日本遺産「鯖の道」の絶景雲海を探しに…おにゅう峠と奥山渓谷の旅

小浜から京都まで続く「京は遠くて十八里」と言われた、古道・「鯖の道」。

この「鯖の道」の、福井県・小浜市と滋賀県・高島市の県境地点が標高820mのおにゅう峠です。

冬は2mを超す雪に覆われますが、春の新緑から石楠花などの花々、そして秋は紅葉と小入谷の雲海。四季を通じて自然の移ろいが楽しめる滋賀の超絶景ポイントです。

おにゅう峠から滋賀県側に下った処が「高島市、朽木針畑地域」。琵琶湖の源流・針畑川に沿って点在する7集落と北川沿いの最初の1集落をそう呼びます。西の山を越えると京都府。ここは高島市の最西部あたります。

今回はこのおにゅう峠と、針畑地域を針畑川沿いに下って、安曇川に合流する手前にある滋賀の隠れた絶景ポイントの「奥山渓谷」を中心にご案内します。

93740:

撮影/榊始(iti)

まだ雪深い我が家から、小入谷目指して出発!

93575:まだ雪深い我が家から、小入谷目指して出発!

撮影/榊始(iti)

案内するのは、私(iti)と妻。
20年前に、大阪から旧・朽木村、現・高島市朽木小川集落に移住してきました。
写真は妻です。

針畑地区の一番下流にある集落が私の住む朽木小川で、「鯖の道」の丁度中間地点になります。
ここからおにゅう峠に向かう林道口・登山口がある小入谷集落までは、「1集落上る毎に1尺(約30cm)積雪が増える」と地元の方。

標高350mぐらいある我が家周辺の積雪は現在90cmあまりですが、小入谷集落までくると、2mを超えている処も。

ホラ、やっぱり!雪の山

93645:ホラ、やっぱり!雪の山

撮影/榊始(iti)

大雪で閉ざされている「おにゅう峠」への入口です。

朽木小川から県道781を北上して約15km余り走ると、小入谷集落に着きます。

今年は1月と2月中旬に二十数年ぶりに降った大雪で、登山口・林道入口は現在雪の山と雪原に。
この雪の状態を見ていると、林道を使っておにゅう峠に登れるようになるのは、早くて5月の連休頃ですかね。

今回はこのように雪深くて雲海ポイントには登れませんので、過去に撮影した写真でお送りさせていただきます。

ここでアクセスの説明を。
車で来られる方は、名神高速京都東インターから湖西道路に入り、真野インターからR477へ。
途中交差点からR367に入り、「大津市梅の木」から県道781に入ります。

電車を使って来られる方は、JR湖西線安曇川駅から江若バスで朽木学校前まで約30分。
そこから市営バス針畑線に乗り換え、約1時間でこの小入谷に到着します。

雪がない季節に、雲海ポイントに通じる道々

93739:雪がない季節に、雲海ポイントに通じる道々

撮影/榊始(iti)

これは秋の雲海ポイントまでの山道です。
ポイントから撮影。
紅葉や時には立ち枯れにキノコと出会うことも。
秋の森林浴を楽しみながら、ドライブが出来ます。

クネクネした細い道で、舗装は一応してありますが、時々落石や枯れ木の枝が。
また、一カーブ上る毎に見える風景が広がりを持ち、ついついそちらに気をそらしそうに。
わき見運転には要注意。

冷えた朝、早朝の雲海

93574:冷えた朝、早朝の雲海

撮影/榊始(iti)

こちらが実際に出現する雲海です!気候など条件が合えばこんなにきれいに見ることができます。

雲海の発生は、なかなか予想がつきませんが、前日晴れて放射冷却が起きるような早朝。

我が家からは30分ぐらいで雲海スポットまで行けますが、カメラマンの中にはいいポイントが取りたい、と前夜から泊まり込んでいる方も。

特に最近はここの雲海が「車で絶景ポイントまで登って見られる」ということで、有名に。
平日の朝、早朝にもかかわらず、たくさんの方が上ってきています。
休日にはマイクロバスでやってくる団体も。

もう少し上ると若狭と近江の国境

93745:もう少し上ると若狭と近江の国境

撮影/榊始(iti)

雲海スポットから林道を数キロ上がると、おにゅう峠に到着。
数台止める駐車スペースがあり、祠にお地蔵様が祀られています。
福井県側を望むと、日本海が一望でき、案内板も設置されています。

秋の紅葉と雲海もですが、春はここまでの林道脇に石楠花が咲き誇り、ヤマボウシの白い花や少し登山道に入るとイワウチワのピンクの花が愛らしく咲いているのも楽しめます。

おにゅう峠の住所・アクセスや営業時間など

名称 おにゅう峠
住所 滋賀県高島市朽木小入谷
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://touge1000.com/touge/4939/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

