政府公認ガイドが伝授!イタリア旅行でいきたい「ヴェローナ」観光まるわかりガイド

シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」の舞台として知られるヴェローナ。ミラノとヴェネツィアの間に位置するこの街は、ロミオとジュリエットの恋物語に魅了された旅人たちを魅了してきました。そしてイメージに違うことなくロマンチックな雰囲気が漂います。バラ色の建物に、街を横切るS字型のアディジェ川。落ち着いた街ですが、夏にアレーナで行われる野外オペラの季節になるとたくさんの人で賑わいます。情緒たっぷりのこの街を紹介します。

この記事を書いた人/政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子

イタリア政府公認観光ガイド。本場イタリアから最新のイタリア情報をお届けします。
大手外資系企業で勤務中のある日「トスカーナの風に吹かれたい!」と思いつき、キャリアを捨ててイタリアに移住。フィレンツェ公認観光ガイドとして、大好きなルネサンス発祥の地フィレンツェで、現代にも通じる芸術、歴史、ライフスタイルを紹介しています。
Twitterでほぼ毎日イタリアの「生」の情報を提供中。

ヴェローナで押さえておきたい観光名所

ヴェローナで押さえておきたい観光名所

image by iStockphoto

ローマ時代から中世まで栄えたヴェローナ。
歴史を感じられる観光名所を紹介します。

ジュリエッタの家

ジュリエッタの家

image by iStockphoto

ヴェローナに来たら行っておきたいのがこの「ジュリエッタ家」です。
ツタで覆われたこの家は「ロミオとジュリエット」の雰囲気がたっぷり漂います。
フィクションですが、中世のヴェローナではローマ教皇を支持するグループとローマ皇帝を支持するグループが壮絶な争いを繰り広げており、ロミオとジュリエットの元になるような時代背景がありました。
ジュリエッタの銅像の胸を触ると恋の願いが叶うとか。
恋愛成就を願う人はぜひ足を運んでみたい名所です。

ジュリエッタの家の住所・アクセスや営業時間など

名称 ジュリエッタの家
名称(英語) Casa Di Giulietta
住所 Via Cappello, 23, 37121 Verona VR
営業時間・開場時間 8:30−18:30(月曜は13:30から)
利用料金や入場料 6ユーロ
参考サイト https://casadigiulietta.comune.verona.it/nqcontent.cfm?a_id=42703
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アレーナ

アレーナ

image by iStockphoto

古代ローマ帝国の都市に必ずあったのが円形闘技場。
ローマのコロッセオが有名ですが、ヴェローナのアレーナはそれ以前にできたと考えられています。
楕円形でできており、長径は139m、短径が100mという大きな物。
もともとは闘技場として使用されていましたが、現在では夏に野外音楽劇場として2万人近くの観客を集めるオペラの上演で有名です。
演目はナブッコやアイーダなど登場人物が多い物で、大迫力で楽しめます。

アレーナの住所・アクセスや営業時間など

名称 アレーナ
名称(英語) Arena di Verona
住所 Piazza Bra, 1, 37121 Verona VR
営業時間・開場時間 公演による
利用料金や入場料 公演による
参考サイト http://www.arena.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カステル・ヴェッキオ

カステル・ヴェッキオ

image by iStockphoto / 63734477

14世紀にヴェローナの領主であるスカラ家が、アディジェ川からの侵入から街を守るために建てた城がこのカステル・ヴェッキオです。
基礎はローマ時代にも遡ると考えられており、大きく2つに分かれています。
42mの高さの物を含む7つの塔からできているエリアと、領主の居住に使用されていた部分です。
現在は美術館になっており、ヴェローナやヴェネト州で活躍した芸術家たちの、中世から18世紀までの作品が展示されています。

カステル・ヴェッキオの住所・アクセスや営業時間など

名称 カステル・ヴェッキオ
名称(英語) Museo di Castelvecchio
住所 Corso Castelvecchio, 2, 37121 Verona VR
営業時間・開場時間 8:30−19:30(月曜は13:30から)
利用料金や入場料 6ユーロ 減免4.5ユーロ
参考サイト http://museodicastelvecchio.comune.verona.it/nqcontent.cfm?a_id=42545
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ランベルティの塔

ランベルティの塔

image by iStockphoto

ジュリエッタの家のそばにあるシニョーリ広場に立つのがランベルティの塔です。
12世紀に建てられた塔は84mもの高さがあります。
実は上下異なる素材でできており、37mまでは凝灰岩とレンガ、そしてその上は14世紀に作られレンガのみでできています。
見ると途中から色が変わっているのがわかります。
この塔の上からはヴェローナはもちろん、近隣の街も見渡すことができます。
ぜひ一番上まで登って絶景を味わってみましょう。

