地元民が伝授する横浜の観光完璧ガイド。見どころ&お土産&グルメ解説します!

観光地として大人気の横浜。利便性が高く活気のある街です。特に、みなとみらい周辺はとても活気があります。観覧車や山下公園、赤レンガ倉庫などの有名所、少し歩くと桜木町などのデートスポットとして人気のあるエリアがあります。その他にも少し外れると金沢区の八景島シーパラダイスや海の公園などの港町ならではの海を活かした施設が沢山あります。老若男女問わず愛される地域です。今回のこの記事では、横浜駅周辺を始めとした横浜の人気スポット、横浜へのアクセス方法、横浜の人気レストラン、横浜の人気土産など横浜に関する事をまとめてお伝えしたいと思います。この記事を読む事によって、横浜の新たな一面や魅力を見つけられる方がいると幸いです。

横浜観光の前に知っておこう!

 
横浜は都市部に入るとオフィスビルや施設があり、さかえている印象ですが、実はちょっと外れた所へ行くと、程よい自然のあるエリアにつながっていたりします。
そこが横浜のもう一つの良い点だと思います。
程よく都会で程よく田舎というのは、利便性がある上に心が休まる場所もあって大変素晴らしい事です。

横浜の観光って、主になにをするの?

 

横浜の観光って、主になにをするの?

横浜は規模の大きい街なので、色々な事ができます。
小規模ながらも八景島シーパラダイスのような遊園地があります(併設して水族館もある)し、自然の綺麗な海の公園や、三井アウトレットパークなどのショッピング施設も充実しています。

老舗のレストランを始めとし、中華街のような食べ歩きができるスポットもあります。
また、若者に人気のスタイリッシュなお店もあちらこちらにある印象。
みなとみらい周辺はきちんと整備された街並みになっていて、歩いているだけでとても気持ちが良いです。
この、みなとみらいのエリアは夜景が綺麗なので夜に訪れるのが特にお勧め。

これらの横浜を観光する上で注意したいのは、実はとても広い街なので遊びに行く前に、計画をシッカリ立ててから訪れたいこと。
1日や2日で「みなとみらい」エリアを楽しみ、八景島や海の公園、横浜スタジアムなどの全ての施設を楽しむのは難しいです。

訪れる際に、何がしたいのかを明確にして訪れると良いでしょう。

横浜への主要都市からのアクセス手段や時間は?

 
観光で横浜を訪れるならば、新幹線で新横浜を利用する方が多いでしょう。
新大阪から新横浜まで、新幹線に乗ると約2時間ほどで着く事ができます。
その他の遠方からですと、飛行機で羽田空港(東京)を経由して高速バスで新横浜に出るのがポピュラーなアクセス手段になっています。
新横浜駅から横浜駅は乗り継ぎも楽なので、横浜駅は多方面からのアクセスができる駅となっています。

横浜の主要観光地ってどれくらいの広さ?

 
横浜を代表する「みなとみらい」。
赤レンゴ倉庫やランドマークタワーなどで有名なこのエリアは1.86h㎡(186ha)あります。
これはどれくらいの広さだろうと数字ではイメージがわかないと思いますが、東京ディズニーランドの3.7個分にあたるようです。
それだけ広大な敷地ですと、とてもじゃないですが一日では回りきれないですね。
横浜を観光する際には、余裕を持った日程を組むか、やりたい事をシッカリ考えたスケジュールを組む事を推奨します。

東京観光のついでに横浜に来れる?所要時間は?

 
東京駅から横浜駅までの移動時間をお伝えします。
電車(JR)での移動ですと大体25分間~30分間ほどかかります。
その他にも様々な線路が利用できるのが横浜駅の特徴なので、アクセスは比較的し易いです。
横浜駅はJR各線(東海道線、横須賀線、根岸線など)や相鉄線、横浜の地下鉄などの様々な路線が取っているのでアクセスがしやすい駅となっています。

横浜から、神奈川県内の他の観光地に行ける?

