埼玉に行ったら訪れたい! 埼玉のパワースポット決定版24選

日本全国に存在し、旅行の定番観光地になることもあるパワースポット。スポットによって多様な形があり、生活に必要なご利益が得られるスポット、自然の絶景に心奪われるスポットとさまざまな形で訪れるものに勇気を与えてくれます。今回はそんな全国にあるパワースポットから、埼玉県にあるスポットを見てみましょう。

東京のベッドタウン・埼玉県

埼玉県は日本の首都・東京のとなりに位置し、県庁所在地・さいたま市を中心に「東京のベッドタウン」とされている県。
南西部にある「川越市」は江戸時代の建物が多く残る「小江戸」と呼ばれる街で、年間700万人(2016年)が訪れる県屈指の観光地です。

強い意志をもって参拝を「三峯神社」

emptyfocus.photo (引用元:Instagram)

関越道花園ICから車で約2時間の三峯神社は、富士山から東京へ流れる龍脈(地中を流れる気のルートの)上にあるパワースポット。
ここは「強い意志を持ったものでなければ参拝してはいけない」と言われるほど強力なパワーを宿しているスポットで、強靭な意志を持って訪れたいところ。
またここは極真空手創始者・大山倍達の山ごもり修行地、宮本武蔵が二刀流を開眼させた場所としても知られています。
住所:埼玉県秩父市三峰

音楽関係者がヒット祈願に訪れる「音楽寺」

小鹿坂峠の中腹に位置する「音楽寺」は、秩父札所の二十三番とされる寺院。
名前の由来は札所を開いた者が松風の音を聞き「松風山音楽寺」と名付けたのが歴史の始まりで、それ以来音楽関係者がヒットを祈願して訪れるようになりました。
堂前にある高さ120cmの梵鐘は美しい響きが特徴で、観音堂の前庭からは秩父市街が一望できるようになっています。
住所:埼玉県秩父市寺尾3773

ハートマークを見つけ出そう「秩父今宮神社」

japan_spiritual_places (引用元:Instagram)

西武秩父線・西武秩父駅から徒歩約10分の「秩父今宮神社」は天文4年(1535年)の創建と伝わる神社。
ここのパワースポットは樹齢1000年と言われる埼玉県指定天然記念物の「龍神木(駒つなぎのケヤキ)」で、この木の根元付近にあるハートマークを撮影して待ち受け画面にするとご利益が得られるとされています。
住所:埼玉県秩父市中町16-10

和同開珎にゆかりのある「聖神社」

hai_miiiii_ (引用元:Instagram)

秩父鉄道秩父本線・和銅黒谷駅から徒歩約5分の秩父市黒谷にある「聖神社(ひじりじんじゃ)」は、和銅山山麓に鎮座する「銭神様」として有名な神社。
奈良時代の慶雲5年(708年)に自然銅が発見され「和同開珎」鋳造のきっかけとなったことから愛称がついたとされており、現在まで金運上昇のご利益がある神社として親しまれています。
住所:埼玉県秩父市黒谷字菅仁田

知恵の象徴・フクロウがいる「秩父神社」

kerokeroe1536 (引用元:Instagram)

秩父市にある学業成就の神社「秩父神社」では、「北辰(北極星を指す)のふくろう」と呼ばれる彫刻がパワースポット。
フクロウは体が南の本殿、顔が北にいる御祭神「妙見菩薩」を見ているとされるもので、「知恵の象徴」と呼ばれている名物。
毎年12月には「秩父夜祭」が行われており、毎年多くの観光客が訪れるこの神社の名物行事。
住所:埼玉県秩父市番場町1-1

子持ちの石で子宝のご利益「常泉寺」

soulred_axera (引用元:Instagram)

秩父市にある「常泉寺」は、秩父札所第三番とされる寺院。
秩父神社境内にあった蔵福寺・薬師堂を譲り受け移築された現在の本殿では、室町時代に造られたと伝わる本尊の「聖観世音の木彫像」を安置。
境内に設置されている「寺宝の子持石」は母親が子どもを抱いているように見える石で、子宝にご利益のあるパワースポットとされています。
住所:埼玉県さいたま市見沼区染谷3-242

ウサギが有名なパワースポット「調神社」

lcf_deepsky_01 (引用元:Instagram)

JR浦和駅から徒歩約10分のさいたま市浦和区にある調神社(つきじんじゃ)は、地元では「つきのみや」「つきのみやじんじゃ」と呼ばれる神社。
鳥居を立てていないこの神社は「コマウサギ」が有名なパワースポットとされており、手水はウサギの口から水が流れ出る造り。
また勝ち運神社でも知られることから、サッカークラブ「浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)」は必勝祈願に訪れています。
住所:埼玉県さいたま市浦和区岸町

日本三大聖天のひとつ「歓喜院」

熊谷市の「歓喜院」は、地元住民から「妻沼聖天(めぬましょうでん)」などと呼ばれている「日本三大聖天」のひとつ。
治承3年(1179年)に武将・斎藤別当実盛(さいとうべっとうさねもり)が、守り本尊の大聖歓喜天(聖天)を祀るために本堂・聖天堂を建立したのが歴史の始まりとされ、平成24年(2012年)に聖天堂(本殿)は国宝に指定。
住所:埼玉県熊谷市妻沼

