移住者が伝授する沖縄観光の完全ガイド!泊数別モデルプラン、格安旅行の仕方、おすすめ時期、他

沖縄に移り住んで早5年。趣味や仕事を通じて、様々な人と出会いました。
生まれ育った地域ならではの情報を持っている地元の皆さん。沖縄全域の新しい情報を積極的に知ろうとする移住者たち。
それぞれの違うジャンルから貪欲に情報をかき集めた私が、これから観光を楽しみたい皆さんへディープな沖縄をご紹介します。

沖縄旅行の前に知っておこう!

 

沖縄旅行のおすすめ時期は?

 

沖縄旅行のおすすめ時期は?

image by PIXTA / 24994713

快適な温度で過ごすには、3月と11月がおすすめです。

ダラダラ汗もかかず、着込みすぎる必要もないので、服装にあまり困りません。

晴れている日も多いので、海や空をカメラを向けると、他のシーズンより鮮明で綺麗な色合いの写真が撮れます。

ちなみに、せっかく沖縄に行くからには、ギラギラの夏を楽しみたい!という方には、6月後半~9月が夏らしさを感じられます。

ただし、夏真っ只中の沖縄には台風がつきもの。
スコールや突然の強風も頻繁にあるので、飛行機の運行などが心配されるのは覚悟で計画しましょう。

また、一年を通して暑いと思われがちな沖縄にも、冬は訪れます。

雪は降らないものの、毎日曇りだったり…半袖しか用意していないと痛い目を見るので、12月~2月にかけては羽織り物を用意して下さいね。

沖縄の住所・アクセスや営業時間など

名称 沖縄
名称(英語) Okinawa
住所 沖縄県那覇市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9C%8C
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

沖縄旅行が安くお得になる時期ってある?

 

最近は大手旅行会社でも3~5万円台で沖縄旅行プランの広告を大きく出しているのをよく見かけます。

しかし実際旅行会社に行ってみると、広告の「〇〇円から」という表記を見逃し、行きたい時期や泊数ではその金額以上のプランしかない、なんて事もよくありますよね。

国内旅行でも人気の沖縄は、オンオフシーズンが明確に分かれています。

今はLCCで通常でも7000円~10000円で片道航空券がゲットできますが、夏休みや連休はやっぱりお高め。

10月~11月の航空券やツアーは比較的安く販売している事が多いですね。

また、9月や2、3月の旅行は意外と高い価格設定になっていたりするので注意。

この時期は、夏休みや冬休みの長い大学生がグループ旅行で沖縄を選びやすいシーズンなので、オフシーズンかと思いきや意外と需要があるんです。

学生向けツアーは格安で発売されていたりしますけどね。

逆を言えば、この時期は学生が泊まらないようなリゾートホテル泊のパッケージツアーが安くなる事もあります。

沖縄の格安ツアーは大丈夫?何が違うの?

 

沖縄の格安ツアーは大丈夫?何が違うの?

image by iStockphoto

格安ツアーのポイントは4つありあります。

1つ目は、航空会社がLCCである事が多いので、座席の狭さや荷物の重量制限のチェックをしておいた方が良いという事。

また、国内線のPeachとバニラエアは、那覇空港の発着ターミナルがモノレールや路線バスと直結していないので、交通アクセスが不便です。

本ターミナルからLCCターミナルまでのシャトルバスを利用するので、手間と時間のロスがある事を覚えておいてください。

2つ目は、発着時間が早朝・深夜の可能性があるという事です。

2泊の内、中一日しか遊べないなんて事がないよう、発着時間に問題はないか確認してから申し込みましょう。

3つ目は、格安ツアーの内容についてですが、観光バスで移動出来る分、融通が利かないという点です。

買い物や見学をできる範囲が限られてしまう事もあるので、どの範囲で自由行動できるかチェックしましょう。

最後は、元が格安なので変更やキャンセルの手数料がかかる事にも注意です。

今は、予約サイトでホテルや航空券の個人手配も出来ます。

手間をかける事が苦ではない方は、自力でも格安ツアーより安い旅行プランを立てられますよ♪

沖縄旅行に行くなら何泊がおすすめ?

 

ハワイやバリと並んで海のイメージがあるリゾート地・沖縄は、海外と違って日本語が通じるので旅もスムーズに進みます。

地図や言葉に困らない分、日程は2泊3日でギュギュっと凝縮したプランがよいでしょう。

大きな島ではないので、南部にある那覇空港から国際通りのある市内へも30分と近く、2時間ちょっとあれば観光スポットの多い北部にも行けます。

また、沖縄は新しいリゾートホテルが建ったり、カフェや地元グルメも日々進化しています。

「ちょっと遊び足りないな」という気持ちで2泊を楽しみ、また次の機会に新しい沖縄を見に来るというリピートできる旅が沖縄にはぴったりです。

飛行機の本数も各地から増えているので、何年かに一度沖縄を旅したくなるような、お手軽なリゾート地として位置付けてもらえたらなと思います。

沖縄旅行にかかる費用は?

 

沖縄旅行にかかる費用は?

image by iStockphoto

旅行費用は、やっぱり何日間で何をしたいかによりますよね。

海外のように1000円前後で泊まれるゲストハウスも多くあれば、ゴージャスなホテルで存分にリゾートを楽しむのもあり。

航空券に関しても、LCCのセールで往復1万円以内で済む事もありますしね。

そのような事もふまえて、LCC利用で1万円前後のホテル泊というプランであれば、2泊3日を6~10万円くらいで充分楽しめると思います。

基本的な物価は他県とさほど変わりませんが、食堂やステーキハウスは安くてお腹いっぱいになるお店もたくさんありますよ。

空港やホテル近くにはレンタカーショップも数多いので、一日丸々借りなくてもちょっこと乗りで安く車を借りることもできます。

国際通り以外は地元の人も楽しめる良心的な価格設定になっているので、一日1万円あればしっかり遊べるのではないでしょうか。

沖縄旅行のモデルコースはこう!

 

1泊2日の弾丸旅行ならこのルート!

 

1泊2日の弾丸旅行ならこのルート!

image by PIXTA / 3384167

次の日に帰らなければいけないというプレッシャーは捨てて、思いっきり沖縄を楽しみましょう。

1泊なら、那覇空港に近く、神秘的な南部を巡るプランがおすすめです。

空港からちょっと足を延ばせば青い海を楽しめる、美らSUN(ちゅらさん)ビーチや美々(びび)ビーチ。

一歩踏み入れると不思議な空気を感じる聖地・斎場御嶽(せーふぁうたき)も有名です。

浜辺の茶屋や、カフェくるくまなどが代表的な海カフェも南部地域が一番多いので、どこに行っても間違いありません。

おすすめは、ナビを使っても場所が分かりづらいのに、眺望にも癒されてご飯もおいしい「カフェ風樹」です♪

また、南部と言えば戦争の激戦地だった為、ひめゆりの塔や平和祈念公園を観光する方も多い地域です。

人と違う場所で平和について学びたいという方には、ガマと呼ばれる自然洞窟の見学をする事もできます。

防空壕や野戦病院として機能していた洞窟を、リアルに肌で感じる場所です。

ただし、自然のままの洞窟ですから、見学される際はマナーを守り、安全な服装で行くように準備して下さいね。

南部は聖地や戦争跡地が多いので、地元のルールを学んで必ず守ってください。

2泊3日の場合

 