 

横浜から、神奈川県内の他の観光地に行ける?

横浜を訪れた際に時間が許すならば、鎌倉や江ノ島などで有名な湘南エリアを訪れる事をお勧めします。
約30分ほどで横浜から鎌倉へ行けます。
横浜から江ノ島は約40分です。
アクセスがとてもし易いエリアですので、遠方から訪れた際は是非湘南も満喫してください。
湘南を訪れた際は、鎌倉ですとお寺巡りがお勧め。
江ノ島は、海鮮料理の「しらす」が有名な場所なのでそういった点に注目したいですね。

横浜から鎌倉までは、横須賀線で一本で行けます。
また、鎌倉市の大船駅を経由すれば、湘南モノレールで江ノ島駅までは楽に移動する事ができますよ!神奈川県の魅力は、何と言っても「横浜」と「湘南」だと思うので、湘南の魅力も是非味わってください。

横浜のグルメといえば?

 

横浜を代表するグルメは、横浜中華街での食べ歩きを特にお勧めしたいです。
豚まん、フカヒレ、ゴマ団子などが人気商品。
店先で商品を購入して街中を歩きながら次々に色々なお店を楽しむスタイルが流行っています。
一番人気は中華饅頭ですかね。
食べ歩きに適しているので、大人気!

また、昔ながらの老舗の料理屋が大変多い印象です。
調べれば調べるほど、数えきれないほどのお店が出てきます。
老舗の料理屋は特に洋食屋が多い印象。
横浜を訪れる際には、グルメツアーならば老舗の料理屋に寄る事をお勧めします。

後は、お洒落なレストランも近年増えていて、若者が気軽に集まれるようなタイプの店も増えてきています。
横浜駅は飲食店が豊富で食べたい物があれば、探せば何でも食べられる印象です。
定番のチェーン店などはほぼ揃ってますし、個人経営のお洒落なBARなどもヒッソリと構えていたりします。

横浜観光のモデルコースはこう!

 

日帰りの場合

 

日帰りの場合

1日しか観光する時間が無いならば、みなとみらいエリアを観光する事をお勧めします。
赤レンガ倉庫、山下公園、観覧車などデートスポットが沢山あります。
また、桜木町駅では海の上で船に乗りクルージングできるなどの催しも行われています。
これらのエリアの特徴は、夜景がとても綺麗だという事。
せっかくなので、夜まで過ごしてから帰りたいものですね。

みなとみらいでは物足りないとか、普通過ぎる、以前訪れた事があるという場合には横浜駅から根岸線の新杉田駅まで移動して、シーサイドラインに乗り、金沢八景にある八景島シーパラダイスを訪れる事をお勧めします。
海をテーマにしたレジャーランドでとても人気スポットとなっています。

その他にも、近場からのアクセスだと美術館巡りをしたり、ちょっとしたスポットを訪れる方も多いようですね。
一日限定の日帰り旅行の場合は、シンプルに中華街で食事をして帰るなどのプランも気軽にできてお勧め。

1泊2日の場合

 

1泊2日の場合

1泊2日の場合は、みなとみらい周辺で遊び、横浜の夜景が見えるホテルに宿泊されるのをお勧めします。
横浜は夜景がとても綺麗な街なので、そういった観点で泊まる場所を決めると良いでしょう。
横浜には夜景の綺麗な宿泊施設が沢山あります。

みなとみらい以外にもシーサイドライン沿いの八景島シーパラダイスや、関内駅にある横浜スタジアムなどのスポットがあるので、そういった目的で訪れるのも良いかもしれませんね。
また、横浜は美術館などが沢山ある事でも有名で、そういった美術展を見る為に遠方から泊りがけで訪れる方もいるようです。

宿泊する余裕があって、横浜を観光する場合は、しっかりと行きたい場所やスケジュール管理を組んだ上で行動する事をお勧めします。

2泊3日の場合

 