酉の市が名物「川越熊野神社」

144factory (引用元:Instagram)

川越市の「川越熊野神社」は、天正18(1590)年に蓮馨寺(れんけいじ、川越市にある寺院)の二世・然誉文応僧正(ねんよぶんおうそうじょう)が紀州熊野より勧請したことから始まったとされる神社。
毎年12月3日に開催される酉の市(とりのいち)は神社の名物行事で、商売繁盛・家内安全の福をかき集められる「くま手」を買い求めようとする参拝客で賑わうとされています。
住所:埼玉県川越市連雀町17-1

縁結び球を受け取ろう「川越氷川神社」

ckysd (引用元:Instagram)

川越市にある「川越氷川神社」は、穢れ落としと縁結びを同時にできる神社。
神社内を流れる水に人型の紙を流せば穢れ落とし、毎日20体だけ頒布される「縁結び玉(土曜日の午前8時8分から行われる良縁祈願祭では「授与品」として配布)」を受け取ることができれば縁結びのご利益が得られるとされています。
また敷地内には「氷川会館」という建物があり、こちらは結婚式場として使用。
埼玉県川越市宮下町2-11-3

真っ赤な仏像に触れよう「蓮馨寺」

ikuko_kimura (引用元:Instagram)

川越市にある「蓮馨寺(れんけいじ)」は、天文18年(1549年)に開基されたと伝わる浄土宗の寺院。
この寺院のパワースポットは境内にある真っ赤な仏像で、お釈迦様の弟子「十六羅漢(じゅうろくらかん)」の「賓頭盧(びんずる)」を表現した「おびんずるさま」。
この仏像の体を触るとどのような病気でも吹き飛ばしてくれ、頭を触れば知恵を授けてくれ頭が良くなると言われています。
住所:埼玉県川越市連雀町7-1

駅伝選手のパワースポット「川越八幡宮」

kbcmart (引用元:Instagram)

川越市にある「川越八幡宮(かわごえはちまんぐう)」は長元3年(1030年)創建と伝わる寺院で、主なパワースポットは境内にある夫婦銀杏の神木と「民部稲荷神社(相撲稲荷)」。
前者は今上天皇(現天皇陛下)御生誕記念で昭和8年(1933年)に植樹された良縁・夫婦円満の木で、後者は箱根駅伝出場選手などに人気のある足腰強化のパワースポットとされています。
住所:埼玉県川越市南通町

ペットのお祓いも実施「朝日氷川神社」

keiko.s0713 (引用元:Instagram)

川口市にある「朝日氷川神社」は、天正年中(1573年~室町末期)に創建と伝わる神社。
魔を振り払う神と夫婦神を祀ることから強力なご利益は「厄除け・除災招福」と「夫婦和合・縁結び・安産」で、現在まで地元住民の信仰の礎とされてきました。
またここではペットに関する祈願も行っており、お祓いによって「健康(犬幸)長寿」を祈願できるようになっています。
住所:埼玉県川口市朝日1-3-15

年2回のお祓い「鳩ケ谷氷川神社」

iam_mushroomhead (引用元:Instagram)

川口市鳩ケ谷町にある「鳩ヶ谷氷川神社」は、室町時代の応永元年(1394)創建。
大きな行事は夏と大晦日の年2回行われる「大祓い神事」で、夏に行われる「茅の輪くぐり(夏越しの祓い)」茅で作った輪をくぐると穢れがとれると伝えられています。
また毎年12月23日に行われる酉の市「おかめ市」も名物で、福を書き込む熊手「カッコメ」を頒布。
住所:埼玉県川口市鳩ヶ谷本町1-6-2

飛行・空の安全を祈る「所澤神明社」

h_398 (引用元:Instagram)

所沢市にある「所澤神明社(ところさわしんめいしゃ)」は、日本武尊が「天照大御神」を祀ったことから歴史が始まったとされる寺院。
1911年(明治44年)に日本最初の飛行場「所沢飛行場」が開場した際に初飛行を務めた徳川好敏が参拝したことから、現在は飛行機・空の安全を祈る人々が多く訪れるように。
毎年6月の第1日曜日には「人形供養祭」も開催しており、お世話になった人形に祈りをささげる名物行事。
住所:埼玉県所沢市宮本町1-2-4

政府関係者が訪れる出世の神社「高麗神社」

sachi3830sole (引用元:Instagram)

JR・高麗川駅から徒歩約20分の日高市にある「高麗神社」は、開運のご利益を得るなら訪れたい神社。
これまで参拝した濱口雄幸、若槻禮次郎、鳩山一郎といった有名政治家は参拝後に総理大臣に就任しており、現在も芸能人をはじめ各界の有名人が多く訪れると言われています。
その他安産祈願や病気治癒にもご利益ありとされており、安産・子宝の御守も販売。
住所: 埼玉県日高市新堀833