2泊3日の場合

image by PIXTA / 11368332

真ん中の日が一日丸々遊べる2泊3日なら、やっぱり行きたい美ら海水族館や、マングローブの森を感じられる北部プランがぴったりです。

水族館や自然体験は、やったことあるからいいや!という人にも北部はそれだけじゃないんですよ。

長ーい橋の両脇にエメラルドグリーンの海が広がる古宇利島は、ハート型の岩や景観も素敵。

ですが、それ以外にもカフェやペンションがたくさんあるので、この辺りに滞在し、昼間からお酒を飲んだりしてゆったりと島民気分を味わうなんて乙な旅もできるんです。

また、本部町の渡久地港付近は、かなりローカル感の強いを手軽に楽しめる地域なので、ありきたりな観光ルートに飽きた方に是非。

本部町営市場という所が良いんです。
昔からある日用品や野菜を売るお店と、新しくできた珈琲屋さんやスムージーショップが入り混じって、とっても良い雰囲気。

かつおが有名な港の近くなので、鮮魚店でお刺身を買う事もできます。

買ってすぐに店内で食べられないお店も多いので、市場の真ん中に「ゆくい処」という休憩スペースを自由に使えますよ。

市場外ですが、きしもと食堂の沖縄そばや新垣ぜんざい屋も、一見入りづらい地元感を感じるとは思いますが、勇気を持って入店して欲しいおすすめ店です。

3泊4日の場合

 

3泊4日の場合

image by PIXTA / 11603636

余裕のある3泊4日の場合は、定番観光地をおさえつつ、近くの離島に行ってみるのも良いですよ。

離島と聞くと、「距離もあるし移動の手間がかかるから大変そう」と思うかもしれませんが、そんなことありません。

本島と橋で繋がっている離島は車で行けますし、那覇市内の港から30分以内のフェリーで行ける離島もたくさんあります。

車で行ける島はロケーションの良い古宇利島に人気が集中しがちですが、沖縄の人に教えて頂いた海中道路も、なかなか気持ちが良いスポットなんです。

海中道路はうるま市にあり、海の上を走る道路が約5km続くので、ドライブやツーリングをすれば感じる爽快感。

この辺りの中部と呼ばれる地域は、アメリカのようなグルメが多いので、晴れた日は市内でテイクアウトのタコライスを買って、海中道路の途中で海を見ながらランチする事もできます。

しかも、道路と繋がっている平安座島(へんざじま)だけでなく、神様伝説のある浜比嘉島(はまひがじま)、ぬちまーすという塩の工場見学ができる宮城島、アートイベントの多い伊計島と4つの離島が繋がっていて飽きません。

4泊5日の場合

 

4泊5日の場合

image by PIXTA / 11065073

本島にいても1日かかるアクティビティをやってみたり、飛行機で離島に行ってみるのもおすすめです。

沖縄県北部は、高速道路の最終地点である名護市まではみなさんよく行っていると思いまが、その先のやんばる地方と呼ばれる森の多い地域までは、なかなか気合いがないと行けません。

それでも体験して欲しいのは、森トレッキングです。
比地大滝が有名ですが、整備されていないター滝や豪快な眺望の大石林山(だいせきりんざん)もかなり冒険心をくすぐられるルートですよ。

ただし、沖縄の天気はスコールや台風の増水で天候に左右されるので、自然で遊ぶ場合は必ずガイドのいるツアーで申し込みましょう。

次に、飛行機で行く離島の代表、宮古島・石垣島。

ここで体験するダイビングは桁違いに美しく、夜はフレンドリーな島民の方々と居酒屋で飲んだり食べたりなんて事も。

また、沖縄県民の旅行地として人気なのが、石垣島から船で10分の竹富島。

遠浅で波が穏やかな海は外国のようで、自然や文化が昔からあまり変わってないんじゃないかと思わせる独特な雰囲気があります。

時間が流れている事を忘れてしまうような、のんびりゆったりした島で、ナチュラルな癒しを体感できますよ。

沖縄周辺の島ならここ!

 

瀬長島の魅力

 

瀬長島の魅力

image by PIXTA / 19550309

離島というほど離れてはいませんが、橋を渡れば本島から車で行けてしまう瀬長島。

実はここ、最近みるみるうちに開発され、かなり遊べる楽しい島になりました。

空港から近い為、飛び立つ飛行機を間近で見られるのですが、それがなんと温泉に入りながらできちゃう施設があるんです。

それが、瀬長島ホテル内の龍神の湯。
こちらの立ち露天は絶景のオーシャンビューを見る事ができ、県民にも人気の温泉です。

また、約30店のグルメや雑貨の店舗が並んだウミカジテラスも、一度にいろいろ楽しむ事ができるので若者やファミリーにおすすめですね。

海沿いが広く高い建物がないので、雄大なサンセットを見ることができるので、デートにもぴったり。

ただしこのウミカジテラス、建物全てが白いので、夏の日差しが強い日には必ずサングラスを持って行ってください。

目が開けられません(笑)

ウミカジテラスの住所・アクセスや営業時間など

名称 ウミカジテラス
名称(英語) Umikaji Terrace
住所 沖縄県豊見城市瀬長174番地6
営業時間・開場時間 10:00 – 21:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.umikajiterrace.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

久高島の魅力

 

久高島の魅力

image by PIXTA / 6786570

南城市安座真港(あざまこう)からフェリーで20分の久高島は、琉球を創った神様が最初に降り立った神の島とも呼ばれている神聖な島です。

特別に選ばれた女性たちが儀式を行う島でもあり、昔は男性がこの島に渡る事は禁止されていました。

今でも立ち入り禁止区域や島独特のルールなどがあるので、島を観光する場合は必ず注意事項は守って下さい。

それでもすすめたいと思う理由は、島の至る所で琉球の歴史と自然を感じる事ができるからです。

島内は細長く、レンタサイクルで巡る事ができます。

また、自然の浜が多く、各所に拝み場である御嶽(うたき)や、琉球創造物語の歴史を感じられる家屋文化財があります。

島の先端にあるハビャーンと呼ばれる聖地に辿り着けば、その神聖な景観は心に残る事間違いなしです。

久高島の住所・アクセスや営業時間など

名称 久高島
住所 沖縄県南城市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.kudakajima.jp/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

阿嘉島の魅力

 

那覇市内から一番アクセスのよい港、泊港(とまりこう)から、船で1時間半の離島・阿嘉島。

決して広くない島なので、自転車やバイクのレンタルがあれば島内を巡る事ができます。

何と言っても阿嘉島の魅力は、開発されていない所。

北浜(にしはま)ビーチという大きなビーチで遊ぶのが主流で、ダイビングやシュノーケルの体験ショップに申し込めば、本当の自然な美しい海を体感できます。

ペンションもあるので離島泊もおすすめ。
少ないですが、パーラーやカフェ、BARもあるので、ゆったりと沖縄グルメを楽しむ時間にすることもできます。

本島より美しい自然を見て癒されたいという沖縄県民に教えてもらった島なので、まだ観光客も少なくあまり知られていない穴場の離島です。

阿嘉島の住所・アクセスや営業時間など

名称 阿嘉島
名称(英語) Aka Island
住所 沖縄県島尻郡座間味村
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.vill.zamami.okinawa.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

宮古島の魅力

 

沖縄本島よりも、よりイメージした沖縄らしい観光がしたいなら宮古島へ行きましょう。
宮古島ファンの芸能人も多く、リピート率の高さからその人気も確実です。

特に与那覇前浜の、限りなく続く青すぎる海と白い砂浜には感動します。
宮古島の海の美しさを背にサーフィンやダイビングをすればSNS栄えする写真も撮れますしね。

グルメはショッピングは、メインストリートである西里通りで街ブラを。

昔からある商店街と、新しいおしゃれな雑貨屋さんカフェは、沖縄らしさとリゾートのトレンドをおさえています。

夜になれば三線の音が聞こえてくる居酒屋や、長い夜を楽しませてくれるBARもあり、大人のはしご酒旅もいいですね。

宮古島の住所・アクセスや営業時間など

名称 宮古島
名称(英語) Miyako-jima
住所 沖縄県宮古島市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%8F%A4%E5%B3%B6
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

石垣島の魅力

 

石垣島の魅力

image by PIXTA / 22372590

新しくオープンした南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港へのLCC便によって、沖縄本島から石垣島へのアクセスがとっても便利になりました。

