神奈川に行ったら訪れたい! パワースポット決定版24選

日本全国に存在し、観光のメインスポットにも挙げられるパワースポット。それぞれのスポットによって形は違っていますが、自然や寺院の雰囲気から私たちはさまざまなご利益、癒しの時間を受けることができます。今回はそんな全国各地に存在するパワースポットから、神奈川にあるスポットを見てみましょう。

大都市・横浜を持つ神奈川県

大都市・横浜を持つ神奈川県

image by iStockphoto

神奈川県と言えば全国有数の都市として知られる県。
政令指定都市になっている横浜には中華街やみなとみらいといった観光名所が多数あり、鎌倉は国宝指定されている「鎌倉大仏」をはじめとした修学旅行の定番スポットがあります。

関東のお伊勢さま「伊勢山皇大神宮」

JR東日本根岸線・地下鉄「桜木町」駅から徒歩10分の「伊勢山皇大神宮」は、明治3年(1870年)創建の神社。
伊勢神宮の遥拝殿(ようはいでん)として創建された神社で、ここへ参拝すれば伊勢神宮へ参拝した時と同じだけのご利益が得られるとの言い伝えが存在。
そうしたことから「関東のお伊勢さま」と呼ばれ、関東を代表するパワースポットとして親しまれています。

11世紀以前から存在する「瑜伽洞(定泉寺)」


大船駅からバスで15分の「定泉寺」内にある洞窟で、洞窟名の「瑜伽(ゆが)」とは仏教などで採用される精神集中などの修行法のこと。
寺院が創建された天文元年(1532年)以前から存在すると伝えられており、1213年(建暦3年)の和田合戦時に活躍した武将・朝比奈義秀は敗れた際にここへ逃げ込んだと伝えられています。
洞窟内には描かれた仏教思想に関する壁画も見どころ。

中華街にある強力スポット「関帝廟」

View this post on Instagram

#関帝廟#ここ➡#関羽#中華街#横浜

A post shared by shinya.s (@breakshot.scratch) on


こちらは横浜名物・中華街の中にあるパワースポット。
1862年にこの地を訪れた中国人が祠を開いたのが歴史の始まりとされ、現在では関帝廟は商売繁盛、悪運断ち切りに効果のあるスポットとして知られるように。
風水の面ではパワーが強いと言われる中華街の中心にあることもあり、特に強力なパワーが宿っているとされています。

ご縁を呼ぶ祭りが有名「横濱媽祖廟」

こちらも中華街内にあるパワースポットで、2006年に横浜開港150年を記念して創建されたスポット。
航海・漁業の神として信仰されてきた「媽祖(まそ)」を祀っているこのスポットは「恋愛のパワースポット」としても知られており、参拝後に見事願いをかなえた人も多数。
毎年7月に行われる「良縁祭」という祭りも有名で、ご利益を得たいカップルが多く訪れると言われています。

元町の鎮守様「元町厳島神社」


石川町駅から徒歩約6分、元町商店街の裏通り・元町クラフトマンシップ・ストリートにある神社。
12世紀ごろに創建されて以降「元町の鎮守様(住む土地を守る神)」と呼ばれてきたスポットで、1869年(明治2年)に現在地へ移転。
港町・横浜にあることからご利益は航海安全・商売繁盛で、その他では合格祈願・学業成就にも効果があるとされています。

再生のシンボルと安産のご利益「鶴岡八幡宮」

康平6年(1063年)創建と伝わる「鶴岡八幡宮」は、子宝・縁結びが有名なパワースポット。
シンボルである「樹齢1000年の大銀杏」は2010年の強風から復活、新しい芽を出している再生力のシンボル。
その他頼朝が安産を願った石とされている「旗上弁財天社」の「政子石」、寺院手前の参道「段葛(だんかずら)」は安産パワースポットと言われています。

悪運を断ち切り幸運を呼ぼう「葛原岡神社」

View this post on Instagram

#縁結び

A post shared by まえまえしいしい (@maemaeshishi) on


JR鎌倉駅西口から徒歩35分の葛原岡神社は、1887年に後醍醐天皇に仕えた日野俊基を祀り創建された神社。
名物は2つの石で、一方は盃を投げて悪運を断ち切る「魔去る石」、赤い糸で5円玉を結び付けて良縁を引き寄せる「縁結び石」があります。
自分の中にある余計なものを洗い流し、新しい幸運を手に入れましょう。

目の病気で悩む人が訪れたい「御霊神社」


江ノ電長谷駅から徒歩約5分の「御霊神社」は、目の病気で悩む人が訪れたいスポット。
永保三年(1083)に始まった「後三年の役」で右目を打たれながら戦いを続けた「鎌倉権五郎景政」を祀っており、別名「目の神様」「権五郎様」という愛称も。
その他樹齢400年のタブの木も有名で、江ノ電の電車を撮ろうとする鉄道ファンが多く訪れることも。

