知られざる滝王国!?大釜・大轟の滝の魅力を探る(後編)

大轟の滝は、徳島県中央部、那賀町(合併前の旧木沢村)にある滝で、標高1495.9 mの雲早山を源流とする沢谷川水系にあります。落差20m、3段に連なって流れるのが見所で、複数の落ち口から流れる水は、それぞれが生き物のように波打ちながら、滝壺になだれ落ちていきます。今回は徳島滝シリーズの後編です。(前編はこちら

大轟の滝へ向かいます

94125:大轟の滝へ向かいます

大釜の滝手前にあるトンネル。「人が掘った」感満点の古風なトンネルです。(撮影/田舎ライター)

どうも!高知生まれ高知育ちの田舎ライターです。
今回は大釜の滝から大轟の滝へ向かいます。

大釜の滝から大轟の滝の距離は約4.6kmと近いです。
前編では、大釜の滝だけをご紹介しましたが、実は、大轟の滝は大釜の滝手前の193号線沿いにあります。
実際には、二つの滝を続けて訪れるのが効率的です。

複数の落ち口を持つ滝の美しさ

94162:複数の落ち口を持つ滝の美しさ

193号線から見た大轟の滝。急カーブ手前にあるので、通行車両には注意しましょう。(撮影/田舎ライター)

大轟の滝は、川沿いの193号線からその全体を眺めることができます。
大釜の滝のような看板はありませんが、案内標識があるので、見逃す心配はありません。
こちらも駐車場などはなく、路駐です。

私が訪れた時には、残念ながら水量が少なかったようで、いかにも滝らしいという感じではありませんでした。
時期的に悪かったのでしょうか。
残念です。

滝壺に下りようと試みましたが、階段があるわけでもなく、下りるルートが見当たらなかったので、こちらも残念ながら、間近で見ることはできませんでした。

それでも、2つの落ち口から流れる水がそれぞれ滝壺に落ち込んでいく様子は、滝としての個性、美しさをうかがわせるものでした。

大轟の滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 大轟の滝
住所 徳島県那賀郡那賀町沢谷岡
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.awanavi.jp/spot/2013032500361/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

動画提供/那賀町

滝壺は絶好の水場です

94126:滝壺は絶好の水場です

大轟の滝の写真ではありませんが、地元ではこのように沢や滝で水遊びをするようです。(写真提供/杉の子)

あとで地元の人に聞くと、岩伝いに滝壺まで行くルートがあるそうで、大釜の滝と同様、夏場には滝壺で泳ぐそうです。

こちらは、大釜の滝のように、滝を崖や木々が覆っているわけでもなく、ちょっとした水場のようなオープンな雰囲気で、気軽に水に飛び込みたくなるのもわかるような気がします。

美肌の湯で充実の入浴感を得られます

94163:美肌の湯で充実の入浴感を得られます

登山者やオフローダーも宿泊する四季美谷温泉。この辺りの観光拠点と言えます。(写真提供/那賀町)

滝を見た後は、温泉などを楽しみましょう。

今回お邪魔するのが「四季美谷温泉」。
大轟の滝からは、295号線を通って、約3km、約5分のところにあります。

この温泉は、pH値9.2の単純硫黄泉で、アルカリ性が強く、美肌に効果があるのがポイントで、「美人の湯」と言われています。
源泉100%でありながら、泡風呂やジェット風呂、薬湯も備えた凝った作りで、様々な入浴感を味わえるのが魅力ですね。

94239:

近代的なつくりの浴場になっています。(撮影/田舎ライター)

94240:

お土産品も販売しています。(撮影/田舎ライター)

94244:

なんと、鹿の頭の骨もお土産として売っています。(撮影/田舎ライター)

四季美谷温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 四季美谷温泉
住所 徳島県那賀郡那賀町横谷夏切3−3
営業時間・開場時間 10:00−21:00 第3水曜定休
利用料金や入場料 大人600円 子供400円
参考サイト http://shikibidani-onsen.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オススメは鹿肉料理満載の定食「大轟」