具志堅用高さんの出身地としてテレビでもよく紹介されていますが、石垣島には写真におさめたい絶景で溢れています。

夕陽の美しい御神崎(うがんざき)灯台、一面エメラルドグリーンの海を見渡せる玉取崎展望台、最北端あり晴れた日にはサンゴ礁まで見える平久保崎灯台。

光の加減で七色に変化する川平湾(かびらわん)は、グラスボートでその美しさを体感できます。

また、沖縄そばとは違った味わいで、黄色い麺が特徴的な八重そばも、食堂やそば屋で食べられますよ。

八重山諸島の周囲の島へもフェリーで行けるので、石垣島の長期滞在で他の離島にも遊びに行くなんて贅沢な楽しみ方もできます。

石垣島の住所・アクセスや営業時間など

名称 石垣島
住所 沖縄県石垣市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.yaeyama.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

波照間島の魅力

 

波照間島の魅力

image by PIXTA / 14091167

人が住む島の中では、日本最南端の島、波照間島。

飛行機で行くことができないので、石垣島からフェリーで1時間以上移動しなければなりません。

しかし、アクセスは大変でも、見て欲しい海と星空があります。

波照間島は12~6月の長期間に渡って南十字星が観測できます。

遮るビルや高い山もなく、今にも零れ落ちそうな星空は圧巻です。

おすすめは梅雨に入る前の4~5月ですが、天体観測は天気の影響を大きく受けるので、必ずしも常に盛大な星空が見られるわけではありませんが、新月の晴れた日に観測できたら最高ですよ。

また、波照間ブルーと呼ばれ、沖縄で一番とも言われる透明度と青さのコラボレーションビーチが見られるのが、ニシ浜。

また来たくなる離島№1です。

波照間島の住所・アクセスや営業時間など

名称 波照間島
住所 沖縄県八重山郡竹富町波照間
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.churashima.net/travel/hateruma/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

沖縄の観光スポットといえばここ!

 

定番も穴場も行って欲しい、美ら海水族館

 

定番も穴場も行って欲しい、美ら海水族館

image by PIXTA / 27223337

新しくオープンして10年以上経った今、沖縄に来て美ら海水族館に行ったことがない人は少ないかもしれません。

しかし、まだ行ったことのない方は、やっぱり一度は行って見て欲しい!そう思います。

ジンベイザメとマンタが大きな大きな水槽で何匹も泳ぐ姿は、やはり写真や映像では感じられない迫力がありますからね。

また、フォーカスされがちな巨大水槽の裏で、実は面白いゾーンがあります。

巨大水槽の脇にあるのでつい通り過ぎてしまいがちなサメ博士の部屋です。

ここでは、奥行きのある水槽で数種類のサメが泳いでいるところを間近で見られます。

しかも、穏やかなジンベイザメとは反対の危険ザメの水槽なので、ドキドキ感もアップしますね。

今は絶滅した古代ザメのメガドロンの顎の模型もあり、中に入って写真を撮ると、その大きさに驚かされます。

沖縄美ら海水族館の住所・アクセスや営業時間など

名称 沖縄美ら海水族館
住所 沖縄県国頭郡本部町石川424
営業時間・開場時間 8:00−20:00(夏期) 8:30−18:30(冬期)
利用料金や入場料 大人1,850円 中人1,230円 小人610円
参考サイト https://churaumi.okinawa/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

無料スペースで充分楽しめる、海洋博公園

 

無料スペースで充分楽しめる、海洋博公園

image by PIXTA / 10753658

美ら海水族館は館内を楽しんだら終了…ではありません。

水族館は海洋博公園という大きな施設の一部なので、水族館周辺にもたくさん、しかも無料で遊べる施設やビーチがあるんです。

特に、水族館出口から直行できるイルカショーやウミガメ館も入場料が要りません。

水族館に行かなくても、イルカショーだけ見てみよう!という遊び方もできるので、ファミリーや節約旅にも嬉しいですね。

私の一番のおすすめはマナティの水槽。

基本的にはのんびりだらだらしています。

…と思ったら、いきなり俊敏に泳ぎだすマナティ。

愛くるしく、とぼけた表情についつい笑ってしまいます。

プラネタリウムや熱帯植物園もあるので、夏休みの自由研究にもいいかもしれませんね。

沖縄海洋博記念公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 沖縄海洋博記念公園
住所 沖縄県国頭郡本部町石川424
営業時間・開場時間 8:00−19:30(夏期) 8:00−18:00(冬期)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://oki-park.jp/kaiyohaku/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

沖縄の歴史を肌で感じる、今帰仁城(なきじんぐすく)

 

沖縄の歴史を肌で感じる、今帰仁城(なきじんぐすく)

image by PIXTA / 16629240

現在は、城跡として石垣しか残っていませんが、世界遺産としても名高い今帰仁城跡は、歴史ロマンを感じるスポットです。

沖縄は昔、琉球と呼ばれ、北山・中山・南山の3つに分かれていました。

そのうち、北山をおさめていた北山王の居城であったとされています。

沖縄の城跡は、石垣が段々畑のように積まれており、今はありませんが、その段ごとに建物が組まれている造りです。

今帰仁城は特に攻めにくい城を言われており、自然に佇む要塞といった感じがします。

隣接する今帰仁文化センターでは、出土品や歴史も学べるので、セットで見学して頂きたいですね。

今帰仁城の住所・アクセスや営業時間など

名称 今帰仁城
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101
営業時間・開場時間 8:00−18:00
利用料金や入場料 大人400円 小中学生300円
参考サイト http://nakijinjoseki.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

世界遺産・首里城と石畳広がる城下町

 

世界遺産・首里城と石畳広がる城下町

image by PIXTA / 25049428

言わずとしれた沖縄歴史的観光スポット・首里城は、世界遺産でありながら、那覇市内の比較的足を運びやすい場所にあります。

モノレールや市バスでも行けるのが便利です。

ちなみに、首里城は一年中ライトアップされています。

その為、夜のモノレールから沖縄の街に浮かぶ光る首里城の美しさも見ものです。

首里城は、日本の城と言って連想される建物とは違い、朱色を基調に日本と中国の文化を取り入れた、琉球独特の建築。

正殿以外は無料なので、有名な守礼門や歴史ある石門は自由に見学できます。

また、首里城は周辺の城下町が特に素敵なんです。

首里金城町の石畳は画になる景観で、ドラマや雑誌にもよく使われています。

雑貨やカフェ、リラクゼーションなどのお店もあるので、充実した沖縄の古都散策ができます。

首里城公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 首里城公園
住所 沖縄県那覇市首里金城町1丁目2
営業時間・開場時間 8:00−19:30(4月−6月,10月−11月) 8:00−20:30(7月−9月) 8:00−18:30(12月−3月)
利用料金や入場料 正殿:大人820円 中人620円 小人310円
参考サイト http://oki-park.jp/shurijo/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神の島を望む聖地、斎場御嶽

 

神の島を望む聖地、斎場御嶽

image by PIXTA / 26088361

パワースポットという言葉で言い表すのはおこがましいと思ってしまうほど、大きな力を感じる事のできる聖地・斎場御嶽(せーふぁうたき)。

荘厳な森の中にはいくつもの拝所(うがんじゅ:神様を拝む場所)があり、道を進むほどに心が洗われていきます。

一歩足を踏み入れるだけで、空気が変わるのが分かります。

自然の音や、緑の香りを感じながら進んでいきましょう。

奥には三庫理(さんぐーい)という自然に石が重なってできた三角のトンネルがあり、ここで写真を撮るとオーラが写る人がいるという噂から、女性もよく訪れています。

斎場御嶽は琉球創世の頃から神の司る神聖な場所です。

参拝の際は必ずルールを守り、くれぐれも冷やかしの気持ちで訪れないようにして下さいね。

斎場御嶽の住所・アクセスや営業時間など

名称 斎場御嶽
住所 沖縄県南城市知念字久手堅
営業時間・開場時間 9:00−18:00(夏期) 9:00−17:30(冬期)
利用料金や入場料 大人300円 小人150円
参考サイト http://okinawa-nanjo.jp/sefa/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドライブするなら走りたい、ニライ橋カナイ橋