出世・仕事運を呼び込む「佐助稲荷神社」


鎌倉駅から徒歩で25分の佐助稲荷神社は、建久年間(1190年-1199年)創建と伝わる神社。
源頼朝の夢の中に現れた神が「平家打倒」を進め、その後実際に打倒を果たしたことから「出世・仕事運」のご利益があると言われてきました。
そのほか神社の下社の横には良縁に恵まれず出家した赤松幸運が彫った観音が祀られており、「縁結び観音」と呼ばれる縁結びスポットになっています。

アジサイの名所として知られる「成就院」


江ノ電「極楽寺」駅から徒歩約4分の場所にある「普明山 成就院」は、承久元年(1219年)に創建された真言宗大覚寺派の寺院。
アジサイの名所として知られる寺院ですが、パワースポットとしては縁結び・恋愛成就の強力なパワースポット。
本尊である「不動明王」は本堂前に勇ましい像として立っており、この像を撮影して携帯電話の待ち受けにするとご縁が舞い込むと言われています。

洗ったお金で金運が舞い込む「銭洗弁天」


鎌倉駅西口から徒歩で約30分の「銭洗弁天」はその名の通り「お金」にまつわるご利益が得られる神社で、文治1(1185年)に源頼朝が夢のお告げによって創建したとされるスポット。
パワースポットは境内にある「泉の水(銭洗水)で」ここでお金を洗うとお金が何倍にも増え、金運や商売にもご利益があると伝えられています。
金運を引き寄せたい人は、謙虚な気持ちを持ってお祈りをしましょう。

日本初の本格的な禅宗専門道場「建長寺」


JR横須賀線北鎌倉駅下車徒歩20分の「建長寺」は、建長5年(1253年)に鎌倉幕府第5代執権・北条時頼が日本初の本格的な禅宗専門道場として創建。
寺院一帯がパワースポットと言われる寺院で、主なご利益は病気治癒・厄除け。
鎌倉五山(臨済宗寺院の格付け制度)第1位の寺院でもあり、境内は1966年に「建長寺境内」として国の史跡に指定されています。

鎌倉のシンボルがそびえ立つ「高徳院」

View this post on Instagram

鎌倉 高徳院「桜と大仏様」 ? 2017/2/24 ? M3 —————————————- こんばんは❗️ 今日もお疲れ様でした? 今日は地域ボランティアの会合で呑み過ぎました? 明日も仕事なので頑張らないと? でもお酒の席はいつも楽しい。 自分の話を聞いてくれるし楽しい話題に笑いが絶えない。 そんな時を過ごすのも良いものだな〜と思います? 人との付き合いって面倒くさがる人も多いけど 人の輪の中に居て周りに認められてそこに居られるってとてもありがたい事だなと 酔いながらそんな風に思います?酔ってますのでお気遣いなく? 写真は去年の高徳院の大仏様と桜を撮ったもの? 桜の話題があったのが未だに残っててなんとなくpostしてみました。 私はあと1日ありますが週末どうぞ楽しんで下さいね〜?? ————————————– #鎌倉 #桜 #高徳院 #大仏 #jin2_mode鎌倉 #icu_japan #Lovers_Nippon #team_jp_ #team_jp_東(神奈川) #ig_japan #Loves_Nippon #special_spot_member #bestjapanpics #photo_jpn #instagramjapan #art_of_japan_ #japan_of_insta #whim_life #tokyocameraclub #キタムラ写真投稿 #ptk_japan ————————————–

A post shared by ジンジン???5y (@jin2_mode) on


江ノ島電鉄「長谷駅」徒歩5分の高徳院は、鎌倉のシンボルであり寺院の本尊でもある「鎌倉大仏(阿弥陀如来像、国宝)」で有名な寺院。
この大仏は完成当時は金箔が塗られていたとされますが、明応7年(1498年)の明応地震により現在の姿に。
大仏からは世の中が良くなるようなエネルギーが出ているとされ、国家安泰を祈ると良いでしょう。

かつては縁切りの寺院「東慶寺」

JR横須賀線・北鎌倉駅下車徒歩3分の「東慶寺」は、弘安8年(1285年)に第8代執権・北条時宗の妻覚山志道尼によって開山された寺院。
明治4年(1871)に廃止されるまで縁切りの寺法(その場所に駆け込めむと離縁できる)を守った寺院として知られ、男性のもとから女性が逃げてくる「悪運切り」で有名な寺院とされてきました。
現在では結婚運のパワースポットになり、香袋「小太郎」&「ゆい姫」でも有名です。

幸せを呼ぶ地蔵を探し出そう「長谷寺」


JR鎌倉駅からバス「長谷観音」下車徒歩5分の長谷寺は、天平8年(736年)に藤原房前によって開基されたと伝わる寺院。
ここでパワースポットとされるのが「幸せを呼ぶ地蔵」で、全部で3か所にある地蔵をを見つけ出せれば「縁結び」のご利益が得られるとのこと。
また6月に咲くアジサイの名所でもあり、ご利益を得ながら美しい花々も見てみましょう。