針畑でお茶タイムとお土産ゲット

93743:針畑でお茶タイムとお土産ゲット

撮影/榊始(iti)

おにゅう峠の麓、滋賀県側の朽木中牧には、「山帰来(サンキライ)」という都市交流施設があり、軽食やコーヒーが楽しめます。
この「山帰来」では京都大学芦生原生林への入山ガイドの申込みが出来ますよ。

また、隣接する「針畑ルネッサンスセンター」では、地元の山菜加工品や名物の「鯖のなれずし」などの物産を買うことが出来ます。

源流の駅 山帰来の住所・アクセスや営業時間など

名称 源流の駅 山帰来
住所 滋賀県高島市朽木生杉510
営業時間・開場時間 9:00−17:00(軽食は14:30まで)
利用料金や入場料 針畑うどん 500円
参考サイト https://welcome-to-harihata.jimdo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

帰り道、奥山渓谷で渓谷美を満喫

93752:帰り道、奥山渓谷で渓谷美を満喫

撮影/榊始(iti)

琵琶湖の源流針畑川沿いに、我が家からR367に向かって下って行くと、大津市の「奥山渓谷」を通過します。
50mほど切り立った深い渓谷と澄んだ流れに目を奪われます。

ここも雪景色・春の新緑・夏の渓谷美・秋の紅葉と、一年を通じて山と渓谷を楽しめる滋賀の隠れた人気撮影ポイント。

おにゅう峠の雲海撮影の帰りにここでもう一つ絶景の撮影を狙う、というカメラマンも多いのでは。

絶景ポイントの中心に架かる針畑大橋は、15年ほど前に架けられました。
この橋の近くを地元の方は「なみあみだぶつ」と呼びます。
細いクネクネ道で、山側も川側も切り立った崖、私も慣れるまでは前方から10tダンプやトラックが来ると、つい「なみあみだぶつ~」と。

奥山渓谷の住所・アクセスや営業時間など

名称 奥山渓谷
住所 滋賀県大津市葛川梅ノ木町
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://koyo.walkerplus.com/photo/detail/35673.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

朽木での食事は、蕎麦処「永昌庵」

93749:朽木での食事は、蕎麦処「永昌庵」

撮影/榊始(iti)

R367鯖街道沿い、朽木大野にある蕎麦処永昌庵で手打ちの蕎麦に舌鼓をうちます。

コシがあり、のど越しも良く、美味い。

ここの揚げ栃餅もご人はお気に入り。
ちょっとしたお土産に蕎麦かりんとうや朽木の栃餅もゲットできますよ。

人気のお店なので、日曜・祭日のお昼時には待つこともあります。

くつきそば 永昌庵の住所・アクセスや営業時間など

名称 くつきそば 永昌庵
住所 滋賀県高島市朽木大野178−5
営業時間・開場時間 11:00−17:00 水曜,第1・第3木曜定休
利用料金や入場料 ざる 700円
参考サイト https://tabelog.com/shiga/A2505/A250501/25000201/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

温泉でゆったり・のんびり疲れを癒そう

93751:温泉でゆったり・のんびり疲れを癒そう

撮影/榊始(iti)

最後に向かうのは朽木温泉「てんくう」。
アルカリ性単純温泉の“天然温泉”だそうです。

お風呂のほてった体には冷たいソフトクリーム!

温泉は、蛇谷ヶ峰登山や冬の時季だと朽木スキー場帰りの方たちで賑わっています。

お土産の売店では朽木の原木シイタケ(これは絶品)や、栃餅(朽木の栃餅は栃の量が多く、味が濃くてこれも美味しい)などもゲットできます。
また、レストランもあり、食事・宿泊・キャンプも可。

電車で来られる方は、朽木学校前からシャトルバス(無料)が出ています。
ぜひ山の中の静かな温泉で一泊してください。

くつき温泉 てんくうの住所・アクセスや営業時間など

名称 くつき温泉 てんくう
住所 滋賀県高島市朽木柏341−3
営業時間・開場時間 10:00−21:00 火曜定休
利用料金や入場料 大人600円 小人300円
参考サイト http://www.gp-kutsuki.com/tencoo/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

変化に富んだ自然豊かな旅が楽しめます

今回紹介した、高島市朽木、京阪神から車で2時間余りで来ることが出来、自然豊かな土地です。
今なら、「(花折)トンネルを抜けるとそこは雪国」を実感できますよ。
また、地元ならではの美味しい食べ物もあり、で旅行気分を満喫しましょう。