 

ドライブするなら走りたい、ニライ橋カナイ橋

image by PIXTA / 27139170

沖縄南部でドライブするなら、ヘアピンカーブが特徴的な、全長660mのニライ橋カナイ橋がとっても気持ちいいですよ。

南部の聖地巡礼や、カフェめぐりをするなら、絶対通ってほしいルートです。

おすすめは、ゆっくり海を見下ろしながらの下りルート。

高低差で言えば80mもあり、高い位置から海と空の絶景を楽しめるので、走るだけでワクワクします。

橋の上は危険なので停車が禁止されています。
橋のトンネル上に展望台があるので、景色をのんびり楽しみたい方にも優しいですね。

ニライ橋カナイ橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 ニライ橋カナイ橋
住所 沖縄県南城市知念吉富
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.odnsym.com/spot/nirai.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

海からの日の出が美しい、知念岬公園

 

海からの日の出が美しい、知念岬公園

image by PIXTA / 15714039

「日の出は山、サンセットはビーチ」という印象がありますが、海に囲まれた沖縄にも日の出スポットもちゃんとあるんですよ。

私のおすすめは知念岬公園。

奥には神の島・久高島を望み、景観は何も邪魔するものがないので、キラキラした海と優しい光の日の出を拝むことができます。

薄暗い早朝から集まって、日の出とともにヨガやジョギングをする事も…

マイペースな公園猫がいたり、朝からおじぃおばぁがお散歩していたり、地元では有名な朝日を楽しむスポットです。

知念岬公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 知念岬公園
住所 沖縄県南城市知念久字手堅523
営業時間・開場時間 9:00−22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.city.nanjo.okinawa.jp/about-nanjo/movie_ja/2012/02/post-114.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鍾乳洞を間近で楽しめる、ガンガラーの谷

 

年中エイサーが見られたり、三線や琉球ガラスの伝統工芸体験ができるおきなわワールドの反対側に、沖縄の自然を感じられるガンガラーの谷があります。

入口では鍾乳洞に囲まれながら一息つける「ケイブ・カフェ」を営業。

こちらも独特な雰囲気が人気で、開催されるライブイベントでは、音楽と自然が融合して素敵な雰囲気を作り上げます。

鍾乳洞からしたたり落ちる水滴、吹き抜ける独特な香りの冷たい風。

正直、暖かくなってきた頃でも寒さを感じるので、上着を持っていく事をお忘れなく。

さて、本題のガンガラーの谷ですが、こちらは亜熱帯の森や鍾乳洞を、20人前後でガイドさんと共に巡るツアーです。

母神が奉られた洞、男性のシンボルを形作る鍾乳石は子宝に恵まれるパワーがあるとして、幅広く崇められています。

ツアー客に人気のガジュマルは、大きさと力強さと優しさを備え、生命のパワーを強く感じます。

ガンガラーの谷の住所・アクセスや営業時間など

名称 ガンガラーの谷
住所 沖縄県南城市玉城前川202
営業時間・開場時間 10:00−16:00(予約制)
利用料金や入場料 ツアー料金:大人2,200円 高校・大学生1,700円
参考サイト http://www.gangala.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

沖縄の食べたいものが揃ってる、第一牧志公設市場とその周辺

 

沖縄の食べたいものが揃ってる、第一牧志公設市場とその周辺

image by PIXTA / 28768985

国際通り近辺はお土産屋さんだらけですが、市場通りを入るとだんだんとさーたーあんだぎーのような甘味や、かまぼこのような総菜を売る店が増えてきます。

その真ん中に位置するのが公設市場です。

2階建ての造りになっていて、1階で買い物、2階で食事と、沖縄っぽさを一挙に楽しむ事ができます。

カラフルな魚のイラブチャーや、豚の顔そのままのチラガーなどが有名ですが、これらの購入した食品を2階で調理してもらう事もできます。

また、市場の中ではなく市場周辺の飲食店もおすすめ。

千円でベロベロになれる「せんべろ」を巡る旅も楽しいですよ。

1000円でビール2~3杯とつまみ1~2品がついています。

つまみと言ってもその店のカラーが出ており、「魚屋は刺身、立ち飲み屋はもつ煮」のように、お酒がおいしく飲める準備万端です。

特に市場に近いお店は、直送で新鮮な魚や肉出しているところも多く、本当においしいお店が多いので、食べ歩きにも最高です♪

第一牧志公設市場の住所・アクセスや営業時間など

名称 第一牧志公設市場
住所 沖縄県那覇市松尾2丁目10−1
営業時間・開場時間 8:00−21:00
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト https://kosetsu-ichiba.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

地元民に愛されるディープスポット、太平通り商店街

 

国際通り近辺の中でも、ディープな商店街のひとつ、太平通り商店街。

公設市場を更に奥へ抜けて、開南方面へ進むと見つかる商店街です。

ローカルすぎて入るのに迷う店構えですが、地元密着型のお父さんやお母さんの温かみを感じる食堂などがあります。

お店に入る勇気がない場合は、天ぷら屋さんやお弁当屋さんでも沖縄らしさを実感できます。

小腹がすいた時に食べる天ぷらは、県外の食べ方で例えると肉まんのようなものでしょうか。

また、沖縄のお弁当はご飯が見えなくなるほどおかずをたくさんのせていて、そのおかずの量も多いのがポイントです。

いつもとちょっとちがった豪快な沖縄フードを堪能できるのも、商店街の良いところですね。

太平通り商店街の住所・アクセスや営業時間など

名称 太平通り商店街
住所 沖縄県那覇市壺屋1丁目1−1
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://nahacci.or.jp/nahamachi/mall/354
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

手軽に手作り体験をするなら、那覇市伝統工芸館

 

手軽に手作り体験をするなら、那覇市伝統工芸館

image by PIXTA / 4937391

弾丸旅行あまりでゆっくりできない時でも、ちょっとの時間で伝統工芸体験のできるのが、国際通り沿いにある那覇市伝統工芸館です。

空港からも特別遠いわけではないので、最終日にちょっと時間が余ってしまいそうな時にも利用できます。

もちろん時間がたっぷりある方でも、有意義に利用できる体験施設です!

体験は予約制で、琉球ガラス・紅型・シーサー作り・首里織・琉球漆器など種類も豊富。

特に琉球ガラスは所要時間10分で作れてしまうんです。

作品は有料で発送も行っているので、時間がない時以外に家族や友人への手作りプレゼントにしてもよさそうですよね。

他の工芸品も、長くて2時間のコースなので、旅の最後の思い出作りにも♪

空きがあれば当日予約もできるので、旅行の幹事さんなどは電話番号を控えておくといいかもしれません。

那覇市伝統工芸館の住所・アクセスや営業時間など

名称 那覇市伝統工芸館
住所 沖縄県那覇市牧志3丁目2−10 てんぶす那覇
営業時間・開場時間 体験工房:9:00−18:00
利用料金や入場料 工房体験による
参考サイト http://kogeikan.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

漁港で海鮮グルメが食べられる!泊いゆまち

 

沖縄の市場は公設市場だけではありません。

泊漁港の中にある「泊いゆまち」は、新鮮なお魚が揃い、食べ歩きもできて楽しい隠れた観光スポットです。

市場なのでやっぱり朝早い方が豊富な種類のお魚をゲットできますよ。

ちなみに、沖縄の方言で「いゆ」とは魚の事を言います。

市場ではお刺身、お寿司、人気の魚やイカの天ぷらなど、ちょっと買ってちょっと食べる事もできますし、食堂スペースには海鮮丼も。

漁港の一角という感じで、大々的にイートインスペースがあるわけではないので、座る場所がない時はテイクアウトでドライブしながら食べたりするのも楽しいですよ。

泊いゆまちの住所・アクセスや営業時間など

名称 泊いゆまち
住所 沖縄県那覇市港町1丁目1−18
営業時間・開場時間 6:00−18:00
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.tomariiyumachi.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

地元民は海で泳がない!?ビーチパーティー体験

 

地元民は海で泳がない!?ビーチパーティー体験

image by PIXTA / 7949052

沖縄の人たちは海に入らないというのは、もうかなり全国的に有名になった沖縄あるあるかと思います。

こんな綺麗な海があるのにもったいないと思ってしまいますが、ちゃんと海を楽しむ方法があるんですよ。

それが、ビーチパーティーです!