厄除けのお大師さま「平間寺」


厄を吹き飛ばして前向きに行くなら訪れたい「川崎大師平間寺(かわさきだいしへいけんじ)」は、1128年に建立されたと伝わる真言宗智山派の寺院。
長く「厄除けのお大師さま」として知られ、護摩祈祷により厄除け、家内安全、商売繁昌、健康長寿などご利益を得ることができるとされています。
また初詣の名所でもあり、参拝者数は全国3位となる約300万人。

悪運を振り払い金運上昇「深沢銭洗弁財天」


箱根登山鉄道・塔ノ沢駅下車すぐの場所にある「深沢銭洗弁財天(ふかざわぜにあらいべんざいてん)」は、大正15年に地元の人によって建立されたパワースポット。
人の夢に現れた弁天様の使い・白蛇を祀るために建てられ、悪運を水とともに振り払う神が祀られています。
ここでは「弁天癒水」という水でお金を洗うとご利益が得られるとされており、安らかな気持ちでご利益を得てみては。

商売繁盛・勝負運をつかむ「箱根神社」


箱根へ来たらぜひ立ち寄りたいスポットが、関東地方を代表する神社の1つ「箱根神社」。
地域全体がパワースポットになっているとされており、全体的な運を上げることができるスポット。
中でも有名とされるのが「商売繁盛」や「勝負運」のご利益で、数々の武将や政治家などがここを訪れたとされています。
仕事を成功させようとする際に行ってみては。

ヴェネツィアをイメージした「箱根ガラスの森」

1996年に開館した「箱根ガラスの森」はグラスなどの作品を約100点展示する美術館。
イタリア・ヴェネツィアをイメージした館内では「ヴェネツィアン・グラス」などを中心に展示しており、レストラン「カフェテラッツァ」ではボロネーゼをはじめとしたイタリアンを提供。
その他世界の作品があるショップ、作品作りが可能な体験工房もあります。

すべての悪事災難を取り除く「寒川神社」


JR宮山駅から徒歩約5分の「寒川神社」は鬼門(北東)と逆の方向にある社殿を持つ「八方除の守護神」として有名な神社。
すべての悪事災難を取り除く厄除けのご利益で知られ、家業繁栄・福徳円満にも効果的。
その他には毎年約40万人の参拝者を集める初詣スポット、テレビ関係者の参拝には「参拝すると視聴率が上がる」神社としても知られています。

良縁を願って絵馬を結ぶ「江島神社」

小田急線「片瀬江ノ島」駅から徒歩15分の「江島神社」は、欽明天皇13年(552年)創建と伝わる神社。
妙音弁財天を祀る「日本三大弁財天」の1つであり、音楽をはじめとした芸道の上達、恋愛成就などにご利益があるとのこと。
神社内にある「むすびの樹」はピンク色の「むすび絵馬」をかけると良縁が舞い込むとされるスポットで、良い人と結ばれたい人は結んでみては。

カップルの絆を深める「龍恋の鐘」

View this post on Instagram

#enoshima #sunnyday #weekendfun

A post shared by Lesley (@shizuka_wu1030) on


江の島「龍野ヶ岡自然の森」の遊歩道に設けられた「龍恋の鐘眼」は、カップルで訪れたいパワースポット。
江の島に残る「五頭龍伝説の恋物語」にちなんで設けられたスポットで、カップル2人で鳴らすと絆が深まるとされています。
また鐘の周りにあるフェンスもパワースポットとされており、ここに南京錠をかけるカップルも多数。

弁慶の力で健康に「白旗神社」


小田急江ノ島線「藤沢本町駅」から徒歩で7分の「白旗神社」は源義経を主祭神とする神社。
別称「白旗さま」と呼ばれるこの寺院のパワースポットは境内にある「弁慶の力石」。
石に触れると健康になるスポットとして有名。
このご利益はお守りの「弁慶力石守」からも得ることができるとされ、健康のために持ち歩いてみては。

龍脈の頂上にある強力スポット「大山阿夫利神社」

View this post on Instagram

大山阿夫利神社

A post shared by Yuri Kanazawa (@minato3222302) on


小田急電鉄小田原線「伊勢原駅」から車で約20分の「大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)」は、第10代天皇・崇神天皇の時代に創建されたと伝わる神社。
風水上の「龍脈(地中を流れる気のルート)」の頂上にあり、祀られる神は山の神、火災除けの神、水を司る神の3柱。
神社は下社・二重社、山頂の本社・前社・奥社と分かれており、できれば全てを回りたいところ。

神奈川へ行った際はご利益を得てみては

 

神奈川県にあるパワースポットは都心にあるスポット、郊外にあるスポットとさまざま。
神奈川県へ行った際は、ぜひこうしたパワースポットでご利益を得てみては。
photo by PIXTA and iStock