ランベルティの塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 ランベルティの塔
名称(英語) Torre dei Lamberti
住所 Via della Costa, 2, 37121 Verona VR
営業時間・開場時間 [平日]10:00−18:00 [土日祝]11:00−19:00
利用料金や入場料 8ユーロ 減免5ユーロ
参考サイト http://torredeilamberti.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゆっくり回る人にオススメの観光スポット

ゆっくり回る人にオススメの観光スポット

image by iStockphoto

ローマ時代からの歴史が残るヴェローナは、見どころがたくさんあります。
時間をかけて回りたい人のためのおすすめスポットを紹介します。

テアトロ・ロマーノ

ヴェローナの街には、円形闘技場のアレーナだけでなくローマ劇場も残っています。
演劇を重視したローマ人たちは演劇用に半円形の劇場を作りました。
紀元前1世紀に建てられたヴェローナの劇場ですが、その後中世には別の建物が建てられ、19世紀に再発掘されました。
考古学博物館が併設されており古代ローマ時代のヴェローナの発掘物を見ることができます。
夏になると地元の人たちのイベント会場として使用されています。

テアトロ・ロマーノの住所・アクセスや営業時間など

名称 テアトロ・ロマーノ
名称(英語) Teatro Romano
住所 Via Regaste Redentore, 2, 37129 Verona VR
営業時間・開場時間 8:30−19:30(月曜は13:30から)
利用料金や入場料 4.5ユーロ 減免3ユーロ
参考サイト http://www.tourism.verona.it/en/enjoy-verona/art-and-culture/monuments-and-sights/roman-theatre-archaeological-museum
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サン・ゼーノ・マッジョーレ教会

サン・ゼーノ・マッジョーレ教会

image by iStockphoto

イタリアでは各都市に守護聖人がおり、この教会はヴェローナの守護聖人ゼーノに捧げられたものです。
ロマネスク建築のこの教会は、ファサードにヴェローナ建築特有の凝灰岩を使用しており、優しいクリーム色で訪れる人を迎えてくれます。
正面のバラ窓は「運命の輪」を表しています。
教会内部にはルネサンス期に活躍したマンテーニャの作品が収められており、地下聖堂はロミオとジュリエットの中で、結婚式を挙げた場所としても使用されました。

サン・ゼーノ・マッジョーレ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 サン・ゼーノ・マッジョーレ教会
名称(英語) Basilica di San Zeno Maggiore
住所 Piazza San Zeno, 2, 37123 Verona VR
営業時間・開場時間 8:30−18:00(夏期,日曜は12:30から) 10:00−13:00,13:30−17:00(冬期,日曜は12:30から)
利用料金や入場料 2.5ユーロ
参考サイト http://www.basilicasanzeno.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジュリエッタの墓

もう一つ「ロミオとジュリエット」巡礼で訪れたいのがジュリエッタの墓です。
町の中心地から少し離れているこの場所は、カプチン会の修道院として13世紀に建てられました。
半ば伝説的なジュリエッタの墓ですが、毎週シェイクスピアの原作そのままの「ロミオとジュリエット」が上演されています。
また、フレスコ画博物館も併設されており、10〜16世紀までのフレスコ画を鑑賞することができます。
緑が美しい回廊を眺めてしばし癒されるのもオススメです。

ジュリエッタの墓の住所・アクセスや営業時間など

名称 ジュリエッタの墓
名称(英語) Museo degli Affreschi ‘G.B. Cavalcaselle‘ alla tomba di Giulietta
住所 Via Luigi da Porto, 5, 37121 Verona VR
営業時間・開場時間 8:30−19:30(月曜は13:30から)
利用料金や入場料 4.5ユーロ 減免3ユーロ 子供1ユーロ
参考サイト https://museodegliaffreschi.comune.verona.it/nqcontent.cfm?a_id=42702
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ワイン祭り Vinitaly

ワイン祭り Vinitaly

image by iStockphoto

ワイン愛好家の方にぜひお勧めしたいのが毎年4月に開催されるVinitalyというワインの見本市です。
世界最大規模の国際見本市なので、イタリアだけでなく世界から質の高いワインが集まり、たくさんのバイヤーも訪れます。
1967年から続く伝統的な見本市で、ここの品評会で受賞したワインはプレスなどで大きく取り上げられることになります。
最近では小規模のワイナリーや有機栽培にこだわったものが出品されているのが特徴。
イタリア文化の一つと言えるワインをよりよく知るのにぴったりのイベントです。