夏が近くなると、みんなで食材を買い出しに行き、好きなお菓子や、最近ハマってるお酒を持ち寄って、ビーチに集合。

あざまサンサンビーチや、美々ビーチなら、ビーチパーティ用スペースで楽しむことが出来ます。

海を見ながらバーベキューしたり、お酒を飲んだり…旅行がてら沖縄風の海の楽しみ方もいかがですか。

あざまサンサンビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 あざまサンサンビーチ
住所 沖縄県南城市知念安座真1141−3
営業時間・開場時間 10:00−18:00(7,8月は19:00まで)
利用料金や入場料 バーベキュー器材 3,500円
参考サイト http://www.kankou-nanjo.okinawa/tokusyu/view/azama
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

那覇空港から一番近いリゾート、ウミカジテラス

 

那覇空港から一番近いリゾート、ウミカジテラス

image by PIXTA / 17673673

最近、那覇空港か一番近くでリゾートを楽しめる、ウミカジテラスが好評なんです。

空港にとても近く、飛行機の飛び立つ瞬間を間近で見る事ができるので、小さな男の子が指差して喜んでいるのをよく目撃します。

また、邪魔するもののない広いオーシャンビューの景観はサンセットがとても美しく、大人旅やデートに選んでもおしゃれなスポットです。

ウミカジテラス自体は、離島の斜面にいくつもの店舗が並び、スイーツからグルメ、ショッピングも楽しめます。

沖縄らしいタコスやハンバーガーもあれば、旭川ラーメンやケバブ、お茶屋さんもあるんですよ。

家族や友達で行っても、好きな物を食べて後で合流しよう♪なんて楽しみ方もできますね。

ちなみにショップのひとつの「瀬長島47STORE」は、沖縄では他にない全国各地の名産が買えるアンテナショップなので、地元民にも人気です。

瀬長島47STOREの住所・アクセスや営業時間など

名称 瀬長島47STORE
住所 沖縄県豊見城市瀬長174−6 瀬長島ウミカジテラス
営業時間・開場時間 10:00−22:00
利用料金や入場料 商品による
参考サイト http://www.umikajiterrace.com/profile/47store/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

買い物もグルメも満喫、アメリカンなデポアイランド

 

買い物もグルメも満喫、アメリカンなデポアイランド

image by PIXTA / 4519132

米軍基地の多い沖縄では、沖縄市や金武町などアメリカの雰囲気が漂う街も多くあります。

その中でも一番手軽で親しみやすく海外感に浸るなら、北谷町美浜のデポアイランドに行けば間違いありません。

カラフルで面白い雑貨や、安くてかわいいファッションなどが集まる1階。

ステーキ、食堂、インドカレー、スイーツにはブルーシールなど、グルメの多い2階。

道路を挟んだ海側のビル街にも新しいお店が増え、一日いても飽きません。

デポアイランドのあるアメリカンビレッジ自体、観覧車やショッピングスポットがあります。

沖縄でハロウィンパーティーをするなら、仮想して集まるのもあアメリカンビレッジが一番有名です。

また、近くにはサンセットビーチもあり、大きな犬を連れた外国人がビーチ散歩をしている姿をみると、ここはカリフォルニアなんじゃないかと錯覚をおこしますよ。

デポアイランドの住所・アクセスや営業時間など

名称 デポアイランド
住所 沖縄県中頭郡北谷町字美浜9−1
営業時間・開場時間 10:00−22:00(店舗・施設によって異なる)
利用料金や入場料 店舗・施設による
参考サイト http://www.depot-island.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

沖縄で天然温泉!Terme VILLA ちゅらーゆ

 

沖縄旅行で温泉!…というのはあんまり結びつかない印象ですが、中部におすすめの天然温泉があります。

Terme VILLA ちゅらーゆは、内湯・温泉・温泉を利用したプール・サウナ…と、家族でも楽しめる温泉とプールの複合施設です。

一番のおすすめは、やっぱり温泉。

とろみのある泉質で肌触りもよく、疲労回復の効能もあるので、あがった後のスッキリ感も是非体験して頂きたいです。

プールに入ってからお風呂に直行できるよう、水着着脱の切り替え口もあり、お子様連れにも便利ですね。

また、館外には無料で入れる足湯もあり、観光客と地元民のコミュニケーションできるスポットにもなっています。

Terme VILLA ちゅらーゆの住所・アクセスや営業時間など

名称 Terme VILLA ちゅらーゆ
住所 沖縄県中頭郡中頭郡北谷町美浜2丁目
営業時間・開場時間 7:00−23:00
利用料金や入場料 大人1,300円(平日) 1,500円(土日祝) 小人800円
参考サイト http://www.hotespa.net/spa/chula-u/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

味もあっておしゃれ、読谷やちむんの里

 

味もあっておしゃれ、読谷やちむんの里

image by PIXTA / 15920365

おしゃれな人は必ず家に1枚持っているやちむん。

やちむんとは、独特な絵柄や模様で、触った感じに厚みのある焼き物の事を言います。

読谷村の伝統工芸品で、酒器やコーヒーカップ、大皿まで様々な種類があります。

読谷やちむんの里では、有名な作家さんの窯があり、作成過程を見る事ができたり、直接購入する事ができます。

ベテラン作家さんの完成された美しいやちむんや、若手作家さんのポップでおもしろい作品など、見ているだけでもわくわくします。

それぞれの作家さんごとに工房・窯がありますが、職人らしくいつでも見学や購入できるとは限りません。

お目当ての窯があるので行ってみたら、誰もいなかった…なんて事もあります。

そんな時は、やちむんの里の中心に、2つの共同売店があるので、そちらで様々な種類のやちむんを購入する事もできます。

読谷やちむんの里の住所・アクセスや営業時間など

名称 読谷やちむんの里
住所 沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653−1
営業時間・開場時間 9:30−17:30
利用料金や入場料 商品による
参考サイト http://www.yomitan-kankou.jp/detail.jsp?id=74732&menuid=11949&funcid=3
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マリンアクティビティのメッカ、真栄田岬

 

マリンアクティビティのメッカ、真栄田岬

image by PIXTA / 5459012

ダイビングやシュノーケリングをするなら一度は真栄田岬を訪れて欲しい!