2泊3日の場合

2泊3日と時間がある場合は、みなとみらい周辺で初日を過ごし、2日目以降は金沢区のシーサイドライン沿いをお勧めします。
このシーサイドラインに乗る事により、八景島シーパラダイスや海の公園、三井アウトレットパークなどの観光スポットや施設へ行く事ができます。

八景島シーパラダイスは横浜の遊園地で、水族館なども併設しているので、遊びごたえがあります。
海の公園では、バーベキューの道具を貸出している(有料)ので、食材を持ち寄って、バーベキューを楽しむ事ができる場所。
仲間で訪れる際や、家族で訪れる際にお勧めのスポットとなっております。

三井アウトレットパークでは、主要なショップが色々入っているのでファッションが好きな方には、たまらないでしょう。
NIKEやadidasなどのスポーツショップ、United arrowsなどの人気セレクトショップなども店舗として入っていて、活気のあるアウトレットモールとなっています。

横浜観光で行きたい観光スポットはここ!

 

この夜景を一度見て欲しい「みなとみらい21」

 

この夜景を一度見て欲しい「みなとみらい21」

夜景がとても綺麗なスポットです。
様々な施設が集まっていて楽しめます。
横浜美術館、ランドマークタワー、クイーンズスクエア、大観覧車などは横浜を訪れた際には是非立ち寄ってください。
発達した街並みで、遊行施設は勿論の事、オフィスビルが沢山並んでいて洗練されている印象。
美味しいレストランも沢山並んでいて、観光地として訪れるならば最優先したいスポットですね。

先述しましたが、とても「みなとみらい」自体が範囲が広いエリアなので、予め訪れたい場所を決めておいて、計画的に観光する事をお勧めします。
一日で全部の人気スポットを回りきるのは不可能でしょう。

何と言っても注目したいのは高層ビルのエリアと、街全体の夜景。
その辺りをきちんと押さえれば、横浜を楽しんだなと思えるのではないでしょうか。

みなとみらい21の住所・アクセスや営業時間など

名称 みなとみらい21
住所 神奈川県横浜市西区 みなとみらい
営業時間・開場時間 店舗・施設による
利用料金や入場料 店舗・施設による
参考サイト http://minatomirai21.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

食べ歩きでワイワイ「横浜中華街」

 

食べ歩きでワイワイ「横浜中華街」

多くの中華料理を楽しめるエリアです。
レストランの中に入って食べるのも勿論、街中で食べ歩きをしながら楽しむ事もできます。
こちらの中華街では豚まんが特に人気商品。
とても美味しいですよ。
関内駅や石川町駅など複数の駅からアクセスしやすい広いエリアである点にも注目したいですね。
根岸線沿いのエリアでは毎年横浜マラソンという催しが行われたりもしていて、とても活気のあるエリアとなっています。

横浜中華街の住所・アクセスや営業時間など

名称 横浜中華街
住所 神奈川県横浜市中区山下町
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.chinatown.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

海のある遊園地「八景島シーパラダイス」

 

海のある遊園地「八景島シーパラダイス」

遊園地と水族館が併設しているレジャーランドです。
横浜と言ったら、やはり海をテーマにした場所へ訪れたいと思います。
シーパラダイスは107mの高さから垂直落下する「ブルーフォール」、360度のパノラマが楽しめる「シーパラダイスタワー」が人気です。
こちらの施設は、敷地が広い事から幼少時代に私は学校の遠足で訪れた事があります。
当時は残念ながらアトラクションには乗る事ができませんでしたが、今となっては良い思い出です。

八景島シーパラダイスの住所・アクセスや営業時間など

名称 八景島シーパラダイス
住所 神奈川県横浜市金沢区八景島
営業時間・開場時間 [平日]8:30−21:30 [土日祝]8:30−22:30(季節・施設により異なる)
利用料金や入場料 ワンデーパス:大人5,050円 小中学生3,600円
参考サイト http://www.seaparadise.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

