は迫力があって、見る人すべてを魅了します。

群馬県指定の天然記念物に指定されているので、他のスポットでは見ることのできない桜を楽し婿とが出来ます。
木の高さは約15メートルもあるので、大きさが想像できるかと思います。

「夏」の見どころといえば、「ニッコウキスゲ」

「夏」の見どころといえば、「ニッコウキスゲ」

image by PIXTA / 23556171

夏と言えば、他のスポットでは花火などが多いですが、尾瀬では他では楽しめない自然豊かな見どころをご紹介します。
日当たりの良い尾瀬の湿原だからこそ見られる花で、周囲を山吹色に変身させてくれます。

咲いても実は寿命が短い花で、朝咲いても夕方に萎んでしまうので、だからこそ貴重な景色をぜひ楽しんで欲しいと思います。
周辺一帯を埋め尽くすのは7月中頃から。
見ごろは2週間と短いので、見られた方は貴重ですよ。

「秋」の紅葉の見どころといえば、「草紅葉」

「秋」の紅葉の見どころといえば、「草紅葉」

image by PIXTA / 24225010

「草紅葉!?」草が紅葉するなんて、今まで聞いたことがない方がほとんどだと思います。
尾瀬ならではの、草の紅葉も楽しむことが出来ます。

どんな雰囲気になるのかというと、湿原が黄金色から紅色に色づき、草紅葉が始まってからだんだんと山が紅葉していきます。

ですので、紅葉シーズンよりも少し早く足を運んでしまっていても、尾瀬ならではの楽しみの「草紅葉」を楽しむことが出来るわけです。
ふと下を向くと素敵な紅葉を楽しむことが出来ます。

「冬」の見どころといえば、 「雪道のハイキング」

「雪道でハイキング?」そんな出来るわけないよ~。
と思う方、そうですよね。
無理はないかと思います。
ですが、尾瀬の雪道は他の雪道と比べて歩きやすいので、ストックを上手に使って歩くととっても楽しいんです。

途中クマの足跡を見つけることもあります。
頑張って歩いていくと、尾瀬沼を見ることが出来ます。
きれいで何とも言えない達成感、そして、素敵な空間を感じることが出来ますので、冬ならではの楽しみ方です。

尾瀬のおすすめ観光スポットはここ!

尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原

image by PIXTA / 24225009

尾瀬ヶ原はどんなところなのかというと、一面に広がる湿原で高山植物がたくさんあります。
特に5月後半から6月始めにかけて、水芭蕉の花きれいに咲いて、私たちを出迎えてくれます。

さらに、6月中旬から7月上旬にはワタスゲ、7月上旬から下旬には日光キスゲ、極めつけは紅葉と100種類以上の高山植物が季節ごとに楽しめます。
どの季節に行っても楽しめるスポットになっています。

尾瀬山の鼻ビジターセンター

尾瀬ヶ原の入口にあるスポットの登場です。
尾瀬ヶ原の周りの自然保護活動、情報発信の拠点になっているビジターセンターとしての役割があります。

尾瀬の自然について詳しい情報が館内に掲示されていて、尾瀬ヶ原を散策する前にぜひ立ち寄りたい場所。
ここを立ち寄ることによって、さらに尾瀬を楽しめるようになっています。
時々勉強会も行われていますので、尾瀬の自然を学びたい方はぜひお越しください。
参加費なんと無料で、主に土・日曜日と祝祭日に開催され、朝7時15分~8時に開催されます。

ヨッピ吊り橋

ヨッピ吊り橋

image by PIXTA / 3033031

尾瀬ヶ原は周りの山々の水を集めた巨大な水瓶になっていて、集められた水は「ヨッピ川」となって、只見川へ流れていきます。
こちらはヨッピ川に掛かる橋で、川の流れに沿って進むことが出来るルートになっています。

橋の高さがないので、高所恐怖症の方でも足を運びやすいところがポイント。
ですが。
木の踏み板がギシギシと音を立てるので、少しスリルがあります。
このようなおもしろい橋を渡りながら進む楽しみがあります。