天気の良い日の青の洞窟がとっても美しいんです。

しかし、やはり人気のスポットなので、ハイシーズンの洞窟で潜ろうとすると、混雑しすぎて人の足しか見えません(笑)

オフシーズンを狙うか、人気の時間をずらす事をおすすめします。

しかし、ダイビングは準備に時間がかかりお金もまぁまぁかかりますよね。

真栄田岬ならシュノーケリングでぷかぷか浮くだけでも充分楽しめるので、気軽なマリンスポーツをするにはちょうどよいと思います。

真栄田岬の住所・アクセスや営業時間など

名称 真栄田岬
住所 沖縄県国頭郡恩納村真栄田469−1
営業時間・開場時間 駐車場:7:00−18:00(季節により異なる)
利用料金や入場料 駐車場:1時間100円
参考サイト http://www.maedamisaki.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

広がる不思議な空間、盆栽カフェ・ゴールドホール

 

少々マニアックなご紹介になりますが、金武町にある盆栽カフェ・ゴールドホールをおすすめさせて下さい。

カフェかと思いきや、入ってみると鍾乳洞から盆栽の見学コースという、不思議空間です。

入場料を払うと、コース順に歩いていくシステムになっており、まずは鍾乳洞内に作られた部屋が現れ、なんだか異質。

更に進んでいくと、盆栽や石像がたくさん出現し、鍾乳洞のある地形のせいか、外に出るコースを歩くと、ゴツゴツした壁面から緑が…

とにかく不思議な施設で、ミスマッチ感に混乱します。

こればかりは体験した人にしか分からない雰囲気なのですが、実はこの建物は沖縄でタコライスを最初に作った儀保松三さんのお宅なんです。

そういった経緯で、コースを巡り最終的には、これまた美しい流木家具に囲まれ、カフェスペースでタコライスを食べる事ができます。

盆栽庭園&カフェ GOLD HALLの住所・アクセスや営業時間など

店舗名 盆栽庭園&カフェ GOLD HALL
住所 〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町金武4272-1
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

 

県内唯一のサービスエリア、伊芸S.A

 

県内唯一のサービスエリア、伊芸S.A

image by PIXTA / 18268873

沖縄には、高速道路が南北に渡って一本通っています。

本州に比べて短いので、あまりクローズアップされませんが、唯一のサービスエリア、伊芸S.A.もグルメと景色を楽しめます。

太平洋を一望できる展望台や、植物園になっているかりゆしの門。

高速で美ら海水族館に行く際には必ず通るサービスエリアなので、海と共にパノラマ写真を撮るなら、ここが一番かもしれません。

ちなみに、グルメもちゃんとありますよ。

沖縄の暑いドライブにぴったりなブルーシールや、昔ながらのアメリカハンバーガーを再現した伊芸バーガーなど。

食堂もあるので沖縄そばやチャンプルー定食も味わえます。

伊芸サービスエリアの住所・アクセスや営業時間など

名称 伊芸サービスエリア
住所 沖縄県金武町伊芸1264
営業時間・開場時間 レストラン:9:00−21:00
利用料金や入場料 伊芸バーガー 400 円
参考サイト https://w-holdings.co.jp/sapa/2835.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

素朴でお得、寄らなきゃ損!道の駅 許田

 

素朴でお得、寄らなきゃ損!道の駅 許田

image by PIXTA / 18268874

北部へ観光に行く際、高速道路を抜けたらまず道の駅・許田に立ち寄って下さい。

パッと見はローカル感漂う横並びの建物の中に、フードコートやパン屋さん、お惣菜もお土産も、特産品の宝庫です。

小腹がすいたらパーラー(沖縄のパーラーは軽食屋さんの事を言います。)でポーク卵おにぎりを食べたり、県外のぜんざいとは違う冷たくておいしい沖縄ぜんざいもあります。

更に、こちらを訪れる人の多くは、お得に観光を楽しめる事にあります。

道の駅・許田では、美ら海水族館や名護パイナップルパークなど、人気観光地の前売り券が割引で購入できるのです。

沖縄では一番安く購入できると言われているので、見逃さない手はありませんね。

道の駅 許田の住所・アクセスや営業時間など

名称 道の駅 許田
住所 沖縄県名護市許田17−1
営業時間・開場時間 8:30−19:00
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.yanbaru-b.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

日本一早く桜を見よう!八重岳桜の森公園

 

日本一早く桜を見よう!八重岳桜の森公園

image by PIXTA / 15129096

沖縄は言わずと知れた日本一早く桜が見られる地域です。

桜と言っても、本州の色とは違い、ピンクの濃いカンヒザクラが咲きます。

1月には県内各地で桜祭りが行われ、特に本部の八重岳桜まつりは、県内外から多くの観光客が訪れます。

沖縄にはお花見の文化がないので、桜はもっぱら車に乗ったまま桜のトンネルを通るという楽しみ方がメジャーです。

1~2月に沖縄を訪れる際は、レンタカーを借りて桜ドライブもいいですね。

八重岳桜の森公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 八重岳桜の森公園
住所 沖縄県国頭郡本部町並里921
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.town.motobu.okinawa.jp/shisetu/kouen
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

これぞ古代から変わらない沖縄の自然、ター滝

 

これぞ古代から変わらない沖縄の自然、ター滝

image by PIXTA / 16948782

沖縄には、ダイビングやシーカヤックなど、海でも山でも遊べるアクティビティが満載です。

そのうちのひとつである滝トレッキングは、近年、日本人だけでなく外国人観光客からも人気を集めています。

沖縄の滝は比地大滝が有名で、道も整備されツアーもよく組まれています。

しかし今回は、地元の高校生も面白半分で行くような、ター滝をご紹介したいと思います。

ター滝はへ向かうルートは何も整備されておらず、自然そのままです。

主に川を上っていく行き、途中に深い水中や、心細いロープ1本で狭い崖道を通らなければいけません。

とは言っても、スリリングなルートを通りたくない方用に、比較的安全な道もありますのっでご安心下さい。

頑張って辿り着いた滝は、マイナスイオンや自然のパワーを直接肌で感じる事ができます。

とは言っても、天候によっては危険で、増水で救助を呼ぶ事もある滝なので、行くときはガイドさんに案内してもらいましょう。

ター滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 ター滝
住所 沖縄県国頭郡 大宜味村津波1971−678
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.odnsym.com/spot/ta-taki.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

てっぺんからの絶景が壮大な大石林山

 

てっぺんからの絶景が壮大な大石林山

image by PIXTA / 15997525

沖縄は海ばかりではありません。

北部には「やんばる」とよばれる亜熱帯の森林が広がっており、恐竜の時代にタイムスリップしたかのような自然を味わう事ができます。

大きな岩のかたまりのような大石林山は、沖縄創世物語の中でも最初に創られた聖地で、ただならぬパワースポットとして知られています。

山を巡るコースは4つあり、バリアフリー整備されているコースもあるので、小さなお子様や車いすの方も散策できるようになっています。

沖縄最北端側の海が望めるコースは、天気がよければ鹿児島の与論島まで見渡せるんですよ。

沖縄に来たからこそ、本州と違った亜熱帯の自然と風景を見るのも、なかなか貴重な体験です。

大石林山の住所・アクセスや営業時間など

名称 大石林山
住所 沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
営業時間・開場時間 9:00−17:00(夏期) 9:00−16:00(冬期)
利用料金や入場料 大人800円 小人520円
参考サイト http://www.sekirinzan.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

沖縄のグルメといえばこれ!

 

島どうふがおいしい、ななほし食堂

 

沖縄県民のお昼ご飯といえば、やっぱり食堂ランチ。
値段も500~800円なので、仕事の昼休みにもよく利用されます。

本当は教えたくない食堂なのですが、やっぱり一番だと思ってしまうのが那覇市首駅近くのななほし食堂です。

2016年にできた比較的新しい食堂ではあるものの、味は確かです!