野球好きにはたまらない「横浜スタジアム」

 

野球好きにはたまらない「横浜スタジアム」

関内駅を降りて数分歩くと横浜スタジアムがあります。
3万人を収容するスタジアムは迫力満点で、野球の試合は勿論の事、その他にもアーティストのLIVEやコンサートの会場などにも使われています。
地元の応援団が応援している姿は迫力満点!それにしても、野球場で観る野球の一体感や、あの空気の中で飲むビールは何故あんなに美味しいのでしょうね。
不思議な現象。

横浜スタジアムの住所・アクセスや営業時間など

名称 横浜スタジアム
住所 神奈川県横浜市中区横浜公園
営業時間・開場時間 開催試合・イベントによる
利用料金や入場料 ハマスタツアー:大人1,500円 小人1,000円
参考サイト http://www.yokohama-stadium.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

仲間と食材を持ち寄ってBBQ!「海の公園」

 

仲間と食材を持ち寄ってBBQ!「海の公園」

シーサイドラインに乗って行く、海の公園では潮干狩りをしたり、浜辺で遊ぶ事ができます。
また、季節によってはバーベキューのセットを借りてバーベキューを楽しむ事もできますよ。
食材を持ち寄って仲間でワイワイ楽しみましょう。
かつて、仲間と潮干狩りと浜辺遊び、バーベキューをした事があるのですが、とても楽しかったです。
潮干狩りで獲れたアサリなどを調理して、肉や野菜を焼いて楽しみました。

海の公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 海の公園
住所 神奈川県横浜市金沢区海の公園10番
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/uminokouen/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

好奇心がくすぐられる「はまぎん子ども宇宙科学館」

 
横浜市の磯子区にある子ども宇宙科学館は、科学の力を利用して様々な体験ができる施設となっています。
子どもとついているので、お子様と訪れるのも勿論ですが、大人でも楽しめるプラネタリウムなどの催しがありますよ。
こちらの施設ですが、大人でも興味深い要素が沢山あると思います。
現在では、STEM(サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、マスマティックス)の教育の重要性も声高に叫ばれていますし、お子様がいる方は是非、連れて行ってあげてください。

はまぎんこども宇宙科学館の住所・アクセスや営業時間など

名称 はまぎんこども宇宙科学館
住所 神奈川県横浜市磯子区洋光台5−2−1
営業時間・開場時間 9:30−17:00 第1・3月曜休館
利用料金や入場料 大人400円 小中学生200円
参考サイト http://www.yokohama-kagakukan.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

横浜観光で泊まりたいホテルはここ!

 

天空の城「横浜ロイヤルパークホテル」

 
「空と隣り合うホテル」というコンセプトのこちらのホテル。
地上277m、68階に位置するレストランは料理もさる事ながら、景色も最高です。
あまりの高さと絶景から、「天空の城」と一部では呼ばれています。
横浜は夜景が綺麗な街なので、こういった夜景を綺麗に見下ろせるホテルに泊まるのがとてもお勧め。
あまりの高さに驚かれるかもしれないですね。
 

横浜ロイヤルパークホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 横浜ロイヤルパークホテル
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2−1−3 横浜ランドマークタワー
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊 13,500円〜
参考サイト http://www.yrph.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大観覧車を眺めながら…「横浜ベイホテル東急」

 
シンプルで利便性の高い客室が揃っています。
みなとみらいの綺麗な夜景や、大観覧車を眺めながら一日の終わりを過ごせます。
旅の思い出に素敵な景色はいかがでしょうか?一日の中で乗った大観覧車を今度はホテルの部屋から見るのもまた良いものですよね。
今日は、あの観覧車に乗ったのだなと思いながら一日の終わりを過ごすのも素敵ですね。