アヤメ平

アヤメ平

image by PIXTA / 23124157

人が少ないスポットを選択するならば、鳩待峠から入るアヤメ平へのコース。
尾瀬ヶ原に行くコースとは異なり人が少なくなっています。
往路は標高差370mあり、木道は草の中を空に向かって歩いていくような雰囲気。

空に向かっているような草原を登っていくと、前を遮るものがない開放感と青い空の空間を楽しめます。
秋にはアヤメ平一帯のキンコウカの紅葉も見ることができます。

尾瀬沼

尾瀬沼

image by PIXTA / 24411435

尾瀬ヶ原と尾瀬沼を回るコースが尾瀬観光の定番になっていますが、尾瀬沼は、燧ケ岳の噴火で出来た湖です。
標高1660mと日本でも数少ない高地にある湖の1つ。
尾瀬沼の大江湿原や、沼を一周するコースは木道が整備されていて、アップダウンも少なく、運動が苦手な方でも歩きやすいコースになっています。

季節を問わずたくさんの観光客やハイキングを目的とした方が足を運び、素晴らしい景色に癒されています。

尾瀬で食べたいグルメ。おすすめレストランはここ!

フリアンのみそパン

2003年3月に今のスポットに引っ越しした「フリアン」の1番人気は「みそパン」。
特製のソフトフランスの優しい歯触りのパンにみそが挟まれていて、1度食べたら忘れられない味になっています。

手間と時間をかけて石窯で丁寧に焼いていますので、ここでしか味わうことの出来ない味に仕上がっています。
さらに、尾瀬山麓で採った熊笹のエキスが入っている「笹の恵みパンドーム」も人気の商品になっています。
県内はもちろんのこと、県外でも人気が集まっているパンです。

ティア・ツリー 果樹園とカフェ

オープン前から並んで味を楽しむ方も多いこちらのスポットは、とてもまろやかな味に仕上がっていて、こだわって作られた料理はさすがと言ったところ。
とても美味しいケーキを食べることができます。

甘い味が苦手な方でも食べやすい、甘すぎず、ずっと味わいたい味に仕上がっています。
ぜひ近くに足を運んだ際には寄ってほしいスポットになっています。
果樹園だからこそ提供できるフルーツは新鮮で、ケーキと相性抜群。
もちろん手土産にもおすすめです。

あおぞら沼田店

ランチのセットメニューがとってもお得。
お値段に負けないくらい豪華なセットになっていて、上州牛が楽しめたりと満足出来る内容になっています。
価格がお手頃なのに、柔らかい口当たりでとってもおいしいですよ。

お店に行くまでが注意が必要で、細く少し狭い駐車場になっています。
大きな車は少し注意が必要になってきます。
焼肉はいつ行ってもおいしくて、さっぱりしたい時には「青空サラダ」を注文するとさらに満足度が増します。
スキーシーズンは混雑するので、待ち時間必至です。

洋菓子工房樫の木

沼田市街地の中心にあって、地元の方をはじめ、県外から足を運ぶ方も多い洋菓子店。
作家の吉本ばななさんが絶賛した「バームクーヘン」はここの一押しの商品になっています。
少しずつ生地を巻いて、なんと3日もかけて焼き上げる製法は、ここでしか味わえない味。

その製法だからこそ生み出せる歯ごたえと、香りの豊かさ1度食べたらまた食べたくなる魔法の味。
商品には吉本ばななさんのメッセージが添えられていますので、プレゼントにも適しています。

馬鹿旨

中華を食べたいときにはここ!というくらい、地元の方に愛されています。
おすすめは餃子。
もちもちした食感とぎっしりと詰まった具材が満足感を高めてくれます。
サイドメニューではもったいなくらいのおいしさになっています。

そして変わっているメニューはラーメン。
トマトラーメンという珍しいメニューがありますので、立ち寄ったらぜひご賞味ください。
スキーの帰りにも利用できますので、スキーなどアクティブに動いた後のご飯としても満足できます。