手作りの島どうふがメインなので、ゆしどうふそばやとうふちゃんぷるーを食べて頂きたいところですが、正直何を選んでもおいしいですよ。

ななほし食堂の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 ななほし食堂
住所 〒903-0805 沖縄県那覇市首里鳥堀町1-45-2 1F
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

 

沖縄の家庭料理が味わえる、居酒屋・古都里(ことり)

 

国際通りから少し入った道沿いにある、居酒屋・古都里は家庭料理を楽しむにはぴったりの雰囲気とお料理です。

店員さんが沖縄のお母さん達なので、お店に入った瞬間からほっこりします。

沖縄県民はあまり国際通りには行きませんが、ここは居心地もよくお料理が安定しておいしいので、地元のサラリーマンも利用しています。

ちゃんぷるーやにんじんしりしり、ラフテーなど、お酒のおつまみとしてだけではもったいないほど、がっつり食べたくなってしまう家庭の味です。

古都里の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 古都里
住所 〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地3-13-10 1F
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

 

食べておきたい沖縄そばの店、楚辺(そべ)

沖縄に来たら沖縄そばはどこかで食べておきたいですよね。

ここでご紹介するのは、那覇市楚辺にある、その名も楚辺(そべ)という沖縄そばと海産物料理のお店です。

古民家を改装しているのですが、本当に誰かが住んでいた家そのままなので、玄関や廊下など至る所の生活感がたまりません。

一番のおすすめは、軟骨ソーキそば。
トロットロのお肉と、色は薄いのにしっかりうまいスープが麺に絡んで心に残る味わいです。

楚辺の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 楚辺
住所 〒900-0023 沖縄県那覇市楚辺2-37-40
食事の予算 700円
参考サイト ぐるなびで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

 

ふわふわサクサク、大城てんぷら店

日本料理のイメージがある天ぷらですが、沖縄ではおやつや小腹がすいた時に食べるのがボリューミーな衣がついた天ぷらです。

南部の奥武島には島の入り口にある中本鮮魚店の天ぷらが有名で、観光客が列をなしているのをよく見かけます。

ですが、おすすめは同じ島内の奥にある大城てんぷら店です。

こちらは食べたい天ぷらを紙に書いて店員さんに渡し、天ぷらが出来上がると番号を呼ばれるシステム。

待ち時間はありますが、その代わり揚げたてでふわふわサクサクの本当においしい天ぷらを食べることができますよ♪

 

大城てんぷら店の住所・アクセスや営業時間など

名称 大城てんぷら店
住所 南城市玉城奥武193
営業時間・開場時間 11:00-18:00 / 夏期:11:00-19:00
利用料金や入場料 天ぷら:各種 60円
参考サイト http://www.kankou-nanjo.okinawa/eat/details/186
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

沖縄のパーラー体験するなら、パーラー桑江

パーラーと聞くと、フルーツを使った小さな喫茶店のようなイメージかと思いますが、沖縄のパーラーはちょっと違います。

お弁当やその場で食べられる軽食を販売している、道端にある小屋のようなお店をパーラーと呼びます。

私のおすすめパーラーは、壺川駅近くのパーラー桑江。

オリジナルメニューのタコカレー(タコライスのソースがカレーになっている)が、なんだかおいしくて何度も食べに行ってしまったほどです。

パーラーはローカル感強めですが、おもしろいメニューもあるので、道端でみかけたら是非立ち寄って頂きたいですね。

パーラー桑江の住所・アクセスや営業時間など

名称 パーラー桑江
住所 沖縄県那覇市壺川3-2-5
営業時間・開場時間 6:00-16:00頃
利用料金や入場料 沖縄そば:400円 / タコカレーそば:500円
参考サイト https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47007505/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

憧れの沖縄の高級ホテルはここ!

 

百名伽藍(ひゃくながらん)

前を通るだけでも「これぞ高級」という、簡単には近づけないような雰囲気を醸し出しているのは、南城市玉城(たまぐすく)にある百名伽藍。

沖縄の美しい海、空、木々、太陽、風など、自然と共に佇むこのホテルは、一度は泊まってみたい憧れの高級ホテルです。

日本のおもてなしを極めながらも、沖縄の神聖な文化も取り入れており、現実からかけ離れた時間を送る事ができます。

また、南城市には神々の島と呼ばれる久高島や、琉球を創ったとされる神・アマミキヨが最初に上陸した百名ビーチも近く、聖なる沖縄を感じられる場所でもあります。

百名伽藍の住所・アクセスや営業時間など

名称 百名伽藍
名称(英語) HYAKUNA GARAN
住所 沖縄県南城市玉城字百名山下原 1299-1
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 / チェックアウト11:00
利用料金や入場料 エグゼクティブスイート (1泊・朝・夕食付):1名 70,000円
参考サイト http://www.hyakunagaran.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オリエンタルヒルズ沖縄

 

極上のリゾートを満喫するなら、高級ホテルの多い恩納村(おんなそん)の中でも最上級のサービスを堪能できるオリエンタルヒルズ沖縄へ。

客室は14室のみで、お客様ごとに専属コンシェルジュが担当し、各お部屋に専用プールがあります。

那覇空港から遠い為、自力での移動にはレンタカーが必要な場所にありますが、無料送迎をしてもらえるのも嬉しいですよね。

あぐー豚や和牛のステーキを鉄板で楽しめるお料理も最高です。

オリエンタルヒルズ沖縄の住所・アクセスや営業時間など

名称 オリエンタルヒルズ沖縄
名称(英語) ORIENTAL HILLS OKINAWA
住所 沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣79-1
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 / チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1室2名利用(1泊・夕、朝食付き):1名 70,000円
参考サイト http://www.or-okinawa.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヒルトン沖縄北谷リゾート

沖縄にいながら手軽にアメリカを感じられる北谷町美浜にあるヒルトン沖縄北谷リゾートは、西海岸の海を望める海外リゾートのようなホテルです。

沖縄県民もたまにの贅沢に利用するビュッフェレストランは、まぐろの解体ショーを間近で見られるのも人気。

また、広い海のようなラグーンプール・プライベート空間を大切にしたカスケードプール・雨の日や冬も楽しめる温水プールの3種類のプールも魅力のひとつです。

デポアイランドやサンセットビーチ、温浴施設ちゅらー湯も近く、幅広い世代が満足して過ごせる地域にあるのも良いですね。

ヒルトン沖縄北谷リゾートの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヒルトン沖縄北谷リゾート
名称(英語) Hilton OKINAWA CHATAN RESORT
住所 沖縄県中頭郡北谷町美浜40-1
営業時間・開場時間 チェックイン:15:00-23:00 / チェックアウト:12:00
利用料金や入場料 大人1名/室 1泊:23,521円(税サ込¥28,704)から
参考サイト http://hiltonchatan.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カヌチャリゾート

カヌチャリゾートの魅力は、なんといってもその広さにあります。
初めて訪れた時は、どこまでホテルなの!?と驚きを隠せませんでした。

ホテル内の移動はバスか、専用のカートの運転が必要なほどで、ひとつの小さな街のようなホテルです。

ビーチやスパはもちろん、敷地内にゴルフ場やマッサージ施設もあり、おみやげショップやレストランも多数。

冬はイルミネーションも県内から見に来るお客さんもいます。

カヌチャリゾートの住所・アクセスや営業時間など

名称 カヌチャリゾート
名称(英語) Kanucha Resort
住所 沖縄県名護市字安部156-2
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 / チェックアウト11:00
利用料金や入場料 お部屋おまかせ 大人1名 朝食付:23,800円から
参考サイト https://www.kanucha.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄

最近できたハイアットリージェンシー那覇沖縄は、立地している地域とホテル内のギャップが強烈でたまりません。

那覇市内でもサブカルチックな映画館や小さなライブハウスのある桜坂にあり、やちむん通りから近い事もあって手作り感の強い地域に所在しています。

周辺地域の雰囲気と良い意味でミスマッチな為、ホテルに入った瞬間に、より一層ラグジュアリーな空気感を感じることが出来ます。

また、国際通りにも歩いて行けるアクセスの良さは、那覇中心とした観光にはぴったりのホテルです。

ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄
名称(英語) HYATT REGENCY NAHA OKINAWA
住所 沖縄県那覇市牧志3-6-20
営業時間・開場時間 チェックイン15:00 / チェックアウト11:00
利用料金や入場料 大人1名/室 1泊:20,400円から
参考サイト http://premierhotel-group.com/okinawahyatt/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

沖縄のお土産といえばこれ!