横浜ベイホテル東急の住所・アクセスや営業時間など

名称 横浜ベイホテル東急
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 チェックアウト11:00
利用料金や入場料 1泊 6,250円〜
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

みなとみらいの夜景を楽しもう「横浜桜木町ワシントンホテル」

 
桜木町にあるこちらのホテル。
桜木町はとても綺麗な街なので、是非訪れて貰いたいです。
大きな映画館や図書館がある事でも地元民の中では有名なエリアとなっています。
こちらのホテルですが、海側の客室からは、みなとみらいの夜景を楽しむ事もできます。
横浜の夜景が好きな人にはたまらないですね。
 

横浜桜木町ワシントンホテルの住所・アクセスや営業時間など

名称 横浜桜木町ワシントンホテル
住所 神奈川県横浜市中区桜木町1丁目101−1
営業時間・開場時間 チェックイン14:00 チェックアウト10:00
利用料金や入場料 1泊 5,500円〜
参考サイト http://washington-hotels.jp/yokohama/sakuragicho/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

横浜観光で絶対食べてほしいグルメはここ!

 

元祖家系ラーメン「吉村家(よしむらや)」

 

家系ラーメンという、横浜を代表するコッテリしたラーメンの総本山のお店。
あまりの人気から、全国各地のラーメンファンがこのラーメンを食べる為だけに横浜を訪れます。
また、吉村屋の味が家でも楽しめる家庭用の生ラーメンが発売しているくらいです。
太麺タイプのラーメンは濃厚なスープと相性が抜群で最高!私もファンなので、家庭用の生めんタイプのセットをよく購入します。

横浜家系ラーメンはコッテリしているので、味の好みが賛否両論分かれるかもしれませんが、私はとても好きな味です。
こういったタイプのお店は派生して、神奈川県をはじめとし、あちらこちらに進出しています。

吉村家の住所・アクセスや営業時間など

名称 吉村家
住所 神奈川県横浜市西区南幸2−12−6 ストークみき
営業時間・開場時間 [平日]11:00−24:30 [日祝]11:00−23:30 月曜定休
利用料金や入場料 ラーメン 690円〜
参考サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140101/14000059/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パンケーキで行列ができる店「bills(横浜赤レンガ倉庫)」

 

View this post on Instagram

billsのベリーベリーパンケーキ💕 横浜赤レンガ倉庫の限定メニューです😋 ふわふわシュワシュワのリコッタチーズの入った甘い生地に さらにベリーが練り込まれていて甘酸っぱい味わい💗 ピンク色で可愛いです(*^^*) 厚みがあるので食べごたえありました!! 私はシンプルなリコッタパンケーキのほうが好みかな〜😋 でもここでしか食べられないので食べる価値ありです!!✨ ∗ #bills#ビルズ#赤レンガ倉庫#赤レンガ#パンケーキ#パンケーキ部#ベリーベリーパンケーキ#ベリー#リコッタチーズパンケーキ#リコッタパンケーキ#ふわふわパンケーキ#スイーツ#デザート#美味しい#pancakes#pancake#pancaket#pancakeporn#pancakeday#pancakelover#berryberrypancake#strawberrylover#sweetooth#sweets#dessertporn#foodporn

A post shared by あやはな (@mogu15nya) on


パンケーキで有名なお店。
横浜赤レンガ倉庫限定のメニューもあります。
こちらのお店は神奈川県の各地に店舗を構えています。
湘南エリアの鎌倉市の七里ヶ浜や、藤沢市の江ノ島にあります。
海沿いに店を構えていて、海を眺めながら食事をとる事ができるのは最高!billsは大行列ができるパンケーキ屋として若者を中心に大変人気店となっています。

bills 横浜赤レンガ倉庫の住所・アクセスや営業時間など

名称 bills 横浜赤レンガ倉庫
住所 神奈川県横浜市中区中区新港1丁目1−2 横浜赤レンガ倉庫2号館
営業時間・開場時間 9:00−23:00
利用料金や入場料 リコッタパンケーキ 1,350円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