Vinitalyの住所・アクセスや営業時間など

名称 Vinitaly
住所 Viale del Lavoro, 8, 37135 Verona VR
営業時間・開場時間 2017/4/9−4/12
利用料金や入場料 80ユーロ−
参考サイト http://www.vinitaly.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アレーナの音楽祭に行ってみよう

アレーナの音楽祭に行ってみよう

image by iStockphoto

ヴェローナは夏になると野外オペラが開かれることで有名です。
世界中から観客が集まるこのイベントを紹介します。

アレーナの音楽祭って?

アレーナの音楽祭って?

image by iStockphoto

イタリアの中でも最も保存状態が良いとされる円形劇場、アレーナ。
ここは毎年夏になると野外オペラが上演されます。
2万人近くの観客を収容することができるアレーナでのオペラは迫力満点。
舞台の出演者数も100人近く、衣装や舞台装置も大規模です。
オペラに詳しくなくても見応えがあるのが特徴。
野外で上演されるので「ナブッコ」など多くの捕虜が登場するシーンは、舞台との一体感を感じられます。
事前にチケットを予約しておくと安心です。

いつ開催されるの?

いつ開催されるの?

image by iStockphoto

野外音楽祭が開催されるのは夏場、6月末から8月末頃までです。
イタリアではサマータイムを導入しており、夏至近くのこの頃はイタリア北部では夜21時頃が日暮れの時間。
オペラの開始時間はちょうど日が暮れる21時からです。
ほとんどの演目は3〜4時間。
鑑賞が終わったら真夜中を過ぎることがほとんどです。
日によっては月が空にかかり雰囲気バツグン。
楽しみ方を知っているイタリア人に混じって、本場イタリアのオペラを最高の舞台で鑑賞してください。

予約の取り方は?

予約の取り方は?

image by iStockphoto

どの演目を聞きたいか、そして日程が決まっている人にはオンラインでの予約がオススメです。
席表を見ながら選べるので、どの辺りの席を取りたいか考えながら購入できます。
オープンチケットは日程を後から選べるという便利なチケット。
日程を後から決めたい人に向いています。
当日のチケットも席が空いていればアレーナのチケットオフィスで購入することができます。
公演日は10〜21時まで開いています。
一番安いチケットは2017年分だと21ユーロから。
学生割引もあるので、効率よく利用しましょう。

オペラは難しい?

オペラというと馴染みのない人には難しく感じてしまうかもしれませんが、現代で言えばミュージカル。
台詞を歌で歌います。
しかしそれだけではありません。
特にヴェローナの野外劇場では大きな舞台が設けられ、趣向を凝らした演出を見ることができます。
また衣装も凝っており、主要人物は歌唱力だけでなく演技力も要求されます。
大まかなストーリーを事前に日本語で確認しておけば、大体の流れがつかめます。
わからないと躊躇せずに、ここだからこそできる感動を味わってください。

ヴェローナ観光の便利情報

ヴェローナ観光の便利情報

image by iStockphoto

ヴェローナの町を訪れる前に知っておきたい便利な情報を紹介します。

天気

天気

image by iStockphoto

ヴェローナはイタリアの北に位置します。
日本の四季と変わらないのですが、気をつけておきたいのが、寒暖の差。
特に野外オペラの鑑賞を考えている人は、夜に温度が下がることを考慮に入れておく必要があります。
昼間が暖かくても一枚羽織るものを持っておきましょう。
夏は30度を超えることは少ないので、比較的過ごしやすい気候です。
冬はマイナスになることもあるので、防寒対策をしておくのがベター。
日本に比べると日が短いので、観光の計画を効率よく立てましょう。

服装

服装

image by iStockphoto

日本の一般的な気候と変わらないので、特別に用意をする必要はありませんが、冬は寒さ対策をしておくほうがいいでしょう。
ヴェローナは小さな町なので、歩いて観光するのがベスト。
したがって、外を歩く時には防寒をしておくとゆっくりと町を見ることができます。
歩きやすい靴を用意しておくことがオススメです。
夏はサマータイムが導入されていることもあり、日が長いのが特徴。
日差しを避ける防止やサングラスがあると便利です。