94128:オススメは鹿肉料理満載の定食「大轟」

とくかくがっつり食べれる大轟です。(撮影/田舎ライター)

温泉で疲れを癒した後は、鹿肉ランチをいただきましょう。

今回は、料理長オススメの鹿肉三昧の定食「大轟」(1,800円)をいただきます。
鹿肉のロースステーキ、竜田揚げ、またぎ汁など鹿肉てんこ盛りの定食で、鹿肉をガッツリ食べたい方にオススメです。
鹿肉が柔らかく、ジューシー。
「美味しい」の一言に尽きます。
無料なので、ついご飯をお代わりしてしまいました。

女性向けには、山菜そばが付いた「鹿肉コロッケセット」(850円)が人気だそうです。

94129:

女性にオススメの鹿肉コロッケ定食。(写真提供/四季美谷温泉)

レストラン四季の森の住所・アクセスや営業時間など

名称 レストラン四季の森
住所 徳島県那賀郡那賀町横谷夏切3−3
営業時間・開場時間 11:30−20:30 第3水曜定休
利用料金や入場料 大轟 1,800円
参考サイト http://shikibidani-onsen.com/3restaurant.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バラエティー豊かな鹿肉料理を満喫

94243:バラエティー豊かな鹿肉料理を満喫

徳島県のジビエ料理の認定第1号店らしく、鹿のゆるキャラ?が出迎えてくれます。(撮影/田舎ライター)

この温泉のレストランは、徳島県によるジビエ料理認定の第1号店で、町内で獲れた鹿肉を自前の工場で加工しているそうです。
だから、良質な鹿肉料理を提供できるわけですね。

ホテルの支配人さんからは「地元のスタッフが飾りのない言葉と心配りで皆様をお迎えします」というメッセージをいただきました。
確かに、みなさん気さくな感じの方ばかりでしたよ。

日本最長の林道もあります

94334:日本最長の林道もあります

剣山スーパー林道。(写真提供/那賀町)。

この温泉から295号線を23kmほど進むと、山の家「奥槍戸」があります。
剣山の南面からの登山口にある休憩所です。

ここには、日本最長の林道(87.7km)の「剣山スーパー林道」があります。
オフローダーにとっては聖地ですが、一般のドライバーにとっては、危険なだけの悪路です。

剣山スーパー林道の住所・アクセスや営業時間など

名称 剣山スーパー林道
住所 徳島県那賀郡那賀町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://rindonavi.com/map/map.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ツワモノ向け?の絶景ポイントがありますよ

94337:ツワモノ向け?の絶景ポイントがありますよ

高の瀬の紅葉。(写真提供/那賀町)

文明から隔絶された道だけに、西日本一の紅葉と評される「高の瀬峡」(終点木頭村から入れば、舗装道路だけです)をはじめ、標高1500mの眺望を楽しめる「徳島のヘソ」など、絶景を楽しめるスポットがあります。

「日本一の林道ってどんな感じだろう?」と思われる方は、奥槍戸でコーヒーを飲むついでに、林道にちょっと立ち寄る、というのも面白いかもしれません。

高の瀬峡の住所・アクセスや営業時間など

名称 高の瀬峡
住所 那賀郡那賀町木頭北川
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.awanavi.jp/spot/2013032500545/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

滝と林道の後、温泉と鹿肉で保養しましょう

94342:滝と林道の後、温泉と鹿肉で保養しましょう

真冬の大轟の滝。(写真提供/那賀町)

この辺りには、大釜、大轟の滝以外にも様々な滝があり、様々な滝の個性を楽しむことができます。
滝巡りや林道の景観を楽しんだ後、温泉と鹿肉料理でしっかり保養するのがオススメです。

最後に、四季美谷温泉から、鹿肉加工品などのオリジナル商品のプレゼントがあります。
ご希望の方は、四季美谷温泉フロントにて「wondertripのサイトを見ました」とお伝え下さい。

前編はこちら