老舗の洋食屋さん「グリル・エス」

 


横浜の関内駅にあるこちらのお店。
横浜では有名な老舗の洋食屋さん。
シンプルで定番のオムライスは昔ながらの人気メニューとなっています。
根強いファンが多いお店です。
老舗の洋食屋さんに入ると私は必ず子どもっぽいと思われるかもしれないですが、オムライスやパスタ料理、ハンバーグが食べたくなります。
不思議な現象ですが、こちらのお店でも同じような現象に見舞われます。

グリル・エスの住所・アクセスや営業時間など

名称 グリル・エス
住所 神奈川県横浜市中区相生町5丁目89
営業時間・開場時間 11:30−13:45, 17:00−21:30 日曜定休
利用料金や入場料 オムライス 1,200円
参考サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14000138/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

水餃子が大人気!「山東(さんとん)」

 
横浜中華街の人気店。
水餃子が1番人気で、来店される方の多くが注文しています。
こちらの餃子はビールとの相性が抜群!餃子を食べる為だけに中華屋を訪れるという現象が起きているそう。
勿論、この他にも多種多様な中華料理を食べる事ができます。
チャーハンや、焼きそばが特にお勧め!本格中華をお楽しみください。

山東の住所・アクセスや営業時間など

名称 山東
住所 神奈川県横浜市中区山下町150
営業時間・開場時間 11:00−22:00
利用料金や入場料 水餃子 800円
参考サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14042276/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

気軽に入れるイタリアン「リゴレット オーシャン クラブ」

 


気軽に入れるイタリアンといった所。
とても美味しくオシャレな料理が並びます。
賑やかな店内はボリュームのあるBGMが流れていて雰囲気が抜群!。
グループでワイワイと会食するのにとても良いお店かな?と思います。
是非、一度訪れてみてください。

リゴレット オーシャン クラブの住所・アクセスや営業時間など

名称 リゴレット オーシャン クラブ
住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2−15
営業時間・開場時間 11:30−翌2:00
利用料金や入場料 タパス 500円〜
参考サイト http://www.rigoletto.jp/yokohama/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

いよいよ横浜観光も終わり。おすすめお土産はこれ!

 

サクサク甘い「横濱ミルフィル」

 


サクサクッとしたパイ生地の中に甘いクリームが入っています。
包装紙も横浜にちなんだ風景が描かれていて、お土産として大変喜ばれるのではないでしょうか。
ミルフィーユ等のこういった洋風のお菓子というと珈琲や紅茶が飲みたくなりますよね。
是非、珈琲や紅茶と合わせてセットで贈ってあげてください。
大変喜ばれると思いますよ。

そごう横浜店の住所・アクセスや営業時間など

名称 そごう横浜店
住所 神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店 B2
営業時間・開場時間 10:00−20:00
利用料金や入場料 横濱ミルフィユ (4個入) 540円〜
参考サイト http://www.francais.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

お酒好きにはたまらない!「横浜ビール」

 

View this post on Instagram

#横浜ビール

A post shared by 横濱モダン焼き 重 (@modan_yaki_jyu) on

こちらの地ビール、ビアコンペで金賞を過去に何回も獲得しています。
地域毎のこういったクラフトビールは、お酒好きにはたまらないお土産になりますね。
また、当然ながら自分で買って飲むのも楽しいですよね。
旅の帰りにグリーン車の席で横浜ビールと横浜の中華土産を楽しみながら家路につくなんてのも楽しいかもしれないですね。

神奈川県にはこの他にも横須賀ビールや、鎌倉ビール、江ノ島ビールなどのクラフトビールが有名です。
神奈川県を訪れた記念に一本買っていくのはいかがでしょうか。

そごう横浜店の住所・アクセスや営業時間など

名称 そごう横浜店
住所 神奈川県横浜市西区高島2-18-1
営業時間・開場時間 10:00−20:00
利用料金や入場料 横浜ラガーセット(6本入) 2,980円
参考サイト http://www.yokohamabeer.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ボリュームたっぷり「江戸清・ブタまん」