 

珊瑚を守るエコ活動もしている、35COFFEEのちんすこう

 

35CHINSUKO | 和菓子 通販

35CHINSUKO | 和菓子 通販

伝統の味と新世代の味がブレンドされた新感覚のお菓子です。地球環境に貢献したい貴方にお勧めの商品です。

image & description by Amazon

Amazonで見る

沖縄みやげと言えばちんすこうがパッと思い浮かびますが、普通のちんすこうと差をつけるなら、35COFFEEの35CHINSUKOが大人みやげにおすすめ。

35COFFEEとは、スリーファイブコーヒーともサンゴコーヒーとも呼ばれ、珈琲の焙煎に白くなった珊瑚を使っている県内のコーヒー屋さんです。

白化した珊瑚でゆっくり焙煎する事で、優しい口当たりのコーヒーができあがります。

このコーヒーを練りこんでいるのですが、ちんすこうの製造に関わるのは県内でもちょっといいちんすこうで有名な新垣ちんすこう。

おいしいも同士のコラボレーションなので間違いありません。

35COFFEEの住所・アクセスや営業時間など

名称 35COFFEE
住所 沖縄県名護市字為又1220-71(OKINAWAフルーツらんど店)
営業時間・開場時間 9:00-18:00
利用料金や入場料 35CHINSUKO :864円(税込)
参考サイト https://35coffee.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スーパーで買えるステーキのA-1ソース

 

A1ソース ( ステーキソース ) | たれ・料理ソース 通販

A1ソース ( ステーキソース ) | たれ・料理ソース 通販

「A1ソース」は、沖縄のステーキには欠かせないソースです。非常にスパイシーなステーキ用ソース。はまり系の味で、好き嫌いがはっきりでます。一般の料理には、好きな人以外不向きかも?

image & description by Amazon

Amazonで見る

沖縄はアメリカからきたステーキ文化が色濃く残っているので、食堂やステーキハウスで豪快にお肉を食べることが日常茶飯事です。

最近では沖縄以外でもランチやディナーにがっつりステーキを食べるのが流行っていますけどね。

沖縄はちょっと違うんです。

朝方5時まで飲んだ日だろうが、お酒を飲み明かしたシメに必ずステーキを食べます。
深夜食堂で働いていた私が言うのだから間違いありません。

そしてその時に使うステーキソースが、A-1ソース。
クセになるほどよいジャンキーさがあるので、一度は味わって頂きたいですね。

A-1ソースは、おみやげやさんよりも県内のスーパーの方がお安く買えますので、是非。

ブランズ A1 ソース の住所・アクセスや営業時間など

名称 ブランズ A1 ソース
住所 SURREY KT15 2HJ, UK
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/A.1._Steak_Sauce
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ご当地限定が喜ばれる、沖縄柄ご祝儀袋

 

ご祝儀袋(結切) アカバナ柄紅型和紙(似紅・金線) 2個セット | ガーデンオーナメント・置物

ご祝儀袋(結切) アカバナ柄紅型和紙(似紅・金線) 2個セット | ガーデンオーナメント・置物

●沖縄の伝統工芸の「紅型」。その紅型の柄を和紙にし、その和紙を使ってひとつひとつ手作りで作ったご祝儀袋(結切)。鮮やかな似紅(濃い赤)地に金色で縁どりされた「赤いハイビスカス」や「ピンクの桜」、「シーサー」や「三線」が愛らしく配置されていて、波や唐草模様の曲線がやわらかな印象を与えている。沖縄らしい明るくモダンな配色。結婚祝いや快気祝い等に使える。みんなとはひと味違ったご祝儀袋で、好印象まちがいなし。本体サイズと本体重量は、1枚あたりのサイズ

image & description by Amazon

Amazonで見る

おみやげやさんや文房具店では、本州ではみかけない沖縄らしい柄のご祝儀袋が売られています。

着物のようなカラフルな紅型(びんがた)柄だったり、シーサーやゴーヤーがプリントされていたり。

沖縄でしか売っていないので、結婚式やお祝い事の時に渡すと、とても喜ばれます♪

ご祝儀袋として利用した後は、もらった側が再利用できるように、プリント部分がミニてぬぐいでできている商品もあるんですよ。

渡す側も渡される側もちょっとテンションがあがるような、おもしろいお土産です。

和睦郷里の住所・アクセスや営業時間など

名称 和睦郷里
住所 沖縄県名護市大中1-8-9 1階
営業時間・開場時間 10:00-18:00
利用料金や入場料 六諭手ぬぐいご祝儀袋:1,296円
参考サイト http://okinawaclip.com/ja/detail/364
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

隠れ家のようなアイランドアロマの手作り石けん

 

南城市知念になるアイランドアロマは、肌に優しい手作りの石けん屋さんです。

車を止めて小道を歩いていくと、隠れ家のような可愛い白いおうちが。

そんな素敵なお店に入ると、優しい奥さんとお子さんのお出迎えと、奥の工房にはご主人がいらっしゃいました。

もずくやゴーヤー、ハイビスカスや黒糖など、沖縄らしい素材をつかった石けんもあり、パッケージも洗練されているのでギフトにも喜ばれます。

ちなみに石けんではないのですが、斎場御嶽(せーふぁうたき)イメージしたアロマオイルもスッと気分が晴れる爽やかさがあって、おすすめです。

アイランドアロマの住所・アクセスや営業時間など

名称 アイランドアロマ
名称(英語) Island Aroma Okinawa
住所 沖縄県南城市知念字吉富42
営業時間・開場時間 10:00-18:00
利用料金や入場料 斎場御嶽ブレンドエッセンシャルオイル 3ml: 1,080円
参考サイト http://island-aroma.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オリジナルデザインのオーダーもできる、島ぞうり

 

 沖縄らしいシーサー島ぞうりアート (赤): 文房具・オフィス用品

沖縄らしいシーサー島ぞうりアート (赤): 文房具・オフィス用品

■オーダーメイドのオリジナル似顔絵を島ぞうりに彫った商品です。 大変ご好評中!!世界に一つだけの完全オリジナル 部屋に飾るもよし!似顔絵島ぞうりアートで街に出かけるもよし! 誕生日プレゼントや結婚祝い、ウェルカムボード、お土産などにお困りの方 ちょっと変わった似顔絵島ぞうりアートをサプライズしてみませ…続きを読む
image & description by Amazon

Amazonで見る

気候の暖かい沖縄での生活は、手軽に履けて通気性もよく、風土に合った履物としてビーチサンダルは手放せません。

冬の風が強い日などに、しっかりと上着は着こんでいるのに、足元は夏のままのクセなのかサンダルで歩いている方もたまに見かけるんですよね(笑)

沖縄ではこのビーチサンダルを島ぞうりと呼んでいて、おみやげには自分の名前やオリジナルの絵柄を入れられるものも販売しています。

ベースは白で、鼻緒部分やデザインは赤青緑黄など好きな色を選ぶことができ、自分用にもあげる人の好みにあった島ぞうりにもできますね。

手作り泡盛グラスや陶芸シーサー作り体験と並んで、人気のオリジナルお土産です。

沖縄島ぞうりアート専門店フットスタンプの住所・アクセスや営業時間など

名称 沖縄島ぞうりアート専門店フットスタンプ
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字仲宗根280
営業時間・開場時間 24時間(ネットショップのみ。実店舗なし)
利用料金や入場料 島ぞうり(シーサー):3,480円(税込3,758円)
参考サイト http://simazouri.shop-pro.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

定番とローカルを織り交ぜた沖縄の旅を

 

沖縄は、何度リピートしても知りつくせないほど、次々と新しい発見があります。

移住してきた私ですら、まだ全て楽しみ尽くしていませんからね。

のんびりゆっくり、うちなーたいむを感じる旅もよし。

新しいビーチアクティビティを片っ端から楽しむのもよし。

日本のリゾートを存分に楽しんでくださいね。

photo by PIXTA and iStock