1年中参拝客が絶えない「台滝不動尊」

atabee_y (引用元:Instagram)

埼玉県日高市の飯能市との境近く、国道299号線沿いにある「滝不動尊(台滝不動尊)」は、江戸時代末期に円福寺の庭にあった不動尊を祀ったことからできたと伝わるパワースポット。
現在地に来たのは明治33年(1900年)で、4月8日の例祭「台滝不動尊祈願祭」など季節を問わず多くの観光客で混雑する人スポットでもあります。
住所:埼玉県日高市台518

石を清めて金運上昇を「宝登山神社」

marron3912 (引用元:Instagram)

長瀞町(ながとろちょう)の宝登山神社(ほどさんじんじゃ)は宝登山山麓にあり、秩父神社、三峯神社と並ぶ「秩父3社」の1つ。
境内にある「水神社」では「長生館売店」か「栗助長瀞店」で入手した願い石「シトリン」を清めることができ、その後宝登山を巡ることで金運上昇のご利益が得られるとされています。
住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828

関東最古の大社「武蔵国鷲宮神社」

goodman4649 (引用元:Instagram)

久喜市にある「鷲宮神社(わしのみやじんじゃ)」は、第10代天皇・崇神天皇時代創建と伝わる関東最古の大社とされる神社で、栃木市の「下野国鷲宮神社」と区別するため「武蔵国鷲宮神社」と呼ばれることもあります。
お酉さまの本社でもあることから「商売繁昌・出世金運・厄難消除・交通安全・家内安全・縁結び」などを得たいときに訪れたいところ。
住所:埼玉県久喜市鷲宮1-6-1

日本最大級の道教宮「聖天宮」

mocomoco_25 (引用元:Instagram)

東武東上線・若葉駅から徒歩約30分の「聖天宮(せいてんきゅう)は、台湾出身の康國典(こう こくてん)大法師によって平成7年(1995年)に建立された道教(中国3大宗教のひとつ)宮。
大病を患った大法師が「三清道祖」に祈願し病を治したことから、ほかの人も自分と同じように病が治ることを祈って建てられたとされています。
道教宮としては日本最大級とされており、ガラス・タイルで造られた屋根飾りをはじめとした豪華絢爛な造りが見どころ。
住所:埼玉県坂戸市塚越

埼玉郡の総鎮守「玉敷神社」

加須市にある「玉敷神社(たましきじんじゃ)」は大鵬3年(703年)創建と伝わる「久伊豆神社」の総本社的存在の神社。
江戸時代まで「久伊豆大明神」と称され「埼玉郡の総鎮守」として崇められていた神社で、現在は国の重要無形民俗文化財となっている「玉敷神社神楽(平成20年(2008年)3月指定)」、県指定天然記念物に指定された樹齢400年以上とされる「玉敷神社の藤(平成14年(2002年)3月指定)」が見どころとなっています。
住所:埼玉県加須市騎西

悪運を断ち新しいご縁を引き寄せ「三狐稲荷神社」

shibamia (引用元:Instagram)

鴻巣市(こうのすし)にある「三狐稲荷神社(さんこいなりじんじゃ)」は、明治6年(1873年)に合祀された「鴻神社(こうじんじゃ)」境内にある神社。
ここでは天狐、地狐、人狐の「三狐」を祀っており、悪い人間関係などの悪縁・悪癖の断ち切り、受験や運命的出会いなどの良縁を結ぶ「縁結び」のご利益が得られます。
今までの悪運をさっぱりさせ新しいご縁を引き寄せたいなら訪れてみましょう。
住所:埼玉県鴻巣市本宮町1-9

厄除けの団子を食す「吉見観音」

比良郡にある「安楽寺(別名吉見観音)」は、大同元年(806年)創建と伝わる「坂東三十三箇所11番札所」の寺院。
奈良時代の僧・行基がこの地に聖観音像を彫って安置したことが歴史の始まりとされており、現在は県指定文化財「三重塔」が有名に。
観音参道には団子の名店「どびんや」があり、観音さまへお供えし難を逃れた話に基づいて作られた「厄除け団子」が名物となっています。
住所:埼玉県比企郡吉見町御所

パワースポットは鏡のように見える岩「金鑚神社」

akiramtfuji (引用元:Instagram)

児玉郡にある「金鑚神社(かなさなじんじゃ)」は、JR高崎線・本庄駅から徒歩約20分。
この神社は本殿を置かず拝殿のみの構造で、参道脇にある「多宝塔」は国の重要文化財(明治45年(1912年)2月8日指定)。
境内奥の御獄山(標高343m)中腹にある鏡岩がパワースポットとされており、約9000万年前の岩断層活動時に岩肌が磨かれたことからできたもの。
姿が鏡のように見えることからその名が付けられ、現在は国の天然記念物になっています。
住所:埼玉県児玉郡神川町字二ノ宮750

旅行へ行ってご利益を得よう

埼玉のパワースポットは古風な雰囲気のスポット、きらびやかなスポットなどさまざま。
埼玉に旅行へ行った際は、ぜひパワースポットでご利益を得てみては。