大阪地元民が案内する道頓堀を巡るモデルコース。グルメから穴場スポットまで

公開日:2019/3/19 更新日:2020/3/6

大阪で学生として10年間過ごしていると、外国からのお客様に大阪を案内することがたくさんあります。その中で、強い希望が出るのが「通天閣・新世界」と「道頓堀」。そんな大阪の看板観光地についてお話しさせていただきます。

道頓堀観光の前に知っておこう!

道頓堀の見どころといえば?

道頓堀それ自体は、道頓堀沿いに飲食店と遊べる店がならぶ街です。
よくテレビで取り上げられている、ショッピングスポットは、心斎橋筋商店で道頓堀を垂直に貫く商店街。
大阪のシンボルとして取り上げられている「グリコの看板」は、ただの広告でチラ見すれば終わりのレベル。
遊べる店があるとはいうものの、カラオケやバーは結構地元民向けのものなんです。 道頓堀で集中するべきは「グルメ」。
道頓堀から一つ露地を入った道の両側に、飲食店や出店がずらりとならんでいます。
売っている食べ物は、大阪グルメのテンプレものばかり。
ひたすら、友達と一品買って、分け合って、大阪のB級庶民派グルメをこまごまと楽しむという方法で、まんべんなく楽しむことができると思います。

道頓堀で楽しむべきグルメといえばこれ

道頓堀で楽しむべきグルメといえばこれ

道頓堀に来たら、大阪グルメの代名詞であるこなもんを中心とした、B級庶民派グルメを楽しんでください。
たこやき、串カツ、お好み焼き、焼きそば、ホルモン、一通りそろっているのが特徴です。
うまく、ペース配分してまんべんなく楽しむのがいいでしょう。観光地としてではなく、大阪の繁華街としての道頓堀を楽しみたければ、観光客向けの出店のあいだにちらほら立っている、高そうなお店にとびこんでみてください。
海鮮料理「どうとんぼり ぜん」や、フレンチの名店がこっそりうずもれているのも道頓堀の特徴なんです。

大阪観光で、道頓堀周辺から行きやすいところは?

大阪観光で、道頓堀周辺から行きやすいところは?

道頓堀は、難波駅のすぐ北側に位置しています。
なので、難波周辺の観光地へのアクセスが非常にいいです。
なんば駅前の総合商業施設であるなんばパークス。
難波駅に隣接するこのスポットは、グルメによしショッピングにもよしです。
吉本が運営するお笑い劇場であるなんばグランド花月は、道頓堀から南にあるいて10分。
本格的な上方のお笑いが楽しめますよ。
また、道頓堀を乾橋でつらぬく、淀橋筋商店街は、そろわないものがない人気の商店街です。
ほかにも、大阪ミナミの若者にとっての流行発信基地、アメリカ村は、道頓堀から北にむかって歩いて5分の場所にあります。

なんばグランド花月の住所・アクセスや営業時間など

名称 なんばグランド花月
住所 大阪府大阪市中央区難波千日前11−6
営業時間・開場時間 店舗・公演による
利用料金や入場料 本公演4,200円〜
参考サイト http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。
次のページ
観光のモデルコース >>