 


横浜中華街の代表的なお土産と言えるでしょう。
とてもボリューム感のあるブタまんじゅう。
豚肉は勿論のこと、蟹や海老などの魚介類や野菜がミックスされてジューシーです。
横浜にはこういった中華料理が沢山あるのですが、その中でも最注目なのが中華饅頭。
やはり、食べ歩きに適してますし、お腹にも溜まりますので、とても良いです。

江戸清 中華街本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 江戸清 中華街本店
住所 神奈川県横浜市中区山下町192
営業時間・開場時間 9:00−20:00
利用料金や入場料 ブタまん 1個500円
参考サイト http://www.edosei.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

横浜の中華の代表格「崎陽軒のシウマイ」

 


横浜の中華を代表するシウマイ。
神奈川県民の中では定番のお土産となっています。
こちらのシウマイは、からし醤油をつけて食べると大変美味しいですよ。
こぼれ話ですが、こちらのシウマイは醤油が入ってる小さな容器があるのですが、それがとても可愛いです。
小さい頃、確か思わずコレクションしてしまったような記憶があります。
それくらい馴染み深い横浜土産というお話。

崎陽軒の住所・アクセスや営業時間など

名称 崎陽軒
住所 横浜市西区高島2-13-12
営業時間・開場時間 9:00−21:00
利用料金や入場料 昔ながらのシウマイ(15個入) 620円
参考サイト http://www.kiyoken.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

胡桃と餡子がギッシリ「重慶飯店・番餅」

 


中華街の定番お土産。
胡桃(くるみ)と餡子がギッシリと詰まっているのが特徴。
程よい甘さでお茶に大変合います。
お土産としてお茶とセットで贈ると喜ばれる事でしょう。
意外にもこちらのお土産は渋い雰囲気なので、ご年配の方に好まれそうですけど、若い人にも人気なんだとか。
渋いお土産を選んだと言う事でちょっと株が上がるかもしれませんね。

重慶飯店 本館売店の住所・アクセスや営業時間など

名称 重慶飯店 本館売店
住所 横浜市中区山下町164
営業時間・開場時間 11:30−21:00
利用料金や入場料 番餅(大) 918円
参考サイト http://www.jukeihanten.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

横浜の魅力をお伝えしました。

 

私は現在は湘南地域に住んでいます。
ですが、幼い頃は実は横浜市にも住んでいた事があります。
第二の故郷と言った所でしょうか。
現在でも、飲み会や友人と遊ぶのに横浜をよく利用するのですが、とても魅力あふれる街だと思っています。
とても活気があり、様々なカルチャーが融合している環境。
みなとみらいの素晴らしい夜景をとにかく凄い!一見の価値があります。

神奈川県には今回紹介した横浜、そして鎌倉などを含む湘南などの人気のスポットが沢山あります。
私は両方の地域に住んだ事がありますが、どちらとも素晴らしい地域だという感想。
とても利便性が高く、程よく自然もあるこの辺りの地域は、地方出身の方には憧れの地だったと言われた事もあります。

住み慣れてしまうと、私のようにこういった状況になるのかもしれないですが、今回改めてこのような記事を書かせて頂く機会を得る事により、自分の住んでいた街、自分の現在住んでいる街の良さや素晴らしさが確認できました。
神奈川県は素晴らしい都道府県だなと改めて感じる事もできました。

この記事では、正直横浜の魅力の全てがお伝えできなかったと思いますが、実際に生の横浜を見てみて下さい。
とても素晴らしくて感動する事でしょう。
訪れて、後悔しない街だと言える自信はあります。

それでは、皆さん横浜に是非遊びに来てください!

photo by PIXTA