回転が早く待ち時間も短いので、待ち時間が苦手な方もぜひいらしてくださいね。

尾瀬で宿泊するならここ!おすすめホテル&旅館

伍楼閣

眺望の良いお風呂が魅力の、全体に充実感を味わえるお宿。
4つの露天風呂があることだけでも満足感が大きいのですが、さらに2つの内湯が好評で、お風呂を楽しみたい方には人気のスポットになっています。

名物である4つの露天風呂は、岩鏡、赤城、水鏡・貸切専用もみぢ谷という4つの種類があります。
2つの内湯は、しぶつの湯、ひうちの湯という名前になっていて、全部で6種類のお風呂からお好きなお風呂に入っていていただけます。

混浴や、女性専用時間、男性専用時間もあるので、時間帯に気を付けてくださいね。
浴着レンタルもありますので、温泉気分を心から味わうことが出来ます。

かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵(ゆとりあん)・別館 悠山

田園風景を楽しめる他、ところどころに見られるかやぶき民家が特徴。
日本の田園風景に佇む源泉になっています。
視界いっぱいに広がる、昔懐かしい雰囲気はもちろんのこと、ゆったりとした時を感じることが出来る茅葺家屋、移っていく季節の変化も感じることが出来ます。

そんな風情に身を委ねつつ、至福の時を感じるひとときをお過ごしいただけます。
地場の旬の味をふんだんに使ったご夕食「悠湯里懐石」が人気で、多くの方に好評をいただいています。

老神温泉「源泉湯の宿 紫翠亭」

豊かな自然と、伝説の古湯「老神温泉」の源泉かけ流しを心行くまで楽しむことができます。

伝統のある老神温泉の古湯を、贅沢に源泉かけ流しで楽しめるのは、尾瀬に来たからこその贅沢。
とろっとした特徴のあるお湯はお肌にもいいんです。

すべすべになってとっても満足できますので、ぜひ肌で感じてみてくださいね。
観光地へのアクセスもよいので、移動の拠点としてこちらに宿泊するのもおすすめ。
マイナスイオンがあふれるこのスポットで、身体の疲れをリフレッシュしましょう。

いよいよ観光も終わり…尾瀬のお土産はこれ!

シルクシフォン

富岡製糸場で作られている糸のようにしっとりとした口当たりをイメージして作られているこちらのシフォンケーキは、日持ちもするうえに手土産としてちょうどいい大きさなので、お土産に人気の商品です。

シルクでしっとり、ふわふわ食感がたまらず、「もう1個かってくればよかった」と思う方が続出しています。
身体に良いと言われているアミノ酸がとっても豊富に含まれていて、身体からきれいになれるシフォンケーキです。

こんにゃく大福

群馬の名物と言えば「こんにゃく」。
低カロリーで女性の強い味方になってくれますね。
そんなこんにゃくを使っている大福があるんです。
ダイエット中の方ももちろん安心して食べられるので、甘いものを食べたいけれどカロリーが…と気にしている方へのお土産にぴったり。

低カロリーな大福ですが、味はしっかりしていて、満足出来るのもうれしいポイント。
もちもち食感で満腹感も出ますし、あんこの甘みが絡んでいるので、こんにゃくとは思えない味になっています。

十石みそ

お土産というと食べ物をイメージしますが、尾瀬のお土産にはこちらのみそもおすすめ。
国産の大豆・大麦・塩だけを作ったみそになっています。
山深い上野村で1年間じっくりと熟成しているので、コクがしっかりしているのが特徴。

味噌汁にするのはもちろんですが、焼きおにぎりにつけてもおいしくいただけます。

尾瀬はこれで完璧です

尾瀬の魅力や見どころなどをご紹介しました。
思いっきり遊ぶようなスポットはありませんが、尾瀬ならではの自然を満喫することができますので、大人な旅を楽しめるところがポイント。

グルメも他とは一味違う内容になっていますので、心から落ち着きたい時にはぜひ足を運んで癒されましょう。

photo by PIXTA