所用時間

所用時間

image by iStockphoto

ヴェローナの町自体、それほど大きくはありません。
しかし町自体が世界遺産に登録されているだけあって、シャッターを押したくなるような光景が町中に広がっています。
景色をゆっくり楽しみたいと思う方は1日ゆっくり回るのがオススメです。
また、カステルヴェッキオにある市立美術館には、この土地ならではのヴェネト州の美術品が多く展示されています。
時間のある方はサン・ゼーノ・マッジョーレ教会やジュリエッタの墓にまで足を伸ばしてみましょう。

ツアーの利用

ツアーの利用

image by iStockphoto

ヴェローナは小さな町。
落ち着いており、イタリアの中でも比較的治安の良い町として知られています。
ミラノやヴェネツィアから日帰りも可能な距離なので、鉄道を利用すれば十分に自分でも回れますが、主要都市からの往復送迎付きのツアーも便利です。
ツアーの良いところは北イタリアの他の都市も回ってくれること。
ヴェローナに加えてワイナリーで地元のワインを味わったり、湖水地方に足を伸ばしてガルダ湖に突き出たシルミオーネを訪れたり、効率よく北イタリアの魅力的な町を見るのに最適です。

ヴェローナへのアクセス

ヴェローナへのアクセス

image by iStockphoto

さて、ヴェローナの魅力を見てきましたが、実際どうやって日本からアクセスできるかを紹介します。

空路でアクセス

空路でアクセス

image by iStockphoto / 82622885

日本からヴェローナ空港への直行便はありません。
イタリアの都市への直行便を希望される方は近隣のミラノから電車でアクセスするのがいいでしょう。
ヨーロッパやイタリアの他の都市からヴェローナ空港に入ることもできます。
ヨーロッパを周遊する場合や、イタリアの南部からヴェローナに入る場合、もしくはヴェローナを拠点に他の町を回る場合などに利用するのが便利です。
空港から町の中心まではバスやタクシーで約15分程度で到着します。

鉄道でアクセス

鉄道でアクセス

image by iStockphoto

他の都市に滞在しながらヴェローナへ日帰り旅行を計画されている方には、電車でのアクセスがオススメです。
ミラノとヴェネツィアの間に位置するので、どちらからも電車で1時間半程度でアクセスすることができます。
ローマやフィレンツェからは、直行もありますが、ボローニャで乗り換えて1時間45分程度。
朝早く出る方はボローニャで午前中を過ごし、午後ヴェローナというプランを組むこともできます。
またヴェローナを拠点に近くの魅力的な町を回るのも楽しいでしょう。

ヴェローナ内の交通

ヴェローナ内の交通

image by iStockphoto

ヴェローナの見所は半径700m程度の中心部に凝縮されてます。
アレーナやジュリエッタの家、カステル・ヴェッキオなどは徒歩で回るのが便利。
少し離れたサン・ゼーノ・マッジョーレ教会やジュリエッタの墓などに足を伸ばしたい方は、市バスを利用すると便利です。
駅から町の中心地までも徒歩で20分程度ですが、市バスを利用することができます。
バスのチケットは1.3ユーロで90分使用可能。
駅や近くのタバコ屋さんで販売しているものを事前に購入しておきましょう。

近郊の素敵な街

近郊の素敵な街

image by iStockphoto

世界遺産に登録されているヴェローナですが、近郊にも同じように世界遺産に登録された宝石のような町がたくさんあります。
ヴィチェンツィアはヴェローナから電車で約1時間、ルネサンスの天才建築家パッラーディオが設計した町です。
イタリア最大のガルダ湖に突き出したシルミオーネはバスで1時間半ほど。
水に囲まれた幻想的な雰囲気はもちろん、温泉保養地としても利用したい町です。
電車で40分ほどのブレーシャでローマ時代やロンゴバルド族の建築を見るのも面白いでしょう。

ヴィチェンツィアの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴィチェンツィア
名称(英語) Vicenza
住所 Vicenza, VI, Italia
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト http://www.vicenzae.org/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジュリエットとオペラの町、ヴェローナへ!

起源はローマ時代にさかのぼるヴェローナ。
約2000年前に作られたアレーナで聞く野外オペラやワイン祭り、そして何より「ロミオとジュリエット」を町のあちこちで感じることができます。
ヴェローナ特有の凝灰岩で建てられた優しい色の建物を見ながら町を歩いたり、アディジェ川にかかるスカリジェロ橋と川沿いに厳かに立つカステル・ヴェッキオを眺めたりと、町をのんびり中世に戻った気分で歩くのも魅力的。
長い歴史を感じながら、ヴェローナの町を満喫してください。
photo by iStock