移住者が選ぶ!沖縄のお土産ランキング20選

公開日:2019/6/11 更新日:2020/3/7

#10 タンナーファークルー

ban80 (引用元:Instagram)

沖縄の伝統お菓子のひとつ、タンナーファークルーは、小麦粉と卵と黒糖で作った甘くてクッキーとパンの間のようなお菓子です。

玉那覇さん(タンナファ)の黒い(クルイ)お菓子、と沖縄なまり発音でされているのが語源だそうですよ。

沖縄独自の食べ物はいろいろありますが、お菓子で一番おいしいと思ったのがタンナーファークルー。

黒糖を使う事でオリエンタルな味になり、お茶にも紅茶にもさんぴん茶にもジュースにも合ってしまうのが不思議です。

空港にもあるほど有名ですが、県内スーパーでもお手頃価格でゲットする事ができます。

丸玉製菓の住所・アクセスや営業時間など

名称 丸玉製菓
住所 沖縄県那覇市長田2−32−21
営業時間・開場時間 11:00−19:00
利用料金や入場料 タンナーファークルー(11枚入) 300円〜
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#11 請福酒造の梅酒

通販で購入できます(Amazon.co.jp)

沖縄のお酒と言えば、泡盛やハブ酒と言われていますが、ここではあえて梅酒をおすすめさせて頂きます。

請福酒造は石垣島の有名な泡盛酒造です。

社名と同じ名前の泡盛が、県内居酒屋でも全国でも飲まれている有名なものですが、ここは梅酒もたまりません。

泡盛と黒糖を使用しているので、本州で製造されている梅酒とはコクと香りが違います。

黒糖のまろやかなのにしっかりした味わいと、泡盛に漬けこんでいるので独特の香りがします。

リピートして買いたくなるお酒№1です。

請福酒造の住所・アクセスや営業時間など

名称 請福酒造
住所 沖縄県石垣市宮良959
営業時間・開場時間 販売店舗による
利用料金や入場料 請福梅酒(720ml) 1,320円
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#12 A&Wのワークキャップ

bunbunmanabunbun (引用元:Instagram)

駐車場で食べられるシステムがおもしろい、沖縄県内のファーストフード・A&W。

中でも薬草の香りが強烈なのに、ついついクセになるルートビアという名前は、皆さんも一度は聞いた事があると思います。

A&Wではフードだけでなくグッズも販売しているので、入店した際は是非一度目にとめてい頂きたいです。

人気のロゴTシャツやカップ、アメリカンなデザインの文具など種類は様々。

特に売り切れてしまってなかなか手に入らないワークキャップは、カジュアルで普段使いをしてもかなりおしゃれです。

A&W 国際通り牧志店の住所・アクセスや営業時間など

名称 A&W 国際通り牧志店
住所 沖縄県那覇市牧志2-1-21
営業時間・開場時間 9:00−22:00
利用料金や入場料 A&Wロゴキャップ 2,100円〜
参考サイト 詳細はこちら
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。
次のページ
ジミーのクッキー >>